■鞘撃

  • 世界樹の迷宮Ⅱに登場するブシドーのスキル。単体に壊属性で攻撃。
  • 見ようによっては「たこげき」に見えなくもない。
  • その名の通り鞘で撃つスキルなのだろうが、刀身を使う通常攻撃より強いのがちょっと納得いかない
  • ■蛸撃 敵単体に触手で攻撃
  • まあ大き目の上に取っ手付のブシドーの鞘はア〇ンストラッシュし易そうには見えるがw
  • ブシドーの使える唯一の壊属性攻撃。斬・突耐性用に取っておくのも手。3のショーグンの柄落しとイメージが被るか。
  • ↑実際、斬、突に耐性があっても壊に耐性が無い敵というのは結構居るので保険用に1だけ振っておくと便利。
  • 刀の攻撃力の影響は受ける。名刀は鞘の硬さも天下一品なのだ。
  • ↑5誰のおかげかリリィズムな景色が見える 君はそのまま眺めていてもいいし乱入してもいい
  • ↑2俺の名刀も(ry
  • ↑ダガーがどうか(ry
  • ↑2 お前の剃刀鞘に入れたままじゃん
  • イメージ的にスタンがあってもよかった
  • ほら、あれだよ!飛天御剣流の抜刀術は常に隙を生じぬ二段構えなんだよ!だから武器の攻撃力が…
  • 斬れぬのならば砕けばよい。そんなどこぞの蟲を倒す奉行のような発想のスキル。
  • たこげき、と読んで『グリモアスキル立てたらアカンやろ』と思ったハイラガ未体験な俺
  • ここから居合の構えに移行するという事は、納刀して鞘で打ち付けるのだろうか
  • 鞘で切りつけ(ぶつけて)つつ刀納めてると脳内補完。
  • おそらく読み方は「しょうげき」または「さやうち」
  • 最初に使うスキルがこれだった場合、恐らく刀を抜かずに戦闘に入るということになる。相手が行動するまで動こうとしないそのスタイルはまさに武士(hageないとはいってない
  • 某七竜のサムライにも居合状態で戦闘開始できるアクセか何かあった気がするし武士にとってはここぞという時にシュバッと刀を抜くのは当然の戦法なのかもしれない
コメント: