美琴「待ちなさいってば!」上条「股がビリビリ」 > 02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

上条「………………」

五和「………………」

美琴「………………」


五和「……本当に…すみませんでした…」シュン

上条「い、いや…なんか…こちらこそ…」

美琴「……………」シュン

上条「ま、まさか海軍用船上鎗にあんな使い方があるとは~、上条さんも一本取られましたよ~…」アハハハハ


五和「……………」

美琴「……………」

上条「……………」(気まずい………)


五和「…じゃあ私はそろそろ天草式の皆と合流しますので…」

上条「あ、ああ…そうか…」

五和「まだ数日学園都市にいる予定なので…また明日皆と来ます」

上条「そうか…ならまた明日な」

五和「はい…ありがとうございます…」バタン


上条「…………不幸だ…」


美琴「…と、ところでアンタ体調は?」

上条「あ…ああ、大丈夫だけど…」

美琴「そう…それならいいわ…」


五和「ということなんです…」

建宮「そ、それは…」

対馬「………五和、あんたなかなかやるわね…」

牛深「…………」ゴクリ

建宮「で…上条当麻の体調はどうなのよな?」

五和「体調自体は今のとこ良好みたいですが…」

野母崎「……股間に電撃…」

建宮「さすがの上条当麻でも…股間に電撃はまずいのよ…」

五和「……………」

建宮「で、五和。上条当麻の股間はどんなだった?」

全員「!?」

対馬「ちょっと!建宮何聞いてんのよ!」

香焼「いや、そこは重要っすよ!」

五和「そ、その……………//」

建宮「うんうん」ニヤニヤ

五和「………建宮さんの変態!!」バゴッ

建宮「ぐっほぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」バタ

対馬「……そりゃそうよ…」

五和「……………//」

建宮「あー…とにかく、上条当麻は今療養中ってことなのよな?」

諫早「まぁ…そうなるかな」

建宮「ならばここは今までの上条当麻への恩を返す時なのよな!」

五和「恩返し…ですか?」

建宮「そう。女教皇があーんな格好をしてくれたのに俺達はなんの恩返しもしてないのよ」

対馬「まぁ確かに一理あるわ」

建宮「かと言って回復魔術は上条当麻の右手のせいで使えないのよ」

野母崎「そういえばそうだ」

建宮「ならば…ここは特殊療法で行くのよな!!」

香焼「特殊療法っすか?」

五和「何ですか?」


建宮「特殊療法……その名は…………」



建宮「『性人崩し』なのよな!!」バン


全員「」


上条「…って……もう夕方か…」

美琴「Zzz」スピー

上条「あ?……御坂の奴…熟睡してんじゃねぇかよ…」

美琴「Zzz」ムニャ

上条「……………ほれ」プニュ

美琴「ふにゃー」プニュ

上条「ほら起きろよ御坂」

美琴「あ…って私寝てた?」

上条「人ん家で熟睡でせうよ」

美琴「ご……ごめん//」

上条「んなことより晩飯どうすんだ?」

美琴「あーそうね…なら私材料買ってくるわよ」

上条「え?なら俺も行くよ」

美琴「だからアンタは安静に……」

上条「いいだろ。何か悪いし」

美琴「……な、ならちゃんと働きなさいよ」

上条「わかってますって」

街中

上条「あー、もう寒いなー…」

美琴「すっかり冬ね」

上条「じゃあとりあえず近くのスーパーにでも行くか」

美琴「そうね」

上条「あ、ところで晩飯は何にすんだ?」

美琴「晩ご飯は…」



??「上条当麻!」

上条「へ?」

建宮「我ら天草式が女教皇に代わって上条当麻に恩返しするよな!」

上条「…………やな予感…」

建宮「上条当麻、お前は今療養中らしいよな?」

上条「あ、ああそうだ…」

上条(あの時のことか…)

