ALF-GJK > Session09 > after

Session09:『君と、黄昏が来る前に』 アフタープレイ


ただの兄弟痴話喧嘩でした。

諸々

ダメージの消去―――HP・MP全快
装備の消去―――なし
装備の回復―――特技装備のみ
コネクションの消去―――任意
コネクションの記入―――好きなものをキャラクターシートに記入。NPC(ヘイムダル、ロキ、シェルリィ、メリオ)に関しては自由に。
レコードシートの記入―――次回書いてきてくれればサインします
報酬なんてないよ。

経験値の配布


セッションに最後まで参加した

全員に1点

クエストを達成した

OP後に配ったクエストは全員達成とします。ひとつにつき10点。
ライフパスのクエストはGMが把握してないので、以下コメントで達成申告があったキャラクターは10点
  • 【狩り】狩ったッ! 第三部完ッ! -- Hor. (2012-01-29 07:39:49)
  • 【世界征服】 してない! -- t-jun (2012-01-29 11:34:21)
  • 【警告】光の柱を言ったくらいかな? -- T.O (2012-01-29 21:54:29)
  • 【組織の利益】それはもう我が軍のために。勝利を追い求めることがまた、スクルドの立場で姉妹たちへの情を表す精一杯の行動なのです。 -- yshzw (2012-02-01 02:08:25)
名前:
コメント:

倒した敵のレベル合計÷PC人数

(lv100+lv30x2) / 4 = 40点

登場したシーン数

各々(シーン数÷3)点
多分みんな3点。

良いロールプレイをした

GM/PL(自薦含)から3件以上のコメントが入ったPCに1点

  • リーグル
  • 兄想いの熱い弟だった。人世への渡りを感じさせたのも良かったなあ。 -- Hor. (2012-01-29 07:41:47)
  • ヘイムダルとの関係性以外にもう一個個性をたせればよかったなーとか。 -- t-jun (2012-01-29 12:17:11)
  • ヘイムダルへの語りかけは設定にも絡ませてて非常に良かった!うまいな~ -- T.O (2012-01-29 21:54:55)
  • 設定を生かした、ヘイムダルへとの会話や振る舞いはさすが。 -- yshzw (2012-01-31 12:43:51)
名前:
コメント:

  • スクルド
  • どうしてああなるんだという風情の軍人ヴァルキリー。指揮の出しっぷりが格好よかったですな。 -- Hor. (2012-01-29 07:42:28)
  • まさかあのスクルドちゃんがねぇ……。ロキに好かれるのもわかる生真面目軍人であった。 -- t-jun (2012-01-29 11:49:42)
  • えへへ、スーちゃん。姉妹達が憧れるのも分かります。真面目で格好良い! -- T.O (2012-01-29 21:55:08)
名前:
コメント:

  • シルフェ
  • 戦時の緊張感を丸くしてくれる朗らか猫であった。そりゃウルも可愛がるわ。 -- Hor. (2012-01-29 07:43:13)
  • ネコの可愛さとイヌの美点を併せ持つかのような可愛いリンクス。あんな子に懐かれたら誰でもふやけるわ。 -- t-jun (2012-01-29 12:03:05)
  • かわいかった。パーティの和み担当だったと言えよう。 -- yshzw (2012-01-31 12:44:36)
名前:
コメント:

  • シャゼル・ウェズナー
  • 俺理知⑨だからうまく言えないけどお前かっこいいよ! メリオの友人にしておくのはもったいない。 -- t-jun (2012-01-29 12:13:52)
  • 理知⑨ネタもだけど、アスガルドに来ても戸惑わず、真直ぐに自分を貫いてる感が良かった! -- T.O (2012-01-29 21:55:23)
  • 意図して脳筋をやるのはなかなかできることではないぞ。神話時代に放り出されてもブレないところが良いね。 -- yshzw (2012-01-31 12:45:56)
名前:
コメント:


他のプレイヤーを助けるような発言や行動を行った

他PLからの他薦で2票以上で1点

  • リーグル
  • シャゼルに絡みに来てくれたので良い感じの未来人ロールが出来申した~。 -- Hor. (2012-01-29 07:43:54)
  • オーディンは消せない!戦略面はお任せしてました。 -- T.O (2012-01-29 21:55:41)
  • 何気にパーティ内での情報共有に気を回していた感がある。 -- yshzw (2012-01-31 12:49:35)
名前:
コメント:

  • スクルド
  • すごい だめーじ でぃーらー だ。相手のヘイムダルの切らせっぷりが凄かったですな。 -- Hor. (2012-01-29 07:44:49)
  • ずっとスクルドのターン!(フレイヤ あれがなければ戦闘が何ラウンドかかったかわからん。 -- t-jun (2012-01-29 12:22:45)
  • シェルリィと合わせて神の軍の息抜き役として絡ませていただきました。 -- T.O (2012-01-29 21:56:04)
名前:
コメント:

  • シルフェ
  • 最初のシャゼルの見せ場に付き合ってくれてありがとう! 魔法職なのに! -- Hor. (2012-01-29 07:45:35)
  • パーティーのムードメーカーとして仲を見事に取り持ってくれたと思う。 -- t-jun (2012-01-29 12:24:16)
  • 進んで場に登場して絡みに来てくれたのでこちらのキャラのロールもしやすくなったよ。 -- yshzw (2012-01-31 12:47:46)
名前:
コメント:

  • シャゼル・ウェズナー
  • 絡みに行かせて頂いた! とても誠実なリターナーであった。会ったばかりの神をそんなにも思いやれるとは。 -- t-jun (2012-01-29 12:44:10)
  • リンクスの好奇心の対象として色々絡めて楽しかったさ! -- T.O (2012-01-29 21:56:28)
  • スクルドの言に合わせてくれた感 -- yshzw (2012-01-31 12:48:52)
名前:
コメント:


セッションの進行を助けた

GMより
  • リーグル
  • 設定付けの時点で1点あげて良いんじゃねえかなあ。ヘムに対するロールや、情報共有に動いていたムーブに。 -- Campari (2012-02-01 17:43:16)
名前:
コメント:

  • スクルド
  • 前回登場時と打って変わって生真面目なロールについロキロールに精が出てしまった☆ -- Campari (2012-02-01 17:44:10)
名前:
コメント:

  • シルフェ
  • ウルが文字通りの猫可愛がりをしてしまう程度には愛らしい猫。HO的には誘導薄かったけど、頑張ってくれたね。 -- Campari (2012-02-01 17:45:20)
名前:
コメント:

  • シャゼル・ウェズナー
  • 期待通りのたいむとらべらー枠。頼りになるハンターだっぜ。あとサクセション:トールが地味嬉しい。 -- Campari (2012-02-01 17:46:16)
名前:
コメント:


場所の手配、提供、連絡や参加者のスケジュール調整などを行った

  • GMに1点。


集計結果

  • リーグル


  • スクルド


  • シルフェ


  • シャゼル・ウェズナー



シナリオ概要

今回の話の主軸はヘイムダル。
永くビフロストからヴァン神族やティターン神族の侵攻を見張り続けてきた彼。
未来視の力も持つ彼は、「確定している神代の終わり」を既に知っているが故、その心を摩耗させていた。
彼以外の神は、その未来を知らず。その繁栄を信じ続けている。
神は傲慢で、絶対だ。
誰も信じやしないその事実を、臆病なヘイムダルに言えるわけがなかった。

その心の闇を突いたのがロキである。
「僕はその未来を知っている」
「君が抱えるその秘密辛いよね、わかるよ」
「楽になってしまえばいいのに」
「だって最後は終わるんだろう? ならどんな終わりでも一緒だよ」
誰にも言えない悩みを抱えるヘイムダルに甘く囁くロキ。なんだBLかこれ。
ヘイムダルは声に、次第に澱を積もらせていく。

その澱から生まれたのが、ファブニルである。
ヘイムダルの悩みは自身が抱える苦悩から、双子であるリーグルへの嫉妬、羨望へと移り変わりつつあった。
強欲なる竜、ファブニルはその邪心の象徴。
邪竜はリーグルへの妬み、ひいてはアース神族への怒り、悲しみとなってアスガルドへと襲いかかった。

さて、ところ変わって現代。
メリ夫とシャズが現代、クォ・ヴァディス山脈の坑道で戦ったのもこのファブニルである。
このファブニルは“神々の戦いの際に倒すことが出来なかったファブニルが封印されていたもの”である。
坑道は何らかの理由により、そう言ったリーフワールドと“重ね合わせの状態”にあったのだ。 ※この理由に関しては本編では語られていない。多分ロキのせい。
そのファブニル´に呑みこまれたシャズは、何の因果か、何の悪戯か、何の冗談か、神代にタイムスリップすることになったのだ。

しかし、このシャズの時空転移はファブニルを倒すに当たって大事な要因であった。
モンスターハントの腕前に合わせ、竜殺しの銘を持つグラム=メリ夫との縁。
それが悪竜を倒す英雄の前提条件として必要なものだとシェルリィは言う。
ここに完璧なまでな要因が揃った理由は、偶然か。シャズが何故神代へと迷い込むことになったのか、これもまた結局本編では語られてはいない。 ※多分ロキのせい。

その後は簡単なお話。
英雄と女神が竜を倒す。
それだけのこと。

そこに至るまでに、ロキが余計なことをちくちくとスクルドに対してふっかけていたのは些細なことである。
「この戦争を終わらせる簡単なやり方がある」
「それは僕も、ヘイムダルも、そして我らが“父”も知っている」
「“父”はこの戦に対して何も言わない。本当は、彼なら全てを終わらせることができるのに」
「どうして? ああ、ねえ、どうしてだろうねえ!」
「おっと、僕が口出しできるのはここまでだ。だって、彼から余計な事をするなと厳命されているのだから!」
「ははは!」


NPC

ヘイムダル
心を摩耗させてはいたものの、半身であるリーグルの言葉に希望を持つ。
そもそも本当は絶望なんてしていなかったという説もある。
彼は、自分の、半身の未来さえ見通している。
しかし、神代が終わった、人の時代。彼の眼はそこまでは届かない。
未知。それこそが彼の希望であり、未来である。
だからヘイムダルは、人を守護したいと心から思う。

しぇるりぃ
野心家で、勤勉で、しかしちょっと抜けたところもある愛らしい彼女。
やがて指揮官として頭角を現し、ラグナロクが始まっても一役を担うことになる。
マジ可愛い。

ロキ
まだ語るべき時ではない。


ご意見ご感想ごイチャモンその他はこちら

  • オーディンがオーディンで打ち消せないって思ったより強かった。 -- t-jun (2012-01-29 12:21:38)
  • メモ:このセッションから得られた情報によると、過去アルヴィトは内気で妄想系の女の子 -- t-jun (2012-01-29 23:27:06)
  • GMに良いロールプレイをしたを上げよう。ロキUZEEEE! -- yshzw (2012-01-31 12:50:39)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。