絹旗「私が馬鹿っぽい……?」2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――――翌朝――――



絹旗「おはようございます」

滝壺「おはようきぬはた」

絹旗「おや。寝癖が超凄いですよ?」

滝壺「そういうきぬはたも凄いよ」

絹旗「本当ですか!? どれどれ……。うわー、確かにこれは超ひどいですね」

浜面「おっす」

絹旗「リモコンアターック!」

浜面「お前いきなり何投げてんだよ! 危うく意識がブラックアウトしかけたぞ!」

絹旗「死にたくなかったら超空気読んでください!」

浜面「は? 空気?」

絹旗「こっちこないでくださいってことです!」

浜面「どうしてそんなこと言うんだよ? ……って、おいおいお前ら凄い寝癖だな!」

絹旗「あああああっ! だからだからだから浜面は嫌なんです! この超鈍感男っ! あっちいけー!」

浜面「うぉおお落ち着け絹旗! 剃刀投げはリアルにヤバい!」

絹旗「む、未だ無傷とはなかなかしぶといですね」

浜面「昔っから悪運だけは強いからな……」

絹旗「こうなったら超奥の手です」

浜面「おいちょっと待て、テレビなんか持ち上げてどうする気だ!? どうする気なんですか絹旗さぁん!?」

絹旗「せいぜい自慢の悪運とやらに期待してください」

絹旗「とりゃああ!」

浜面「ひぃっ! 神様仏様ぁ!」

絹旗「大人しく捕まってください浜面!」

浜面「嫌に決まってんだろ!」

絹旗「大丈夫です、超一瞬で済みますから!」

浜面「何が!? 何が一瞬で済むってんだよ!?」

滝壺「二人とも楽しそうだね」

絹旗・浜面「はぁぁ!?」

浜面「おいおい滝壺、こんな一方的な殺戮が楽しい筈ないだろ」

絹旗「私だって楽しくなんかないです! あくまでこれは辱めに対する報復なんですよ!」

滝壺「ふふ、息ぴったり」

絹旗「超気味が悪いこと言わないでください滝壺さん!」

浜面「そうそ、俺と絹旗の息が合うなんてこと有り得ねーっつの!」

絹旗「……何もそこまで言わなくても……」

浜面「何か言ったか?」

絹旗「空耳じゃないですかね」

浜面「あれ。まだ俺寝ぼけてんのか?」

絹旗「よし、もうこっちにきてもいいですよ」

浜面「ういー。にしてもお前が寝癖なんか気にする奴だったとはな」

絹旗「私だって……」

浜面「私だって?」

絹旗「……いえ。なんでもありません」

浜面「なんだよ、気になる切り方をする奴だな」

絹旗(私だって好きな人の前でくらい可愛くいたい。そんなことあなたに言える筈ないじゃないですか)

絹旗「それと浜面」

浜面「なんだ?」

絹旗「いくら寝癖を見られたからとはいえ、さっきははしゃぎ過ぎました。ちょびっとだけ反省してます」

浜面「あー、こりゃ今日は雪でも降るかな」

絹旗「超むかっ、何ですかその言い方は!」

浜面「お前が俺相手に謝るなんてこと、そうそうないからな。つーか実際初めてなんじゃねえの?」

絹旗「確かに言われてみればそうかもしれませんね……」

絹旗(私って我ながら超傲慢な奴ですね。浜面もよくそんなのと普通に接しているもんです)

絹旗(いえ。もしかしたら普通に接しているのではなく、立場上そうせざるを得ないだけなのかも……)

絹旗(私達の間に位や能力の差が無かったとしても、浜面は今まで通りでいてくれるのでしょうか?)

浜面「おい絹旗、ぼーっとしてるけど大丈夫か?」

絹旗「わっ!? なななんでもありません! 浜面如きが私を心配するなんて百万年早いです!」

絹旗「それにしても超お腹が空いてきました」

滝壺「そろそろ朝ごはんの時間だね」

絹旗「今日の朝食当番誰でしたっけ?」

浜面「麦野。実際滝壺以外が当番だと俺が当番なのと変わんねーんだけどな」

滝壺「私も手伝うよ」

浜面「おっ、マジで? 悪いな助かるよ!」

絹旗「ではたまには私もお手伝いしましょうか?」

浜面「もしもーしお天気お姉さん、やっぱ今日雪ですて雪」

絹旗「うぅぅっ、分かってますよ自分がそんなキャラじゃないことぐらい……」

浜面「悪い悪いそう拗ねるなって!」

絹旗「私のデリケートな心は浜面の心無い一言により超っ傷つきました!」

滝壺「落ち込まないできぬはた。一緒に料理しよう?」

絹旗「滝壺さん……」

滝壺「きぬはた」

絹旗「うああーん、私もう滝壺さんと結婚します!」

滝壺「よしよし」

浜面「つ、ついてけねえ」




浜面「そんじゃ分担すんぞー。まず俺、サラダ係。次滝壺、目玉焼き係。最後絹旗、トースト係」

絹旗「トースト係ぃ? 浜面それ一番楽な役割だから私に回したでしょう!」

浜面(鋭いなこいつ……)

浜面「いやいやそんなことないって! トーストは主食、つまりは今朝の食卓の主役!
    そんな重要な役回りだからこそ絹旗に任せたんだ!」

滝壺「はまづらの言う通りだよ」

絹旗「そうなんですか?」

浜面「ああ!」

絹旗「分かりました。不肖絹旗最愛、超張り切って至高のトーストを完成させます!」

浜面(いや頼むから無難なトーストを作ってくれ)

絹旗(こうなったら超職人芸を見せてやります。えーと、トーストは焼き料理ですよね。まずは油を引きましょう)

絹旗「滝壺さん、その油貸してもらえますか?」

滝壺「はいどうぞ」

絹旗「ありがとうございます」

絹旗(よーし、サラダ油超投下です!)

浜面「待て待て絹旗、お前何しようとしてるんだ?」

絹旗「何かを焼く時は油を塗るんですよ。浜面知らないんですか?」

浜面「知らないんですか、じゃねぇよ! トーストは基本何も付けずに焼くものだ!」

絹旗「そ、それぐらい知ってます! ちょっとしたジョークですよジョーク!」

浜面「ジョークってお前なあ。俺が様子見にこなかったら最後までそのジョークを貫いてたんだぞ」

絹旗「ああもうっ! 浜面の癖に超生意気です!」

浜面「はいはい」

絹旗(初っ端からまさかの大失敗でした……。だけど私はめげません! 失敗をバネに超頑張ります!)

絹旗(トースターに食パン入れて、そのまま蓋を閉めてっと。やればできるじゃないですか私!)

絹旗「……」

絹旗(そろそろでしょうか?)

絹旗「うわっ、超真っ黒焦げ!?」

絹旗(蓋裏についたすすのせいで、トースター内部の見え方が違っていたんですね……)

浜面「あちゃー、焼き過ぎたか」

絹旗「どうしましょう浜面ぁ……」

浜面「大丈夫気にすんな。もう一度焼き直せばいいだけだ」

絹旗「でも超自信喪失です……」

浜面「誰でも失敗することはあるって! ほれ、食パン入れて、つまみをここまで回してみ」

絹旗「こうですか……?」

浜面「上出来だ」

絹旗(チーンって鳴りました。焼き上がったということなのでしょうが、直接トースターの中を見るのが超怖いです)

滝壺「どうしたの?」

絹旗「そのですね、蓋を空ける勇気が……」

滝壺「きぬはたなら大丈夫だよ」

絹旗「滝壺さん……」

絹旗(こうして超励ましてもらったんです。勇気を出しましょう!)

絹旗「……! やりました! ちゃんとしたトーストです!」

滝壺「おめでとうきぬはた」

絹旗「ありがとうございます!」

浜面「おっ、今度は美味そうに焼けたじゃねーか!」

絹旗「えへへ。超当然の結果です!」

絹旗「浜面、滝壺さん、私料理のこと超侮ってました」

浜面「仕方ねぇよ。こういうのってやってみないと上手くならないもんだからな」

絹旗「私も今度からは当番頑張ってみようと思います。だからその……」

浜面「分かった、俺がサポートしてやるよ」

滝壺「私も手伝うね」

絹旗「ありがとうございます! 私超頑張ります!」




絹旗「浜面ぁー! そろそろ映画に行きますよー!」

浜面「おう!」

絹旗「にしてもあなたはこんな時までジャージですか」

浜面「別にいいだろ。気に入ってんだよこれ」

絹旗「そういえば超使い込んでありますよね」

浜面「色々と思い入れがあるんだよなぁ」

絹旗「服に思い入れも何もないと思うんですか」

浜面「いやいや。どんなもんだって使ってる内に愛着が湧いてくるものだぞ」

絹旗「それもそうかもしれませんね。私も超顎で使う内に浜面にすら愛着が湧いてきましたし」

浜面「俺は物扱いかよ!?」

浜面「そういえば今日はなんて映画見るんだ?」

絹旗「リアル黒髭危機一髪です」

浜面「何だその映画は? 中身の予想が全くつかねえぞ」

絹旗「どんな映画か超気になりません?」

浜面「ああ。確かにむちゃくちゃ気になるな」

絹旗「最近超一部の掲示板で話題になってるんですよ。私も超楽しみです!」

浜面「あーそうだ、映画館入る前にコンビニ寄ってかないか? ああいう場所って飲食物高いだろ」

絹旗「いいですよ。どうせお金を出すのは浜面ですしね」

浜面「奢るのは映画のチケットだけじゃないのかよ!?」

絹旗「ちっちっち。飲み物とお菓子は超必需品なので、必要経費扱いです」

浜面「財布が泣いているうううう!」




「いらっしゃいませー」

絹旗「さーて、超一杯買いまくりましょう」

浜面「おいおい勘弁してくれよ」

絹旗「わっ……」

浜面「ん、どうした絹旗?」

絹旗「あの白髪の人のカゴを見てください」

浜面「うおっ、缶コーヒーばっかどっさりと」

絹旗「凄い人もいたものですね」

浜面「本当だな……」

絹旗「そうでした浜面、映画館に着く前に言っておくことが」

浜面「改まって何だ?」

絹旗「今から向かう映画館ではカップル客のチケット代を超割引しています。
    ということでチケット買うまでの間カップルのふりをしましょう」

浜面「つーことは手でも繋げばいいのか?」

絹旗「やれやれ、所詮超童貞の浜面ではその程度の発想が限界ですかね」

浜面「んなっ!? んじゃ他に何をやれっていうんだよ!」

絹旗「それが残念なことに私も処女なので超似たような発想しかできません」

浜面「なら一々突っかかるなよな……。ホレ、手ぇ出してくれ」

絹旗「うわっ、超生暖かっ!」

浜面「嫌な表現すんなっての」

絹旗(ごめんなさい浜面、本当はあなたと手を繋げて超嬉しいんですよ)




浜面「でだ、絹旗。俺達はチケットを買って席に着いた訳だよな?」

絹旗「一々確認しないとそんなことも分からないのですか。超やれやれです」

浜面「俺が言いたいのはそういうことじゃなくてさ……」

絹旗「要領を得ませんね、もっと分かりやすく言ってください」

浜面「んじゃストレートに聞くぞ。どうして俺達は未だに手を繋ぎっぱなしなんだ?」

絹旗「こうしてると超落ち着くんですよ。浜面は私と手を繋ぐの嫌ですか?」

浜面「別に嫌って訳じゃないから、繋ぎたいってのならこのままでも構わねえけどよ」

絹旗(って、何を言ってしまったんですか私は!? これでは好意が超駄々漏れじゃないですか!)

絹旗「なーんて冗談です」

浜面「は?」

絹旗「単に手を離すタイミングを超見失っていただけです」

浜面「ああなんだ、お互い腹の中は同じだったってことか」

絹旗「大体誰が好き好んで浜面なんかの手を握りますか」

浜面「お前なあ! いやまあ、正直反論できねーけど」

絹旗「超ぐだぐだ煩いですよ浜面。それよりほら、ちょうど明かりも消えましたし静かに待ちましょう」

浜面「おっ、そうだな」




「止めてくれ! その穴は、その穴だけは!」

絹旗(この超雑な脚本、これは紛れもない駄作です。浜面も退屈しているんじゃないでしょうか)

浜面「……」

絹旗(驚きました、超真剣に見入ってます。流石は脳みそC級の浜面)

「ああああ! 飛び出るうううう!」

絹旗(最後はまあこうなりますよね。C級ならC級らしく、予想の斜め上をいく展開を狙えばいいものを)

浜面「うっ、ううっ……」

絹旗(って、泣いてる!? あなたは垣根帝督ですか!)

浜面「リアル黒ひげ危機一髪、いい映画だった!」

絹旗「隣でそんなに満足そうにされるとなんだか負けたような気になります……」

浜面「これからどうする? このまま真っ直ぐ帰るか?」

絹旗(折角の二人きりの外出をこれで終わりにするのも超勿体無いですよね)

絹旗「服屋に寄ろうと思うのですが、付き合ってもらってもいいですか?」

浜面「別に構わないぞ。ああ、ただし服まで奢れってのは勘弁な!」

絹旗「分かってます。いくらなんでも超貧乏な浜面にこれ以上たかれませんよ」

浜面「俺が貧乏なんじゃなくてお前が年の割に金を持ちすぎなだけだっての」

絹旗「私とあなたとでは頭の出来が超違いますからね」

浜面「畜生っ! へいへいどうせ俺は無能力者ですよ」




絹旗「服屋に超到着ですっ」

浜面「ここ初めてきたけどデカい店だな」

絹旗「きゃっ、浜面の初めて超ゲットです! 超いらねー!」

浜面「誤解を招くような言い方すんなっての!」

絹旗「ねね浜面、これ私に似合いますか?」

浜面「ちっとは俺の話も聞けよ……。まあいいんじゃねえか?」

絹旗「何ですそれ、超投げやりな返事ですね」

浜面「服のセンスには自信ないんだよ。俺にお伺い立てるよりお前一人で選んだ方が、よっぽどマシだと思うぜ」

絹旗「私はその超センスのない浜面が好む服を知りたいんです」

浜面「は? なんで俺好みの服なんか着たいんだ?」

絹旗「それはその……、どうせ私の男の知り合いって浜面ぐらいですもん。
    同性よりは異性の好みに合わせた方がまだいいかなと思いまして」

浜面「絹旗……お前……」

絹旗「な、なんですか!? そんな超気持ち悪く目を潤ませて……」

浜面「一応俺のこと同じ人間として見てくれていたんだな!」

絹旗「はっ?」

浜面「俺はよぉ、てっきり生きる道具扱いされてるもんだとばかり」

絹旗「浜面はどこまで卑屈なんですか! 麦野ならいざ知らず、私はあなたのことそんな風には思ってませんよ」

浜面「そうは言っても普段の扱いが扱いだからさ……」

絹旗「はぁーっ。あなたは鈍感なんだか繊細なんだが。
    超憐れなんで、今度からちょっとだけ加減してあげることにします」

浜面「マジで!?」

絹旗「ちょーっとだけですよ? 結局のところあなたは超下っ端なんで」

浜面「それでも助かるよ。ありがとな」

絹旗「別にお礼を言われるほどのことではありませんよ。そんなことよりほらっ、さっさと服選びを再開しましょう!」




絹旗「浜面ー、この服はどうですか?」

浜面「おっ、今までの中で一番良さそうだな。試着してきたらどうだ?」

絹旗「ではそうしますか。待っててくださいね、超メロメロにしてあげますから」

浜面「そりゃ楽しみだ」

絹旗(超どうでもよさそうな返事ですね……。こうなったら見返してやります!)




絹旗「お待たせしました」

浜面「うおっ、思った以上に似合うな!」

絹旗「超可愛いでしょう?」

浜面「ああ」

絹旗「ふふん、超特別に今なら私に惚れても許してあげますよ」

浜面「惚れるって、お前なあ」

絹旗「更にここで対浜面用超秘密兵器の発動です!」

浜面「なっ!? うさみみヘアバンドだと!?」

絹旗「ほれほれー」

浜面「これは凄い破壊力だな……」

絹旗(やりました! 浜面を超メロメロにできました!)

絹旗「さて、浜面を超骨抜きにしたことですし、元の服に着替えてきますね」

浜面「分かった。俺はここで待ってるわ」

浜面(それにしても今日のあいつ活き活きしてるよな。仕事の時よりよっぽど健康的でいいな)

??「うーん、これもイマイチね」

浜面(おっ、巨乳発見)

固法「これも胸がキツそうだし」

浜面(たまらねー)

絹旗「ただいま! 着替え終えましたよー」

浜面「ああ」

絹旗(心ここにあらずといった感じですね。浜面の視線をたどると……巨乳の女!?)

絹旗「窒素キーック!」

浜面「げほぉ! な、何すんだよ絹旗!」

絹旗「私という超愛らしい同伴者がいながら、他の女に目を奪われるからです!」

浜面「おまっ、どうして分かったんだ!?」

絹旗「その超キモいにやけ面を見れば一目瞭然ですよ!」

浜面(あちゃー、マジかよ……)

絹旗「全く浜面ときたら……」

浜面「すまん! 機嫌を直してくれ!」

絹旗「はしゃいで服見てたのが超馬鹿みたいになりましたー」

浜面「本当この通りだ!」

絹旗「もういいですよ別に。元はといえば私が超ちんちくりんなのが悪いんですし」

浜面「んなことないって! お前はマジで可愛いよ、うん!」

絹旗(可愛い、ですか。でもきっとそれだけじゃ、浜面の気を惹くには超不十分なんですよね)

絹旗「少し一人になりたいので先帰ります」

浜面「あ、おいっ!」

浜面(行っちまった……)




絹旗(早く大きくなりたいです。そうすれば浜面も振り向いてくれるかもしれないのに……)

絹旗(超焼け石に水でしょうが牛乳でも買って帰りましょうか)

絹旗(はぁ……、何が超メロメロなんだか……)

絹旗(ちょっとぐらい誉められたからって調子にのって……。やっぱり私は超馬鹿です。浜面より馬鹿かもしれません)

絹旗「うーっ、ううっ……」

??「どうしたんですかー?」

絹旗「……お子ちゃまに用はありません」

小萌「失礼ですねー! 私はこれでも教師ですよー?」

絹旗「超疑わしいです。先生ごっこはよそでやってください」

小萌「本当ですよー! ほら、教員免許です」

絹旗「超本物っぽい……。まさか本当に教師なんですか? というか大人?」

小萌「正真正銘の大人ですし教師ですよー」

小萌「一体どうして泣いていたんですか?」

絹旗「あなたには超関係ないことです」

小萌「教師の性でして、私泣いてる子はほっとけないんですよ」

絹旗「ああもうっ、超おせっかいです!」

小萌「そうかもしれません。だけど話してみるだけで楽になることもあるんですよ?」

絹旗「……」

小萌「よかったら話だけでも聞かせてもらえないでしょうか」

絹旗「はぁ……、分かりました、そこまで言うのなら……」

小萌「ありがとうございます!」

絹旗「まずですね、あなたは自分の容姿について悩んだことはありませんか?」

小萌「容姿、ですか? ありますよ。何故かよく子供扱いされて困っちゃうんですよねー」

絹旗「私も同じような経験があります。
    訳あって年上と関わる機会が超多いのですが、いつも子供としてしか見てもらえないんです」

小萌「大丈夫ですよ。今は小さくても貴女はまだ成長期なんです。
    きちんと食べてきちんと寝ればちゃんと大きくなれますよ!」

絹旗「だけどそれには超時間がかかります。それでは遅いかもしれないんです。
    将来私が必ず大きくなれるという保証もありませんし……」

絹旗(というか、あまり成長できない人がいることを示す例が今ここに)