建宮「そこで我らが特殊療法を施すなのよな!!」バッ

上条「へ?ちょま…」

建宮「野母崎、牛深!奴を抑えろ!」

野母崎・牛深「了解!」


ガシッ

上条「な…何を…」

美琴「え?何なの!?」

建宮「ではこれから上条当麻に特殊療法を施す!その名は……『性人崩し』!!」バン

上条「『性人崩し』??」

建宮「では先生!頼んだのよな!!」

??「フッフッフ…任せるのである…」


上条「この声は…」


アックア「さあ上条当麻。これから特殊療法『性人崩し』を行うのである」

上条「はああああああああ!?!?何でアックアが!?」

アックア「まぁ私も貴様にいろいろと恩があるからな。天草式の教皇代理からこの話を受けたである」

上条「てか何でお前ここに…神の右席は?」

アックア「>>1はこのスレの作者であると同時に『アックア「ニートだけは嫌である…」』の作者でもあるのだよ!詳しいことはそっちに書いてあるである」

上条「はああああああああああああああああああああああああ!?つまり…お前は……フリーター!?」

アックア「正解である」

建宮「よし、では『性人崩し』を始めるよな!野母崎、牛深、ズボンを降ろせ!」

野母崎、牛深「了解!」ガバッ

上条「いやあああああああああああああああああああああああああああ!!」


アックア「……ウィリアム家に代々伝わる…特殊療法…」ヌギヌギ


上条「らめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」


アックア「秘技………『性人崩し』!!」バッ

ムニュ


上条「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば!!!」

アックア「アーーッ!」


プシュー

アックア「これで大丈夫である」

建宮「助かったなのよな、アックア」


上条「」ビクッビクッ

美琴「」ガクブル


上条・美琴(どうしてこうなった……)

上条(上条さんJr.もだいぶ落ち着いてきたな…)ニュ


上条「……ま、まぁ気分取り直してスーパー行こうぜ…」

美琴「………そうね…」


スーパー

上条「よし着いたな。じゃあ食材は……」


??「ちょっとまったァァァァァァァァァァァァ!!」

上条・美琴「!?」

レッサー「私を忘れてもらっては困りますねぇ」

上条「……………何でお前が出てくんだよ!」

レッサー「何やら貴方への恩返しが流行ってるそうじゃありませんか」

上条「流行ってねぇから!」

レッサー「フッフッフー、恩返しならばこのレッサーが一番だということを、今ここで分からせてやりましょーう!!」

上条「だからお前は…」

レッサー「じゃじゃーん!レッサースペシャルカスタームDX!!」バン

上条「またか…」

レッサー「無残にも壊れてしまった『鋼の手袋』を改修改造しまくった超高性能霊装とはこれのことだァァ!」

上条「あーあーまったく、そんなんで何やらかすつもりだよ」

レッサー「なら覚えていますかね?前回のレッサースペシャルカスタムの機能を」

上条「ああ?えっと…遠くの物をも掴んで操作できるとか………………ハッ!?」

レッサー「勘づきましたかね?」

上条「お前……まさか…」

レッサー「そう!このレッサースペシャルカスタムDXはその機能に加え、なんと!」

上条「…………」

レッサー「掴んだ物をムニュムニュする機能を追加したんです!!!」ババーン

上条「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」ダッ

レッサー「あ!逃げるな!」ガシッ

上条「も、もう…やめてくれ…。上条さんの息子のHPはもう限界よ!」


レッサー「そぉぉぉい!問答無用!」ガシッ

上条「はふぅっ!!」

レッサー「せぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇい!!」ムニュムニュ


上条「ぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴ!!」ビクッビクッビクッ


上条宅

美琴「アンタ……散々ね…」

上条「ははは…上条さんは不幸には慣れてますのことよ…」

美琴「……ある意味尊敬するわよ…」

上条「で、とりあえず鍋にするんだろ」

美琴「ええ、早く用意しましょうよ」

上条「OK」



グツグツ

美琴「さーて、そろそろ煮えてきたかしら」

上条「お、うまそうな匂いだなー」

美琴「具材にはフォアグラ、キャビア、エスカルゴに…」

上条「ちょ…御坂さん??」

美琴「へ?」

上条「あなた鍋になんてものいれてんですか!?」

美琴「え…鍋って入れれば何でもおいしくなるって…」

上条「……ケーキ入れてもうまいと思うか?」

美琴「違うの?」


上条「………………お前鍋やったことないだろ」


美琴「……………はい……」シュン


上条「はぁ……まぁいいよ。別に食えないもんじゃないし、御坂が選んで来てくれたんだろ?」

美琴「……………うん…」

上条「よし、なら腹一杯食うぞ!」

美琴「わ、私だって!」


上条・美琴「ごちそうさまでしたー」

上条「はぁー食った食った」

美琴「私も久しぶりにこんなに食べたわ」

上条「上条さんは久しぶりに幸せですよ」

美琴「あ、アンタ体調は?」

上条「見て分かるだろ?もう大丈夫大丈夫」

美琴「ならよかったけど…」

美琴(で、でもさっきの変な人達のせいでアイツの……股…が…その…大丈夫かな…)


美琴「あ…アンタ……その…股は大丈夫…なの?//」

上条「股?……ああ…さっきの奴らのか…」

美琴「…アンタがいくら丈夫だって言っても……あんなことされちゃったら…//」

上条「ああ……まぁ…若干…ちょっと…」

美琴「痛いの!?」

上条「ヒリヒリ…というかビリビリというか…」

美琴「えええ!?まだビリビリするの!?」

上条「え!?いや……まぁ…」

美琴(そんな…やっぱアイツ…辛かったんだ…)

美琴「やっぱり…痛いんだよね…」

上条「ま、まぁ…」

美琴(どうしよう…でも元は私の責任で……)アセアセ

美琴「………………」

美琴(やっぱり……私が…せ、責任とらなきゃ!!)

美琴「私の…せいだよね…」

上条「ほぇ?」

美琴「元はと言えば私が……」

上条「何のことでせうか…?」

美琴「わ、私が責任取るわよ!!//」バッ

上条「ちょおおお!御坂サン!?その体勢はァァ!?」

美琴「しょ、しょうがないでしょう!!私が…その…責任を………」ゴニョゴニョ

上条「御坂サンヤバい!ヤバいですよォォ!!」ジタバタ




ガチャ

禁書「とうまただいまなんだよ!」

スフィンクス「ニャー」


上条「え?」

美琴「え?」


禁書「」


禁書「たんぱつが…とうまが………」

上条「い、インデックスサン!!これは深い深い深い訳があるのです!そう、あるのですよ!!」

禁書「とうま、とりあえず」

上条「……………ふ」


ガブッ(特大)


上条「不幸だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」




数分後

禁書「つまり…たんぱつはずっと勘違いしてんだね」

美琴「…………//」

上条「……まさか『またかビリビリ』を『股がビリビリ』と間違えるやつがこの世にいるとはな…」

禁書「総合的に言うと、これが痴女ってやつなんだよ」

美琴「……………////」

上条「そのせいで五和にグリグリスピアされたりアックアにアーッ!されたりレッサーにガッチリムニュムニュされたり………」

美琴「で、でもアンタだって五和さんの時実は起きてたんでしょ!」

上条「え……」

禁書「ほう、聞かせて貰おうか…」

美琴「寝たフリなんかして…盗み聞きした挙げ句にちょっとグリグリスピアを楽しんでた…………とか」

上条「ななななな!?健全なる上条当麻にそんな卑猥なる考えなど……」

美琴「それにこれが嘘なのに、何で最初の時に激痛が走ったとか言って痛がってたのかしらね…」

上条「はは…はははははは…」

禁書「とうまはそろそろ噛むだけじゃなくて噛みちぎられないと反省しないようだね…」ガチガチ

上条「もう無理だから…ね?上条さんライフはもう0なのよ!」

美琴「はぁぁぁッ!」ビリビリ

禁書「はぁぁぁッ!」ガチガチ


上条「ぎゃあああああ!もう無理無理!死ぬ死ぬ!ホントに!!」バギン



美琴「この変態がぁ!!」

上条「お前にだけは言われたくねぇ!!」

美琴「な……アンタはぁぁぁぁぁぁ!!」ビリビリ

上条「ぎゃあああああ!」バギン



美琴「待ちなさいよ!」ビリビリ

禁書「待つんだよとうま!」ガチガチ


上条「不幸だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」バギン



fin

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。