■世界樹計画

※ネタバレありの項目です。閲覧・書き込みをする際にはご注意下さい。






  • 世界樹の王が関わっていた人類存続の為のプロジェクト。
  • 世界樹の迷宮1の樹海内で情報の断片が見られるものの、詳細は不明。
  • ミニコミ誌にこの計画の設定が載っているらしい
  • 1ではヴイズル達が作り、2の出元は不明、3は「魔」を追ってきた
  • ミニコミ誌の設定によれば地球の環境激変をさえるための「ワクチン」とある
  • それを効果的に発動するために世界各地の7か所に植えた
  • 人間と同化することもできるらしく、1ではヴイズルと、2では最初から意識を持っていたらしい
  • 現在確認されているのはエトリア(東京)ハイラガ(ロシア)アーロ(ギリシャ)の三か所
  • アメリカ アジア アフリカ オーストラリア その他の国にも同種のものがあると思われる
  • 個人的な見識では次回作はアメリカ(ウエスタン)が有力
  • ↑「樹海」なのにサボテンしかない荒野かよ!だがそれもアリかも...w
  • せっかく「樹海」なのだからそれなりのところへあってほしいw
  • 新宿中央公園を「それなり」というnoかw
  • ハイラガのどのへんがロシアなんだろ
  • ↑×9 もしかしてSQは7とか8まで発売されると?
  • 重油流出の件でリアルに必要になりつつある
  • ↑×7 ガンナーはコスチェンしないと!!
  • ↑そうだな!
  • アーモロードはギリシャではないとおもう
  • 地中海周辺には違いないよ。雰囲気的にコートダジュールあたりっぽいけど。
  • まあ過去と世界樹時代の地図が一致してるとは限らんし……(リアルの地球の陸地だって元はパンゲアだ)新宿はたまたま計画のど真ん中だったから保存状態が良かっただけかもしれんし。そもそも地上の景色だけで類推するなら、エトリアが新宿なんてありえなくなるわけで。
  • 以前の景観は地下深くに埋まってるわけだしな。とはいえハイラガの迷宮は上に伸びてるしアモロはそもそも計画とは無関係っぽい。
  • アモロのは、世界樹の姿をした全くの別物なのかもね。地底のあれも、タコの姿をした全くの別物だし。
  • 宇宙から魔を追って来た、精神生命体的な何かが寄り代として世界樹を選んだだけの様な気もするよ。
  • 2のプロジェクトが「箱舟計画」と呼ばれていたので、世界樹計画とは別の人類存続計画が以降の作品で顔を出すのかもしれない。おそらく「魔」を追ってきた3の世界樹も別の存続計画の産物なのかも。
  • 禍神さんとセルが親戚と考えれば…
  • アマゾン川周辺に世界樹の迷宮ありそうだよなぁ。割とガチで。
  • Ⅰ・Ⅱ、人類補完計画の象徴 Ⅲ、封印のための施設と考えればいいのだろうか?
  • まあ地中、空、海、大地とやったから続編があるk(ry
  • フォレスト・セルと「魔」に関係があるのかも気になるな。真朱の窟は現代よりさらに下にあるわけだが
  • 4でも登場。第6迷宮(従来の6層)に断片的だが記されている。後は実際にプレイして確かめてください。
  • ⅠとⅡは同じ世界軸の話だと思うけど、Ⅲは普通にパラレルワールドだと思ってたわ
  • 禍神が原因でこの計画が発足したのかもね。世界樹の王・オーバーロードも蟲に関わってるのかも
  • 禍神は環境汚染による突然変異、とか
  • Ⅳの世界樹は第六迷宮の情報を元に考えるとⅠの計画と同一のものかどうか疑問。生き残りの人数、外部との連絡不可、食料事情等から考えるに世界レベルの計画を実行するには余りにも貧弱すぎる。
  • 4の世界樹ってここの地の民が作ったんだっけ?もともとあったものを使ったのではなくて?『蟲』は人工だけど、ヴィズル達が(3以外の)全ての世界樹を作ったのでは
  • 1の世界樹:地球環境再生・維持 2の世界樹:万一の際の人類の避難手段 3の世界樹:地球外の脅威への対抗 みたいに製造目的が分かれている気がする。4は分からん。
  • 4のは、1の世界樹のプロトタイプorデッドコピーなんじゃないか?製造目的はほぼ同じにしても、1のより小さく見える上、他の世界樹には見られない欠陥があったわけだし、3の世界樹とはまた違った意味で別物っぽい。
  • 3のものは、もともとあった世界樹に外宇宙から来た何かが宿ったんじゃないかと思ってる。2はと同じでバーローがいたのは偶然降り立ったんじゃないか?とか
  • 3のニャル子さんが来たせいで世界規模の改変が必要になったとも考えられる
  • 禍神の来訪とアモロの世界樹降臨にどれだけ時間の開きがあったか、そこが気に掛かる。少なくとも海都は、バーロー達と同じ時代の国ではないだろう。
  • そういやアモロは世界樹ができる前から世界樹にまつわる伝承があったような…
    世界樹計画とは根本的に別物?シリーズ的に見ても3って異端っぽいし
  • 4は地形が同心円のリシャット構造みたいだしアフリカが舞台かもしれない
  • 3はクトゥルフが元ネタだと思う。フカビト=深き者ども
  • 新世界樹的には1000年くらい前の計画なのか、ヴィズルも大体その位の年齢らしいし、案外バーローの言う「彼女」がフレドリカだったりするのかも
  • ↑x6を参考に新説:禍神=ニャル子=女の子……つまり、上帝(笑)のいう彼女とは……

  • ハイランダーの故郷→「ハイランド地方の最北端、今のハイ・ラガード公国領の山岳地帯 byサイモン」→現実のハイランドはスコットランド北部にあるので、恐らくハイ・ラガードはロシアではなくスコットランド周辺であると思われる
  • ハイランド地方はハイ・ラガード公国領の山岳地帯→リアルでのハイランド地方はスコットランド北西の山岳地帯→ハイ・ラガードはスコットランド?
  • アモロの世界樹と禍神はコロニーとか宇宙ステーションみたいなの由来じゃないかと勝手に思ってる
  • 新・世界樹の迷宮にて世界浄化の後ある弊害が起こることが判明その対策として作られた施設が新迷宮グラズヘイムである
  • 汚染物質の除去の為に植えられているので世界の主要都市に存在する可能性が高い エトリア→東京 ハイラガード→北にハイランドなのでイギリス?
  • SQ世界では陸地はパンゲア的なデカイ大陸になってるんじゃないかな
  • 千年じゃ大陸変わらんよ
  • ↑3 ハイラガードはロシアっていわれてる
  • 劇的に環境を変えるのが世界樹計画の目的だからなあ
  • バーローの言う「彼女」は、ハイ・ラガードの初代女王じゃないかと思う。数多の病人を救ったという伝承や病を治すための方法が書かれた書物を残している事、遺伝子研究に長けていたと言うバーローの話を聞く限り、医術に長けていたとしても不思議じゃない。バーローとの見解の相違を感じた「彼女」は自分に賛同した人達を引き連れて地上に降り、ハイ・ラガードを建国した…とか。
  • ↑その説は合ってると思う。公宮に諸王の聖杯のことが書かれた書物があるし、バーロー戦後に爺さんか王女様が「我々の身内の尻拭いさせてすまんのう」的なこと言ってたし。
  • ↑×5 きょだいな ゴーレムが たいりくを なわでしばって ひっぱった という でんせつがある
  • ズッズッズッ ワロス
  • Ⅳの大地って自然再現のテストじゃないかって話を聞いたことがある。となるとプロトタイプ説が有力か?
  • ここはネタバレハウスなのか?
