上条「なんか御坂に話し掛けにくいんだ」2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(取りあえず外に出た)

店員「ありがとうございましたー」

佐天「いや~、一時はどうなるかと思いましたよー」

初春「突然ビリビリするんですもんねー。ビックリしちゃいました」

美琴「うう…2人ともごめんね」シュン…

上条「お前なぁ…上条さんがいなかったら大惨事ですよ?」

美琴「だからごめんってば…」

佐天「まぁまぁ、上条さん。お店と私達も幸い無事だったんですし、もう良いじゃないですか」

佐天(可愛い御坂さんも見る事が出来ましたしね)

初春「そうですよー」

初春(けどどうして御坂さんの能力が突然消えたんでしょうか?)

美琴「そう言えば…ねえ2人とも?黒子は一緒じゃなかったの?」

佐天「白井さんならあそこに……」

上条、美琴「………うん?」フリムキー



黒子「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!お姉さまが、黒子のお姉さまがあぁぁぁ!!」ガンガンガンガンガンガンガンッ



上条「」

美琴「」

黒子「お姉さまに抱きついて良いムード作ったりしやがってえぇぇぇぇぇ!あんの類っ人っ猿っがあぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ガンガンガンガンガンガンガンッ

佐天「さっきまではもう少し控えめだったんですけどねぇ。なんか悪化しちゃったみたいですね…アハハハ……」

初春「白井さんの事はこの際ほっときましょう。こちらに戻ってくるまで他人のふりです」

美琴「ははは、はははははぁ…」

美琴(初春さんって、黒子にたいして時々黒い事を言うのよね…)

佐天「今はそんな事より!御坂さん、ちょっとこっちに来てくださーい」チョイチョイ

初春「あ!上条さんはちょっと待っててくださいね!こっちに来ないでくださいね?絶対ですよ!?」

上条「あ、ああ…」



美琴「ど、どうしたの?初春さんに佐天さん」

佐天「御坂さん、まさかこのまま上条さんとは別れて帰ろう、だなんて思ってませんよね?」

美琴「え…え?そ、そう思ってたけど…ダメだったかな…?」

佐天「ダメですよー!もっとガンガン攻めないとー!」

美琴「ガンガンて…」

初春「恋は奥手になったら負けですよ。ドシドシ押していかないとダメなんです!」

初春(……って、ネットの書き込みに書いてありましたもんね!)

美琴「ドシドシ…」

初春「上条さんは御坂さんにとって白馬に乗った王子さまなんですよね?だったら強気に行かないとダメですよ!」

美琴「おおおおおおおおおおお王子さまぁ!?ア、アアアアイツがぁ!?」

初春「あれ?違うんですか?」

美琴「な、ないない!そんなことないから!」

佐天「それじゃ御坂さんにとって上条さんってどう言う存在なんですか?」

美琴「あ、アイツ…?アイツは…その、私の電撃も全部防ぐし…私のことをいつも無視するし…で、でも困ってた時に…助けてくれて、そ、それに私の事を一人の女の子として見てくれる、し…///」ボソボソ

佐天(うわー、完全に惚気話しだよー)

初春「はぁ…照れた顔の御坂さん。凄く可愛いです…」

美琴「ううぅ……」

佐天「初春!ここは一つ…」

初春「ええ!私達が御坂さんのキューピットになりましょう!」

佐天「御坂さん!」

美琴「な、なに?佐天さん」

佐天「先ほどの上条さんの反応見るに、アレは脈アリです…!」

初春「脈アリです…!」

美琴「みみみみみ脈アリ?ほ、ホントに?」

初春「ええ!間違いないです!」

佐天「ここで一気にたたみ掛けてデートの約束でもしてしまいましょう!」

美琴「デート!?」

佐天「初めは軽めのジャブも兼ねてショッピングです!」

初春「そして回数をこなして行き、最後には…」

佐天「……おおっと!ここから先は未成年の私達の口から言えません!」

美琴「え……なななななぁ!?」

初春「御坂さん御坂さん。顔、凄い緩んじゃってますよ?」

美琴「ご、ごめん」

佐天「それじゃ早速、今度の土曜日にショッピングデートでも!」

美琴「土曜!?なんか急すぎない?もうちょっと準備してからの方が…」

佐天「あまあぁぁぁぁぁい!」クワッ

美琴「ひぃっ!」

初春「佐天さん、ビックリしますから急に大声上げないでくださいよ~」

佐天「御坂さん!恋は戦い何ですよ!?誰かに先を越されてしまってからじゃ遅いんですよ!?」

美琴「誰かに…越されてからじゃ…」

佐天「やるなら今ですよ、御坂さん!今が勝負の時なんです!」

美琴「佐天さん…わかった。私、言って来る!」タッタッタ…



佐天「それで良いんです御坂さん。恋する乙女はイケイケゴーゴーであるべきなんです」

初春「なんか変に悟ってますけど佐天さんて恋愛経験豊富なんですか?」

佐天「うん?少女漫画の受け売りだよ?」

初春「ですよね~」



美琴「おおおお待たせぇ~」ギクシャク

上条「おう、もう話しは良いのか?」

美琴「う、うん。それでさ、アンタに話しがあるんだけど…」ギクシャク

上条「どうした?」

初春(御坂さん、頑張ってください!)

佐天(イケー!押せ押せー!)

美琴「あ、あああああああああああ明後日の土曜に私の買い物につ、つつつつつ付き合いなさい!」

上条「あ、悪い。俺当分休みの日も補習で遊べないんだわ」

美琴「」

初春「」

佐天「」

初春、佐天(ええええええええ!?)

佐天(な、なにソレー!聞いてないよー!?)

初春(せっかく御坂さんが勇気を振り絞って言ったのに…上条さんの事情にまで頭が回りませんでした…)

佐天(ぐぬぬぬ…御坂さん。この試練をどう乗り越える?)

上条「あー、補習の後で良いんだったら上条さんはオーケーなんですが…そしたら御坂に迷惑が掛かるもんな」

美琴「……………ぃ、ぃぃょ」

上条「え?」

美琴「アンタの補習の後で、も良い、から…」カァーッ

上条「うん?そうか?悪いな。上条さんも忙しくてな」

上条「補習は夕方まで掛かっちまうからさ、御坂が買い物したい場所で待ち合わせにしないか?」

美琴「う、うん!それ、で良い…///」

上条「それで?どこに買い物に行くんだ?」

美琴「セ、セブンスミスト…で」

上条「セブンスミスト?なにを買いに行くんだ?」

美琴「べ、別に良いでしょ、そんなモン!明後日になったらわかる事なんだから!」

上条「急に怒鳴ったり、忙しい人ですね。御坂さんは」

美琴「う、ううううっさい!」

上条「はいはい、上条さんはもう何も言いませんよー」ヒラヒラ

美琴「あ、アンタは~…!」

上条「あー!もうこんな時間じゃねーか!悪い、御坂!俺もう行くわ!」

美琴「え、あ、うん……ま、またね」

上条「おう!それじゃ明後日にな!」ダッ



美琴「明後日…デートの約束…出来た、んだ…///」カァーッ

初春「御坂さん、凄いじゃないですかー!」

佐天「一時はどうなる事かと思いましたけど、まさか夕方デートだなんて!」

美琴(ゆ、夕方…デート…もしかしたら……その後に夕飯を一緒食べたり…ホ、ホホホホホホテルなんかに行っちゃったり…!?)

佐天「御坂さん良かったですね!デートの約束が出来て!」

初春「バンザーイ!白井さんもきっと喜んでますよ!」

美琴「2人とも…ありがとね」

佐天「いえいえ。こちらとしましても御坂さんの可愛い一面が見れましたし!」

初春「御坂さんの力になれて良かったです!」

美琴「本当にありがとう。そうだ!ねえ初春さん、佐天さん」

佐天「どうしたんですか?御坂さん」

美琴「明後日の午前中、時間出来たから一緒に遊びに行かない?春上さんも誘ってさ」

初春「え…良いんですか?午後から上条さんとデートなのに」

美琴「アイツと買い物に行くのは夕方からだし、それまでは暇になっちゃうから」

美琴「それに2人には今回、お世話になったし」

初春「3人ですよ。御坂さん」

美琴「3人?」

佐天「白井さんが私達に相談してくれなかったら、今回の作戦はなかったですから!」

美琴「そうだね……」

美琴(黒子も……ありがとうね)

黒子「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!お姉さま゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」ガンゴンガンゴン ブシューッ

初春「いまはあんなのですけど!最初は凄い心配してたんですよ?いまはあんなのですけど!!」

美琴「そ、それじゃ、土曜の昼間はみんなで遊ぼっか!」

初春、佐天「はいっ!!」



―スーパー―

上条「結構遅くなっちまったな。インデックス…怒ってるだろうなぁ。

   今日は肉でも買ってインデックスの機嫌でも取るとしますか。

   お…この鳥胸肉、100グラム38円か」



打ち止め「あ!あの人だ!ってミサカはミサカは見覚えのあるウニ頭を指さしてみる!」

一方「あァ?」ギロッ

上条「ん?よお、一方通行に打ち止め。2人とも夕飯の買い出しか?」

打ち止め「そうだよ!今晩はすき焼きなの!ってミサカはミサカははしゃいでみたり!」

一方「騒ぐなうぜェ。ハッ…そっちは随分と質素な肉を買ってンだなァ?」

上条「ぐ……どうせ上条さん家は貧乏ですよ!今日買うお肉だって安物の鳥肉ですよ!」

一方「そっかそっかァ…おい打ち止めァ。『アレ』、見せてやれェ」ニヤニヤ

打ち止め「は~い!ってミサカはミサカはあなたの持つ買い物カゴを漁ってみたり!」ガサゴソガサゴソ


ビッガアァァァァァァァァァッ!!!


上条「うお!ま、眩しい!そ…『ソレ』はまさか…!?」

一方「おォよ…100グラム2100円、黒毛和牛霜降りすき焼き用だァ」

打ち止め「頭が高い!ひかよろ~!ってミサカはミサカはお肉を高々と掲げてみる!」


ビッガアァァァァァァァァァァァァァァァァァァッ!!!


上条「は、ははああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


ズザザザァーーッ!


一方「いや、まァなンだ…マジで土下座してンじゃねェよ」

打ち止め「可哀そうに。きっと値段の高い物買ってる人見ると腰が低くなっちゃうのね。ってミサカはミサカはあの人に同情してみる」

上条「上条さん家だってね!余裕ある時は牛肉買ったりするんですよ!?」

一方「ほォ…あのシスターを養ってるのに、ンなもン買える余裕がまだあるのか」

上条「全てインデックスさんのブラックホールに吸い込まれてしまうんですけどね」

一方「そいつァ、ご愁傷様だ」

打ち止め「ねぇねぇ!このカミナンのカード入りポテチ買っても良い?ってミサカはミサカは有無を言わさずカゴに入れてみたり!」ガサゴソ

一方「勝手に入れてンじゃねェよ。さっさと戻して来い」

打ち止め「あとハバネロとじゃがりことカントリーマアムも入れとくね!ってミサカはミサカは出来る女を猛烈アピール!」ガサゴソ

一方「人の話し聞いてましたかあァァァァ!?」

打ち止め「あれ?あなたはジョロキアの方が好きだったっけ?」

一方「なァンで俺の好みの話題になってるンですかねェ?―――おいコラ、その箱はなンのつもりだ」

打ち止め「カミナンのポテチだよ!ってミサカはミサカはあなたに大人買いを要求してみたり」

上条(箱買いだと!?な、なんて贅沢な事を平然と…!)

一方「てめェ…その大量のポテチ、誰が片付けると思ってンですかァ?」


打ち止め「あなたとヨミカワとヨシカワ」


一方「ざっけンなあァァァァッ!なァンでお前が欲しくて買った菓子の処理を俺等がやらなきゃなンねェンだよォォォォォォ!?」

打ち止め「ミサカはカミナンのカードが欲しいんだモン☆、ってミサカはミサカは真実をドヤ顔で語ってみる」

一方「うっぜェェェェェェェェェェェェェ!『モン☆』じゃねェンだよクソガキィィィィ!!」

打ち止め「大丈夫だよ!」

一方「………あァ?」

打ち止め「今回はミサカも食べるの手伝うよ!ってミサカはミサカはあなたの力になりたいのってあなたに衝撃告白してみたり!」

一方「一つ言っとくぞ。もしウソならてめェの集めたカードは全部捨てるぞ」

打ち止め「――ッ!?す、捨てちゃダメー!ってミサカはミサカは一生懸命集めてるんだからってあなたにすがり付いてみる!!」

一方「そうならねェように必死に食おうぜェ…ギャハアハハァ!」

打ち止め「良いもん!一日に2袋くらい食べちゃうもん!ってミサカはミサカはムキになってみる!」

一方「ハッ…食いすぎてブクブク太ったりすンなよォ?」

打ち止め「れでぃにそんな事言うなんて信じられない!ってミサカはミサカは憤慨してみたり!」

一方「レディだァ?そンなモンがどこにいンだよォ?」キョロキョロ

打ち止め「ムキー!ってミサカは!ミサカはぁ!」ジタンダ ジタンダ


上条「おいおい、一方通行。ちょっと言いすぎだぞ。

   なあ打ち止め。食い切れなくなったら上条さん家にもその菓子分けてくれないか?」


打ち止め「え?でも他所さまに迷惑掛けちゃダメだってヨミカワに言われてるから…ってミサカはミサカは残念に思ってみたり」

上条「ウチには良く食べるヤツがいるから気にしなくて良いぞ?それに知らない関係でもないんだ。気にするなよ」

打ち止め「ホント!?やっぱりあなたはあの人と違うのね!ってミサカはミサカはあの人との違いに感動してみる!」

一方「あめェな三下は。そンなだからシスターはいつまでもお前におンぶにだっこなンだよォ」

上条「ぐぅ…返す言葉も御座いません」

一方「おら、クソガキ。買うンだったらお前が箱持て」

打ち止め「え……買っていいの?ってミサカはミサカはあなたに尋ねてみたり」

一方「ダメっだつっても駄々こねるだけだろォが。…ったくメンドクセーったらねェよなァ」

打ち止め「ありがとう!ってミサカはミサカはあなたに抱きついてみたり!」ダキィッ

一方「あーうぜェうぜェ……三下ァ。悪ィが先に行くぜェ」

上条「ああ、そうしてやれ」

一方「じゃあなァ……行くぞォクソガキィ!」スタスタ

打ち止め「うん!ってミサカはミサカはあなたの背中を追いかける!」タタタッ


上条「一方通行!!」

一方「………あァ?」

上条「いつでも力になるから!待ってるからな!」b ビシィッ

一方「あァ…頼りにしてるぜェ、ヒーロー?」d ビシィッ



店員「お次のお客様どうぞー」

一方「エコバッグあるから袋はいらねェ」

店員「13520円になりまーす」

一方「カードで頼む」

店員「ありがとうございましたー」



―とある高校の寮―

上条(あの2人、なんだかんだで仲良いよなぁ。打ち止めも良い子だし…)



一方『あめェな三下は。そンなだからシスターはいつまでもお前におンぶにだっこなンだよォ』



上条(俺も少しくらいインデックスにキツくした方が良いのか?良いよな?良いですよね?の三段活用!

   インデックスは居候!部屋の主は上条さん!今日こそはインデックスにどちらが上かわからせてやりますの事よー!)


上条「インデックスー!上条さんが帰ったぞー!夕飯の準備は出来てるんだろうなー!」


ガチャッ!


禁書「とぉぉぉうまあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ガブリ

上条「んぎゃああああああああぁぁぁ!ごめんなさい!帰りが遅くなってごめんなさい!」ガブガブ

禁書「おなか空いたんだよ!すっごくすっごく空いたんだよ!!」ガルルルルル

上条「おおお落ちついて下さいインデックスさん!今日は肉を!肉を買って参りました!」


ピタッ


禁書「……なんのお肉?」

上条「鳥の胸肉でございます」ササー

禁書「わーい♪おにく、おにく、おっにっくー♪」

上条(はぁ…なんとか怒りを鎮めることが出来た…)


上条「ああ、そうそう。土曜日はちょっと帰りが遅くなるから小萌先生の所で夕飯ご馳走になってくれ」

禁書「どうして?どようびって学校はお休みだったはずかも」

上条「上条さんは補習があるのです。その後に用事がありますので夕飯には帰って来れそうもないんですよ」


禁書「ねえ、とうま」

上条「なんだ、インデックス」

禁書「用事ってなんなの?」

上条「ちょっとした買い物に付き合うだけだよ」

禁書「誰と行くのかな?私は敬虔なるシスターであるから一応話しは聞いてあげるんだよ」

上条「御坂と」

禁書「やっぱりとうまはとうまなんだね!!」ガプゥッ

上条「インデックスさん。話しを聞いてくれるんじゃなかったんですか?」ガブガブ

禁書「ソレはソレ、コレはコレなんだよ!」ガブガブ

上条「ふ、不幸…だ」ブシュー



禁書「ごめんね、とうま」

上条「気にすんなって。上条さんは慣れっこですよ」

禁書「ううぅぅぅぅ…」

上条「はぁ…」ペシン

禁書「あう!反省するから叩かないでほしかったかも…」サスサス

上条「反省するのは良いけどさ、いつまでも引きずるなよな?」

禁書「うん………」

上条「上条さんだって別に怒ってません。だからインデックスもいい加減に元気出せ」

禁書「―――――うん!!」

上条「さて………と、今から夕飯作るからな。もう少し我慢しててくれよ?」

禁書「うん!テレビ見て待ってるんだよ!あ、とうま!机の上を片付けて欲しいかも!」

上条「はいはい、わかりましたよ」ガタガタ

禁書「それと今日は塩こしょうじゃなくて、たまには別の味付けしで食べたい気分かも!」

上条「ハイハイ、わかりましたよー」






上条「…………アレ?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。