絹旗「私が馬鹿っぽい……?」8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

垣根「予想以上のひっでえやられ様だな、オイ」

狙撃手「り、リーダー!?」

麦野(ハァ!? 資料でしか見たことが無いが、コイツは紛れもなく―――)

麦野「未元物質。テメェが黒幕か!」

垣根「俺は未元物質である以前に垣根帝督っつー一人の人間なんだがな。
    ま、いいか。今はんなことより」

狙撃手「ひっ!?」

垣根「裏切り者のコイツをどう始末するか決めねえとな」

狙撃手「やだ! やだやだやだ!」

垣根「おいおい、まだ何も言ってねーだろ?」

狙撃手「し、死にたくない! 死にたくないよぉ!」

垣根「はぁ……今のテメェにゃ殺す価値もねーよ」

狙撃手「じゃ、じゃあ!」

垣根「適当にそこらに捨てとくか。その内誰か拾ってくれんだろ」

麦野「拾ってくれるのが親切なスキルアウトのお兄さん達だといいわね。
    その姿なら逃げることもできないまま犯され放題」

狙撃手「うぅ……」

垣根(なっ、なんかスゲェな第四位って……。流石に狙撃手が可哀想になってきたぞ……)



――――――



心理「ななな何よさっきの白い光線!?」

絹旗「むむ麦野の能力ですね! やーいやーい、超ビビってやんの!」

心理「そそそそういうあなただって冷や汗が出てるじゃない!?」

絹旗「だだ誰が冷や汗なんて! だっ、大体麦野は私の仲間ですし! 超フレンドですし!」

心理「いやいや、さっきの光線は絶対に仲間の存在を忘れて放ったものだったわよ!
    だって私達を掠りかけて飛んでいったじゃない!」

絹旗「きっと滝壺さんに私の位置を超知らせてもらった上で攻撃してるんですよ、ええ。
    だから超ギリギリセーフの攻撃は飛んできても、決して直撃することは無いんです。
    というかそうであってください。でないと麦野の攻撃で私の身が超危険です!」

心理「よっ、よし! 絹旗さん、あなた私の盾になりなさい!」

絹旗「嫌ですよそんなの! 大体人間一人程度、麦野の前では盾としての意味を為し得ません!」

心理「あーもう! こうなったら垣根がこっちを気遣いながら戦ってくれることを期待するしかないわね!」

絹旗「むしろ垣根が盾になってくれれば万事解決です」

心理「かっ、垣根を盾扱いしないでちょうだい!」

絹旗「おやおや? あの茶髪の超悪ガキにもとうとう超モテ期到来ですか?」

心理「あっ……。……本人に言ったらショベルカーで轢き殺すわよ」

絹旗「私の能力の前にはショベルカーなんて、超等身大キリンのぬいぐるみみたいなものです」

心理「な、なんかむかつくーっ!」




垣根「っと、ワリーけど戦う前に一つ提案。そこで転がってる女な、そんなんでもやっぱ同僚なんだわ」

麦野「ふーん。で?」

垣根「今から他の部屋に避難させてきたい。時間をくれ」

狙撃手「リーダー……」

麦野「はっ、そいつダシにして逃げだそうってか? 冗談じゃねーっつの」

垣根「まっさかー。心配すんな、テメェとはサシでやり合ってやんよ。つーか純粋にレベル5と戦ってみてぇ気持ちがあるし。
    すぐにこの部屋に、特に小細工も仕込まず、しかも一人で戻ってくる。このことは確かに約束してやる」

麦野「ま、いっか……。オーケー。それぐらい受け入れるだけの余裕は持ってやろうじゃないの」

垣根「さんきゅ。オラ! 行くぞ狙撃手!」

垣根は狙撃手に近付くと、俗に言うお姫様だっこのような形で抱きかかえた。

垣根(さーてと、心理定規のいる部屋にでも連れていくかな)

狙撃手を抱えたまま、麦野がこの部屋に入るため使った扉の向かいに位置するドアへと歩いていく。

麦野「……なーんてね」

狙撃手(っ!? アイツもしかして!)

麦野「バイバーイ、未元物質」

麦野は無防備な垣根の背中に向け、全てを焼き尽くす暴虐な光を放った。
その攻撃を受ければ垣根は跡形もなく消し飛ぶ筈だったのだが、

麦野(ハァ!?)

光は、垣根を飲み込む寸前で消滅。
レベル5第四位麦野沈利の原子崩しは、彼の身に一つの傷もつけることがなかった。

垣根「ま、そうくるわな。そして今のは敵にむざむざ背中を晒した俺がワリー。でもな」

麦野「……何よ」

垣根「底が知れたな、第四位」

麦野「っ!」

垣根「ここで待ってろ。すぐに殺しに戻ってきてやる」

そう言い残し、垣根は部屋を出て行った。

麦野(バーカ、誰が大人しく敵が戻るのを待っててやるかっつの!
    それにしてもムカつくわね。あれぐらいで底が知れたとか、何様のつもりだっての)

麦野(ただあいつの能力、少なくとも防御力に関しては本物ね。工夫無しに真っ正面から戦うのは得策でないか。
    防御を崩すとなると……実戦では試したことないけど、滝壷を試してみるかな)




――――――




狙撃手「リーダー、見捨てないでくれてありがとう」

垣根「礼を言われるようなことじゃねーよ」

狙撃手「でも……」

垣根「そもそもお前がそうなった原因は俺の作戦の甘さにあったんだ。
    麦野はキャパシティダウンさえあれば何とかなるだろうと踏んでいたのに、実際はそうではなかった。そうだろ?」

垣根「だからよ、さっきはノリで捨てちまうとか言ったけど、んなことしねーから安心しな」

狙撃手「グスッ。よ、よかったぁ……。私、不安で……」

垣根(あーあ、我ながら調子がいいな。一時は捨て駒にしようとしたっつーのに。
     結局俺もクズ以外の何者でもねーな)




絹旗「模試」

心理「しお」

絹旗「お菓子」

心理「社会派」

絹旗「鼻血」

心理「定規」

絹旗「ちょーっと待った!」

心理「何よ?」

絹旗「鼻血のぢはちに点々。定規のじはしに点々。だからその二つの単語は超繋がりませんよ」

心理「あ、言われてみればそうね。じゃあ、ぢから始まる言葉、始まる言葉……」

心理(あれっ、そんなの無くない?)

絹旗「ふっふっふ」

心理「まさかあなた、初めからこれを狙って鼻血と!?」

絹旗「超当然です! さあ降参してください!」

心理「くっ……。まだよ、まだ諦めない!」

絹旗「超無駄無駄無駄ぁ! だって国語辞典でぢと引いても一つの言葉も」

垣根「……何やってんのお前ら?」

心理「邪魔しないで! 今大事なとこなんだから!」

絹旗「彼女の言う通りです! これは超真剣勝負ですので!」

垣根「いやオイ」


―――

浜面(無事でいろよ絹旗、今行くからな……。絶対に助け出してみせる!)

―――


垣根(こうなっているであろうアイツが報われねー。……ざまー見ろ)


心理「ぐぬぬ……ま、負けました……」

絹旗「超やったぜ!」

心理「あーもう、垣根ー。慰め……って、えっ!? それ狙撃手!? どうしたのよその怪我!」

垣根「気付くの遅すぎんだろ……。戦闘でやられたんだと。つー訳で応急処置しといてやれ」

心理「分かった。あなたは?」

垣根「サクサクーっと第四位ブッ崩してくるわ。
    ああ、それと絹旗」

絹旗「はい?」

垣根「お前の手足を拘束してるその鎖な、俺の能力で変質してるからものスッゲー固ぇんだわ。
    いやな、敵に捕らえられてるってのに危機感が足りてないようだったから、ちょいと忠告を」

絹旗(……どうりで先程から力を加えてもびくともしない訳です)

垣根「んじゃ、ばーい」



心理「傷が化膿しないように消毒しておくわね。しみるわよ」

狙撃手「ありがとう心理定規」

心理「うん?」

狙撃手「しくじった私に優しくしてくれて」

心理「別に……。垣根に言われたからよ」

狙撃手「でもありがとう」

心理「ん」

絹旗「あなたには機会あらば遊園地の仕返しをしようと思っていましたが……。
    こうなってはもはやそんな気も起こりませんね」

狙撃手「……あの時はごめんなさい」

絹旗「別に。あなたにとっては仕事だったんでしょうし」

狙撃手「……」

心理「よし、消毒完了。あとは包帯巻いときましょう」

狙撃手「……ぅのかな」

心理「ん?」

狙撃手「私、どうなっちゃうのかな。
      こんな身体になって、私にできることなんにもなくなっちゃったから……」

絹旗「気の毒ではありますが、一度暗部に落ちた以上そのような事態も覚悟しておくべきだったのでは?」

狙撃手「覚悟はしてた。だけど今凄く怖いの。結局、覚悟したつもりになってただけだった。
      これも学園都市の中ではありふれた出来事の一つなのかもしれないけど、やっぱり怖い……」

心理「これすらありふれた出来事、か。それが半ば真実なのが怖いというか……。
    本当に何なのかしらね、学園都市って。華やかなようでいて、少し日陰を見渡せば右も左も壊れた出来事ばかり」

心理定規は青ざめた狙撃手の頭を優しくなでながら、気分悪げにそう言った。

心理「研究者は勿論、実働側だってとことん非人間的で……、吐き気がする」

絹旗「そういうものだと超割り切るしかないでしょう」

心理「黙って受け入れるばかりが選択肢じゃないわよ。
    少なくとも垣根は、学園都市を変えるって選択肢を選んだ。
    私もそんな彼に共感している」

絹旗(やはり垣根はまだそんなことを考えているのですか……)

心理「あら? この子寝ちゃったみたい。まあ無理もないわね。大きく体力を消耗している筈だし」

狙撃手をソファーに寝かせて一息つく。

絹旗「……実は、さっきから少しあなたのことを羨ましく感じています」

心理「羨ましい? もしかしてこの可愛らしくも色っぽい私の容姿が?」

絹旗「うわ超きもっ」

心理「じょっ、冗談よ冗談! 素で引くの止めてってば!」

絹旗「超笑えない冗談ですね。私があなたを羨ましく感じたのは、
    あなたがまだ学園都市に対し希望を持っているように見えたからですよ」

心理「学園都市への希望? そんなものある訳ないじゃない」

絹旗「いいえ。学園都市を変えようという発想が出てくる時点であなたはまだこの街を諦めていません」

心理「ああ、まあそれはそうね。
    確かに私は、今からでも改善することが可能だという程度には学園都市に希望を持っているのかも。
    逆に聞きたいのだけど、あなたはそのレベルの可能性すら諦めてしまっているの?」

絹旗「ええ。屋台骨を一度解体しないことにはこの街は超どうしようもないと考えています」

心理「見た目ちっこいのに冷めてるというか夢がないね」

絹旗「超現実主義と言ってください。あと見た目は関係ないでしょう!」

心理「超現実主義、ねえ」

絹旗「な、何ですかその意地悪な顔は」

心理「……カナミン好きの癖に」

絹旗「わあああああっ! それとこれとは話が超違うんです!」

心理「ふふ、そんなに慌てなくたっていいじゃない。私だって同類なんだもの」

絹旗「ですがその……。やっぱ正面切って断言されるのは超気恥ずかしいいいいい!」



――――


垣根「ただいましずりーん」

垣根「……って、いなくなってんじゃねぇか第四位の奴」

垣根(奴の人格からしてしっぽ巻いて逃げだしたっつー可能性はまず無い。
    あれだけ挑発したんだ、俺との戦いを避けて絹旗奪回を最優先事項に伸し上げたって線も薄い)

垣根(やっぱあれか? 戦力増強がてら他のメンバーと合流しに行ったか?)

垣根(有象無象を寄せ集めたところで無駄だってのにご苦労なこって)

垣根「ま、どーんと待ち構えていてやりますかね」



――――――


フレンダ「むー、あー、うー。どうしたもんだろ。ああもう、こうなったら接近戦だー!」

フレンダはヘッドギアの男の方へと駆け出した。

ヘッドギア(こいつの攻撃は爆発物を除けば大した威力を持たない。
       肉体強化を用いれば滅多なことでは致命傷は受けないだろう)

ヘッドギアのAIM拡散力場が変質する。
直後、彼の筋肉が質量共に向上、鍛えた格闘家のような体躯へと変化した。

フレンダ「その顔でガチムチ体型とか似合わないっての!」

フレンダのしなやかな足から鋭い蹴りが繰り出される。
鞭の如くしなる足はヘッドギアの鳩尾へと綺麗に吸い込まれた。

ヘッドギア「放っておけ」

しかし鋼のような筋肉はその衝撃を著しく軽減。
壁を蹴ったみたいな手応えのなさに、フレンダは思わず顔をしかめる。

フレンダ「ちぇーっ、いい感じに決まったと思ったのにぃ」

口では文句を垂れながらも反撃がくる前にと素早く次の行動へ移る。
フレンダは一つ後ろに跳ぶと、スカートの両のポケットに手を突っ込み、その内の右ポケットからナイフを取り出した。

フレンダ「当ったれー!」

そしてナイフをヘッドギアの男の心臓目掛けて投げつける。

ヘッドギア「こんなもの」

ナイフはヘッドギアの腕の一振りにより弾き飛ばされ、そのままあらぬ方向へと消えていった。

ヘッドギア「どうした、この程度で―――」

フレンダ「結局おとりのナイフにまんまとかかったって訳ね!」

ヘッドギア「おとりだと?」

その言葉と同時、フレンダがナイフ投げの直後に隠れて左手から放っていた何かが、男の頭に命中した。

ヘッドギア「うおおおおおお!?」

男は両手で顔を押さえて苦しそうな声をあげる。

フレンダ「どう? 私特性の強酸入りボトルのお味は」

ヘッドギア「ぐ、ううう、ぐおおお」

フレンダ「ふっふっふー、モロに目にかかったっしょ。結局私の大勝利って訳」

フレンダは得意気に笑いながらヘッドギアの男に近付いていく。

滝壷「気をつけてフレンダ、その人のAIM拡散力場は今も変化してる」

フレンダ「平気平気ー! どうせこの状態からじゃ大したことは……ぐえっ!?」

触れそうな距離までフレンダが近付いた瞬間、ヘッドギアはフレンダの腹に膝を叩き込んだ。
相手の目を潰したと思い油断していたため、フレンダは見事に攻撃をくらい、
軽く吹き飛ばされてからボロ雑巾のように地面に倒れ込んだ。

ヘッドギア「意外と演技派だろ?」

男が自分の顔を覆っていた手を離すと、そこには酸をかぶる前と何一つ変わらない顔があった。

フレンダ「肉体再生か何かを使ったって訳……?」

ヘッドギア「正解。酸で目を潰したと思い油断したようだが、甘かったな」

滝壷「フレンダ!」

フレンダ「あはは、大丈夫大丈夫ー。いててて……」

フレンダ(っくしょー! やっぱやりにくっ!
      むぎのんみたいに圧倒的な火力があれば小細工なんか気にせず全部吹き飛ばせんのになー)

ヘッドギア「さて、そろそろ終わりにするか」

ヘッドギアの筋肉が再び盛り上がった。
そして地にうつ伏せたままのフレンダにつかつかと歩み寄っていく。

フレンダ(……待てよ。小細工全てを封じられなくても、行動の選択肢を制限するぐらいのことなら私にもできるんじゃ?
      見た感じコイツは今、また肉体強化を使ってるっぽい。
      結局現時点の私の心は読まれていない訳だし……、うん、いける!)

ヘッドギア「じゃあな」

ヘッドギアの男は足を振り上げ、フレンダの頭を踏みつぶそうとした。
しかし次の瞬間、彼は思わぬ反撃を受ける。

フレンダ「どりゃっ!」

ヘッドギア(誘爆覚悟で爆弾を使ったか!? いいや、どうも違う。これは……)

辺りにもくもくと白い煙が立ちこめていく。
フレンダがとった行動は、煙幕による目くらましだった。
ただでさえ暗い地下の空間は、完全に視界の利かない場所と化した。

ヘッドギア(ふん、この程度の煙など風で吹き飛ばせば問題は……。
       いや、それでは水素まで吹き飛ばし、爆弾の使用を許してしまうか。

ヘッドギア(ならば奴の心を探って相手の行動を探り、煙にまぎれての不意打ちを防ぐか?
       それとも肉体強化で根本的な防御力を強化して)

フレンダ「フレンダ足払いーっ!」

ヘッドギア「ぐっ!?」

フレンダ(おしっ、転がせた! これで直に頭が狙える!)

ヘッドギア(くそっ、判断が遅れたか。とりあえず肉体強化で防御を固め、体勢を整―――)

フレンダ「おらぁああああ!」

フレンダは体を起こそうとする男の上に馬乗りになり、彼の頭を囲むヘッドギアを力任せに引っ張った。

フレンダ「能力で体を鍛えようとこの機械までは丈夫にならないっしょ!」

ヘッドギア「がっ! やっ、止めろぉおおお!!」

ヘッドギアの男はフレンダを引きはがそうと必死に暴れる。
しかし何度打撃を与えても、フレンダは頑として離れようとしない。
やがてブチブチと音を立ててコードがちぎれ始めた。

ヘッドギア「あ、あ、あああああああ!!」

フレンダ「どっせーい!」

ついにヘッドギアが完全に引き剥がされた。

ヘッドギア「あ……ぐ、が……」

男は抵抗を止め、ただ苦しそうに呻き声をあげる。
そして自我の崩壊が始まった。

ヘッドギア「お、俺は……いや、私は、僕は……違う、ただ憧れて……俺の目的は……アタシは……」

滝壷「うぐっ……」

人より敏感な感覚を持つ滝壷には、自我崩壊の過程のおぞましさがよりダイレクトに伝わってきた。
その現象のあまりの不自然さ、残酷さに、思わず吐き気をもよおす。

ヘッドギア「これはオレじゃない……みーちゃん、私は……ざっけんなよクソ研究者! えっ? 僕は何を……何を……」

滝壷「こんなのって……」

フレンダ「滝壷……」

フレンダはヘッドギアの男の人格の崩壊そのものに対しては何の感情も持たなかった。
明るさと残酷さを兼ね備えた少女にとっては、所詮そんなもの対岸の火事に過ぎない。
だから滝壷が何を苦しんでいるのか本質的に理解できず、どう声をかけていいのかが分からなかった。

フレンダ(せめて気持ちが落ち着くまではこのままにしといてあげるか)

結局、フレンダにできることはそれだけ。
しかしそんなちっぽけな気遣いすら許さない者がいた。

麦野「いたいたー。よかったわ、二人とも無事だったみたいね」

フレンダ「麦野っ!? わーっ、会いたかったよー!」

麦野「はいはい。で、早速なんだけど敵のリーダーをぶっ潰しに行くわよ」

フレンダ「あ、でも麦野……。実は滝壷の調子が悪くって」

麦野「何? 怪我でも負ったの?」

フレンダ「そういう訳じゃないんだけど、ちょっと精神的にきてるみたい」

麦野「そう。なら何も問題ないわね」

フレンダ「えっ? む、麦野?」

麦野「ほら滝壷、いつまでもしゃがみ込んでないで行くわよ」

滝壷「うん……」

フレンダ(どうしちゃったの麦野? 何かいつもみたいな余裕が無いような)

普段よりどこか歪なまま、三人は垣根との戦いに赴く。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。