■金鹿の酒場

  • 世界樹の迷宮1、エトリアの街にある施設。店の主人は落ち着いた感じの女性。
  • シリカ商店の次くらいに入り浸った場所。
  • サクヤの職業はディテクティカ。探偵のようなものらしい。
  • 金鹿って、ミナゴロシの隠語って聞いた事があるんですが・・・
  • ↑ 鏖でミナゴロシと読みます。
  • ↑なるほどそうだったのか!
  • 元ネタはアーサー・C・クラークの「白鹿亭綺譚」だと思われる
  • ゴールドホーンがうろついていたりはしない
  • 紙の説明書によると、
  • 「こんろくのさかば」と読むそうだ。
  • 金鹿なんとかのすぐそばに暗黒ノ殿があるらしいが、あれは確かエトリアという地方
  • き・・・きんじか(小声)
  • 新世界樹のOPではストーリーメンバーがこことシリカ商店を利用している場面がある。この印象からファンタジーらしさが良くできていると思われる。機械系も出てくるが
  • ナイトシーカーの稀少個体がいる。
  • ↑4 タルシスじゃなくて?
  • ナンバリングの酒場で唯一「亭」の字が入っていない
  • クエストあまりやらないからシリカと比べるとそこまで入り浸ってないや…お姉さんは疲れ果てたボウケンシャーに眼福の癒しをくれる
コメント:


■関連項目