■先制

  • 世界樹の迷宮シリーズに登場するシステム。戦闘突入時、一定確率で敵に対して先制攻撃or敵からの先制攻撃が発生する。
  • スキルによって敵への先制攻撃率がUPしたり、敵からの先制攻撃率を下げたりすることも可能。
  • 一部イベント戦では敵から確実に先制攻撃を受ける。また、世界樹の迷宮1に登場する深淵を舞う者のようにスキルの効果が無い時は確実に先制攻撃を仕掛けてくる敵も存在する。
  • 1ではボスFOEとの接触でも先制判定が行われる。三竜に先制ブレスをかまされる事も稀にあるが、逆に冒険者側が先手を狙う事もできた。
  • 1、2では、磁軸で迷宮に入り、すぐ階段をのぼって(おりて)ひとつまえの階層の最後の階に行くことで階層ボスに先手をとることができた。
  • 4では最終的に、階層ボスから背後攻め先制が取れる。ただし、一層のベルゼルケルはもともとバックアタックを前提にした構成。
    また、「!」と気づかれて再戦ホロウクイーンから先制を取れない理由は、恐らく戦闘開幕に先制して行う「配下呼び(ホロウガ-ド×2)」という他のモンスターにない特別な処理が行われることが理由と思われる。
  • FOEに背後から接触すると先制が確定するが、それができる相手は少ない。
    しかし、4の大地FOEは倍速巡航や食材による足止めがあるため結構容易である。
  • 3ではレベル差(?)により先制がよく発動する気がする
  • 2では単独で登場すると必ず先制してくるモンスターがいる。この先制は相手の先制を防ぐスキルでも無効化できないので非常に厄介。
  • 基本的には、冒険者が先制した場合はESCAPEが必ず成功するようになっている。
  • ↑それは4の特徴かね
  • 4では敵の先制が設定ミスかと思うほど少なく見ない人はミニイベント以外では見てない人も少なくない
  • ↑2 2以降はこうだった記憶がある、3は確認取ってないから間違ってたらすまん。
  • ↑ 3は違うよ ちょうど今先制逃走失敗してhageた

  • 答:123は先制しても逃走は100%成功ではない。4は100%成功。
  • ↑4 確かに少ないが稀少化シロショウジョウに先制とられた時は3DSぶん投げそうになったわww てかシロショウジョウにしか先制されたのを覚えてないな。非稀少含め
  • ↑2 という事はFOEへのバックアタックが特別だったのね。 ↑7は間違いのようです、すみません。
  • 卵相手に先制とったのに逃げられないってどういうことだってばよ
  • 新世界樹ではかなり終盤にはなるが激おこプンプン蟹もといメタルシザーズというアトラス樹海仕様の蟹がいる。先制出来たからといってこいつを最後にして次のターンにしない方がいい。無双されてhageる。
  • IIは黄FOE足止めスキルが豊富で先制が取りやすかった。新IIではどうなってるかな。
  • 3以降、プレイヤー先制時は緑の、敵先制時は赤の葉が舞う。赤い葉は血飛沫に似て、これから迫る死(hage)を連想させる恐ろしいエフェクトである・・・
  • 先制したのに気付かずに防御したりフロントガードしたりと意味のない行動をやってしまった経験のある人もいるはず。
  • ↑やるやる 至高の魔弾したのに防御とかな
  • 新2(~5)は先制不意打ちでイントロが変化する。六層でギター入ったけど先制であれっ?となったあとにもっとヤバいアラート音で死を覚悟した
  • ↑新一でも変化するぞ
  • 先制、不意打ちと言葉を使い分けたりもするが、ぶっちゃけどちらも不意打ちである。
  • どの作品でもこれの発動率増加スキルは高い評価を受けている
  • ↑体感に過ぎないけど新2の奇襲は高評価ってほど発動率高い気はしなかったなぁ
コメント: