■ヒギエイアの杯

  • 世界樹の迷宮4に登場するバーストスキル。
  • 味方全体のHPと封じと異常状態と戦闘不能を完全に回復する。
  • 6層の花びらや羊との戦いで一人残して全員石化したときとかにこれのお陰で助からないこともない
  • ひぎぃ!
  • 六層ではむやみにバーストを放たず、安全策としてこれの為にとっておくのも手。ひぎぃ!
  • 3で言うイモータル、起死回生の一手にどうぞ。ひぎぃ!
  • イモータルと違ってTPは回復しないので注意。ひぎぃ!
  • 元ネタはギリシア神話に登場する医神アスクレピオスの子供、健康の女神ヒギエイア(ヒュギエイアとも)の持つ杯。ヘビの巻きついた杯であり、医療・薬のシンボルである。ひぎぃ!
  • 「バーストスキルは必ずターンの頭に発動する」という法則が落とし穴に成り得るスキル。
  • ひぎぃの杯
  • 他のバーストと同じく麻痺によって失敗することがある。これを使うときはほぼパーティーが壊滅しているときなので、その様な憂き目に遭うと、ひぎぃ!
  • 回復させて玩具にでもしそうな嗜虐的な名の回復スキル。ひぎぃ!
  • とりあえずひぎぃとなった後に使おう。
  • ヒギィ!エイアの杯
  • 予想通り、コメにひぎぃ!が溢れてて吹いた。おまいらもやっぱり同じこと考えてたかwww
  • このスキルを使うたびになぜか北の海で涙を流す老人が思い浮かぶ
  • それはアイエイアだ!
  • ↑↑くそぅ、なんで4にはスキュレーが出ないんだ(涙)
  • ひぎぃ!と考えていた人が自分以外にもたくさんいることが分かって安心したw
  • ターン最初に発動するため、復活したけど無防備なメンツがそのターンを耐えられるかが勝負。一瞬だけの希望をありがとう、ということも多々。
  • 世界樹の迷宮 ひぎぃの聖杯
  • ひぎぃ!え…イヤアアアアア!!!の杯
  • コメ欄が予想通りすぎてワロタ
  • ヒギエイアの林に見えた
  • ひぎぃ! と言っているプレイヤーがこんなにいて安心? したww
  • 同類がたくさんいて癒された
  • コメ欄が予想通りだとか、同類がこんなにとかいうコメがそこそこたくさんあって癒されたw ひぎぃ!
  • 全滅寸前でヒギィ!となってるところを助けてくれるイケメンスキル、そんな状態にならないように他のバーストで瞬殺すればいいということは密に…
  • ↑9一瞬だけの希望か、あのねが出るな。ひぎぃ。
  • TPは回復しないが、おかげで羅刹マスタリとは好相性。
  • 役に立ちそうで立たないバースト筆頭
  • というかイザというとき用バースト、常に保険として付けてます              ひぎぃ!
  • 回復役がダウンしていなければひぎぃよりもジオインパクトやイージス系使ったほうが立て直せることもしばしば
  • むしろ回復役が倒れたときの起死回生用というところか
  • ヒギャーm9(;Д;)の杯
  • 柔らかいパーティーだとそのターンを凌げるか怪しく、硬いとそもそも発動機会が無いというジレンマ
  • ひぎぃ杯がなければ石像の仲間入りしてたぜ!HAHAHA!
  • 「ヒギエイアの杯」がなかったら、バルドルさんに勝てなかったよ…
  • ひぎぃぃぃぃっぃぃぃぃぃいぃいぃぃぃぃぃ!!!!!!
  • このスキルがなければ危うく兵馬俑の仲間入りでした。ひぎぃ!!
  • 冥竜に縛りくらった直後のブラッディで3人死んだときは詰んだと思いましたがこれのおかげで助かりました!ひぎぃ!
  • もうひぎぃ!ボタンつけちまえよwwwひぎぃ!
  • 回復スキルなのに「ひぎぃ」とはこれいかに。ひぎぃっ!!
  • 13号「みぎぃっ…」
  • ひだりぃっ…
  • これを取りに行く行程にあるトラップは非常に凶悪。最後の扉を
  • ↑から 選び間違えると、まさにひぎぃ!という目に遭うことができる。死にたい奴におすすめ。
  • 冥竜、神樹戦では壊滅寸前になったときにいつも助けられる。頼れる「ひぎぃエイアー!の杯」。
  • 3のイモータルと違ってTPは回復しないけど、こちらは一人でも発動できる利点がある。ひぎぃ!
  • 当然のようにTPも回復するもんだと思ってたらしなかった。hageた。いゃあああああああぁぁぁぁぁあ!!!らめえぇぇえええぇええぇ!!!!ひぎぃぃいいいいいぃいいいえいああああぁん!!!!!!
  • どういう理屈で回復するんだ?「ヒギエイアの杯」というアイテムで薬でも作るのか?
  • まさかのみさ○らナンコッツ語。ひぎぃ!!
  • まあ、諸王の聖杯的な・・・
  • モンスター軍団「ひぎひぎぃにしてやんよ」
  • 関節ねじって押し込んで復活。ひぎぃ!!
