|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

装甲騎兵ボトムズ ザ・バトリングロード

クリア条件:シナリオモードクリア
開始時間:2017/01/29(日) 01:06:02.60
終了時間:2017/01/29(日) 05:37:10.86
参加人数:1

発売元 タカラ
発売日 1993/10/29
価格 9,800円
容量 8Mbit
その他 DSP-1搭載

同名アニメの世界観をベースとして、塩山紀生、大河原邦男、今西隆志などのアニメ版関連スタッフが制作にクレジットされている。
しかしキャラやストーリーはゲームオリジナル。つまりむせない。
原作にも出てきた「バトリング」を話の軸として進む。
機体や武器は面固定で、画面右下のダメージバーが一杯になると負け。
バトル中にセレクトを押すと敵のHP表示ON/OFF。
パスワードあり。
VSモードは対人専用になっており、CPU相手には戦えない。
操作ボタンはOPTIONで確認出来る。



両親を殺された少年ファミンが主人公
人型ロボット兵器A・Tに乗って仇を探す話でした

無事に仇を討ったファミン

しかしラスボスは「たとえ私が死んでも~」というお決まりの捨て台詞を吐いた後自爆

宇宙を彷徨っていた所になんだかんだあったヒロイン・ヨーグルが助けにきてくれました



ゲーム内容はロボット同士で戦うアクションゲーム
リング状のエリアで戦うモードと敵を避けつつ道を進むモードがある
全8ステージ

中々高い技術で作られてる印象ですが、とにかく操作性が悪すぎる
思った様に動かすのに一苦労です
やはりこういったゲームは原作ファンがやるべきだなぁと思いました
原作を知らない自分の感想は「何だこのクソゲー!」って感じでした…