銀時「とある科学の…やべ、読み方忘れたわ」4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


月詠「はっ!」ヒュン

また子「くっ!」ドンッ!

キィン!

また子「こっちの弾を避けながらもクナイで正確に反撃してくる…」

また子「……なるほど、かなりやり手っスね」

月詠「…その投げたクナイを正確に銃撃で撃ち落としているのは誰じゃ?」

また子「……アンタとまともに戦ったんじゃ面倒なことになる…か」

また子「なら…打つ手は一つっスね」

月詠「………?」

 

 

新八「ふんがああ!!」

キィン!

武市「ふむふむ、以前に手合わせしたときよりも腕が上がっているようですねェ」

新八「そっちこそ…前より強くなってるじゃないですか……」

武市「修行する時間があったのはあなただけじゃないってことです」

武市「実はかなり無茶してて…ぜぇ…息切れと動悸がヤバいなんてワケが…げほっごほっ」

新八「疲れてんかいィィィィ!」

武市「もう大変なんですよ、表現規制と戦うの…アグネスとかアグネスとかアグネスとか」

武市「それに比べたら修行とか江戸を落とすとかはもうどうでもいいでしょうコレ」

新八「この人、テロリストのブレインのくせにとんでもないこと言い出したよ」

 

月詠「伏せろ!!」

 

新八「えっ……?」

ドンッ

新八「ぐあっ!?」

また子「これで二対一っスね」

月詠「き、貴様…恥を知らぬのか……!」

また子「対峙している相手以外からは攻撃をされないなんてルールがあるとでも…?」

また子「こういう戦いじゃ弱いほうに照準を合わせて先に潰しとくのが鉄則っス」

月詠「くっ……大丈夫か、パチ恵」

新八「いや新八です」

月詠「弾は足を貫通しているか……これでは立つことさえままならんはずじゃ」

新八「ぐっ……」

また子「動けないソイツを庇いながらあたしら二人を相手にして勝てるかどうか…」

また子「実力のあるアンタなら分かるっスよね?」

月詠「…………」

武市「さすがです、全ては私の作戦通りに事は進みました」

また子「いや作戦なんか聞いた覚えはないっス」

武市「ついでにこの青少年健全育成条例改正に反対の署名を…」

また子「しないっス」

武市「奴らは何も分かってないィィィ!表現を規制することで一体何の益があるというのか!」

武市「己の心を律することを教えぬまま全てを規制するなど愚の骨頂である!」

武市「第一可愛い少女の愛でて何が悪い!ちなみに私はロリコンじゃなくフェミニストです」

また子「オメーはただの馬鹿か」

新八「……僕なら大丈夫です、月詠さんは気にせずに戦ってください」

月詠「馬鹿なことを言いなんし…その片足はロクに動かぬはずじゃ」

新八「……悔しいじゃないですか、こんな所で止まってたら」

月詠「?」

新八「神楽ちゃんたちはきっと春雨たちに勝って先に行った銀さんたちを追いかけてる…」

新八「銀さんだって…攘夷浪士にだろうが天人にだろうが絶対に負けやしません」

新八「それを…僕だけがこんな所で脱落したら…みんなに申し訳が立たない!」

新八「僕だって…僕だって銀さんと同じ侍なんだ!!」

月詠「……やれやれ、どうやらぬしもあの天然パーマに影響されたようじゃな」

月詠「そんな足で戦うなど自殺行為と分かっているだろうに……」

新八「た、大したことねーしゅこんな傷!紙で指と指の間を切った傷のが痛いし!」

月詠「…わっちにぬしの決意を止める権利などありんせん、好きにするがよい」

新八「月詠さん……」

月詠「じゃが…何があっても命だけは手放さぬようにな」
 

新八「くっ……」ズキッ

武市「傷が痛みますか、まあ当然ですね…叫びもせずによく耐えてると言うべきでしょうか」

新八「痛いに決まってるじゃないですか…僕ァあんまりこういう怪我に慣れてないんですよ」

武市「今のうちに勧めておきますが…降参するべきですよ、あなた」

武市「剣士にとって足は踏み込み時に使う…腕に次ぐ命とも言うべきものです」

武市「それを失って…まだ戦うおつもりですか?」

新八「足がなくても腕は振れます…剣が振れる限り僕は戦いますよ」

武市「では…最後に条例改正に反対する署名欄に名前だけでも……」

新八「あんたどんだけ条例改正に反対してんですか!?いや僕も確かに反対だけれども!」

武市「冗談はこのくらいにして…そろそろ真面目にいきましょうか」

新八「!」

キィン

新八「うっ!」

新八(攻撃を受け止めただけでもここまで出血するなんて!)

武市「ふむ…やはり撃たれた足は動かないようですねェ」

新八「……」

また子「あんたもいい加減諦めるっス、あんたの手勢じゃ勝ち目はないっスよ」

月詠「………」

新八「確かにこの足じゃ勝ち目は薄いかもしれない…でも、もうそんなことは関係ない」

新八「侍として…銀さんの仲間として……僕は絶対に諦めちゃいけないんだ!」

月詠「わっちもあの馬鹿との約束がある…決して違えてはならぬ約束がな」

新八「僕は最後の瞬間まで剣を振ります…これからもみんなで笑い続けるために!」

月詠「わっちらの背負うものの強さがどれほどのものか…試してみるがいいわ!」

武市「虚勢を張ってもダメですよ、あなたの足はあのイノシシ女に撃ち抜かれてるんです」

また子「誰がイノシシ女っスかァァ!」

新八「………」

新八(確かに今の僕じゃ小回りが効かない、どうすれば……)

新八(考えるんだ、銀さんだったら…あの人だったらどうするか…)

銀時『斬り合いの最中に足が動かなかったら?んなモン一つっきゃねーだろ』

新八「!」

 

新八「そうか…考えてみたらそれしかない…!」

武市「……何のつもりです?」

新八「こんな足で無理に動こうとするから刀に乱れが出る…だったら」

新八「一歩も動かずに…あなたが踏み込んで来たところを反撃して斬り倒します」

武市「……なるほど、ですがそれだけでは根本の解決にはなっていませんよ?」

武市「あなたの策を実践するのは言うほど易くない…よほどの集中力が必要でしょう」

武市「この距離ならあなたの攻撃は届かず…私からは二、三歩踏み込めば攻撃が届く」

武市「私はあなたの集中力が切れたところを狙い打ちとしましょうか」

新八「残念ですけどね…そう簡単にはいかないですよ」

新八「ずる賢いやり取りと読み合いは万事屋でいつも鍛えてますからね」

武市「………?」

ヒュン!

武市「うっ!?」

武市(く、クナイ!私たちがやったのと同じことを…怯まされましたか…)

武市(ですが動けない彼では私に斬りかかることは…)

新八「ウオアアアァァァァ!」

武市「ちょ……なっ!?」

ズガッ!!

新八「はぁ…はぁ…や、やった…!」

武市「ず、ズルいですね…その足、動かそうと思えば動かせたんじゃないですか」

新八「……もう動かせないですよ」

武市「……?」

新八「さっきのでホントに全力です…もう全然力も入らないんですから」

新八「さっきの一撃を防がれてたら…僕の負けでした」

武市「……しかし、何故峰打ちなんですか?」

新八「…あの天然パーマが、僕らには人斬りになってほしくないって言ってましたから」

武市「……見事な覚悟です、どうです?私と一緒に青少年健全育成条例改正の反対活動を…」

新八「アンタまだそれ言ってんですか」

また子「せ、先輩!?」

月詠「おっと…ぬしの相手はこっちじゃ!」

また子「!」

また子(しまった…先輩に気を取られて……)

月詠「手荒くなるが許せ…ぬしにはしばらく眠っていてもらう…!」

ドガッ!

また子「ぐっ……晋助…様……」

 

 

月詠「…………」

新八「月詠さん……」

月詠「大した奴じゃ…気を失う寸前まで自らが慕う男の名を呼んでおったわ…」

月詠「鬼兵隊の高杉によほどの恩でもあるのか…あの男の志に惹かれたか……」

月詠「いずれにせよ…こやつはこやつなりに真っ直ぐな生き方をしておったのかもしれん」

新八「………」

月詠「それより…傷は大丈夫か、パチ恵」

新八「いやだから新八です、ちょっと歩くのはしんどいですね」

月詠「すまん……で、これからどうするつもりじゃ?あの天然パーマの所へ向かうか?」

新八「……はい、役には立てないかもしれませんけど…それでも行きます!」

月詠「行くのならわっちが肩を貸そう、魔法少女パッチーナ」

新八「だから新八だって言ってんでしょォォォ!何その魔法少女って!?」

 

 

 

---

 

 

阿伏兎「フンッ!」

黒子「くっ……!」ヒュン

阿伏兎「やれやれ…そろそろ一発くらい当たってくれねーとオジさん傷ついちまうな」

阿伏兎「テレポートってのは噂にゃ聞いてたが本当に使える奴は初めて見たよ」

黒子「あなたこそ一体どんな体の構造をしてますの…両腕と両足を貫かれていながら……」

阿伏兎「こんな小さい金属矢を何本か刺しただけでこの俺が止まると思ってたのか?」

阿伏兎「だとすればそいつは見当違いよ…夜兎を甘く見られちゃ困るぜ」

阿伏兎「それに…ここまででのやり取りで分かった、お前さんは戦いにゃ向いてねーよ」

黒子「…………?」

阿伏兎「お前さんの攻撃からは相手を殺そうって気持ちがまるで感じられねェ」

阿伏兎「この金属矢で攻撃したのは手足だけ…致命傷になる臓器は攻撃してねェだろう?」

黒子「!」

阿伏兎「戦場は迷った奴から死んでいく、生き残るのは敵を躊躇なく殺せる奴のみよ」

阿伏兎「人を殺したくないなんて思うお前さんじゃ一生掛かっても俺には勝てやしねェな」

黒子「…………」

黒子「……昔々、とある所に一人の殿方がおりました」

阿伏兎「………?」

黒子「その殿方は御世辞にも品があるとは言えず、常日頃から馬鹿をやっておりました」

黒子「ただ…その殿方は馬鹿なほどお節介焼きで…馬鹿なほど優しく…そして」

黒子「目の前のものを護るために駆け回り、力を尽くして戦う…本当に馬鹿な方でした」

阿伏兎「……オイオイ勘弁してくれよ、そりゃ何のおとぎ話だ?」

黒子「殿方は自分の護る物のために戦い…その敵にも護りたい物があったと知り…」

黒子「そして…今度はかつて敵だった者の大切な物のため、更に強大な組織と戦いましたの」

黒子「傷だらけになりながら…血を流しながら…誰も『死なせぬ』ように命懸けで……」

阿伏兎「…………」

黒子「本当に馬鹿ですわよね?自分のことなど省みず、他人の大切な物を護り続けるなど…」

黒子「傷付くばかりで何の益にもならないと分かっていながら…それでも戦うんですのよ?」

黒子「何の能力もないのに…ただ自分の身体と木刀だけで…本当に馬鹿な殿方ですの」

黒子「でも…そんな馬鹿な方だからこそ私たちは……私はあの殿方を護りたい」

黒子「あの殿方やお姉さま…初春、佐天さんを見て私は気付いたんですの」

黒子「人の強さは『壊す』時ではない…何かを『護る』時に姿を表すと」

黒子「人を殺すのが正義などと口にするあなたでは…一生掛かっても勝てはしませんの!」

阿伏兎「…………」

阿伏兎「クックックッ…なるほど、お互いの正義が違うってわけかい」

阿伏兎「これじゃハナから和解しようなんざ無理な話ってわけだ」

黒子「あらあら、最初から和解するつもりなどおありでなかったくせに」

阿伏兎「異なる正義がぶつかり合った時は…勝った方が正義になるのが世の常よ」

阿伏兎「俺の抱く戦場の正義か…お前さんの抱く信念の正義か…」

阿伏兎「どちらの正義が上をいくか…この場で決めるとしようかい」

黒子「ええ…そうですわね…!」

黒子(残る金属矢は三本…これで闇雲に攻撃してもほとんど効果はありませんわね…)

阿伏兎「フンッ!」

黒子「甘いですわよ!」

 

 

ヒュン

阿伏兎「甘いのはお前さんもだ…飛んだのは俺の後ろだろう」

黒子「なっ…!?」

 

ガッ

黒子「くっ……!」

阿伏兎「……かすめただけか、まあ…次は確実に仕留められるな」

黒子(何故…私の移動先を……!)

阿伏兎「不思議かお嬢ちゃん、何故俺がお前さんの移動先を読めたのか」

黒子「………」

阿伏兎「じゃあここでまた問題といこう…何故俺はお前さんの動きを読めたのかな?」

黒子「……まさか、勘ではありませんわよね?」

阿伏兎「勘とは少し違う…経験だ」

黒子「経験…?」

阿伏兎「俺の攻撃に対してお前さんならどう回避するか…それを予測してるだけよ」

黒子「わ、私の思考を…先詠みしているとおっしゃるんですの…?」

阿伏兎「平たく言えば…そういうことだな」

黒子「そんな…そんなことが出来るわけ…!」

阿伏兎「そいつが出来るのが…戦場を生き場とするの夜兎って種族よ」

阿伏兎「と言っても…俺が不利なことに変わりはねェ」

黒子「………?」

阿伏兎「お前さんの金属矢…そいつで急所を貫かれたらひとたまりもねーからな」

黒子「!」

阿伏兎「さあどうする…そいつを使って俺の頭をぶち抜くか?」

黒子「………」

阿伏兎「クク…遠慮はいらねーよ、俺は戦場で死ぬなら本望だ」

阿伏兎「お前さんの選択肢は2つ…そいつを使って俺を[ピーーー]のか…」

阿伏兎「それとも…このままジリ貧になりつつ俺になぶり殺されるか…」

黒子「………」

黒子「私の選択肢は決まってますの」

阿伏兎「クク…なら、その答えとやらを見せてもらうとしようか?」

黒子「ええ…これが…私の答えですの!」ヒュン

阿伏兎(金属矢を手に…なるほど、俺をぶち抜くほうが答えってかい)

黒子「行きますわよ…」ヒュン!

 

 

グサッ

阿伏兎「なっ……!」

阿伏兎(攻撃したのは急所じゃなく…足だと…?)

 

ヒュン

黒子「足に気を今度こそ後ろを…取らせていただきましたの」

阿伏兎「!」

黒子「あなたには…地に伏せてもらいますわよ!」

 

ヒュン

阿伏兎「ぐっ!?」

ドガッ

阿伏兎(これは…俺の体を移動させて地面に叩き付けたのか…?)

黒子「動かないでくださいな…筋一本でも動かせばこの最後の金属矢を撃ち込みますわよ」

阿伏兎「金属矢を飛ばすだけが能じゃなく…テレポートを使った体術も使えたってわけかい」

阿伏兎「だが……俺を押さえ込んだところでお前さんはまだ勝っちゃいねーよ」

阿伏兎「俺の息の根を止めて戦闘不能にしなきゃ…お前さんの勝ちとは言えねーな」

黒子「……ずるい方ですのね」

阿伏兎「何?」

黒子「先ほどあなたが用意した選択肢…どちらを選んでも私の負けになるではありませんの」

阿伏兎「!」

黒子「あなたに殺されてしまっては言うまでもなく私の負けですし…」

黒子「金属矢を急所に撃ち込んであなたを死なせても…己の正義を曲げた私の負けになる」

黒子「あなたは初めにおっしゃってましたわよね?どちらの正義が上か決める…と」

黒子「私があなたを死なせては…あなたの言う戦場の正義が上になってしまいますの」

黒子「仲間が教えてくれた信念が戦場の正義に劣るなど…認めるわけにはいきませんわ」

阿伏兎「……自分が殺されることになっても己の信念は曲げねーと?」

黒子「……ええ」

阿伏兎「フン…こりゃ俺の負けだな」

黒子「降参…なさるんですの?」

阿伏兎「押さえ込まれて喉元に矢を突きつけられた時点で俺の負け…」

阿伏兎「いや…お前さんが俺の選択肢のどちらにも靡かなかった時点で俺の負けだ」

黒子「…………」

阿伏兎「それに正直…お前さんとの殺し合いはやりにくくてかなわねェからよ」

黒子「どういう…意味ですの…?」

阿伏兎「お前さんと俺は正義こそ真逆だがそれでも似てる部分があるように思えるね…」

阿伏兎「悪いが……俺は共食いは嫌いなんだよ」

阿伏兎「俺はお前さんやあの侍が春雨にどれだけ戦えるのか……」

阿伏兎「お前さんのその正義で何が護れるのか…遠くで見させてもらうとしよう」

黒子「あなたは……」

阿伏兎「心配せずとも俺はもう戦わんよ…少なくとも、この場じゃお前さんの正義が上だ」

阿伏兎「この戦いに限っては俺はもう誰も殺らねェと約束するぜ」

黒子「信頼して…よろしいんですのね?

