■第6迷宮 迅雷風烈峡谷

  • 世界樹と不思議のダンジョンに登場する6番目のダンジョン。
  • 世界樹を取り囲むように連なる山脈の迷宮。雷と暴風に荒れる峡谷は人間の侵入を拒み、気球艇も近づくことができない。
  • 崖は壁扱いの模様。お化けフクロウだけ崖関係なしに突っ込んでくるので、後方の柔らかいキャラや催眠には十分注意。
  • フクロウによる脅威を最も実感するダンジョン。周りは奈落なのでアイテムが投げ飛ばされると当然消滅する。
  • 崖に落とされたアイテムはフクロウの餌や巣の素材になるらしい(嘘)。
  • 背景BGMでFOE。モンスターハウスでFOE。DOE鉢合わせでFOE。フクロウがまさに「目に見える強敵」だからね、仕方ないね。
  • こっちのフクロウは変幻フクロウのような鬼耐性は無いが奴は崖を通れてこの迷宮は崖だらけであるという点が面倒である
  • DSの画面は横長なので、縦方向の視界がかなり狭い。つまり、縦方向から飛んでくるフクロウには直前まで気づけない。ダッシュ移動は封印が吉。
  • フクロウばかり話題にされてるが、ボルトキャット+ラクライウサギの組み合わせも非常に危険。雷耐性下げられた状態で希少種や複数からの天雷を食らうとhageも十分有り得る。対策はしっかりしておこう。
  • 壁がないためか、AIが味方プレイヤーの位置を変な風に感知することがある。コの字型の道で上のーにリーダー、下のーにAIキャラがいた場合、リーダーが左に移動するとAIキャラも左に移動する。つまり、後続がいつまで経っても追いついてこない。
  • 侵入不可エリアから飛んでくるフクロウは言わずもがなだが、それ以外のモンスターも通路での鉢合わせや部屋への乱入が妙に多くてとてもウザい。
  • ラクライウサギの電撃は部屋に入った直後に喰らうと先頭のキャラクターのみに連続ヒット。パラを前に出すくらいしか対策不可能のクソウサギ
  • この迷宮ソロプレイ最大の壁なんじゃなかろうか
  • 転落は後衛職が食らうと余裕で逝く。腹持ちを考慮してメディを先頭にしてたけど、パラに変えました。
  • ↑転落ってなんじゃい、天雷でしたわ。すみません
  • このあたりから、敵が通路にも入ってくるようになる。最後の部屋に大量に屯するのは減るが、出会い頭には注意。フクロウも合わせて通路でのダッシュは控えたほうが。
  • 出会い頭が今回の「ああっと!!」役か。 ここは、全部のフロアを自分の足で踏まないと気がすまないタイプのプレイヤーには地獄だなあ。
  • パラを入れてないPTではラクライウサギがとにかく恐怖。出会い頭も怖いが、階段の昇降直後に2体以上に囲まれているパターンも多く対処を考える必要がある。
  • 稀少ラクライウサギの開幕雷撃はオートヒール等が無いと多分パラ以外耐え切れない。部屋の遠い位置にいた場合には処理もしにくく、壊滅的被害になりやすい。睡眠・麻痺等行動不能に出来る巻物をできれば常備したい。
コメント(※500文字まで)