小萌「ははーん」

絹旗「む、何ですかその超得意げな顔は」

小萌「初めはスタイルに関する悩みを持っているのかと思いましたが、どうやらちょっと違うようですね。
    ズバリ! あなた恋をしてますね?」

絹旗「どうして分かるんですか!?」

小萌「だって私先生ですから」

小萌「大抵の男の子って、スタイルのいい女の子を見ると目が離せなくなっちゃうものなんです。
    それはもうそういう風にできてるから仕方ありません」

絹旗「ええ。だから私は……」

小萌「でも勘違いしないでください! だからといって、可愛い系の子に勝ち目が無い訳ではないんです!」

絹旗「本当ですか?」

小萌「はい。だって女の子の魅力には女の子の数と同じだけの種類があるんです!
    当然あなたにもあなただけの魅力がちゃーんとあるんですよ?」

絹旗「私だけの魅力……」

小萌「大丈夫。あなたは十分魅力的な子です。だからほら、にっこり笑っていれば、きっと男の子もあなたにメロメロですよー」

絹旗「……」

小萌「分かっていただけましたか?」

絹旗「はい。ありがとうございました……、先生」




絹旗(笑顔、笑顔……。よし!)

絹旗「ただいまです!」

浜面「よう絹旗、遅かったな」

絹旗「あ、浜面……。外で超話し込んでしまって。えへへ」

浜面「絹旗? ちょっと様子が変だぞ」

絹旗「嫌ですね、私は超いつも通りですよ。
    浜面の方こそどうしてそんなに困った顔をするんですか?」

浜面「お前がすっげー悲しそうな笑顔作ってるからだよ」

絹旗「えっ……?」

絹旗「私その、えっと」

絹旗(どうして? もしかして私、自分が思っていた以上にショックを受けて……?)

浜面「なあ絹旗、俺なんかの前で無理すんなよ」

絹旗「い、嫌です……、笑ってたいのに……、こんっ…な……泣いてしま……って……」
    いや、見ないで……。うっ、ヒクッ、うぁぁ」

浜面「お前だって年頃の女の子だ。そりゃ泣きたい時もあるわな」

絹旗「浜……づらぁ……、私……私……」

浜面「ほらこいよ、俺でよければいくらでも胸貸すから」

絹旗「うぁぁああああ!」

浜面「よしよし」




絹旗「すみません、顔を押し付けて泣いたせいで上着を汚してしまいました……。
    穴があったら超入りたい気分です……」

浜面「気にすんな! そんなもん後で洗えばいいだけだ」

絹旗「急に泣いたりして超困惑しましたか?」

浜面「そりゃまあ慌てなかったと言えば嘘になるけどさ……。
    多分、多分だけど、泣く原因を作ったのは俺なんだろう?」

絹旗「……」

浜面「だからむしろ謝るのは俺の方だ。すまなかった」

絹旗「浜面が謝ることありませんよ。
    今日は勝手にはしゃいで勝手に泣いて、我ながら超迷惑なことしたと思ってますから」

浜面「迷惑なんかじゃないさ。俺は今日の外出、凄く楽しかったぜ?」

絹旗「本当ですか?」

浜面「ああ、だからそのお礼も用意してある」

絹旗「これ……私が試着した服……? そんな、安物じゃないのに!」

浜面「それだけ楽しかったってこと」

絹旗「あなたって実は超いい人だったんですね」

浜面「今更気付いたのか? それぐらいすぐ分かるだろ」

絹旗「今のは調子にのりすぎです」

浜面「あっはっは! かもしれないな!」

絹旗「というか浜面の癖に超生意気です!」

浜面「あー、そりゃ悪かった」

絹旗「でも……。ありがとうございました」

浜面「いいさ。喜んでもらえてよかったよ」

絹旗「改めてあの服に着替えました。その、浜面から見てどうですかね?」

浜面「やっぱ超似合ってるぞ!」

絹旗「口癖を真似しないでください。超不愉快です」

浜面「悪い悪い。でもその服が似合うってのは本当だ」

絹旗「えへへ、まあ誉められるのは悪い気がしませんね」

浜面「あーそれそれ、その顔だ」

絹旗「はい?」

浜面「お前はそういう顔してる時が一番可愛い」

絹旗「かわっ……、もうっ! 浜面の癖に超恥ずかしいこと言わないでください!」

絹旗(どうしてでしょう。服屋で言われた可愛いよりもうんと嬉しく感じます)

絹旗「ねえ浜面」

浜面「なんだ?」

絹旗「今までひどい扱いしてきてすみませんでした」

浜面「いや、そりゃ仕方ないだろ。なんてったって俺は下っ端組織員なんだし」

絹旗「それでも謝りたいと思ったんです」

浜面「そっか。なら俺からはありがとうと言っておくぞ」

絹旗「今までのこと謝ったらありがとうって……、もしかして浜面はMだったんですか?」

浜面「ちげーよ! つか今そういうことカミングアウトする空気じゃないだろ!」

絹旗「そのうろたえぶりが超怪しいです!」

浜面「こんなこと言われて平然としていられるか!」

浜面「俺が礼を言ったのは、なんつーかだな……」

絹旗「ええ」

浜面「俺のことをお前らと同じ土俵の上に置いて発言してくれたからだ」

絹旗「同じ土俵の上に?」

浜面「お前が多くの能力者と同じように、無能力者のことをゴミクズみたいに思ってんなら、さっきの謝罪は存在しねえ。
    俺はな絹旗、お前が俺を自分と対等な存在として見てくれたことが嬉しかったんだ」

絹旗「そんな。私は別に……」

浜面「少し前までの俺は立場上仕方なくお前と関わってた」

絹旗(薄々勘付いていましたが、やっぱり……)

浜面「でも今は違う」

浜面「今後お前が仕事とは関係の無い場所で困っていても、俺はどうにかして助けてやりたいと感じるだろう。
    もしも窮地に陥っているようなら身体だって張れる。もしかしたら命さえかけられるかもしれない」

絹旗「……浜面が私を助けたいだなんて、例え話にしても超生意気です」

浜面「今こうして抱き付いてきたのはその罰ってか?」

絹旗「半分はそうです。もう半分は、私も浜面のことを少しだけ大事に思えたからです」

浜面「そうか、ありがとな」

絹旗「今度からドリンクバーも自分で注ぎにいきますね。多分」

浜面「ははは、ずいぶん頼りになる多分だこった」

絹旗「……浜面ぁ」

浜面「ん?」

絹旗「いいえ、なんでもありません」

絹旗(超好き……ですよ、浜面)

浜面「つーか絹旗……」

絹旗「はい?」

浜面「だんだん苦しくなってきたんだけど……」

絹旗「ああ、それ超わざとです」

浜面「わざとって、おまっ! おいマジ止めろ苦しい! ギブギブ!」

「ちぇっ、折角いい雰囲気になりかけたのに!」

絹旗「えっ?」

「ちょっとフレンダ、声がでかい!」

浜面「はあぁ……、今の見られてたのかよ……」

「はまづらもきぬはたも気付いたみたい」

「仕方ないわねぇ。隠れるのはもう止め、大人しく出て行きましょう」




麦野「ハロー、元気してたー?」

絹旗「ああもうっ! 三人そろって一体何のつもりですか!?」

フレンダ「やーやー、面白そうなことになってたから途中から覗き見ててね。
      でも結局期待してたとこまではいかなくてガッカリしてる訳」

麦野「ま、この二人じゃあね?」

フレンダ「それもそっか」

滝壺「ごめんね二人とも」

絹旗「うぅぅぅ、何を期待してたっていうんですか!」

浜面「お前らなあ……、覗きとか趣味の悪いことしてんじゃねえよ!」

絹旗「馬鹿面の言う通りです。超っ不愉快です!」

浜面「全くだ。つーか、どさくさにまぎれて何悪口言ってんだ絹旗!」

絹旗「ちっ、気付かれましたか」

浜面「あーあ。さっきまではもっと可愛らしかったってのに、今ではその面影もねぇ……」

絹旗「か、可愛らしかった!? って、それなら今はどうだっていうんですか!!」

浜面「お前風に言うと、超生意気です」

絹旗「この馬鹿浜面ぁ! 殴っていいですかいいですよね超殴ります歯を食い縛ってください!!」

浜面「げはああああっ!! ド畜生っ、なんで俺が殴られなきゃならねーんだ!」

絹旗「浜面が浜面だからです!」

浜面「理不尽だぁああああ!」



フレンダ「ねえ麦野、結局あの二人どうかな?」

麦野「うーん、ま、一応可能性はあるんじゃないかしら」

滝壺「二人とも仲良さそう」

麦野「ええ、そうね。でも二人はまだまだお子ちゃまだし、しばらくはあんな感じのままかもね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。