  • ヒギィエイアッーの杯
  • 絶対的なピンチを何度も救ってくれたバーストスキルで重宝しているのに、ネタにされまくってて泣いた
  • 持ってて良かったヒギエイア ひぎぃ!!
  • 簡易型緒王の聖杯だと思っています。 外傷や肉体を蝕む災いは払うが永遠の命を付加する能力はない。 そして、バーストゲージは敵を撃破した時にたまるから、恐らくやる気や戦意・士気を糧に奇跡を起こすのでしょう。
  • 全体リフレッシュが無い4では地味にリフレッシュ効果も嬉しい。全員がバステ状態なんてhage一歩手前なのでコストが高くても使う価値はある。ひぎぃ!
  • 竜戦でこれを使うとき何故か決まってブレスが飛んでくるので結局あんまり戦況が変わらなかったりする時もある
  • ↑×2メディックなら集中治療だったっけ?これで列から全体に出来るはず
  • ↑全体化は一斉救護じゃない?
  • Ⅴではブラニーちゃん専用スキルになりました ひぎぃ!
  • だけどスタンバイに4人必要なのに1人以上行動不能者がいると発動できない‥ピンチからの脱出には使えそうになさそうだが果たして
  • 使用者が限られる代わりに使用可能時期がすさまじく早くなっている(Lv15で解禁、5F攻略中には届く) それだけ過酷な冒険が待っているということなのだろう……
  • みんな大好きヒギエイア 4では何度も助けてもらったな
  • 1人ダウンならヒギエイア、2人ダウンなら全力逃走。3人ダウンしたら?hageへのカウントダウンだ。
  • ヒギエイアは4人生きていないと使えないので、死んではないけど半壊中の時に使うといいだろう
  • ↑生きていたとしても麻痺ってる時に使うと使えない時がある。おかけhageたよ。ひぎぃ!
  • 4ならhage寸前から起死回生できるスキルだったけど5だとそうはいかない…
  • 2人戦闘不能、混乱、眠り、石化しているときは使えない 今作ははーばの回復量が控えめなので全回復の意味合いで使うといいかもしれない
  • 効果自体は強力なので雑魚戦で輝くと見える
  • ↑6 3人ダウンは守備号令で何とか…ならねぇかw
  • ユニオンスキルは依存部位が無いのか全部位が封じられていようと発動できるのが最大の利点
  • 全体攻撃で1人が耐えきれず戦闘不能 PT全員がダメージあり といった状況下が一番ありがたみがあるのではないだろうか
  • 戦闘不能者が出たら使わないと厳しくなるけど出来れば全員生存で万全の状態からチェーンブラストに繋ぎたいかも
  • プラニーがかなり生き残りやすい種族と言うのもありがたポイント。Ⅳ程のお手軽感は無いが、このスキルを使用できる≒少なくとも四人が行動選択可能と言う意味なので、使った後に巻き返せる率はむしろⅣよりも高いかも
  • ブラニーシャーマンがこれで復活させて、同じターンで祈祷系も使えば手早い立て直しに役立つ。やっぱり安心と信頼のひぎぃであった。
  • ハーバリストがいない、あるいは毒殺を選択した場合は最後までお世話になる機会も多いのではなかろうか。使用のコツは局面によって必要な効果を絞って運用すること。効果全てを活かそうとすると手遅れになりやすい。というか、真なる使い道は全体封じ回復だと思う。
  • 一番使いたい時に使えない事が多いのが難しい
  • 残り香+リフレッシュorリカバリーハーブを適応中の貴重な回復原。ハーブスキルじゃないので、上書を気にせず回復を出せるのが魅力。
  • ひぎぃ!えっ?いぁぁぁ! 強いて欠点をあげるならブラニーの異常耐性の低さにより、仲間よりも自分が治療最優先な状況を引き起こしやすい事。
  • コスト4で壊滅状態からの起死回生の一手には使えないから微妙…というか不遇スキル
  • ↑一人死人、4人瀕死の縛り状態みたいな状況は後半ボスの行動パターン上多発するからそう不遇とは思わない、君だって属性攻撃でセリアンだけ吹っ飛んだり物理でルナリアだけ倒れたりすることはあるだろう?
  • 縛りで雁字搦めにされたときは非常にありがたいⅤひぎぃ。肝心のブラニーが混乱等にヤられたばあいはしーらないっ
  • 6人目がいると2人死んでても使える。ラミア戦では毒も封じも治せて非常に助かった
  • 部位依存無し 全体完全回復はそりゃ強い これでコスト5だったら非常にアレだったが
  • ただしブラニーが麻痺だったらお察しになる悲しみ・・・事実そのせいで1回hageましたよ
  • 個人的にイージスとは習得種族を別にして欲しかった…
  • ↑イージスがアースランでひぎぃがブラニーとかだったら個人的に満足だったけど、まあ、仕方ないかなあ……これがブラニーに入ってるのは似合ってるしいいと思うけど
  • ブラニーのスキル生存戦略極振りだからね
  • なぜみんな助かった状況を挙げてるのに(例の)悲鳴を上げるのかw
  • ↑それだけヒギエイアを愛してるからさ、ひぎぃ!
コメント: