銀時「とある科学の…やべ、読み方忘れたわ」6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀時「細けェことは聞かねーが…何でお前ら俺たちの場所が分かった?」

上条「いや、テレビ中継にバイクに乗った銀さんたちと大きな犬が映ってたからさ」

銀時「にしてもターミナルの場所なんざ知らねーだろ…何でここまで……」

上条「まあそれは…あの犬のおかげかな」

定春「ワン!」

神楽「定春ゥゥ!ターミナルに着いたらすぐ家に帰れって言ったのに何で来たアルか!」

銀時「……そんで、定春を見つけてここまで来たってか…なるほどね」

上条「定春って言うのかお前、ここまで連れてきてくれて助かったよ、ありがとな」

定春「ワン!」

ガブッ

上条「んぎゃああぁぁぁぁぁっ!?」

一方通行「オマエは馬鹿か」

桂「馬鹿をやっている場合ではないぞ銀時、時間もないのだからな」

銀時「話は後だテメーら、今は色々とやべェ!」

一方通行「それだ」

銀時「どれだ」

上条「事情はよく把握出来ねえけど…俺たちが倒した敵が妙なことを言っててさ」

一方通行「ほとンど俺だけだけどな、倒したの」

銀時「……で、その妙なことってのは?」

上条「この建物の地下深くにあるエネルギーの中枢システムを押さえた、とか何とか…」

銀時「!」

新八「それって…前にたまさんが捨て身で暴発を止めたアレじゃ……!」

銀時「……七面倒なことになりやがったな」

美琴「エネルギー中枢って……?」

銀時「このターミナルってのは江戸のエネルギーが集約してる場所でな…」

銀時「つまるところ…そいつの根元を掴まれちまったってことだ」

佐天「それ…非常事態じゃないですか!」

桂「だが…ターミナル地下深くまで行くようでは、その間に確実に元老を取り逃がすぞ」

佐天「じゃ、じゃあ敵の大将を先に捕まえてから中枢を取り戻せば……!」

黒子「……追い詰められた敵は何をするか分かりませんの」

美琴「死なばもろとも…ってことでエネルギーを暴発させるかもしれないわ……!」

佐天「………!」

一方通行「クッソだりィ、何をゴチャゴチャ面倒なことをのたまってンだ」

一方通行「中枢奪還と標的をブッ飛ばす二手に別れりゃいいだろォが」

銀時「!」

美琴「……そうね、私たちが勝つにはそれしかないわ!」

初春「それなら私は中枢の方に行きます!単純な戦闘以外なら何か役に立てるかもしれません!」

一方通行「俺も能力的にはソッチのが良いかもしンねェな」

桂「ならば俺が貴様らを導こう、このターミナルの構造には詳しいからな」

銀時「そういやお前も最初はテロでこのターミナルを攻撃しようとしてたんだよな」

桂「ターミナルを攻撃する……そんな風に思っていた時期が俺にもありました」

銀時「何そのドヤ顔?何かすげー腹立つんだけど、殴っていい?」

美琴「じゃあ…あんたはどうすんの?」

銀時「ワリーが俺ァお山の大将をブッ飛ばしに行かせてもらうぜ」

新八「ぼ、僕も戦います!このまま敵の好きには……」

銀時「無茶言うなぱっつぁん、もうロクに歩けもしねーだろお前」

新八「……!」

銀時「よくやったな新八、ただ…お前は一旦ここで離脱しとけ」

新八「銀さん……!」

銀時「……新八のことは任せたぜ」

月詠「分かった…わっちがぬしに代わって責任を持って護る」

神楽「私は銀ちゃんについてくアル!敵の大将を一発ぶん殴ってやらないと気が済まないネ!」

黒子「私は……」

美琴「黒子、アンタは先生と一緒に行きなさい」

黒子「お姉さま…?」

美琴「黒子の能力は色々応用が広いけど…エネルギー処理みたいな作業は向いてないでしょ」

美琴『それに…口には出さないけど、アイツ本当にボロボロよ』ボソッ

黒子『!』

美琴『護ってやってよ…アンタが、私たちの大切な先生をさ』

黒子『……心得ましたの!』

上条「今回は俺も銀さんたちと一緒に行くぜ」

美琴「アンタも……?」

上条「俺はロクに能力も使えねえし異能の力じゃなけりゃこの右手は何の意味もない」

上条「今の俺に出来るのは…殴り合いの戦闘で銀さんを助けるくらいだ」

佐天「私は…私は初春たちと一緒に行きます!」

美琴「私も…今回は裏方に回らせてもらうわ」

美琴「……ちゃっちゃとやっちゃいなさいよ、中枢はこっちで必ず何とかするから」

銀時「………ああ、任せた」

銀時「いいかテメーら、必ず戻ってこい…次に俺たち会うのは…大団円の時だ」

桂「フッ…何を今さら……」

黒子「……心配には及びませんのよ、先生」

美琴「アンタに言われなくても…それくらいはちゃんと分かってるから……!」

新八「待ってます…みんなが帰ってくるのを!」

一方通行「ハッ…上等じゃねェか」

銀時「あ、一方通行……テメーに一つだけ言っとくぜ」

一方通行「………?」

銀時「服が…ウルトラマンに見えて仕方ねェんだけど」

一方通行「張り倒されたいンですかオマエは」

 

 

 

---
 

 

ターミナル地下最深部

春雨兵「うっ……」

美琴「とりあえず敵兵は何とかしたけど…どうなってるのよ、これ?」

桂「この光の束が江戸中から集束されているエネルギーだ」

初春「凄い…こんな純粋なエネルギー…しかも目で識別出来るくらいに高密度な…!」

佐天「何か制御システムに機械が取り付けられてるけど…もしかしてこれが……!」

桂「おそらくは…春雨の仕掛けたものだろうな」

美琴「…………」

美琴(これ…集束されたエネルギーを遠隔操作で暴発させる仕掛けが……!)

佐天「…この機械を取り外しちゃえばそれでいいんですか?」

美琴「ううん、これ…制御システムと密接に繋がってる」

美琴「無理に取り外したり壊したりすれば制御システムも一緒に壊れかねない!」

初春「そうなったら…制御されてるエネルギーも一緒に……!」

一方通行「仮にこンだけのエネルギーが一気に炸裂すりゃ…辺りは塵一つ残ンねェな」

佐天「っ!?」

佐天「そんな…ど、どうすれば……!」

一方通行「それを何とかすンのが俺たちの仕事だろォが、当たり前のこと言わせンな」

佐天「あ…ご、ごめんなさい…」

一方通行「いつもの俺ならこンなクッソめンどくせェことに首突っ込まねェが……」

一方通行「アイツには返しきれねェ借りがあるからそうも言ってらンねェ」

美琴「アンタ……!」

一方通行「……護ってやろォじゃねェか、クッソ馬鹿なアイツの大切なこの世界をよォ」

一方通行「つっても……難儀な話だな、想像以上のエネルギーが流れてやがる」

一方通行「単純な『反射』ならまだしもコイツをまともに『操作』すンのはちぃっと骨だな」

一方通行「超電磁砲は把握からいいとして…そっちの生け花と黒髪ストレート」

佐天「く、黒髪ストレートって…他に特徴ないのかな、私……」

初春「生け花って…生け花って何のことですか?」

一方通行「いいからとっととオマエらの能力と現状況で使えそうなスキルがあれば教えろ」

 

 

---

 

 

一方通行「空力使いと…そっちの生け花は定温保存に高い情報処理のスキルか」

佐天「空力使いって言っても…私、ほとんど能力は使えないんですけどね……」

一方通行「……………」

一方通行(今しなきゃなンねぇのはエネルギーの暴発阻止と妙な機械の破壊……)

一方通行(こっちはベクトル操作、超電磁砲、空力使い、定温保存と情報処理……)

一方通行(考えろ…駒はこンだけある、出来ねェことはねェはずだ)

美琴(無理に取り外さなくても…こっちの機械だけを破壊できれば……)

一方通行「……俺が制御システムの代理でエネルギーをコントロールする」

初春「ま、まさか一人でそんなことが出来るんですか!?」

一方通行「俺を誰だと思ってンだ、この程度のことが出来ねェでどォする」

一方通行「生け花は情報処理のサポートだ、幸いシステムはコンピューターで管理されてる」

一方通行「ご自慢の情報処理で演算補助と機械と制御システムの分離をやってもらうぜェ」

初春「でも…そんなにCPの使用率を上げたら電力が持たなくなる可能性も……」

一方通行「超電磁砲!オマエは発電機代わりだ、足ンねェ分の電力は何とかしろ!」

美琴「それぐらい…何でもないわよ!」バチッ!

佐天「もしかして私にも何かすることが……?」

一方通行「心配すンな空力使い、オマエだけサボらせやしねェよ」

一方通行「制御システムと機械を分離する際には少なからず歪みが出るはずだからなァ」

佐天「ひ、歪み……?」

一方通行「早い話がエネルギーの流れに乱れが出るってわけだ…」

一方通行「こンだけのエネルギーの流れが乱れりゃ周りの大気も相当に震動すンだろ」

一方通行「で、大気が揺れりゃ俺のエネルギー処理にも影響が出る…」

美琴「制御システム代わりのアンタの処理に影響が出れば…またエネルギーの流れが乱れる…」

美琴「まさに負の連鎖ね……」

一方通行「そうなンねェよう…オマエはこの空間の大気を一定に保て」

初春「ちょっと待ってください…無茶苦茶すぎます!」

一方通行「あァ?」

初春「それじゃ…生じる気流の強さや方向も完全に制御しないと不可能です!」

初春「そんな精密なコントロール…レベル4並の能力者じゃないと……!」

一方通行「出来ねェ云々は問題じゃねェ、やるしかねェンだからな」

佐天「………!」

美琴「…………」

美琴(確かに佐天さんは先生と会って能力が開花してから毎日必死に努力してきた…)

美琴(でも…そんな一足飛びにレベルは上がるものじゃない)

美琴(まして…いきなりレベル4並の情報処理をするなんて出来るわけが……!)

佐天「……分かりました、やってみます!」

美琴「!」

初春「さ、佐天さん何を言って……!」

佐天「……銀さんたち、今頃必死になって戦ってるかもしれない」

美琴「……?」

佐天「あはは、戦ってるのはみんなもだよね!この街を護るために協力してる……」

佐天「それなのに…私だけみんなの足を引っ張るなんて…そんなの絶対やだよ……!」

佐天「出来るよ…私にしか出来ないことがあるんなら…必ずやってみせるから!!」

一方通行「ロン毛、オマエは制御システムと機械が分離したら速攻で機械を叩き壊せ」

桂「ロン毛じゃない、ヅラ…あ、間違えた、桂だ」

美琴「…………」

一方通行「……聞けオマエら、一人でも手ェ抜きやがったら全員仲良くあの世行きだ」

一方通行「間違っても足だけは引っ張るンじゃねェ…分かってンだろォなァ!」

美琴「私は問題ないけど……」

初春「…………」

美琴(佐天さんも大変だけど…考えてみれば初春さんの負荷だって半端じゃない)

美琴(第一位のサポートに機械とシステムの分離…膨大な情報処理量が必要な作業……)

美琴(いくら初春さんがそっち方面が得意でも…さすがにこれじゃ…)

一方通行「出来ねェと想像すンな、頭ン中に成功のイメージを作れ」

初春「…………」

初春(成功のイメージ…成功のイメージ……五人が協力して……!)

初春「あっ……!」

初春(五人で協力して何かをやり遂げる…これって…夢に見たバンドと同じなんだ……!)

初春(メインで演算してる第一位さんがリードギターで…補助の私がリズムギター…)

初春(電力を供給する御坂さんがベース…最後の締めに入る桂さんがドラム…)

初春(そして…空気の流れを安定させてくれる佐天さんがキーボード……)

初春(全員がちゃんと自分の役割を持ってる…互いに助け合ってる……!)

初春(こんな最高のメンバーで…出来ないことがあるわけがないじゃないですか!)

初春「出来る…私だったら!」

一方通行「……空力使い、お前はどォなンだ?」

佐天「大丈夫です…必ず…やり遂げますから」

美琴「むしろ…アンタこそ失敗するんじゃないわよ!」

一方通行「ハッ、誰に口聞いてんだ…俺は最強の一方通行だ」

桂「……まったく、さすがは銀時の連れだけはあるな…全員が全員、頼もしい限りだ」

一方通行「………始めンぞ!」

 

 

 

 

---
 

 

同時刻、ターミナル宇宙船離陸場

春雨兵警備A「さっきからどうも慌ただしいな」

春雨兵警備B「一部の地球人が反抗して暴れ回ってるらしいぞ」

春雨兵警備A「春雨を相手に?どんな馬鹿だそいつらは……」

銀時「こんな馬鹿だコノヤロー」

春雨兵警備A「なっ……!」

 

バキッ!

春雨兵警備A「ぐっ!」

春雨兵警備B「だっ、誰だおま……」

上条「ファルコン……」

春雨兵警備B「は?」

上条「パァァンチ!!」

 

バキッ

春雨兵警備B「ぐあっ!?」

銀時「よし…とりあえず見回りは片付いたな」

黒子「……その掛け声は何とかなりませんの?」

銀時「ばっかお前、男だったらいざって時は誰でもファルコンになるもんなんだよ」

黒子「残念ながら私は女ですの」

上条「何だかいつもより強くなった気がしないでもないんだよな」

黒子「……それで力を十分に発揮出来るんでしたら遠慮なさらずに」

神楽「……かっけーアルな」

上条「へ?お…俺が?」

神楽「お前じゃなくて掛け声が」

上条「ですよねー、掛け声の方ですよね」

神楽「異能の力だかを打ち消すとかいう中学生みたいな能力が今の状況で何の役に立つアルか」

神楽「いいか、今のお前は何の取り柄もない酢昆布以下の存在ということ忘れるな」

上条「あれ、これ泣くところなのか?何か上条さん、目頭が熱くなってきたんですが」

銀時「頑張れよ、イソジン」

上条「いやイマジン」

 

春雨兵警備C「や、奴らを捕らえろ!元老の乗った船に近づかせるな!」

神楽「銀ちゃん!また敵がいっぱい集まってきたアル!」

銀時「お前がイソジンとか騒いでっから敵が八時だよ!全員集合!状態だろうが!」バシッ

上条「痛っ!お、俺だけのせいなんですか!?」

神楽「やってる場合じゃないアル!ここまで来たら雑魚もまとめてぶっ倒すネ!」

銀時「どけやコルァァァァ!テメーらみてーな下っ端に構ってる暇はねーんだよ!!」

沖田「旦那ァァ!」

銀時「お、お前ら何で……!」

沖田「言ってる場合じゃねーでさァ!早くしねーと敵の頭に逃げられちまいますぜ!!」

銀時「!」

近藤「俺たちが道を斬り開く!行け万事屋ァァ!」

銀時「テメーら……!」

土方「死にかけのテメーなんぞに江戸を託したかねーが…ここまで来りゃもう関係ねェ」

土方「さっさと行け…テメーの魂はまだ折れてねェだろ」

銀時「…………」

銀時「……死ぬなよベジータ」ダッ

土方「大きなお世話だ…つーか誰がベジータ!?」

 

 

---
 

 

宇宙船内

元老「地球人め…ずいぶんと暴れているらしいな」

春雨兵「多くの人間が武器を持って抗戦しているようです」

元老「野蛮な猿どもが調子に乗ったか……こっちにまで噛みつかれても迷惑だ」

元老「船を出せ、一旦地球を離れて増援を……」

ドゴガッ!

元老「!」

春雨兵「か、壁が壊れ…何があった!?」

銀時「ようやく辿り着いたぜ魔王さんよ…」

元老「なるほど…貴様らが我らに楯突く地球人か……」

春雨兵「こ…これから船を出すというところで……!」

銀時「ほォ、喧嘩ふっかけてテメーだけ逃げようってのか…ずいぶんとセコい宇宙海賊だ」

元老「…………」

元老「……貴様らに儂が倒せると?」

神楽「そ、その傘…お前……!」

黒子(私が戦った敵と同じ…夜兎という種族…!)

銀時「分かりやすいラスボスで有り難いこったな……」

銀時「こっちもちょうど四人のパーティーだ…ゾーマ退治といこうじゃねーか」

 

 

 

神楽「ほぁぁたァァ!」

上条「ウオオオオォォォ!」

ガキッ!

神楽「っ!」

上条(ふ…二人掛かりの攻撃を簡単に受け止めやがった……!)

元老「鈍い…所詮は地球人か」

銀時「余裕かましてるんじゃねーよ!」ダッ

元老「フンッ!」

上条「しまっ!?」

ブンッ!

銀時「!」

ドゴッ!

銀時「ぐあっ!」

黒子「か、片手で人を軽々と投げ飛ばして…向かってくる相手に叩きつけるとは…!」

神楽「銀ちゃん!ウニ頭!」

元老「夜兎でありながら仲間の心配か…!」

神楽「!」

ドゴガッ!

神楽「あ…がっ……!」

元老「…ほう、頭から地に叩きつけられてまだ息があるか…だが次で……」

黒子「そうはいきませんの!」

ヒュン

元老「!」

黒子「レディーの扱いがまるでなっていませんのね、あなた…!」

元老「何だ…今の移動術は?」

黒子「あなたに教える義理はありませんの…!」

ヒュン

元老「夜兎の娘が…消えた?」

神楽「うっ……!」

銀時「オイ!しっかりしろ神楽!」

元老「どういうことだ…儂の手元にいたはずの娘が何故あそこまで離れた場に移動している」

黒子「…………」

元老「人間のテレポートなど絵空事と思っていたが…そんな能力が実在するとはな」

黒子「あなたに褒められようと嬉しくありませんわね」

元老「自分だけでなく触れた物も瞬間的に移動させる力か…何とも便利なことだ」

元老「春雨に加われば一つの軍団を預けてもいいが…?」

黒子「その質問、わざわざお答えする必要があるとは思えませんわね」

元老「……フン、無駄に命を散らすか…何と愚かしいことよ」

銀時「上条…テメーは神楽についてろ」

上条「銀さん……!」

銀時「あれ相手にすんのは白井の奴でもさすがに荷が重い…神楽のことは任せたぜ」

上条「けど銀さん!アンタもう怪我で体が……!」

銀時「心配ねーよ、すぐに片つける…それに…コイツは俺の国の戦いだ」

銀時「それを他人に…生徒に丸投げするわけにはいかねーよ」

上条「………分かった、けど一つだけ言わせてくれ…」

銀時「!」

上条「『俺』の戦いじゃない…『俺たち』の戦いだろ、銀さん」

銀時「…………」

上条「俺も御坂も…みんながアンタの仲間だ!」

銀時「……ああ、そうだな」

元老「フンッ!」

黒子「くっ……!」ヒュン

黒子(速い…そして…徐々に私の空間移動に攻撃を合わせて来ている…!)

元老「臆病者め…逃げの一手しか打てぬか!」

銀時「逃げる女を追っかけ回してんじゃねーよ!ストーカーかテメーは!」

元老「!」

キィン!

銀時「くっ……!」

元老「解せんな…鍔迫り合いでさえまともに出来ぬ体で何が出来る?」

銀時「……テメーをぶった斬れる、わざわざ言わせんな」

元老「……やはり、野蛮な猿の考えは理解できんな」

 

ドガッ!

 

銀時「ぐはっ!」

銀時(一発蹴りもらっただけで…ここまで来るとはよ……!)

黒子「先生!」

銀時「……ちっ、案外ポンコツだな俺の体もよ…刀握るのもしんどくて仕方ねェ」

黒子「………!」

黒子(いや…むしろここまで戦ってこれたこと自体が奇跡ですの……)

黒子(命を落としかねない怪我にも関わらず…この殿方は……!)

銀時「……まぁ愚痴っても仕方ねーな、やるしかねェ……白井」

黒子「……?」

銀時「フォーメーションBで行くぞ」

元老「何か小細工をする気か……」

銀時「喧嘩ってのはな…ただ刀だけでするもんじゃねーんだよ」

銀時「行くぜ…月牙……!」

元老「!」

黒子(今ですの…敵の死角に空間移動を…!)

 

 

ヒュン

 

銀時「どうなってんだオイ…何でテメー……」

元老「その小娘の能力を戦闘で活用することを考えればその程度の使い道は容易に思いつく」

元老「死角と言えど来ると分かっていればそれに合わせて反撃することなど容易い」

銀時「……おかしいねオイ、どうやってもこのゾーマ…ダメージが通らねーんだけど」

銀時「耐性がたけーなら…もう真正面から戦るしかねーな」

元老「まだ諦めぬか…貴様らの相手をしてる時間も正直惜しい」

元老「いい加減に負けを認めろ…貴様らでは我ら春雨には勝てん」

元老「いや…勝てぬことは既に分かっているはずだ、なのに…何故剣を握り闘おうとする?」

銀時「…………」



銀時「天しょ……」

元老「やはり…その程度の浅知恵か」

銀時「なっ……!」

バキッ!

銀時「がっ……!」

黒子「せ、先生!」

銀時「元老なんて猿山の大将気取って対等な仲間のいねェテメーにゃ分かるめーよ」

元老「仲間……?」

銀時「正直言えばな、俺だってアホみてェに強いテメーなんかと戦いたかねーんだよ」

銀時「このまま気ィ抜いて地面に倒れ込めたらどれだけ楽か知れねぇ…だがよ」

銀時「それでも…今の俺にまだ護れるモンがあるなら…俺ァ倒れちゃならねーんだ」

銀時「テメーに…命賭けてまで護りてェもんがあるかァァァァ!!」

元老「………」

神楽「ほぉ…たァァァァ!」

上条「おおおおおっ!」

元老「き、貴様らっ!」

バキッ

元老「ぐっ…気を抜いたか……」

グサッ

元老「っ!?」

黒子「私を忘れられては困りますわね…最後の金属矢ですの」

黒子「もちろんこれであなたを倒せるはずはありませんが…気を逸らせるだけで十分ですの」

銀時「ウオオオオォォォォ!!」

元老「!」

神楽…上条…白井…全員がもう満身創痍だ……

そんなアイツらが死ぬ気で作ったこの好機…無駄にはしねェ

今しかねーんだ…何がなんでもここで仕留めなきゃならねェ

護り抜け

てめーの国を…仲間を…魂を……!

銀時「これで……シメーだァァァァ!!」

 

 

ズバッ!!

元老「ぐうっ…!」

銀時「はあっ……はあっ……」

元老「…………」

上条「……か、勝ったんだよな?」

黒子「ええ…とりあえずは、ですが」

神楽「ぎ、銀ちゃんが……勝ったアル……!」バタッ

上条「お、オイ大丈夫か!」

黒子「この怪我ではすぐに治療を受けさせなければ命に関わりますの、急いで医者に…」

春雨兵「う、動くな貴様ら!」

黒子「!」

上条「何だ…あの手に持ってる機械……」

春雨兵「降伏しなければ…ここの地下深くにあるエネルギー源を暴発させるぞ!」

上条「!」

上条(この状況でコイツ…死なばもろともで俺たちを道連れにする気かよ……!)

黒子(追い詰められた挙げ句の最後の抵抗…といったところですわね)

銀時「…………」

銀時(この距離で…しかもこの体じゃ…さすがに野郎が動く前に仕留めんのは無理だな)

黒子(私のテレポートでも…やはり万が一の可能性が捨て切れませんの……)

神楽「……っ」

銀時「無理に動くな神楽…お前はしばらく大人しくしてろ」

春雨兵「やはり…切り札を最後まで取っておいて正解だったらしい」

銀時「…………」

銀時「……へっ、とんだ笑い話じゃねーか」

春雨兵「何だ…何が可笑しい……」

銀時「てめーの頭がやられて…最後に頼るのがそんな機械だとはよ」

春雨兵「こ、これは脅しじゃなく本当に遠隔操作が……」

神楽「………馬鹿アルな、お前」

春雨兵「何……?」

上条「……まだ分かんねぇのかテメェは、テメェのが馬鹿な幻想がもう殺されてることに」

黒子「あなたと私たちでは護りたいと思うものも…信じるものも違ってますのね」

春雨兵「な、なら貴様らは一体何を……」

銀時「そんなに知りてーなら教えてやるぜ…ただし、ちと痛ェだろうがな」

春雨兵「!」

春雨兵(後ろに…誰かが……!)

美琴「つまりは…そういうことよ!」

 

 

バチバチッ!

 

---

美琴「待たせちゃったわね…大丈夫だった?」

銀時「正直大丈夫とは言えねーな……このまま一週間は眠れそうな勢いだよマジで」

美琴「みたいね……」

一方通行「っつーかよォ、なンで俺がコイツを背負わなきゃなンねェんだ」

佐天「…………」

銀時「佐天の奴…何かあったのか……?」

美琴「ううん、ちょっと頑張りすぎちゃっただけだから…いや…ちょっとじゃないか…」

初春「奇跡だったんです…本当に……」

銀時「……事情はよく分からねーが…無事だってんなら何よりだ」

桂「やったようだな…銀時」

銀時「今回ばっかは死ぬかと思ったぜ……」

桂「敵大将が討たれた事実は徐々に拡散しつつある…残りの敵はもはや烏合の衆だ」

銀時「そうかい…なら、もう俺ァお役御免だな」

桂「………かなわんな銀時、お前には」

銀時「………?」

桂「数多の春雨兵と戦い…高杉を止め…そしてさらに夜兎の元老まで討ってのけた…」

桂「これだけの壁を打ち破り仲間を護るなど…俺には到底出来ん芸当だ」

銀時「……テメーが何を感心してるかは知らねーが、勘違いしてんなら言っとくぜ」

桂「?」

銀時「運命だか現実の壁だか知らねーが…そんなもんにてめーの道を塞がれんのは勘弁でな」

銀時「だから俺ァ…てめーの進みてー道を行くために刀取っただけだ」

銀時「ただ…そんだけだ……」

桂「…………」

桂「……どこまでも『侍』らしいな、銀時」

一方通行「よォ、もうこの空力使い…下ろしていいンだろ、重くって仕方ねェ」

美琴「女の子相手に失礼ね…第一アンタ、能力があるじゃない」

一方通行「あンだけのエネルギーを処理した直後にまた能力使わせる気かオマエ」

美琴「あ……言われてみればそうよね」

一方通行「しっかし…簡単じゃねぇンだな、護るってのは」

美琴「……」

一方通行「ブッ壊すンなら一瞬だってのによ…おかしな話だな」

美琴「……だからじゃない?」

一方通行「あァ?」

美琴「護るのが大変だから…大切なものを壊されないように人って強くなるんじゃない?」

一方通行「………くっだらねェな」

 

沖田「まあとりあえず…命があるみてーで何よりでさァ、旦那」

土方「悪運だけは強いらしいなテメーは」

銀時「テメーら…生きてやがったか……」

近藤「真選組と武器を取った市民の働きで春雨兵はほぼ壊滅だ…」

近藤「万事屋…俺はお前たちに感謝する、ありがとうよ」

銀時「……どうしたお前、泉に落ちてキレイなゴリラにでもなったか?」

近藤「何で俺だけそんな感じ?さっきまでのしみじみとした感じでいいだろォォ!?」

 

 

佐天「………ん?」

初春「あっ、佐天さん!気がつきましたか?」

佐天「あれ…私……何で?」

美琴「無理しちゃって負担が掛かっただけだから…大丈夫、心配ないわ」

佐天「じゃ…じゃあ……!」

美琴「……お疲れ様、佐天さん」

佐天「私…ちゃんと…役に立てたんだ……!」

初春「凄かったですよ佐天さん…本当に…!」グスッ

佐天「ちょ、ちょっとちょっと!何で初春が泣くのさ?」

初春「すいません…すいません…何か…我慢できなくて……」

銀時「お疲れさんだったらしいな…佐天」

佐天「ぎ、銀さん………!」

銀時「やっぱりお前はやれば出来る子だったな、あれだ、教師冥利?みてーな気分だわホント」

佐天「…ううん、ホントはさ、私一人じゃ出来なかったんだよね」

銀時「?」

佐天「空間の空気の流れを制御するなんて…普段の私じゃ絶対出来っこないのに…」

佐天「本気で友達を護りたいって思ったら……何だか凄くやる気になっちゃってさ」

佐天「……今なら銀さんが何であんなに強いのか…ちょっとだけ分かるよ」

近藤「…………」

土方「近藤さん、泣いてんのかアンタ」

近藤「泣いてねーし、つーか分かってたからね、奇跡なんかないって」

土方「いや…あれは師弟的なアレだし…まだ望みはあるんじゃねーのか?」

近藤「どこにィィィ!?もうアレ割り込めねーよ絶対!」

近藤「そこまで空気読めなくないからね!ここで割り込んだらゴリラ以下だからね!」

沖田「何とかしろよフォロ方、お前なら何とか出来るはずだフォロ方」

土方「うるせェ!今色々と考えてんだよ!つーかお前も何か言ってやれ!」

沖田「勘弁してくだせェ、俺はそっちに疎いんでさァ」

佐天「あっ、近藤さん!助けに来てくれてたんですね!」

近藤「あ…何か俺みたいなムサいゴリラに気を遣わせちゃって……」

土方(完全に卑屈になってるよこの人、どうすんだよこれオイ)

佐天「命を懸けて戦った人にそんなこと言うわけないじゃないですか…」

近藤「いや…俺はもう蛤以下の存在なんで…つか蛤ってこういう字なんだ知らなかった」

沖田「いや何を言ってんですか近藤さん」

佐天「それに私、近藤さんみたいに芯がちゃんと通ってる人は嫌いじゃないですよ!」

近藤「」

土方(今、近藤さんの脳内じゃマッキーが流れてんだろうな)

神楽「何か…やっといつものかぶき町っぽくなってきたアルな」

銀時「……ああ」

美琴「ずっと気になってたけど……本当にいつもこんな調子で暮らしてるの?」

銀時「普段はこれよか大分ぶっ飛んでるけどな」

美琴「………楽しそうね、すっごく」

黒子「ええ…本当に……!」

銀時「……けーるぞ、俺たちの家に」

 

 

 

---
 

 

ターミナル屋外

新八「ぎ、銀さん!神楽ちゃん!」

銀時「ようぱっつぁん、相変わらず眼鏡成分が高くて何よりだ」

神楽「新八は体の95%が眼鏡で構成されてるアル、用法用量を守って正しくお使いください」

新八「オメーら感動の再会における第一声がそれかァァ!もっと何かあるだろォォォォ!?」

銀時「まままま、いつもの俺らならこんなもんだろ?」

新八「い…言われてみれば、確かにそうですね」

銀時「つーか…外へ侵攻しようとした春雨兵は全滅か」

新八「姉上たちが…必死になって止めてくれたんです」

銀時「……何だかんだでアイツらすげーな」

高杉「クク…なるほど、こいつらがテメーの力の源ってわけかい」

桂「高杉!」

高杉「ずいぶんと派手に暴れ回ったらしいじゃねーか…春雨の艦隊を潰しちまうとはよ」

銀時「…………」

高杉「まだ天人と戦おうとする連中がこれだけいるたァな……」

銀時「………この国はまだ死んでェ、そう思わねーか?」

高杉「…………」

高杉「……フン、かもしれねェな」

松平「そこまでだ」

近藤「と、とっつぁん…!」

松平「何してるテメーら…攘夷浪士をしょっぴけ」

近藤「だ、だがとっつぁん!コイツらは……」

松平「江戸を守るために戦った…か?」

近藤「!」

松平「それとこれは話が別だ、この場は見逃そうなんて甘ったるいことを考えるな」

近藤「…………!」

松平「ほら、おじさんの気は短ェんだから早くしねーと……」

将軍「片栗虎……もうよい」

銀時「…………」

銀時(こ、ここで将軍かよォォォォ!)

松平「いや将ちゃん…そういうわけにはいかねーのよ、攘夷浪士は将ちゃんの命を狙う…」

将軍「その余がよいと言っているのだ…ならば問題はなかろう」

松平「いや…まあ……」

将軍「今は攘夷浪士も市民も真選組も関係ない…皆が国を護るために戦った高潔な志士だ」

高杉「…………」

将軍「戦うことすら出来ぬ余が言えることではないが…皆よく戦ってくれた…」

将軍「礼を言おう…この国を護ってくれたことを……」

高杉「……酔狂な話だ」

桂「………」

高杉「攘夷時代はテメーらと刀を取って天人とやり合い…今は倒幕の機会を狙ってたのによ」

高杉「その幕府の頭に礼を言われるとは…全く酔狂な話だな」

高杉「俺ァ一体…何のために生まれたんだろうな、銀時よ」

銀時「…………」

銀時「当たり前のこと聞くんじゃねーよ」

桂「銀時……?」

銀時「何のために生まれてきた?そんなモン、答えは一つしかねーだろ」

高杉「…………」

銀時「両足で地面踏みしめて…真っ直ぐお陽さん見て生きてくために生まれたんだろうが」

高杉「生きるために生まれた…クク、馬鹿なテメーらしい馬鹿な答えだな」

高杉「だが…言われてみりゃそれが正解なのかもしれねェ……」

銀時「…………」

高杉「認めざるを得ねーな……今回は完全に俺の負けだ」

銀時「勝ちも負けもねーよ…ただ、てめーの護りたいもんのために戦っただけだ」

銀時「俺も…テメーもな……」

新八「ようやく…大団円になりましたね!」

美琴「そうね…よかっ……!」

神楽「ど、どうしたアルかお前ら!体が……」

美琴「……前のアンタと同じね」

銀時「……ああ、どうもそうらしいな」

新八「ぎ、銀さん!これ一体どうなってるんですか!?」

銀時「コイツらは本当はここにいちゃならねーんだ…つまり、元に戻らなきゃならねェ」

銀時「前の俺もそうだったけどよ…まさかこんなタイミングで別れとはな

黒子「………!」

上条「こっちが一段落したせいかは分からねえけど…俺たちも帰れることになったみたいだな」

初春「そんな…またこんな急に……!」

佐天「……意地悪過ぎるよね、せっかくみんなと仲良しになれたのに…」

美琴「……一旦はお別れね」

銀時「ああ…どうもそうらしいな」

黒子「…………」

銀時「何、お互いに死ぬわけじゃねーんだ…生きてりゃまた会えるだろうよ……」

銀時「必ず…もう一度な」

 

一方通行「こンな疲れるだけの旅行は初めてだな…まあ旅行自体あンま行かねェが」

一方通行「……次は何も面倒ごとがねェ時にしろ」

黒子「……忘れないでくださいな、先生」

銀時「……?」

黒子「たとえ住む世界が異なろうが…先生と繋がっている者がいることを」

銀時「ああ……」

美琴「……じゃあ、またね」

黒子「……」

 

ヒュン

 

 

---
 

 

学園都市

美琴「……戻ってきたわね」

佐天「何か…夢を見てたような気分ですよね」

初春「でも…夢じゃありませんよね」

黒子「……ええ」

美琴「……あれ?黒子、アンタ髪が解けてるわよ?」

黒子「……イメチェンですの」

美琴「?」

黒子「何て冗談ですの、さてお姉さま…帰郷記念に今宵は二人きり、ベッドで熱く…」

バチバチバチッ

 

 

---
 

数日後、万事屋

銀時「オイぱっつぁん!茶ァ!」

神楽「私、酢昆布と卵かけご飯がいいアル」

新八「今忙しいんですよ!後にしてください」

銀時「痛たたたたっ!き、傷がァァァ!傷が痛む!!」

神楽「酢昆布ゥゥ!酢昆布を食べれば治る気がするネ!」

新八「アンタら怪我を口実に僕をパシってるだけじゃねーかァァァ!」

銀時「ほら…あるべき新八のポジションってこんな感じじゃね?」

新八「いや嬉しくないです……ところで銀さん、そのヘアゴム…何なんですか?」

銀時「いや…気がついたら懐ん中に入ってた……」

新八「え、何か怖くないですか?」

銀時「……んなことねーよ、コイツは贈りもんだ…生徒からのな」

新八「?」

 

 

 

 

---

 

 

ピリリリリ、ピリリリリ

一方通行「電話か…誰だ?」ピッ

イマイ「もしもし、イマイと申しますが」

一方通行「まァたオマエかこのクッソ野郎!もう掛けてくンなって言ったろうが!」

イマイ「いや僕のほうに高額な手術代金を踏み倒される被害にあったと連絡があってですね」

イマイ「一方通行さん、これ詐欺なんじゃないですか?」

一方通行「だァから俺は関係ねぇンだ!もう電話して来るな!」

ガチャ……ピリリリリッ、ピリリリリッ

一方通行「オマエ何なンですかァ!?リダイヤルしてくンなうざってぇ!」

イマイ「本当のことを教えてください、僕はただ真実が知りたいだけなんです」

一方通行(あンの天パーァァ!もォいっぺんこっちに来て説明しやがれェェェェ!)

fin


 

三年Z組ー銀八先生!

銀八「はい、まず最初に謝っときます、急ぎ足で終わらせてすいませんでした」

銀八「本当はマヨラーとヘッドホンの決闘だとか佐天さんの大活躍だったりとか…」

銀八「神威と阿伏兎のその後とか宇宙で戦ってた坂本とハゲのお父さんだとか…」

銀八「その辺まで書くつもりだったんですが…その結果がこんな出来です、はい」

銀八「あと…キャラが多すぎちまったんで何がなんだか分からなくなることもありました」

銀八「誤字脱字も激しかったんでもう良いとこなしです、マジで」

銀八「最後まで読んでくれた人にゃ心から礼を言っときます、ありがとうさんでした」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。