「恐鳥稲魂の如し(セカダンボス)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

恐鳥稲魂の如し(セカダンボス)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ■恐鳥稲魂の如し
 
 -世界樹と不思議のダンジョンに登場する第6迷宮ボスモンスター。
 -恐竜のような足を持つ鳥。脚力を生かした移動は羽ばたきで加速され、稲魂の如く獲物を捕える。
 -標的の有無すら考えずデタラメに攻撃してくるので、これまでのボスを全て封殺してきた挑発戦法が通用しなかった。ディバイドモードに切り替えたらあっさりと安定したけど。  
 -名前から某モンハン臭を感じる  
 -抜け駆け効果の突撃技を持つが、炎で混乱した挙句に別方向に突っ込んで行った…ちなみに雷で攻撃すると倍速化する。  
 -縛りや状態異常とかは使ってこないので回復さえしっかりやっていれば特に苦戦はしない  
 -通常攻撃のモーションが怖い。  
 -なんか右下のくぼみみたいなとこから出てこなかったから苦戦しなかった  
 -最初ボス名じゃなくて技の名前だと思ってた  
 -研究所の図鑑でAボタン連打するのは皆一度はやるはず  
 -シノビよろしく大きく移動しながら攻撃してくるが、その技を含め攻撃力はさほどでもない  
 -目が、怖い、というか気持ち悪い。ティンダロスに似てる気がする。  
 -あさっての方向に突撃技を連打するよくわからないボスだった  
 -自ら窪みにハマってノーダメージ余裕でした。メディも殴りに入る状況に。リンク付与に中々ならなくてイラついたけど。  
+-雷属性に鉄壁耐性、斬・壊・炎・氷に強い耐性を持つ。突剣ソードマンのハヤブサ突きが唸る一戦。  
 #comment(size=70,noname,nodate,title_msg=コメント(※500文字まで))
 
 ----