|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

鬼神童子ZENKI 電影雷舞

クリア条件:エンディングを見る
開始時間:2011/01/08(土) 10:11:32
終了時間:2011/01/08(土) 13:40:09
参加人数:1
月刊少年ジャンプ連載でアニメ化もされたコミックのゲーム化
同時期に違うゲームがなんと3本も発売されたため三連戦となる
他ではPC-FXでも発売されている

これはアクションゲームで基本的に
メインステージ→アクションバトルボス→さらにボスという流れ
前半は小明を操作し、後半は前鬼に交代する



このゲームは3つあるSFCのZENKIゲーのうちの
二番目に発売されたゲームみたいです。


全6面。各面は基本的に小明操作のアクションパート→小さい前鬼を使ってアクションパートのボス戦→コマンド入力式のボス戦バトルという構成

アクションパート
道中にあるアイテムをどれだけ取ったかによりコマンド式ボス戦の自体力等にかかわるため、ここをサボっちゃうと後々が大変です。基本的に良くできてるアクションパートですが簡単で回収作業という正直前座感が否めないのが残念。

アクションパートボス
ここも簡単です。アクションパートは死亡してもその場復帰なのでごり押しでなんとかなるのも簡単な要素のひとつ。

コマンド入力式ボス
ここが本番。必殺の演出等がかっこいいし見せ場の場面。が、勝ちを狙うなら回復しつつ必殺返しを狙うのがセオリー。最終面以外はなんとかなるので必殺で遊んでもいいかもよ!

ラスボス


邪黒竜撃破を返してプギャーなシーン


やったぜ、負け惜しみ乙


END&バトルモードのパス


おまけ
必殺返しのシーン


雑感
 キャラゲーの割には非常によくできたゲームでした。曲もいいしかっこいいしOPの曲もアニメのOP曲が使われてていい!原作知らなくても充分楽しめました。ストーリは全然読みませんでしたし意味不明でしたが!
 アクションパートについてはもったいないの一言。結構思ったように操作できて動かしてて爽快なのでもう少しアクションを楽しませてくれるステージの長さと構成があればなと。
 問題のコマンドバトル戦ですがこれは物凄い面白いです。CPU戦と戦うときは上下の二択を当てないといけないために若干運要素が入りますが選択の幅が大きいので色々とプレイ中に考えさせれる仕様でした。これは対人戦でやると面白いはず。ぜひ上記パスをしようしてプレイしてみてね!
 後から気づきましたが小明で取った回やら火やらはLかRで使用でき敵が回避不能の超有能技でした。これ使ってたら楽ジャン!なんでだれも教えてくれなかったんだ!