■ツバメがえし

  • ブシドーの攻撃スキル。1,2に登場する。
  • 若干燃費は悪いが優秀な性能。単体火力が自慢のブシドーにとって花形的なスキル。
  • 1ではまず上段の構え状態に移行しないと使えなかったが、それでも使っていた人は多い。
  • 佐々木小次郎が体得したといわれる剣技。大上段の構えから振り下ろし、同じ軌道で素早く切り上げるものと思われる。三撃目は…なんだろ?
  • ↑振り下ろし→切り上げによって発生した真空刃とか?
  • SP10振りにするほど極めた身体操作能力があって初めて可能な極限の3撃目だと思ってる
  • 構えがパッシブ化した2では戦闘開始から撃てる強力攻撃スキルとなっている
  • ちなみに1では構えの持続時間の関係から、ターンあたりのダメージ倍率でダブルショットに劣っていた。(ダブルショット*5>構え+ツバメがえし*4) とはいえツバメがえしが弱かったのではなく、ダブルショットが便利すぎたと見る向きが強い。
  • 「必ず命中する」という説明を加えたらどうだろうか。
  • うちのギルドの姫子はんの必殺技。発動するとき、どこからともなく桜の花びらが舞う。
  • 強力には違いないが、スキル完成までの道のりは遠い。2のブシドーは覚えたいスキルが多いので、プレイスタイルによっては全く日の目を見ないかも。
  • ボスマラソンのお供にもなりうる。
  • モノホシ竿なら威力UPみたいな遊び心が欲しかったか
  • 安心したまえ。TYPE-MOON方式なら燕返しの太刀筋は3本だ
  • TYPEーM○○N・・・一応FA○Eのアサシンでいたな・・・あれは真アサシンとかルートによっては出てたけど
  • ↑正しくはF○teね。最初以外小文字
  • 9までは燕返し、10になったら飛燕竜巻返しと命名している
  • 最強のイカサマ技だが、相手の気を逸らさないとまず決まらない超難易度の技。ではない。
  • ひこうタイプの必中技。威力60、PP20。効果は優秀だが威力が低いためブレイブバードなどの陰に隠れがち。テクニシャンストライクやテッカニンなどが使うこともある
  • 柔道の足技の一つ。相手のかけてきた足払いを見切り、そのかけてきた足を逆に払い返すという高難度の技で、素人ではまず不可能
  • ↑やめいw Ⅱでは、三回攻撃の解禁される10に上げるまでが辛いが、その分完成時の威力は絶大で、狙う価値はある。
  • 鬼力ツバメは硬い相手もバターのように切り裂く
  • というか『メッタぎり』だよね。かえすっつーよりは
  • 新世界樹では命中率が結構低めで、無双の構えor回避低下手段等前提のスペックとなった。
  • 挙句の果てにランドスラッシュの超性能の前では最終的には要らない子扱いされる事すらある。燃費はいいが。
  • 多重次元屈折現象を引き起こすことにより三つの斬撃を「全く同時に」撃ちこむ秘剣・・・まあとにかく良く名前を使われるものである
  • ↑↑そりゃあラスボスをマラソンして手に入れる技と比較したら威力面では負けるだろうよ
  • ピコーン!抜刀つばめ返し
  • 「······」←右京さんや
  • これSP9で止めといた方が良くね?
  • ↑一応★まで振ると攻撃回数が三回で固定。命中補正も若干プラスになる模様。SP1とTP+4を重いと思うかは個人次第、かな。…ソースが大丈夫? の攻略本なのでアレだが
  • はいできてる!…とは関係ない。
  • ランドスラッシュなんて持ち出さなくても縛り無しエクスタシーに完敗してる。あっちは設定ミスすら疑われるレベルだが
  • あっちは設定ミスだろう
  • 確かに設定ミスかと思われるんだけど威力の上がり方が謎なんだよなあ
  • 特化すれば核熱3発分の威力が出ることも珍しくない(2)。ジェダイを3ターンキルするときに。
  • 新2では大きく弱体化。月影や地走撃と殆ど火力差がなくなってしまった。それらと違って特殊な性質もない為もの悲しい立ち位置に…
  • 本来の燕返しにしても、使い手の佐々木小次郎にしても、残っている資料が少なく謎は多いようだ。ブシドーのツバメがえしが小次郎の燕返しと同一のものとも考えにくいのだが……「ツバメ」の名を冠するスキルが命中率、速度補正率マイナスというのはいかがなものか……ソースが大丈夫? の攻略本なのでアレだが。
  • 斬属性なので思ったよりもダメージが伸びない印象
  • 四十八手の一つではない
  • ブシドーの代名詞的スキルだが2以外ではいまいちパッとしない、そんなスキル
  • 2はブシドーに優しい世界でした
  • 2でもカスメがいないと物理耐性持ちが多いのでそこまでではなかったりする
コメント: