■レベルキャップ

  • 世界樹の迷宮に登場するシステム。レベル上限のこと。
  • 世界樹の迷宮シリーズでは共通してキャラの上限レベルが70に設定されているが、ⅡとⅢでは特定の条件をクリアすることでこの上限を取り払うことが出来る。
  • 最終的な目標はLv99引退後のLv99。Lv99+1とも表記される。裏ボス含めてキャップ外すまでもなく倒せるので、チャレンジは完全に趣味の領域となる。ⅡのLv99+1への道のりは過酷。
  • Ⅲのレベルキャップ解除は三竜撃破。一匹倒すこと毎にレベルキャップが10ずつ上昇する。Ⅱのことを思うと随分楽になったなぁと思う。
  • 2でのレベルキャップ解除の条件は、上限レベルまで上げて引退する事。1回引退するごとに上限レベルが1ずつ上がる。つまり、Lv99+1にするには『Lv70以上までレベルを上げる』行為を30回程度繰り返さなければならない。完全な廃人仕様。
  • 初めて聞いたときは正気を疑った。
  • レベルキャップを外してもキタザキ先生には敵わない。
  • 無論、キャップを外さなくてもコンプリートクリアは十分に可能である。
  • 2ではレベルキャップの上限を上げる為に、死んだ目をしながら延々ボスマラソンを繰り返すプレイヤーが多発した。
  • 2でボスマラソン以外でレベルカンストした人って少ないんだろうか。
  • ↑自分はボスマラソンだけだと飽きるので、合間合間で6層雑魚と戦闘してました。それでもカンストまでは行かずに途中で力尽きましたが…
  • 限界なんて越えるためにあるんだぜ。
  • 2はレベル76あたりで力尽きた。3で仕様が変更されて本当に助かった
  • しかし3のレベルキャップ解除は選択させて欲しかった。なんでもできる99キャラを作るより、70で完成させて個性を出したかった。
  • ↑99でも何でもは出来なかった気が、、、
  • ↑↑全面的にとはいかないが同意。俺は休養で無理矢理60台を維持してた
  • IVでは三竜の討伐が条件となる
  • PVを見る限り新世界樹もレベル70よりも高くできる模様。
  • 新でも同じく三竜討伐が条件
  • 2のキチ○イ仕様を何とかこなして三色三物理に即死まで全てを最高レベルで扱えるブシドーが出来たときの感動は半端無かった
  • 汝、人の限界を超え更なる力望むならば、神竜(エルダードラゴン)の使徒たる我ら三龍に力と技を示すべし・汝が試練に打ち勝てばその肉体の縛めを解き更なる高みへ誘わん・・・さあ、行くぞ強き人の子よ!
  • ちなみに三竜の上司たるエルダーさんは肉体縛られるの大好きである
  • 三竜の威厳が落ちた、もとい落ちざるを得なかった理由の推定約7割(適当)を占める。時に3体の力関係に露骨な格差を作ってまで、「キャップ有効時点での進行状況に対する強さ」と「キャップ解放後の完成形に対する強さ」のコンセンサスを取るべく必死に奮闘する彼等の姿には涙を禁じ得ない。
  • 新で周回プレイ時にレベルキャップも引き継ぎ選択したかった
  • ↑ちょっとわかる。ストーリークリアしてクラシック始めて、登録したばかりの冒険者のステータス画面に輝く王冠みっつ……君たちの物語はこれからだというのに。
  • 4の三竜は初戦(つまりレベルキャップの条件)のみNPCが味方につくってのはいい発想だと思った。もっとも3でこれをされたら凄く邪魔だっただろうがw
  • ↑リンド様は強そうじゃない。え、後の三人?さ、さあ?そんなのいたっけ(震え声)
  • 助っ人に幼女2人とか6人超してしまうな…しかも紙耐久だろうし赤竜に撫でられただけで死にそうだ
  • Ⅲ以降から偉大なる赤竜(火竜)、氷嵐の支配者(氷竜)、雷鳴と共に現る者(雷竜)を倒した時に10ずつ増えていくようになった(ステータス画面に王冠がつく)。
  • 旧2のレベルキャップを楽に解放するためにメインメンバーを引退後バード、ブシドー、カスメ等にしてレベルを上げきったら元の職に戻す、という手段を使っていた人はいないのか
  • ↑いるだろ。HGバード4人+カスメのパターンがwikiに書いてるし
  • セカダンには存在しない。てか最初から99まで解放されてる
  • 世界樹5では前作までと違ってキャップ開放ポジが三竜から変更された。そしていずれのボス相手でもNPCと共闘可能
コメント: