■祝い歌うこの日君の為に

  • 世界樹の迷宮2の氷竜関連クエスト。
  • フロースの宿屋の娘の誕生祝い品を探しに行く。街の人それぞれから聞いたプレゼント候補のうちの一つを入手して届けるとクリア。
  • ちょっと控えめなところまでソックリ、というおばちゃんの娘さんが初登場する。
  • プレゼントの種類によってテキストが変わる。プレゼント入手方法はそれぞれ全く違うのでちょっと面倒だが、できれば全部見たいところ。
  • 最初は自動的に「治療士の助手」がまさかの再登場を果たして、プレゼント選定の火蓋は切って落とされる。初回初球から魔球を投げてくるような、はなっから全開の人選からもこのクエストに掛けてくる力の入れ具合が伝わろうというものである。「私なら…寄生虫の標本」発言などは言わずもがなの突っ込みどころなのだが…、よりによって彼女の存在を忘れ去っている反応をするプレイヤーキャラたちは何なんだろうか…。「…全く覚えて無いっぽいですね。 良いです、今もう一度覚えて下さい。今度忘れたらヒドイですからね…」
  • ↑本当に有効な戦略かどうかは及びもつかないが、好きな子は苛めておいて自分の印象を強く刻みこむ魂胆なのか。…いや、「そう言えば街で会った誰かに美しい花はどうかと勧められた気がしなくも無い。」とか反芻している辺り、プレイヤーキャラ達、マジで全く覚えてないっていうか覚える気すら無いっぽい…。どうでもいい。じ、助手ちゃん、真のフロなんとかさんポジションだったのか…。…一応、彼女の情報から「甘い花の蜜」が入手できる。
  • 「鋼の棘魚亭の主人」は襲われて逃げ帰った隊商の馬車がまだ迷宮内で放置されていることを教えてくれる。「おっと…内密でたのむぜ。何でって、ヌフフフフ。こっちはこっちで動いてんだ、まぁ突っ込むなって。」君は「そんな火事場泥棒みたいな真似できますか!」と思ってもいいし、「渡りに船だ!」と意気揚々と現場に向かってもよい。彼の情報からは「香り付きの封蝋」が手に入る。ロウソクで香り付きだがアロマキャンドルではない。くれぐれもこのアイテムを淫靡的な比喩で捉えないようにしよう!勿論ダクハンに持たせてもダメ、ゼッタイ!「これは貴族の使う(中略)こんな(中略)な物を年端も行かない娘への贈り物に選んでしまうとは!」
  • 「冒険者ギルドのギルド長」は「宿屋の娘に贈る物?そんな物を私に訊く事自体が見当違いだと思わないのか… ばっ馬鹿者、分からない訳では無い!」と本日も絶好調である。彼女からは特別にベリーの自生地の立ち入りを許可してもらえるのだが、それは職権乱用ではと心配してしまう。「事情が事情だ。特別に許可しよう。」いや、別にそこまでの事情では無いっちゃあ無いような…。彼女のありがたい計らいとちょっとした事故によって「最高級ジャム」が手に入る。…しかし、大人の誕生日に最高級ワインを贈るのはわかるが、リアルな話、子どもは誕生日にジャムなんかもらって喜ぶんだろうか…。…どちらかと言えば御中元の贈答品…。
  • 「シトト交易所店員」からは女の子が欲しがるであろう真っ当な理由を挙げた上で具体的な場所を示したアドバイスの鏡みたいな回答がもたらされる。餅は餅屋というべきか流石はアイテムを実際に取り扱っているだけのことはある。どっかの助手の「冬虫夏草…」とか、どっかのギルド長の「剣…」とかいった明後日までふっ飛んだ他の女性陣の回答とは比べ物にならない。彼女の情報からは「虹色の尾羽」が手に入る。「まさか女の子への贈り物で困ってるなんて、何だか可愛くて。」前から思っていたが、プレイヤーがシトト嬢に萌えるなら兎も角、シトト嬢がプレイヤーキャラたちに萌えまくっているような気がするのは何なんだろうか。まぁ、それは大抵の世界樹NPCに言える事だが。
  • 「公国薬泉院のツキモリ先生」は「そういう事はてんでダメで… お役に立てなくてすみません。」、「ラガード公宮の大臣」は「然して役にも立たず申し開きも無いがこの老体に免じて許したまえ」などと述べ、プレゼントのヒントには直接結びつかない。しかしまぁ、真剣に考えてもらった上に謝罪までいただき大変恐縮である。小さい女の子のプレゼントに何あげたらいいかわかんないという理由で勤務中の医者や公宮をノコノコ訪れる冒険者たちの方がどう考えたってどうかしている。それでも蔑ろにしてこないのが、ヘタしたら公女が出張って来て一緒に頭を捻ってくれそうなのがハイラガードクオリティである。
  • 事故の産物を最高級ジャムと名付けるプレイヤーの強かさよ。
  • なにこの気合の入った書き込みぶり
  • 公女様もそうだがこの世界の誕生日は一月経とうが一年経とうが全く問題無いようだ
  • 書き込みオツカレっす
  • 上に同じく。面白かった
  • なにこの文才www
  • やっぱり歴代「街の人々」ではハイラガの面々が一番好きだなー
  • 書き込み面白いw街の人々への愛があふれてるなあ
  • 馬車を漁るときのテキストでバグを見つけた。17階のシトトみたく、直前に倒した敵の名前でイベントが進んでいった。加えて、「バードのTPがゼロになった!」→ゼロになったのはブシドー。誰か俺と同じ状況になった人いますか?
  • ↑敵の名前になるバグはこっちでもあった。ただTPが減ったキャラはテキストと同じだった(先頭にいたブシドー)。
  • 新2ではレジィナさんと会話しておくと誕生会中に手作りケーキを持ってきてくれる。
  • ↑ ふつうのケーキみたいでよかった。いつものノリで、凄い見た目の物持ってこられたらどうしようかと思ったよ
  • 氷竜が直々にやってきそうな依頼である。
  • 横着こいて甘い花の蜜で妥協した輩が私です
  • ジャムに甘味と酸味を加えた「手近な材料」っなんだったのだろう。
  • ↑ 普通はレモン汁と砂糖とかだけど…砂糖はともかくレモン汁はあんまり手近とはいえない…?
  • ネタバレになるが新2では、このクエストを達成していないと、一連の冒険者ギルドのクエストが発生しないので、第6階層への道が開かれない。また、「凍土に眠る永久の残酷」も発生しない。
  • ↑2 シトロンを隠し持ってたか、メディカとかの薬品で代替できたか…
  • 新2では横着の度が過ぎる「小さい花」でお茶を濁したマイギルドのメンバーは基本誕生日を祝わないという設定が付いた
  • ホモは文豪、はっきりわかんだね
  • ところでこれはひねくれすぎなのかもしれないけど、新2の様子を見て一人の町の子供の誕生日をどうしてここまで周り中で盛り上げて祝うのか気になった。ハイラガは子供の死亡率が高くて子供の誕生日が来るのが珍しいとか、宿の子の病気は冒険者に分からないようにされてるだけでめちゃくちゃ重くて今年の誕生日を祝えるのが奇跡みたいな状態なのか……
  • ↑女将さん曰くボウケンシャーのおかげで体調良くなってきたらしいので、以前は本当に思わしくなかったのかも。命の危険を冒してまで樹海へ療養に行かなきゃならないくらいだし…
コメント: