■シリカ商店

  • 世界樹の迷宮1、エトリアの街にある施設。店員は下乳の少女。
  • とてもエキゾチックな雰囲気である。ベトナムやインド、そんなかんじの
  • 奥の工房には職人さんたちが冒険者の持ってくる素材を待っている。
  • 先代から譲り受けた店を下乳が切り盛りしているが、素材が足りなくて武器が作れず繁盛はしていなかったらしい。が、プレイヤーギルドの御用達店になったことで終盤には大繁盛しているようだ。
  • 宿よりボッてるかもしれない
  • ↑ だが許す。なぜななら下乳だから。
  • 町には他の店はなかったの? 下乳が出てなかったから却下したの?
  • 1、店は複数ある。品揃え、売上げが乏しくなったシリカ商店の補強のため、新しい冒険者たるプレイヤーが執政院に紹介された。 2、樹海の素材を使った薬品が(おそらく)施薬院のみで扱われているように、樹海の素材を用いた商品の流通はシリカ商店に一任されている。 ……とか?
  • シリカ発、鍛冶の号令!
  • 「街で唯一の武器屋」みたいなこと最初に書いてなかったっけ?
  • ゲーム開始当初は、唯一の武器屋だったのは確かだろう。でも先行開業店が繁盛すれば次々に同業が現れるだろうな。
  • エトリアど田舎臭いしな。。。
  • ↑田舎じゃなくて冒険者の集う街 だろ?
  • 新では何も売り買いせず店を出ると『今度は何か買ってってよぉ?』と言われる。
  • 嘘か真か、旧Ⅰの頃は「エトリア商人の資金力の都合上、売価として1万enより多額を用意するのは難しい」「そんな金銭事情を前提に特殊な価格カルテルを成立させているため、樹海産の素材は需要に関わらず決められた価格で買い取る」という裏設定が存在したとか。……一方、新における真・魔神の礎の売価は……
  • クスリは治療院で売っている。
  • 新では各種薬品類の販売もこちらに統合された。そして「シリカ商店特製の薬」という限定品と、それを作るためのクエストも追加。
コメント:


■関連項目