■血返しの法

  • モンクのパッシブスキル。味方が戦闘不能になった時、自分のTPが回復する。
  • 要するにアベンジャーのTP版。
  • 陽炎で回復するあたりもアベンジャーと一緒。10振りで回復量は20になるのでパーティー構成次第ではかなり役に立つ。
  • 考えてとらないと単にリザレクトの消費TPを減らすだけになってしまう
  • ↑ 確かそれが本来想定された用途だったハズ。ソースは忘れたけど。
  • 味方を介錯する事で血染めの朱槍と同時発動可能。血返しと言うより返り血の法である。
  • 血を浴びて精神的に回復て怖ぇよ
  • モンクたるもの血を見ることなど日常茶飯事なのだろう。俺はどちらかというと「味方がやられた!? チクショウ!」で士気向上みたいなのだと思ってたが
  • そりゃアベンジャーじゃないですか
  • 瀕死大変
  • 自分で殺して「よくも仲間を!」
  • 混乱してパーティーアタック→殺人のコンボだと、ムカつく奴を混乱に乗じて殴ってストレス解消→TP回復になるのか
  • アンドロサブモンのボット破壊時に発動するとシュール過ぎて笑う
  • ↑どこに血が通っているというのか…
  • ↑ガソリン的な物かもしれない
  • ↑それなんてACジャギの蓄積バグ
  • じゃ、今までの血返しをたっぷりとさせて貰おうか(TP回復)
  • 陽炎で手軽に誘発できて、リミットもたまる。無明剣やスターバスターが化ける。
  • アベンジャーとの組み合わせが凶悪。HPTPの回復は勿論だが、両方10にすると味方が死ぬ度にリミットゲージが35~45も溜まる。Lv10スキル使用と陽炎潰しを2セットするだけでリミットゲージMAXである
コメント: