■トリックスター

  • パイレーツの固有スキル。攻撃スキルを使ったときにTPが回復するようになる。チェイス系のスキルでは発動しないため要注意。
  • 消費TPに気を付ければスキル使い放題。本人が使うならリミットでも回復することは覚えておきたい。
  • 雑魚戦から攻撃スキルを連発できるようになるので、かなり有用なスキル。
  • 消費<回復のスキルを一つ持っておくと吉
  • ワイドエフェクトが発動すると複数回分回復できるがなぜかダブルアクションでは一回分しか回復しない
  • ダークエーテルをかけてもTPは回復するので、これを軸にPTを組むのもアリ。
  • ↑2 ダブルアクションはあくまで、技のHIT数そのものを増やす効果(例えばラピッドファイアでDA発動すると3HITが4HITになる)で、スキルの発動回数は1回のままである。一方ワイドエフェクトの場合は単体攻撃スキルを再度隣の対象に発動する効果なので、WEが発動する度にスキルが発動しなおされたと判定される。WEとDAの違いはここに出る。
  • 有ると無しでは大違いだが、インザダーク1を主軸に据えても1ターンで4しかTPは回復できない。これだけにTP維持を求めるのは無謀なのでアムリタはきちんと持ち歩こう。特に長期戦などではインザダークを撃っている余裕などないことが多い。
  • チェイスに適用されないせいでパイレーツがかなり微妙に思えてしまう罪作りなスキル。トリックスターが残念…、ではなくパイレーツが残念、とされるあたりも。
  • ↑ 加えて仕様上リミットブーストとは相性が悪い、幸運の女神や我流の剣術には当然ながら無意味という有様。実に勿体無い事である。
  • サブバリやサブウォリを取ると凄まじく凶悪になる。サブバリでバラージ撃ち放題はもはや反則
  • パイレーツ/ダクハンで2020年ゲフンゲフン!!
  • サブファラでロングストライドも相性良好。単純な倍率ならばサブバリバラージの1.5倍以上で弱点に依存しない高火力全体攻撃ができる。
  • なお、単純なTP効率では煙の末以上で、ビーキンのビースト帰還同様にダクエとの連携でほぼ永久機関となる。
  • 最初にこのスキルを見たとき、「すげえ!どんな技でもTP回復するのか!」と考え、パイ・モンクや、パイ・ショーグンにして回復や一騎当千を使い、「TP回復しねえぞ?バグかこれ?」とやったのは私だけではないはず、、、、、ナイハズ、、、ナイハズ、、、。
  • 世界樹っぽくない名前のスキル。まあ「世界樹っぽいて何?」って聞かれたら答えられないけど…
  • サブモンクと結構相性がいい。拳の攻撃技は単体・全体・属性と結構揃っていて特に気功拳はTP4で威力も効果も良く雑魚戦で撃ち放題、と言うのが魅力。
  • サブバリとの相性も良い。消費ゼロで撃てる3色全体、ヘビーショットでTP回復、余ったTPをアンブッシュに回せる等。前陣迫撃砲術も本職でやるよりリスクは少ない。
  • トリックマスター?
  • トリック☆スター
  • どうでもいいけど某七竜の同名職もパイレーツ同様2種類の武器を使用し更にその片方は銃だったりする 銃だと複数回攻撃できる(パイで言う我流状態)という点も
  • チェイスに乗らない点が問題視される事も多いが、逆にトリックスターでの低消費全体攻撃と仲間のチェイスを組み合わせると考えればむしろ相性は良いのだ
  • 要は通常攻撃の威力と効果を10TP以内の攻撃スキルに置き換えるパッシブ。あるいは、通常攻撃代わりに使えるスキルの幅を拡げるパッシブと言うべきか
  • 攻撃リミットやワイドエフェクトでも発動する点に注目。これにより使い方によっては消費11以上でも燃費無し、もしくは低燃費に抑える事もできる。
コメント: