■世界樹の葉

  • 世界樹と不思議のダンジョンに登場するアイテム。薬瓶扱いだが飲んでも効果は発揮されない。
  • ダンジョン内でパーティの誰かのHPが0になると自動で効果が発動。HP全快でその場に復活する。
  • これとオートリザレクで復活した場合は敵が強くならない。
  • 葉っぱなのに薬瓶とはこれいかに
  • この手のアイテムには所謂まがい物がよくあるのだが…
  • 店での売値は600en。よく置いてあってわかりやすいので未識別ダンジョンで見つけたら名づけてあげると難易度がぐっと下がる
  • ↑3 ほら、「楽しい草」と書いて「薬」だから
  • コレのおかげ?でネクタルが要らなくなった。入手も楽だしなぁ…
  • 実は『トルネコの大冒険シリーズ』では既に同名同効果のアイテムが出ていた。世界樹繋がりとこじ付ければ世界樹繋がりなのだろうが、間接的な不思議な縁を感じる。
  • ↑4 買値でした。申し訳ない
  • 死んだ後に拾っても復活させることはできない。もどかしい。
  • ↑↑↑ドラクエにもあった気が・・・
  • 何せ「世界樹」の迷宮ゆえ、葉っぱなんぞ拾い放題と言う。
  • ドラクエおなじみの蘇生アイテム。ドラクエから派生したシリーズであるトルネコにも出て、そこから『世界樹』つながりでこっちにも出たと
  • 「世界樹の迷宮」にも世界樹の葉は初代からあるが、FOEな故にDQのものと違って大人しくはない。
  • 簡単に手に入るが、簡単に消費してしまう
  • しかし、初代ではテレポートまでして冒険者から逃げ回っていた世界樹の葉もずいぶんと協力的になったものである
  • 街の店には売ってない
  • ネクタルとの違いとしては、自動発動することと・拾った時点で既に死んでいるメンバーに対しては発動しないこと。
  • 便利だから気付くと倉庫から消えているアイテム クイック軟膏もだけど
  • オートリザレクトの方が先に発動する模様。まああっちは確率発動なので優先して判定するのは当然か。
  • これで復活すれば料理の効果が消えない。さすが世界樹。
  • ↑普通に消える。琥珀回復量アップなどの料理を食べているとわかりやすい
  • それぞれの原作(同系名FOE・同効果アイテム)と比べると明らかによく見かける。味方のAIがアホなのをこういう形で調整しているというのか。
  • ↑↑つまりパスタを食って油断してると・・・
  • ニラルダの説明だとわかりにくいが戦闘不能で効果が切れるかどうかは食べた後で状態変化一覧を見れば判る。パスタは戦闘不能では効果が切れないので安心
  • これをネズミに投げつけられた時はどう殺してやろうかと思いました。
  • シレンやポケダンで言うところの効果がない草(雑草・ただのタネ)になったりせず、使用したらそのまま消滅する。まぁ、セカダンには雑草ポジションの瓶薬アイテムが登場していないので当然か。一応使用されたら、すぐに空きができるのが利点か。
コメント(※500文字まで)