  • そりゃあシリーズ通しての根幹設定がネタバレにならないわけがない
  • 1から4で東西南北の世界樹が出た訳だが5は果たして…
  • 中央不敗マスター世界樹の出番か
  • このバカ弟子がぁぁぁ!と各地の世界樹に喝を入れるんですね
  • 個人的な考えでは
    2の世界樹はヴィズルの作った七本の世界樹の一つで幼子は上帝が手を加えて封印したセル
    3の世界樹と禍神は地球外来生物「魔」とそれを追うものが強い力を持つセルと世界樹の浄化作用の部分に憑いたもの
    4の世界樹はどうやら一番最初に何かの大災害が発生したらしいので、セル覚醒が大災害で生き残りが作ったデッドコピーが4の世界樹だと思ってる
  • 4の流れは世界崩壊して食糧危機に直面→大地再生のため世界樹研究、労働力確保のため亜人作成→保険に蟲を研究&破棄、世界樹起動強行&失敗に付き封印→結果大地再生は停止、将来帝国が動く直接の原因に・・・なんだか何一つうまく言ってないな
  • 新にて示されたように、世界樹計画がプロジェクト・ユグドラシルなら、2の箱舟計画はさしずめプロジェクト・ノア辺りか?妄想が捗る…
  • ↑自分的にはプロジェクト・アークかな。仮面ライダーと被っちまうが
  • 世界樹(設定)のほうでも挙がってるが、この世界にある7つの世界樹は、すべて同時期に造られたものなのではないかって説、結構おもしろい。 ヴィズルを中心とする研究チームが地球浄化の手段として着手したのが元始まり。 ただ、その研究チームがすべてを造ったのではなく、ある程度のノウハウやテクノロジーを共有しつつ、各地(各国)ごとの研究が進められたのではないかと。 各国ごと研究を進めるうちに、地球で決定的な天変地異が発生、外界との交信が閉ざされる。 そこから各々独自の世界樹が造られた。 故に各ナンバリングごと、世界樹にいくぶんか差異が見られるのではないか。
  • 一口に「世界樹計画」と言っても Ⅰ〜Ⅳで様相に違いがあり、様々に枝分かれしている計画だったんだなってのはプレイしてて感じる。
  • ↑ただ、世界樹が【星の浄化装置】ってのはブレないだろうから、差異を付けるにしろ そろそろネタ切れな気がしてならない。少なくとも凡人の俺には。
  • 新2でも、新マップのギンヌンガ遺跡で儀式を行うと大地の活力を復活させ、ファフニールの騎士は大地の護り手なる存在だそうだ。世界樹計画また関わってそう
  • 今更ながら3について 3世界樹は火星をテラフォーミングする目的で造られた、とか。人間は火星に住めないから長期間にわたる管理を世界樹自身に任せる意図で世界樹に意思を持たせた。「魔」も火星産のもので、他の惑星に進出しようとする「魔」に対して、「魔」を環境に悪影響を与える生物と判断した世界樹は「魔」の繁栄を押しとどめようとしていて、その一部がアモロに来た。この時代の技術力じゃ地球より外は「星海」で一括りにされてもおかしくはないし、自分はこう考えている。長文失礼
  • 汚染された地球を回復する用途のものなら、他の星の住環境を整えるのにも使えそうだよね
  • テラフォーミングってのもあり得そうだね。その場合「魔」は他の惑星の瘴気か何かを吸って変異、世界樹から分離したフォレストセルってのも面白そう
  • シンジュクのサイズから考えると新大地はかなりの標高にありそうだけど酸素が薄かったりしないのかな
  • 旧2のOPは所詮伝説だからどこまで信じていいかわからないけどあの文面のとおりならシンジュクが原型をとどめているのはかなりレアケースなのでは
  • 4の世界樹計画発足の理由が謎の天変地異による大地汚染なんだけど、これセルが原因てことはないかな 元々の世界樹のセルを抑えられずドカーンなって汚染 セルはどっか逃げた 残った人類がのこった世界樹どうこうして今の状態と。   そうするとタルシスはエトリアとかの時代よりさらに1000年くらい先の時代になるわけだが 
  • つまりSSQ4があればみたびフォレストセルが登場する可能性がある…?(絶望)
  • Ⅴのティザーサイトでは衛星らしき星が二つ見えていることから舞台火星説があるがパラレルでないとしたら1000年前には人類は火星でも世界樹計画を行っていた? 情報少なすぎなのに言うのもなんだけど
  • 初代公女曰く、この計画のせいでバーローたちは空へ退避せざるを得なかったそうな
  • 旧文明人でも自分達で世界の浄化について真剣に考えて行動していたのはかなり好感が持てる。中には未来に綺麗にしてくれる人が現れたらそいつらに乗っかって生きながらえようなんて考えてコールドスリープするなんて古代人もいるんだから
  • ハイラガがロシアでアーモロードがギリシャってどこソースなの?ここで勝手に言ってるだけ?
  • ↑ 公式発表ではないはず。今のところは想像の域を出ない感じ
  • エトリア=東京を中心とした地理への言及が一応主な推察理由になってるけどね
  • ↑3「その可能性が高いけど、ハッキリ断定は出来ない」…ってレベル?その方が想像の余地があっていいんじゃないかな
  • それにハイラガはイギリス近辺の可能性が高いよね。ハイランド地方とかカレドニアって辺りからも
  • 人物の雰囲気から西洋・北欧だろうという推察はできるしな
  • 1と新1の5層が地球本来の地表でエトリアはその地表から何百メートルも上に作られた大地なんだろう真メガテン4みたいな
  • 東京は樹海(腐海)に飲み込まれたんだね?
  • ふと思った…この世界の海面って今どうなってんだろう シンジュクのある場所が本来の地層とすると、海抜は…。
  • ↑×地層 ○地表
  • ↑何千年前の地層とか地下から掘られて出て来ないかい?
  • この話を聞くと必ず初見さんは「ファンタジーかと思ったらSFでした」と言うそうな。いや、かく言う私もその一人でね
  • ↑×2 あれ
  • ↑タイプミス そもそも地面じゃなくて巨大樹のはずだから海面は変化ないよなぁ………と。
  • ↑3 SF≠サイエンスフィクション SF=サイエンスファンタジー これで全部解決する…はず
  • 世界樹計画実行してみたい。いくらくらいかかるかしら。
  • ハイランダーがスコットランドのハイランド地方出身の傭兵で、スコットランドのローマ帝国時代の呼称がカレドニアなのにエトリアとハイ・ラガードどちらにも関係できてると考えると新世界樹の世界の技術力は結構高い可能性がある
  • Vに関わる世界樹計画はテラフォーミング。冒険者となる四種族はもともと、人類が環境構築が完了するまでの手足(奴隷)で、IVに於けるウロビトやイクサビトのような存在。宇宙船で目的の星に辿り着いたのは良いものの、環境の激変に耐えられない、生命維持の機能に障害が生じる等のトラブルが発生し、乗っていた人類は全滅。結果、残された四種族で文明を構築し、同じ奴隷という括りの中で平等であり、IVのような人類に対する見方の違いも無かったために、各種族から人々を統括、統治する立場の人間を出す形となった。レムスが冒険者たちに話した伝承に登場する対立者は、地球から緑化を観測した(ただし内情は知らない)人類の第二陣。みたいなのも好き
  • そう言えばテラフォーミングした火星だとしたら1日は24時間で一年は365日なのはどう説明するんだ?
  • 一時間が60分じゃないんじゃね?
  • ↑×2あれ・・うたわれとなんか似てるような・・・。
  • V世界はほとんどテラフォーミング的世界観と見られるが、本当に「テラ」フォームと呼べるかには大いに疑問が残る形となっている
  • 月が3個あるところから見ても、6層の設定から見ても、Ⅴのアルカディアは火星どころか太陽系ですらないのは明らか。最後に出てきた新天地の星がなんなのかは想像にお任せってことなんだろうけど、30層の名称の元ネタ的には地球である可能性は高い。その場合はⅤは数億年単位でのはるかな過去か、はるかな未来の話となるだろう。
  • ↑30Fだ30層って何だよ150階かよw
  • あそこでわざわざ初代のOP曲流すんだから最後に出てきた惑星は地球で間違いないと思う
コメント: