絹旗「きぬはた荘、ですか?」滝壺「うん」 > 3スレ目 > 02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~9月某日 きぬはた荘 リビング~


 【テレビ】<もうすぐ大覇星祭です。生徒のみなさんは――


番外個体 「ダイハセイサイってなに?」

結標 「まあ、運動会みたいなものね。規模はケタ違いだけど」

番外個体 「ふーん……不登校児とフリーターばっかのこの家はあまり関係ないかな」

絹旗 「フリーターなのはミサワさんだけです」

浜面 (やべえ、俺どっちかですらねえ……バイト捜すか)

海原 (僕は何にカテゴライズされるのでしょうか)

滝壺 「でも、大覇星祭中って飲食店は座席解放するんでしょ?」

結標 「そうね、期間中に限っては飲食物の持ち込みが認められるハズよ」

絹旗 「つまりミサワさんの仕事も超増えるって訳ですね」

番外個体 「は、ホントに? メンドいなぁ」

結標 「しかもあれよね。外からも人がたくさん来るんだし」

番外個体 「え?」

滝壺 「運動会だから。生徒の家族とか一般のお客さんも見に来るの」

浜面 「道路が埋まるぐらいの人込みになるもんな」

番外個体 「なにそれ……ネズミが入り込んだりしないの?」

絹機 「そりゃ超防ぎきれませんよ」

結標 「これまでも、ちょこちょこおかしいことはあったみたいだけどね」

海原 「緩めるところは緩めて、締めるところは締める。そういう警備を敷くみたいですよ」

浜面 「大覇星祭中は学区によっては入るだけで一苦労だもんな」

番外個体 「なんでみんなしてそんな詳しいの?」

絹旗 「ミサワさんが超無知なだけです」

番外個体 「しょうがないじゃん……こっち来てまだ半年だし」ムー

結標 「もー、拗ねないでよー」ナデナデ

浜面 「仲良しだよな、姐さん達は」

海原 (電撃テレポコンビ……奇しくもあのお二人と同じですね)

滝壺 「あ、そろそろしらいとこんごうも帰ってくる時間だね」

絹旗 「え? もうそんな時間でしたか」


<バーン


白井 「絹旗さん!」

婚后 「参りますわよ!」

絹旗 「え? え? 何がですか? どこにですか?」

白井 「今年こそは! 今年の大覇星祭こそは!」

婚后 「怨敵・長点上機学園を討ち果たしますのよ!」

白井 「そうですの! 常盤台の名にかけて!」

結標 「長点上機といえば、もう何年か連続で総合トップとってるわね」

番外個体 「へー、すごいところなんだ」

浜面 「名門中の名門だろ。俺からすれば雲の上の存在だぜ」

海原 「確か、昨年の総合2位が常盤台でしたね。雪辱を果たすということですか」

白井 「仰る通りですの。常盤台撫子の力を見せつけてやりますの」フンス

絹旗 「あ、いや、わ、私は……」

婚后 「そうと決まれば……」

白井 「血液が逆流して血反吐を吐くまで特訓ですの!」

絹旗 「超待ってください! 私も籍は常盤台ですが、そこは、その」

滝壺 「きぬはた」

絹旗 「た、滝壺さんからも! 何か言ってやってください!」

滝壺 「お弁当作ってあげるからね」

絹旗 「」

白井 「という訳で、申し訳ございませんが絹旗さんをお借りしますの」

番外個体 「どうぞどうぞ♪」

絹旗 「ミサワさーん!?」

浜面 「絹旗、応援にいってやるからな!」b グッ

結標 「いいわね、そういうの。青春って感じがして」

絹旗 「そう思うなら超代わってください!」

婚后 「さあ、大覇星祭まであと1週間を切っておりますし、やれることから始めませんと」

絹旗 「いや、超助けてください! 誰か!」

白井 「大丈夫ですの! 絹旗さんの体型なら体操服はよく似合いますの!」

絹旗 「そ、そういう問題じゃないです! や、ちょっ……」ズルズル


<タースーケーテー


海原 (……常盤台ということは、御坂さんも出ますか。楽しみにしておきましょう)

浜面 「お、テレビで去年の大覇星祭の模様とかいうのやってんぞ」

番外個体 「えっ」


 【テレビ】<(ドカーン)3番隊壊滅!衛生兵ー!(バリィィン)総員退避ー!!


番外個体 「……なんだこれ」

結標 「あぁ、そうそう。能力の行使は全面的に"推奨"されてるのよ」

滝壺 「学校がデータ収集もしてるからね」

海原 「"許可"ではなく"推奨"ですか。よく死者がでないものですね」

番外個体 (釘飛ばし放題……やば、ちょっと楽しそうって思っちゃった)

浜面 「出場するのはお嬢達だけなのか?」

結標 「まあ、そうなるでしょうね」

滝壺 「ねえねえ、はまづら。みんなの応援とか行こうよ」

浜面 「おお、そうだな! 折角の祭りだしな」

海原 (そう、折角ですし、邪魔するのも無粋ですよね)


~その頃~


 【飛行船】<もうすぐ大覇星祭です。生徒のみなさんは――


?? 「そうか……もうそんな時期なのだな」

?? 「ふふ、この一年、たゆまぬ鍛錬を積んできた成果を見せるときが来たか……!」

?? 「それに! 大覇星祭と言えば一年で最も学園都市が根性で満たされる日!」

?? 「この俺の根性で! 今年も我が長点上機学園をトップの座へと押し上げてやろうではないか!!」ドパーン

?? 「さあ、日課の走りこみだ! まずは軽く学園都市外周一回りだな!」


 ドドドドド...


19090 「何かがすごいスピードで去っていきましたが、あれは一体……?」


~翌日 第7学区 隠れ家的喫茶店~


番外個体 「あー……やっぱりやるんですか」

マスター 「うむ。そういうしきたりらしいのでな」

番外個体 「座席開放だけですか?」

マスター 「いや、店としても通常営業する。注文があれば受けるのである」

番外個体 「はあ……大変そうですね」

マスター 「何を他人事のように言っているであるか」

番外個体 「そういう訳だから、ここに来てもゆっくりできないと思うよ?」

一方通行 「……どォせよ、クソガキに連れまわされるんだ。どの道、ゆっくりなンてできねェよ」

番外個体 (いいなあ……)

一方通行 「オマエ、やっぱり店番か」

番外個体 「……うん」

一方通行 「……店あがるの何時だ?」

番外個体 「え? 知ってんでしょ? 最終下校時刻にあわせて閉店だから、18時だよ」

一方通行 「そォかそォか、分かった」ニヤニヤ

番外個体 「?」

一方通行 「そろそろクソガキ迎えにいくわ。いくらだ?」

番外個体 「320円」

一方通行 「はいよォ」チャリチャリ

番外個体 「はいピッタリ。毎度どうもー」


<カランカラン♪


番外個体 「毎回毎回ピッタリで払って……変なところで律儀なんだね」ガチンガチン チーン


~同日夜 きぬはた荘 リビング~


結標 「ただーいまー」

海原 「おや、お帰りなさい」

結標 「あれ? 貴方とユリコだけなの?」

ユリコ 「( -ω-)zzz」

海原 「常盤台メンバーはまだお帰りになってません」

結標 「頑張るわね……」

海原 「滝壺さんと浜面さんは買い物で遠くまで行ったので、そのまま夕食も済ませてくるそうです」

結標 「真琴は?」

海原 「ミサワさんなら、ついぞ先ほど携帯に着信があって自室に戻られましたよ」

結標 「そっか。ならちょうどいいわ」

海原 「と申されますと?」

結標 「話しておきたいことがあって。大覇星祭の期間中なんだけど」

海原 「……おそらく、考えていることは同じじゃないですか?」

結標 「たぶんね。お邪魔虫は退散しましょ、ってこと」

海原 「滝壺さんのことですね。当人達はお邪魔とは思わないでしょうけどね」

結標 「ずっとじゃないにしてもさ、二人きりの時間は欲しいでしょう」

海原 「仰る通りです。では、ひとまず1日目は余り物同士で適当にまわりますか」

結標 「あら、ご不満?」

海原 「いえいえ、滅相もない」ニコニコ

結標 「年頃の女の子捕まえて余り物呼ばわりなんて失礼しちゃう」

海原 「他意はありませんよ」


~その頃~


19090 「さて、そろそろ寝ましょうか、とミサカは……うん?」

19090 「病院前の広場に怪しい人影が?」



?? 「よし、根性入れなおしておくか」

?? 「ふぉぉぉぉぉ……」

?? 「荒ぶる鷹のポーズ!!」ドパーン



19090 「あのカラフルな煙はなんなんでしょうか……?」


~大覇星祭 当日~


偉い人 「そいじゃ、開会を宣言します」


 ワーワー
  パチパチ


浜面 「お、始まった始まった」

滝壺 「やっぱりすごい人だね」

結標 「どっからかき集めてくればここまでになるのかしら……」

海原 「おや、人込みは苦手ですか」

結標 「まあ、好きではないわね」

滝壺 「私も苦手」

浜面 「滝壺はそうだったな。休みたくなったらすぐ言ってくれよ」

結標 「あら、滝壺さんには優しいのね」

浜面 「まあな!」

海原 (開き直りましたよ)

結標 「いい心掛けね。滝壺さんは怒らせたら怖そうだし、大切にしなさいよ」クスクス

滝壺 「はまづらは大丈夫だよ……たぶん」

浜面 「多分!? 滝壺さんにとって俺は多分なの!?」

滝壺 「だってかっこいいし優しいし」

浜面 「」プシュー

海原 「おやおや」

結標 「もう、ほぼ毎日こんな調子じゃない」

浜面 「あっ、そ、そういやお嬢から聞いたんだが、絹旗が早速出るらしいぜ!」

海原 「お、一番槍ってやつですか」

滝壺 「なにやるの?」

浜面 「ええとな(ガサガサ)この、中高合同借り物競争ってヤツか?」

結標 「ちょうど会場が近いわね」

滝壺 「応援に行こうよ」

浜面 「おお、見に行ってやろう!」

海原 (結標さん)ヒソヒソ

結標 (分かってる、適度なタイミングで別行動にしましょ)ヒソヒソ

滝壺 「? どうしたの?」

結標 「なんでもない、行きましょうか」


~第7学区 隠れ家的喫茶店(座席開放中)~


番外個体 「……ふーん」

オジサン1 「」スピー

番外個体 「日本では、場所取りと行列並びはお父さんの仕事って、前に聞いたけど」

オジサン2 「ここってタバコOKですか?」

番外個体 「ゴメンなさい、全席禁煙なんです。……本当なんだね」

番外個体 「ひゃぅ!?」

オジサン3 「あ、すいませんねぇ。手ぶつかっちゃった、ウヒヒ」

番外個体 「ころs……ここはそういうお店じゃないんですけど!?」ウガー

マスター 「そういうお店ではないのである」ゴゴゴゴ

オジサン3 「す、すいません……いや、ほんとすいません……」gkbr

番外個体 (マスターって普段無口だけど、こういうとき頼りになるよね)


~とあるグラウンド~


絹旗 「くぅ……なぜ私がこんなことを……」

絹旗 「言っても始まりませんね……やるからには超勝っておきませんと」


<競技参加者はスタートラインに集まってください


絹旗 「よし、超切り替えていきますか」

削板 「さあ、根性入れて借りてくるか!」

絹旗 「……うはぁ、手強そうな人ばかりですね」


<位置について、よーい
<バスン


絹旗 「」ダッ


  □ □ □ □ □ ←お題


絹旗 「ええと……真ん中の封筒にしておきましょうか」

絹旗 「」ガサガサ

絹旗 「!? これなら!」

絹旗 「どこか近くにいる筈!」ダダダダ

 :
 :
 :

絹旗 「うおお! 超ラッキー! 見つけました!」

滝壺 「あ、きぬはた」

浜面 「お? 絹旗じゃねえか。どうしたんだ」

結標 「借り物競争中よね? 何か必要なの?」

絹旗 「はい、ええとですね……」ジー

海原 「?」

絹旗 「海原さんと結標さんじゃ超ダメダメです……」

結標 「え、ダメって?」

絹旗 「浜面と滝壺さん! 一緒に来てください!」

滝壺 「二人とも?」

絹旗 「そうです! 説明はあとでします! 超一緒に来てください!」グイグイ


<分かった分かった、引っ張るな
<はまづら、ちょっと、足、速い
<ああ、しょうがねぇ! 乗れ!


海原 「思いもよらないところで別行動になれましたね」

結標 「そうね。……でも、絹旗さんは何を求めてたのかしら」

絹旗 「超持ってきましたー!」

審判 「お題はなんですか?」

絹旗 「これです!」つ□

審判 「……はい、いいでしょう! 一位です、おめでとうございます」

絹旗 「一位キター!」ピャー

浜面 「ふー……よかったな、絹旗!」

滝壺 「ねえ、きぬはた……なんで、私達、だったの……」ゼェゼェ

絹旗 「私が引いたお題がこれだったんです」つ□

浜面 「?」ガサガサ

滝壺 「なになに?」



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /. 美女と野獣カップル /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /



浜滝 「」

絹旗 「お二人のおかげで一位です! 超ありがとうございます☆」

白井 「絹旗さん、やりましたわね!」

婚后 「驚きましたわ、競技レコード更新だそうですよ」

絹旗 「私の手にかかれば超こんなもんですよ」フンス

白井 「お二人も、ありがとうございました」

浜面 「お、おう」

婚后 「絹旗さん、競技参加者は向こうに集まりませんと」

絹旗 「おっと。それじゃ、お二人ともまた後で」トタタタ

浜面 「……美女はともかく、俺って野獣なのか?」

滝壺 「ワイルドだから」


<うおおおおお!!!


削板 「持ってきたぞぉぉぉ!!」

浜面 「……なんであいつ、畳なんて担いでんだ?」

滝壺 「借り物のお題だったんじゃない?」

 :
 :
 :

海原 「絹旗さんは一位のようですよ」

結標 「あら、よかったじゃない」

海原 「たまたま僕らが近くにいたのが、功を奏したみたいですね」

結標 「滝壺さんにはメールしといたから、私たちも行きましょうか」

海原 「そうですね、何か気になる競技とかあります?」

結標 「特にね……その辺の出店とかの方が面白いんじゃない?」

海原 「それも悪くないですね」

結標 「商品化前の試作品スイーツとかあったりするしね♪」

海原 「また太りますよ」

結標 「(バシッ)またってなに、叩くわよ」

海原 「叩いてから言わないでくださいよ」


~第7学区 隠れ家的喫茶店(座席開放中)~


打ち止め 「ワースト来たよー、ってミサカはミサカは挨拶してみたり」

一方通行 「おォ、ワースト! 悪ィが、一つ頼まれてくれ」

番外個体 「あなたから頼みごとなんて珍しいね、明日はコーヒー豆が降ってくるな」

一方通行 「うるせェな。受けるのか受けないのかどっちなンだよ」

番外個体 「内容にもよるね」

一方通行 「チッ……ちっとばかし、ここでクソガキを預かってくれねェか?」

番外個体 「は? どうして? ここは託児所じゃないんだけど」

打ち止め 「なんかねー、怖い人から逃げて(ガシッ)ムグッ」

一方通行 「余計なこと喋ンな! 黙って引き受けてくれ!」

番外個体 「……マスター」

マスター 「まあ、子供一人ぐらいなら構うまい」

一方通行 「ありがてェ! この借りは何十倍にして返すからな!」

打ち止め 「ちゃんと迎えに来てね、ってミサカはミサカは念を押しておく」

一方通行 「あぁ、分かってらァ! あいつに絡まれたら面倒だしな……近くにはいねェか、よし」ダダダダ

マスター 「彼は鬼ごっこでもしているのであるか?」

番外個体 「あの人が逃げ出すなんて、何者なんだろ」


<すいませーん。4人なんですけど座れますー?


番外個体 「(4人なら……なんとかなるな)はい、どうぞー」


<あらあら、シックでいい雰囲気のお店ですね。
<あ、あと2人は後から来ますんで……ってあれ?


打ち止め (あれ? お姉様? でもなんか違う? あれー?)

番外個体 (お姉様……にしては色々と大きいな、主に胸)

詩菜 「あらあら、小さい美琴ちゃん?」

美鈴 「うわー。まんま昔の美琴ちゃんね」

番外個体 (え、やば。お姉様のこと知ってる人たちだ……下手なこと言えないな)ダラダラ

打ち止め 「みこと? お姉さん達はお姉様と知り合いなの? ってミサカはミサカは確認してみる」

番外個体 (おいこらー!)

美鈴 「お姉様? もしかして美琴ちゃんの事かな?」

打ち止め 「うん、いつも優しくしてくれるんだよー、ってミサカはミサカは褒めたたえてみる♪」ニパー

美鈴 「やーん可愛いー♪ 昔の美琴ちゃんより可愛いかもー♪」ギュー

番外個体 「……あ、こちらのお席へどうぞ」

詩菜 「ご丁寧にありがとうございます」ペコリ

美鈴 「店員さんも、どことなく似てる……この子のお姉さんですか?」

番外個体 「……あ、はい、姉です(ということにしておこう)」

美鈴 「びっくりだわー、美琴ちゃんのそっくりさんが二人もいるなんてー」

打ち止め 「お姉さんはお姉様のお姉様なの? ってミサカはミサカは確認してみる」

美鈴 「ううん、お母様よん♪」

番外止め 「…………えっ?」

美鈴 「あ、そうだ。座れるところ見つけたって連絡しないとね」カチカチ

マスター (店の中に似たような顔が3つも。姉妹と言われれば信じるであろうな)

詩菜 「困ったわー、当麻さんに繋がらない。また不幸に巻き込まれ中なのかしら」

打ち止め 「お姉様のお母様ってことは、ミサカから見てもお母様だねー、ってミサカはミサカは飛びついてみる♪」

番外個体 (最終信号ァァァ!)ダラダラ

美鈴 「娘が増えたみたいねー♪ お母様って呼んでもいいのよ♪」

美琴 「……連絡された店に来たけど、いったいこれは何の有様なの……」

美鈴 「あ、美琴ちゃんこっちこっちー」ノシ

詩菜 「あらあら、美琴ちゃん、お久しぶりですね」

打ち止め 「あ、お姉様だー、ってミサカはミサカは手をふってみる」

美琴 「」

番外個体 「言いたいことは分かるよ」

美琴 「お母さん、ちょっとこの子借りるね。あ、上条君のお母さんお久しぶりです」ペコ

打ち止め 「?」

美琴 「ほら、アンタもよ」グイグイ

番外個体 「お、押さないで、零れるから。あ、お水どうぞ」



美琴 「で、なんでアンタたちがいるのよぉ」

番外個体 「この格好みて分からない? ここの店員だよ」

打ち止め 「ミサカはここに預けられたんだよー、ってミサカはミサカは身の上を説明してみる」

美琴 「下手なこと言ってないわよね? その……アレとか……」

番外個体 「何度かヒヤッとする発言はあったけどね」チラッ

打ち止め 「?」

美琴 「心配させたくないから、核心に迫る話題は控えてよね」

番外個体 「ずっと隠し続けるつもり?」

美琴 「……いずれは話さなきゃいけない日が来ると思ってる。けど、まだ決心が……」

番外個体 「……分かったよ。よく似た知り合いとして振舞えばいいんだね?」

美琴 「ゴメンね、手のかかる姉で」

番外個体 「そういう訳らしいから、最終信号も協力してね」

打ち止め 「ミサカに任せとけー、ってミサカはミサカは無い胸を張ってみたり」

番外個体 「報酬には期待してるよん」ニヤニヤ

美琴 「ぐぬ……ちゃっかりしてるわね」



美琴 「ゴメーン、お待たせー」

詩菜 「あらあら、こうやって並べてみると本物の姉妹みたいですね」

美琴 「は、はい、何度か言われたことありますねー」タハハ

美鈴 「そういえば、愛しの彼は一緒じゃないの?」ニヨニヨ

美琴 「なっ、い、愛しの彼って……そ、そそ、そんなんじゃないから!」

番外止め (うわ、真っ赤)


<カランカラン♪


当麻 「遅くなりまして……」ペコペコ

詩菜 「あら? 当麻さんが来れたということは無事メールは届いていたんですね」

美琴 「おっそ……アンタどうしたの!?」

当麻 「いやー、さっき参加した障害物競走で色々あってな」

打ち止め 「ひどーい……ってミサカはミサカは戦慄してみる……」

当麻 「お、いつぞやの小さい御坂じゃないか? 久しぶりだな!」ナデナデ

詩菜 「あらあら、当麻さんの不幸は絶好調ですね」

美琴 「な、なんで保健室に寄ってこなかったのよ!」

当麻 「待たせたら悪いだろ?」キリッ

美琴 「またそうやって、アンタは……」プルプル

マスター 「応急処置セットぐらいは置いている、使って構わないのである」

美鈴 「ほーらー、美琴ちゃん出番よ」ニヤニヤ

美琴 「う、な、なんで私が……あぁ、もう、しょうがないわね!」

番外個体 「はーい、こちらどうぞ使ってくださーい」ニヤニヤ

美琴 「な、なんでみんなしてそんな顔するのよぉ! もう!」

打ち止め 「お姉様ずっと真っ赤ー、ってミサカは(デコピンッ)ぴぎゃ」

美鈴 「ほーら、ダメじゃない。可哀想でしょー」

当麻 「……母さん、これは何の有様でせう?」

詩菜 「ふふ、美鈴さんも混ざるとすごい光景ですね」

当麻 「上条さんとしては、はやく手当てをしてほしいのですが……」ポリポリ

番外個体 「しょうがないなー、お姉さんがやってあげよう☆」

当麻 「あ、すいません。お願いできますか?」ペコペコ

番外個体 (さすがに覚えてないか……あんときゃ顔面ボコボコだったしなぁ)

美琴 「ダメー、私がやるの! どいてなさい!」グイッ

打ち止め 「ワーストー、ここは譲ってあげる場面だよー、ってミサカはミサカは助け舟を出してみる」

当麻 「誰でもいいので、手当てをお願いできないでせうか……」


~時は少し遡り 女子対抗大玉転がし会場~


白井 「」ゴゴゴゴゴ

婚后 「」ドドドドド

絹旗 「超おなか空きました」ギュルルルルル

白井 「絹旗さん、これが終われば昼食ですの。滝壺さん特製のお弁当ですのよ」

婚后 「どうか、頑張ってくださいな」ナデナデ

絹旗 「わ、分かってます。……しかし、近くで見ると超大きいですね」

白井 「2メートルですから……絹旗さんの2倍はございますの」

絹旗 「わっ、私はそこまで小さくないです!」

婚后 「お二人とも! 始める前から仲間割れしてどうするんですか」

白井 「勝負はちょっと熱いぐらいがちょうどいいですの」

婚后 「まあまあ、冷静さを欠いてはいけませんわ」

絹旗 「でも、今回は超私たちが有利ですよ」

白井 「メリットを最大限に活かせますものね」


 ※大玉転がしルール
   左右両サイドに配置された25個ずつ合計50個の大玉を転がし、
   相手の後方にあるゴールラインに押し込む。先に半分以上を押し込めば勝利。


婚后 「こう言っては、相手の方に失礼ですが……この勝負は必ず頂きますわ」

絹旗 「超! やってやりましょう」フンス

白井 「それでは、そろそろスタンバイいたしますの」

婚后 「さあ、気合入れてまいりましょう」

絹旗 「やるからには超勝ちますよ」

白井 (あんなに嫌がってたのに、いざ本番だと乗り気ですの)


<位置についてー、よーい


婚后 「では、作戦通りに」

白井 「はいですの」


<バスン


婚后 「それっ!」バヒュゥン


      -―==三○ ●三


婚后 「あと少しで相手方の大玉にぶつかりますわ!」

白井 「お二人ともお捕まりになって! あそこまで転移しますの!」

絹旗 「はいきた」ガシッ

3人 「」ヒュンッ

白井 「到着ですの!」

婚后 「絹旗さん! 参りますわよ!」

絹旗 「超了解です!」

婚后 「はいっ!」バヒュゥン

絹旗 「うぉぉ、ロケット加速ちっそぱーーんち!」ドコォン


            -―===三三○● ウワー


絹旗 「超決まりました!」

婚后 「作戦通りですわ!」

白井 「お見事ですの! 相手の選手もろとも吹っ飛んでいきましたの!」

婚后 「わたくし達の大玉は、無事相手の陣地までたどり着いたようですわね」

絹旗 「? うひゃ! なんですか! 上空を大玉が超飛んでいきましたよ!」

婚后 「あれは……おそらく、わたくしの級友の念動力能力者ですわね」

白井 「念動力で、あんなスピードで飛ばせるなんて……さすがですの」

絹旗 「……ふと思ったんですが、あんな大玉一つなら白井さんの能力で飛ばせたのでは?」

白井 「それでは見てる方はなにも面白くないですの」

絹旗 「は、はあ」


<そこまで!そこまで!
<勝者、常盤台中学!


絹旗 「あ、超勝ちました!」ピャー

白井 「やりましたの! これで総合トップに一歩近づきましたの!」

婚后 「先ほど、白井さんが持久走で断トツの一位を取りましたし、流れは常盤台に向いてますわ!」


~昼休み~


浜面 「みんなすげぇな!」

滝壺 「暫定ポイントで長点上機に勝ってるよ」

絹旗 「超マジですか!」

白井 「皆さん、今年は特にやる気ですの」

婚后 「わたくし達3年生は今年が最後のチャンスですし」

浜面 「そっか、卒業したら仕返しもできねぇもんな」

滝壺 「はまづら、お弁当出してあげて」

浜面 「はい、喜んで!」ゴソゴソ

絹旗 「おー、超豪華です」

婚后 「滝壺さんの料理の腕は折り紙付きですから、期待できますわ」

浜面 「そうだろそうだろ! 毎日食っても飽きないぜ!」

滝壺 「はまづら、言いすぎ///」

白井 「でも、滝壺さんからは盗みたい技が多々あるのも事実ですの」

絹旗 「料理スキルなら滝壺さんとミサワさんがトップ2ですね……超悔しいです」

浜面 「じゃ、ビリなのは誰なんだ?」

婚后 「それは……ご本人の名誉のためにお答えしかねますわ」

絹旗 「ていうか決まってますよ。超浜面です」

浜面 「俺かよ! そうなんだろうけどさ!」

絹旗 「この間だって、夜食にカップ焼きそば作ろうとして"超だばぁ"ってやってたじゃないですか」

浜面 「あれはユルイ蓋が悪いんであって、俺は悪くねぇ!」

滝壺 「ほらほら、いいから食べるよ」

絹旗 「おにぎりの大群……ツナマヨはどこですか」

滝壺 「ごめんね、全部鮭」

絹旗 「」ムー

浜面 「贅沢言う子には食べさせません!」

絹旗 「なっ! 超浜面! 何様のつもりですか!」

白井 「なんといいますか、お二人って……」

婚后 「滝壺さんと浜面さんの関係とは、違ったタイプの仲良しですわね」

滝壺 「この二人は前から仲いいよ。はまづらの精神年齢が低いから」マグマグ

浜面 「えぇ!? 俺そんな風に見えんの!?」

絹旗 「そうですよ、私が超大人の対応をしてあげてるんじゃないですか」

婚后 「まぁ、結構なお手前ですわ」モシャモシャ

白井 「相変わらずの腕前ですの」サクサク

絹旗 「あ、超ズルイです! 私も食べます!」

浜面 「お前も十分ガキっぽいじゃねえか……」

絹旗 「超やかましい浜面の分も私が食べてあげましょう」

浜面 「おいやめろ! 俺だって楽しみにしてたんだぞ!」

滝壺 「はまづら、たくさんあるから大丈夫だよ」

白井 「賑やかで結構ですの」クスクス

婚后 「あ、滝壺さん。申し訳ございませんが、飲み物はございませんか?」

滝壺 「あるよ、ゴーヤ茶」コポコポ


~その頃 とある公園~


結標 「っくしゅん」

海原 「風邪ですか?」

結標 「いえ……なんでもないわよ」

海原 「風邪なんてひかないでくださいよ。感染されたら困りますからね」ニコニコ

結標 「……」ムー

海原 「?」

結標 「そ、それより、これからどうする?」

海原 「さて、どうしましょうか」


<あれー? 結標ちゃんじゃないですかー?


海原 「おや?」

結標 「あら、小萌? 久しぶりね」

小萌 「お久しぶりですねー、元気そうでなによりなのですよー」

海原 「お知り合いですか?」

結標 「うん、前にちょっとお世話になってた人」

禁書 「こもえ、この人達はこもえの教え子なのかな?」

小萌 「生徒ではないけど、似たようなものですねー」

海原 (? 教え子? 生徒?)

小萌 「そうだ! 結標ちゃん、今お時間大丈夫ですかー?」

結標 「え? えぇ」

小萌 「結標ちゃんも一緒にこの格好(チアガール)するのですよー」ヒラヒラ

禁書 「うん、2人より3人のほうが楽しいかも!」

結標 「は、え? いや、わ、私は……ちょっと」

小萌 「えー。結標ちゃんならきっと似合うのですよー」

結標 「に、似合う似合わないっていうより……らしくないわよ」

海原 「意外と似合うかもしれませんよ?」

結標 「むー……」

禁書 「さ、着替えスペースはこっちなんだよ」グイグイ

結標 「こっちって……そこ、ただの草むらじゃない!」

小萌 「彼氏さん、結標ちゃんをちょっとお借りするのですー」グイグイ

結標 「そ、そんなんじゃないから! 押さないで! 引っ張らないで!」

海原 「ここでお待ちしてますね」ニコニコ

結標 「」プルプル

小萌 「結標ちゃん、やっぱりよく似合うのですよー」

禁書 「く、悔しいけど、すごい破壊力なんだよ……」

結標 「これ、恥ずかしいんだけど……」モジモジ

海原 「仕事中はもっと際どい服装してるじゃないですか」

結標 「それとこれとは別よ!」

小萌 「彼氏さんは何か感想はないのですかー?」

海原 「よくお似合いだと思いますよ」

結標 「だから、なんでさっきから彼氏ってとこ否定しないの!」ムキー

海原 「いや、全力で否定したらそれはそれで怒られそうじゃないですか」

結標 「う……」

禁書 「? でも、二人ともお揃いのストラップ付けてるよね?」

結標 (なんて観察眼……)

海原 「あ、これですか?」チャラ

禁書 「おー、すごい綺麗なんだよ」キラキラ

結標 「こ、これはね……私達だけじゃないの。仲の良い連中で色違いのお揃いを持ってるのよ」

禁書 「え? でも二人は色も同じなんだよ?」

結標 「」

小萌 「若いっていいですねー」ウンウン

海原 「いやあ、照れてしまいますね」

禁書 「すごい羨ましいかも……今度わたしもお揃い買ってもらうんだよ」

結標 「」


~しばらく後 とある公園 ベンチ~


海原 「しかし驚きましたね。どこの幼女かと思えば、その実体は教師だとは」

結標 「あぁ見えて大酒飲みのヘビースモーカーよ。私達の3倍は生きてるんだから」

海原 「となると、実年齢より少々若く見えますね」

結標 「そんなレベルじゃないでしょ……」

海原 「ああ、それで合点がいきました。"皆さんの応援に行くのですよー"というのはそのままの意味だったんですね」

結標 「まあ、自分が受け持つクラスの応援に行ったんでしょうね」

海原 「結標さんも行ってあげてもよかったと思いますが」

結標 「ぜっ、絶対ヤダ!! 死んだ方がマシと思うような事態になるじゃない!!」

海原 「なぜそこまで……」

結標 「……小萌のクラスには土御門がいるの」

海原 「納得しました」

海原 「応援に行かないにしても、あのままの服装でもよかったのでは?」

結標 「あれで街中歩くのも、その、恥ずかしいでしょ……」

海原 (布巻いてるだけの格好と何が違うのでしょうか)

結標 「もー、その話は終わり」

海原 「ふふ、了解です。いや、しかしいい天気ですね」

結標 「天気の話題しかないの?」

海原 「それでは、"ほぼ日刊今日の御坂さん"でも……」ゴソゴソ

結標 「いい天気ねー」

海原 「そうですよね、この暑くも寒くもない時期の快晴は爽快だとは思いませんか?」

結標 「言いたいことは分かるけどね」

海原 「何か飲み物でも買ってきましょうか」

結標 「いい。ここにいて」

海原 「?」

 :
 :
 :

海原 「……こうやって時間をムダにするのも、たまには悪くないものですね」

結標 「」ウトウト

海原 「……おや? この日差しにやられてしまいましたか」

結標 「」ガクンッ

海原 「あ、危ない」ポスン

結標 「Zzz」スリスリ

海原 「結標さん? これは……旅行のときの悪夢再発ですか。困りましたね」

結標 「」スピー

海原 「……起こすわけにもいきませんね」


~第7学区 隠れ家的喫茶店(座席開放中)~


番外個体 「はー、午後になってようやく静かになった」コキコキ

打ち止め 「すごい賑やかだったね、ってミサカはミサカは振り返ってみる」

番外個体 「にしても、まさか携帯の番号交換することになるとは思わなかったけどね」

打ち止め 「えへー、ミサカの携帯に6人目の番号が入ったんだよ♪ ってミサカはミサカは自慢してみる♪」

番外個体 「ふふん、私の勝ちだな」


 番外個体電話帳 12人 (きぬはた荘メンバー、一方通行 etc)
 打ち止め電話帳 6人 (一方通行、黄泉川、芳川 etc)


マスター 「そんなことを張り合ってどうするであるか」

番外個体 「いやー、増えるのがなんだか嬉しくて」

マスター 「分からなくもないが」

打ち止め 「でも、お母様ってお姉様にそっくりだよねー、ってミサカはミサカは顔を思い浮かべてみる」

番外個体 「最初、お姉様のお姉様かと思ったよ……それにしても」


 *** 回想 ***

美鈴 「ねえねえ、名前なんて言うの?」

番外個体 「ミサ……あ、三澤真琴です」

打ち止め 「ミサカの名前は打ち止めって言うんだよ、ってミサカはミサカは自己紹介してみる」

番外個体 (しまった名前!!)

美鈴 「まー、二人とも綺麗で個性的な名前ね♪」

番外個体 (あれ?)

美鈴 「番号交換しましょうよ。美琴ちゃんのお友達ってことは、私ともお友達だしね♪」

 *** 回想ここまで ***


番外個体 「なんというか、細かいことは気にしないというか……すごい包容力だったな」

打ち止め 「お母様優しくて綺麗でお胸大きい人だった、ってミサカはミサカは将来に夢を持ってみる」

番外個体 「……私たちもあれぐらいになれるのかな」

打ち止め 「どうかなー、お姉様とかワーストを見てると……」

番外個体 「どういう意味かなー?」ズイ

打ち止め 「ぴゃう! 至近距離から睨まないで! ってミサカはミサカは助けを求めてみる!」ギュッ

マスター 「ミサワさん、小さい子相手に大人気ないであるぞ」

番外個体 「ずーるーいー」

打ち止め 「マスターさーん、オレンジジュースお代わり、ってミサカはミサカはおねだりしてみる」

マスター 「この子の分はミサワさんの給料から引いておくのである」

番外個体 「…………ぎゃふん。そこはあの白いのに請求してくださいよ……」


~午後の部 飛び入り参加型パン食い競争~


浜面 「むぉぉぉぉぉぉ!!」ダダダダ

削板 「ふぉぉぉぉぉぉ!!」ダダダダ


滝壺 「はまづら頑張って」

絹旗 「浜面! 負けたら超夕食抜きですよ!」

白井 「浜面さん! あと少しですの!!」

婚后 「ラストスパートですわ!」


削板 (久々に根性のあるヤツを見たぜ! だが負けねえええ!)

削板 「ふふぉいふぁーんひ」

浜面 「ビブルチ」ズシャァァ


滝壺 「あ……」

絹旗 「超浜面! 何やってるんですか!」ウガー

白井 「あの殿方……今何をしましたの?」

婚后 「手を軽く振ったようにしか……」

白井 「……あの校章は!?」

婚后 「長点上機学園……!」

白井 「長点上機にはあのレベルの能力者がゴロゴロいるということですの?」

婚后 「先方は能力開発のトップ校。そうであったとしても不思議はございませんわ」

白井 「これは……見ておく必要がございますの」

婚后 「敵を倒すには敵を知れ、ということですわね」

滝壺 「はまづら、大丈夫?」

浜面 「あいててて……ありゃなんだったんだ?」

絹旗 「? 超浜面が勝手にコケたようにしか見えませんでしたよ?」

浜面 「いや、それはねえ! なんかよく分からねぇけど……なんかあったんだよ」

絹旗 「なんですかそりゃ」

浜面 「なんか、見えない壁に吹っ飛ばされたような……」

白井 「おそらく、並走してた殿方が何かしましたの」

婚后 「念動力でしょうか……?」

白井 「分かりませんの。とにかく、これから長点上機が参加する競技があるので見に行きますの」

絹旗 「私もですか?」

婚后 「当然ですわ」


~学年対抗 棒倒し会場 客席~


絹旗 「あれ? 浜面はいいんですか」

婚后 「怪我をしておられましたし……滝壺さんと浜面さんは保健室ですわ」

白井 「あ、ちょうど始まるところですの」

婚后 「長点上機と……あれはどちらの学校でしょうか?」


<バスン


絹旗 「お、始まりましたよ」


<うおおおおおおお!!


白井 「!! さっきの殿方ですの」

婚后 「なんという存在感……」

絹旗 「あれ? 飛んだ? いつ飛びました?」

白井 「あんな高く……! ものすごい跳躍力ですの……」


<空中すごいパーンチ
<メキメキメキメキ


婚后 「ぼっ……棒が真ん中から真っ二つに……?」

白井 「いったい何が起こってますの……?」


<アブナーイ
<ドズズン
<フコウダー


絹旗 「ありゃ、何人かが折れた棒の超下敷きになりましたよ」

白井 「あの殿方は……空中で制止してる?」

婚后 「何の能力を応用すれば、ああなるのでしょうか?」


<空中すごいパーンチメチャ撃ち


絹旗 「ッ……!」

白井 「もうこれは試合ではございませんの……ただただ一方的な殲滅戦」

婚后 「これを、あの殿方がほとんど一人で巻き起こしていると……」


<そこまで!そこまで!
<勝者!長点上機学園!


白井婚后 「」ポカーン

絹旗 「あれ? お二人とも超怖気づいちゃいましたか?」

白井 「ま、まさか! 強敵を前にして昂ぶってますの!」

婚后 「先に申しておきますが、これは武者震いですわ!」gkbr

絹旗 「超そういうことにしておきましょう」

白井 「明日……長点上機と直接対決する機会がありますの」

婚后 「目にものを見せてさしあげましょう……!」gkbr

絹旗 「そうと決まれば、今日はもう引き上げて超休みましょうか」

白井 「いえ、その前にまだやることが残ってますの」

絹旗 「……あ、そうでした。浜面を超回収して、滝壺さんを迎えにいきませんと」

婚后 「それもですが。一日目はナイトパレードは催されますでしょう」gkbr

白井 「年に一回ですし、せっかくですから見ておきませんと」

絹旗 (ナイトパレード……そういえば、もう何年も見てないですね)

白井 「さ、競技も終わったようですし、わたくし達も参りますの」

絹旗 「そうですね。婚后さん、いつまで震えてるんですか」

婚后 「武者震いですわ!」gkbr


~とあるビルの屋上~


 ヒュン


白井 「到着ですの」

絹旗 「おー、超特等席ですね」

婚后 「こんなところに立ち入ってよいのでしょうか?」

絹旗 「どうせ誰も来やしませんよ」

白井 「滝壺さんには、メールして頂けましたの?」

婚后 「はい、二人きりでどうぞ、と」

絹旗 「リア充は二人きりで超いい雰囲気にでもなってればいいんですよ」ガサガサ

白井 「まったくですの。ああも毎日見せ付けられては糖尿病になってしまいますの」

婚后 「仲睦まじくて、嫉妬する気すらわいてきませんわね」

絹旗 「さてさて、大覇星祭はまだ続きますけども……」

白井 「まず一日目終了ということで、プチ打ち上げですの」

婚后 「加えて、明日の戦いへ向けて景気付けですわね」

絹旗 「でもなんでアルコールはダメだったんですか?」

婚后 「絹旗さん、ご自分の年齢をお考えになってくださいな」

白井 「絹旗さん、わたくしの仕事を増やすおつもりですか?」

絹旗 「うは、超フルボッコ」

婚后 「……そういえば」

白井 「?」

婚后 「海原さんが"絹旗さんにアルコール与えるべからず"と仰ってましたわね」

絹旗 「え? なっ、なんでですか!? 私が何をしたと!」

婚后 「事情は存じませんわ」

白井 「きっと、海原さんは真面目な方ですので、奔放な絹旗さんを心配しておられますの」

絹旗 「ぐぬぬ……奔放なのは私の超魅力の一つです」

白井 「さあさ、そんなことよりささやかに始めますの」ゴソゴソ

婚后 「ナイトパレードまで、あと1時間というところですわね……」

白井 「終了までここで超ゆっくりさせてもらいますの」

絹旗 「私のアイデンティティを超横取りしないでください」

婚后 「あら? なにやら見慣れないお菓子が……」ガサガサ

絹旗 「あ、それ私の! そのばかうけは超私のものです!」

白井 「誰も横取りなんていたしませんの」

婚后 「これも絹旗さんの取り分ですか?」

絹旗 「あ、ファンタグレープ。はい、私のです」

白井 「はいはい、では行き渡ったところで」

3人 「「「かんぱーい(ですの)」」」

絹旗 「うん、今年のファンタも 「言わしません」 モガガ」

白井 「絹旗さん、ハッピーターンも美味ですのよ」ニコニコ

絹旗 (なんで私の周りのお嬢様はみんなして超庶民的なんですか)ポリポリ

婚后 「そういえば、他の方々はどうなさってるのでしょうか?」

絹旗 「ミサワさんはバイトって言ってましたね」

白井 「……あら? 海原さんと結標さんが所在不明ですの」

婚后 「もしや、あのお二人も?」

白井 「あの、旅行時の写真の件もございますし、考えられなくもないですの」


~その頃 とある病院~


海原 「いやぁ、外出許可が下りてよかったですね」

ショチトル 「どこに連れていくつもりだ?」

ショチトル (お兄ちゃんとお出かけなんて何年ぶりかな……)

海原 「こんな部屋に篭りきりというのも退屈でしょう」

ショチトル 「うん、ひm……慣れればなんということもない。化学繊維は気に食わないがな」

海原 「まあまあ、今日はとても賑やかな日なので、ちょっと出歩くのも良いでしょう」

ショチトル 「ふん……ま、見るだけならタダだしな」

ショチトル (♪)

海原 「さて、まずは……どうぞお入りください」

ショチトル 「え?」


<ガラッ


結標 「ちゃんと顔を合わせるのは初めてかしらね」

ショチトル(海の写真に写ってた人……!)

ショチトル 「あ、なっ……何故ここに?」

海原 「着替えを手伝うなら、僕よりも同じ女性に任せるべきでしょう?」

ショチトル 「…………いや、私は貴様でも……」

海原 「それに、今日あなたも連れていこうと提案してくたのは彼女ですよ」

ショチトル 「え?」

結標 「ほら、男どもは出てった出てった」グイグイ

海原 「あぁ、はいはい。終わったら呼んでくださいね」


<バタン


結標 「」チラッ

ショチトル 「……」

ショチトル (く……何を企んでいる?)

結標 「何も企んでないから安心なさい」

ショチトル 「ッ!?」

結標 「貴女って、すぐ顔に出るのね。読心能力者にでもなった気分よ」クスクス

ショチトル 「え……あ……」

結標 「結標淡希っていうの。よろしくね」

ショチトル 「……ショチトルだ」

結標 「じゃ着替えましょ。私のお下がりだけど、いい?」

ショチトル 「あ、ああ」

結標 「最近の義肢ってよくできてるわね。パッと見じゃ区別つかないじゃない」シュル バサッ

ショチトル 「……なあ、なぜ私を?」

結標 「たまには気晴らしだって必要でしょ?」

ショチトル 「……」

結標 「~♪」

ショチトル 「……私は、考えがすぐに顔に出るのか?」

結標 「うん、すっごい分かりやすい」

ショチトル (ということは、お兄ちゃんの前でも!?)

ショチトル 「~~~」プルプル

結標 「どうしたの?」

ショチトル 「な、なんでもない……」

結標 「? はい、着替え完了。じゃ、海原呼んでくるわね」

ショチトル (考えが読まれて……読まれて……あぁぁぁぁ)ブンブン

海原 「どうかしましたか?」

ショチトル 「うわぁ!? み、見るな!(顔を)見るなぁ!」

海原 「いやいや、(服が)お似合いですよ?」


~さらにその頃 第7学区 隠れ家的喫茶店(座席開放中)~


打ち止め 「」スピー

マスター 「だいぶ落ち着いたであるな」

番外個体 「……超疲れました」


<カランカラン♪


番外個体 「いらっしゃいませー」

一方通行 「」ヒョコッ

番外個体 「あ、ようやくお戻り?」

一方通行 「いつもの」

番外個体 (……礼も挨拶もなしか、こンのやろォォォォ!)

番外個体 「はい、お待ちどうさま」カチャ

一方通行 「はいよォ。喉が渇いtブフォォ」

一方通行 「おい、なんだこりゃァ!」

番外個体 「ちょっと前に塩スイーツって流行ってたでしょ?」

一方通行 「それがなンだよ」

番外個体 「新メニューの塩コーヒーでーす☆ お味はいかがー?」

一方通行 「」プルプル

マスター 「ミサワさん、程々にな」

番外個体 「はーい、すいませーん♪」

打ち止め 「ふに……あ! 来てたんだー! ってミサカはミサカは飛びついてみる♪」ミョン

一方通行 「おい、おっさんや他の客に迷惑かけてねェだろォな?」

打ち止め 「ちゃんといい子にしてたよー、ってミサカはミサカは主張してみる」

マスター 「いい加減おっさんと呼ぶのはやめてほしいのであるが」

番外個体 「なんで"迷惑かけてねェだろォな"の対象に私が入ってないのかな」

一方通行 「細かいこと気にしてンじゃねェよ。シワが増えンぞ」

番外個体 「ほっとけ、バ㌍タ」

一方通行 「あァ!? 誰かバカだゴルァ」ウガー

番外個体 「ああ? やんのかゴルァ」ムキー

マスター 「ケンカなら外でやるのである」

打ち止め 「なんで顔合わすと一回はこうなるのかな、ってミサカはミサカは辟易してみる」

 :
 :
 :

一方通行 「で、そろそろ閉店なンだろ?」

番外個体 「ゴメン……考えてみたら閉めたあとの片づけと掃除があったんだ……」

マスター 「……ミサワさん、今日はもうあがってよい。お疲れ様であった」

番外個体 「え? あれ?」

マスター 「今日は色々ありすぎて疲れているであろうからな」

番外個体 「あ……ありがとうございます!」

一方通行 「終わったな? よし、行くかァ」

マスター 「待て、この子の分の清算がまだであるぞ」つ□

一方通行 「……なンじゃこりゃァァァ!!」

打ち止め 「えへー、ってミサカはミサカは誤魔化し笑いを浮かべてみる」


~とある大通り~


滝壺 (みんな気を使ってくれてる……)

滝壺 (……今度、みんなにはちゃんとお礼しないと)

浜面 「なあ、滝壺。他の連中はどうしたんだ?」

滝壺 「はまづら」

浜面 「はい!」

滝壺 「静かに見たいから、人がいないところにいこ?」

浜面 (え、それって)

滝壺 「こっちこっち」

浜面 「あ、お、おい!」

 :
 :
 :

浜面 「はー……こんな穴場スポットがあったんだな」

滝壺 「ここなら、誰にも邪魔されないよね」

浜面 「お、おう! そうだな!」

滝壺 「……二人きり」

浜面 「」ドッキーン

滝壺 「」スッ

浜面 (目を閉じて上を向いて? しろってことですか! 俺からしろってことですかぁぁ!)

浜面 「……いきます」スッ

滝壺 「……っ///」


 パンパン パーン

 チャンチャラチャーチャ チャンチャラチャラチャラ
 チャラチャラチャラチャラ チャラチャラチャラチャラ


絹旗 「お、始まりましたよ!」

婚后 「文字通りの高みの見物ですわね、最高の眺めですわ」

白井 「上から見ると、まるで光の河ですの」

絹旗 (こんなにちゃんと見るのは、何年ぶりでしょうか……)

絹旗 (チラッと見たときも、こんな感想は持ちませんでした)

絹旗 (超綺麗です……)

婚后 「白井さんには感謝いたしませんと」

白井 「わたくしのエスコートがあってこその眺めですの」フンス

絹旗 「今回ばかりは、超ありがとうございます」


打ち止め 「わー! すごーい! 綺麗きれーい!」ピョンピョン

番外個体 「なるほどね。あなたが見せたかったのはこれだったんだ」

一方通行 「オマエ、こういう派手なのは好きだと思ったンだが」

番外個体 「うん……好きだよ、大好き」

一方通行 「そォかい。そりゃよかった」

番外個体 「……」

一方通行 「? なンだよ」

番外個体 「いや、別に」プイッ

一方通行 「……オマエ、そのネックレス、なンかいいな」

番外個体 「いいでしょ? お気に入りなんだよ。宝石じゃなくてガラスだけどね」

打ち止め 「なに二人だけでいい雰囲気になってるのー! ってミサカはミサカは割り込んでみる!」


ショチトル 「」ポカーン

海原 「いやいや、なんとも見事ですね」

結標 「去年は入院してたから、ちゃんと見れなかったのよね」

海原 「入院? そうだったんですか」

結標 「どっかの誰かさんに顔面殴りとばされてね」

海原 「顔をですか? とんでもないヤツがいるものですね」

結標 「もういいの、過ぎたことだから。それより、楽しんでる?」

ショチトル 「すごい綺麗……」ポツリ

結標 「連れ出してきた甲斐があったわね」クスクス

海原 「楽しんで頂けたようで何よりですよ」


滝壺 「きれいだね」

浜面 「滝壺の方が綺麗だぜ」キリッ

滝壺 「……ばか」

浜面 「今頃、他の連中もどっかで見てるんだろうな」

滝壺 「うん。きっと見てるよ」

浜面 「……いいもんだな」

滝壺 「そうだね。こんな時間が来るなんて、一年前は想像もしてなかった」ピト

浜面 「大事にしないとな。時間もお前も周りのみんなも」ギュゥ

滝壺 「うん、期待してる」

浜面 「任せといてくれ!」フンス


~同日夜 きぬはた荘 リビング~


絹旗 「あうっ、もう少し下……あ、そこ、超そこです!」

ユリコ 「(・ω・)」フミフミ

絹旗 「あ゛~~~~」

白井 「運動不足の証拠ですの」

婚后 「家に閉じこもり気味というのも考えものですわね」

番外個体 「うぅ……足がむくんでるよぉ……」

浜面 「ミサワの姐さんは立ち仕事だったか? 大変だよな」

白井 「大きいお姉様! わたくしがマッサージを!」

番外個体 「そう? お願いしようかな」

白井 「脚といわず、全身を! くまなく!」

番外個体 「ゴメン、やっぱいいや。湿布貼っとく」ペタペタ

滝壺 「みんな、お茶だよ」

絹旗 「おお、超ありがとうございます。ユリコー、どいてください」

ユリコ 「(・ω・)」フミフミ ←楽しくなってきた

婚后 「海原さんと結標さんは、まだお帰りには?」

番外個体 「あー。なんか寄ってくるとこがあるって、連絡があったよ」ペタペタ

白井 (男女が寄り道をするとなると、行き先は一つしかございませんの)

婚后 (あのお二人も、急接近ということですわね)

浜面 「さてさて。全員お疲れみたいだし、今日は早めに休まないとな」

絹旗 「仕切らないでください。超浜面のくせに」

=====
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。