■炎の星術/氷の星術/雷の星術

  • ゾディアックのスキル。炎・氷・雷の星術。単体攻撃のスキル。
  • 占星術によって各種の現象を顕現する。…どうやって?
  • 1、2の炎・氷・雷の術式と基本的な性質は同じと考えてよい。(命中率が極めて高い、TEC依存のダメージなど)
  • ゾディアックの素早さは高めだが、このスキルは行動補正に結構なマイナス補正がかかるので、結果として発動は遅くなりがち。
  • ↑×2 割と外す気がしますが。
  • メインゾディでさえ微妙と言われるスキル。せめて攻撃の号令とかが適用されれば……。
  • メインスキルには違いないが、どちらかといえばサブクラス解禁までのつなぎという印象。メインに使うのならばダブルアクション等で威力を底上げしたいところ。
  • 威力の底上げが出来るバフ・デバフが突撃陣形・ウルフハウル・先陣の名誉の3つしかなく、そのうえ前2つは倍率が低め、先陣は被ダメが1.5倍になるのがネック。
  • 上昇倍率の高い狂戦士・攻撃号令・ブレイバント・大武辺者・イーグルアイ・ドラミングの恩恵を一切受けられないのが痛い。
  • バラージや壊炎拳といった属性複合スキルの使い勝手が良いのも、このスキルが敬遠されるのに一役買っている。
  • アルケミストの術式は強かったのにねぇ・・・。どうしてこうなった?
  • ダメージ増加の手段としては頭封じが有用。ついでに仲間のバインドカットやスナイプIIで畳み掛けたい。最高火力では他に大きく劣るが、強化弱化を考えずに気軽に使えるとポジティブに考えたい。
  • 某所では黒い三連星術と呼ばれているとかいないとか
  • ↑↑↑3だと高火力はリミット前提な部分があるからこんなもんだと思うわ
    圧縮もあるしアルケミストと違って連射しないようになる仕様なんだろ
  • しかしその調整の結果フリーズンブローや壊炎拳でブン殴ったりブリッツリッターで突いたりする方が強かったり全体に至っては宝典なくてもサブバリバラージ使った方がいいのはお世辞にもいい調整とは言えないよなあ…
  • 予備知識無しで運用しようとして火力が大いに伸び悩んだ。弱点把握して特異点狙って三色リミット揃えて頭封じ要員も用意して……と割りと上級者向けだと気付いたのは3層も半ばの頃だった
  • 弱点を突いた圧縮星術は3000超え出せるし基礎威力なら悪くないのに(強化・弱体なしなら圧縮フリーズンやチャージ前陣と大差ない)
  • 実際は最後までこれメインでいけるので最終的に2より強い。上の人も言ってるが玄人向けの武器。
  • ↑5 ゾディアックの最大ダメージ攻撃が術でなければいけないというのはあまりにも了見の狭い考えかと。それぞれ状況によって長所と短所がある。
  • 説明書によれば、星々からエーテルを集めてそれを触媒に発動させるものらしい
  • 明らかに地下である迷宮内でも使えて威力が下がったりはしないが、星々の力を集めている。いったい何処ある、どういう星なんだ・・・
  • ほら、地球(なのかどうかは知らんが)も星じゃん?
  • バフデバフの手間無しにそれなりに安定してそれなりにダメージを与えられる。圧縮リミット砲台の通常攻撃にしては上出来である。
  • 強化できるバフが少ないのはその分防御に回せばいいと割り切れば済む話だが、イーグルアイとドラミングが乗らないのはダメージ目的のスキルとしては致命的である
  • 雑魚に撃つ分には十分な威力に思えるけどなあ。言われるほど悪いようには思えないし個人的には範囲の分かりにくい印術の方が慣れなかった
  • ①ゾディに他の攻撃手段や役割を持たせて星術は通常攻撃感覚で使用する
    ②強化無しの攻撃手段の中ではそれなりなので長期戦前提で地道に削る攻撃として使用する
    ③頭封じ等数少ない強化手段をありったけ詰め込む等々
    とにかく物理や複合の攻撃スキルと同じ感覚で使用しない事が一番大事
コメント: