|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

機動戦士Zガンダム

クリア条件:EDを見る
開始時間:2011/01/15(土) 13:02:05.70
終了時間:2011/01/16(日) 17:17:37.50
参加人数:1

原作の話を追いつつ進めていくシミュレーション。
システムは前作のクロスディメンションを基本に3Dシューティングぽいものが追加され
さらにコマンド技なんてものまである。
シミュ+STG+格闘=無茶だ・・・

また最終話手前の面でボスを倒したキャラで話が分岐する。セーブはこまめに。


ボリュームたっぷりの全29面。
前後半に分かれているマップも結構あり、実質50面くらいの満腹感。
端折られている部分もありますが、TV版ストーリーを最初から最後まで網羅します。
ボスキャラごとに固有の戦闘BGMがあって音楽は好印象。
原作ファンなら、アホみたいに速いギャプランとか妙に硬いアッシマーとか鬼火力のサイコガンダムなどに翻弄されるのも楽しいかもね!
でもΖガンダムが戦闘中に変形出来ないからハイザックより遅くても許してね!!

システム面は前作から改善されており遊びやすくなっているものの、新要素のSTGが激しくダルい。
爽快感ゼロのターン制バトル。
そしてビームを撃つ度に要求されるコマンド技。
最初はスクリューパイルドライバーのような一回転ですが、徐々に面倒なコマンドになります。
ですが最終的には慣れてきて、雑魚戦20~30分でボスに辿り着くことが出来るようになりました。
ボスキャラは回避不能の必中攻撃がありますので回復はこまめに。 (後半は雑魚も使ってくる!)
それに比べたまーに出来るSLG面の嬉しいことと言ったら・・・。
この辺りテンポが良ければ、笑顔で人に勧められるゲームでした。

最終面は、第28話「生命散って」の後半1つ目のマップでヤザンを倒したキャラにより変わる。
エマ編がEASY、カミーユ編がNORMAL、クワトロ編がHARDといったところ。
スタッフロールはクワトロ編にしか存在せず、逆シャアの紹介までされる力の入り様。
見る価値は十分ありますので、プレイするなら鬼神の如きキュベレイ撃破に是非挑戦を!


■第29話 エマ編「親愛なるもの」

エマ編のラストはレコアと一騎打ち
いきなりSLGで始まる


あまり強くないパラス・アテネを倒せばあっさり終わり
まるでカミーユが妙なことをしたような誤解されますよエマさん!

エマ編以外の場合・・・・・・

口頭報告、以上!


■第29話 カミーユ編「宇宙を駆ける」
まずはSTGでジ・Oと対決
それなりに速くて強いが、案外耐久力がないので数発当てれば後半へ


SLGでシロッコを追い詰めると交霊イベント
こう・・・オーガニック的なオーバースキルがオーラ力によってバイオリレーションしてニュータイプ能力全開したから無限力が発動みたいなー?
よくわからないがとにかく色々と会話が弾むらしい


ひかりがひろがりんぐ・・・・・・


TV版通りのバッドエンド
最初にこのEDを見たので、マルチエンディングとは救われる展開なのかと思ったり


■第29話 クワトロ編「PRELUDE」
全てにおいて最強クラスのキュベレイとSTGバトル
特にスピードに関してはマジキチ
ファンネルを全て壊すとまた射出してくるので、1つだけ残して戦おう


SLGでもガチで強い上に百式はどんどん壊されていき必殺技が使えない
粘り通してイベントを起こすが、結局勝てはしない


ここでようやくスタッフロール
次回「プレリュードΖΖ」・・・ではなくプレリュードCCA・・・だと・・・


まだだ、まだエンディングは終わらんよ!
これを見る限り、次回作の予定は大いにあったと思われる