阿伏兎「しつこいぞお嬢さん、俺の気が変わらんうちにさっさと行け」

黒子「………」ダッ

阿伏兎「…あーあ、こりゃ馬鹿提督に殺されるかもしれんね」

 

 

 

---
 

 

ターミナル屋上

銀時「…………」

高杉「よォ銀時……思ったよりも早かったじゃねーか」

銀時「屋上で待ちかまえてるたァ…一昔前のラスボス気取りかコノヤロー」

高杉「ここなら江戸の街が見渡せるからな…ぶっ壊れる前に見納めておこうと思ってよ」

銀時「勘違いしちゃいけねーよ、テメーが壊せるほどこの国は安かねーぞ……」

高杉「テメーも知ってるはずだ、俺ァ出来ねー法螺は吹かねーってな」

高杉「俺はただ壊すだけだ…この腐った世界を」

銀時「なら…俺もぶっ壊させてもらうぜ、テメーが吹くその法螺ってヤツをな」

高杉「懐かしいじゃねーか…その刀、テメーはいつも持ってやがったな」

銀時「………」

高杉「そいつを見りゃ何かと昔を思い出す…馬鹿をやったもんだな、俺もテメーも」

銀時「なんだオイ…思い出話の一つでもしてーのか?」

高杉「フン…話なんざいくらでもしてやらァ…この刀でな」

銀時「!」

 

 

キィン!

 

高杉「ほお、剣の腕は鈍ってるかと思いきや…存外、まともじゃねーか」

銀時「今までに色々とあったせいでな…侍としての血潮は錆び付いちゃいねーんだよ」

銀時「化物みてーな刀とやり合った、名門剣道場当主のジジイともやり合った」

銀時「夜兎のジジイとは死にかけながら戦った…百華の蜘蛛ジジイには殺されかけた」

銀時「四天王のガングロクソジジイにゃヤケになったまま戦って負けもした…」

銀時「……あれ、ジジイばっかじゃね?俺がやり合ってきた相手って総じてジジイじゃね?」

高杉「クク…攘夷戦争じゃ白夜叉と恐れられたテメーがジジイに負けるとはな」

銀時「じーさんをバカにしてたら…俺たちがジジイになった時に後ろ指を指されるぜ」

高杉「…心配ねーさ、俺たちはジジイになる前にくたばるだろうよ」

高杉「たとえこの喧嘩で…俺とテメーのどっちが勝とうとな」

銀時「………」

銀時「ワリーが俺ァテメーと違って夭逝願望なんざ…一ミリもありゃしねーよ!」

 

 

キィン!

 

長い鍔迫り合いの後、二人の侍による刀を用いた対話が始まった

一閃、二閃…常人なら目で追い切れぬほどの速さの斬撃の応酬が展開される

端から見れば両者譲らずの互角と思える攻防だったが…

銀時「くっ……!」

高杉「どうしたよ銀時、ずいぶんと余裕がねェみてーだが?」

銀時「……そいつァテメーの勘違いだ、余裕ありすぎて逆に困ってんだよコノヤロー」

高杉「オイオイ…俺ァこれでもテメーの強さは認めてるつもりだぜ」

銀時「……?」

高杉「純粋な剣の腕だけじゃなく…その馬鹿みてーな身体能力に動きの読めねー太刀筋…」

高杉「そして実戦に裏打ちされた判断力と勘も持ってやがる…なるほど、一見して隙がねェ」

銀時「…………」

高杉「だが…悲しいかな、どれだけ我流の剣だろうと本人のクセってのは出ちまうモンよ」

高杉「昔と変わらねーな銀時…お前さんの太刀筋のクセは」

銀時「!」

高杉「何を驚いてやがる…俺ァ攘夷時代にテメーの立ち回りを隣で散々見てきたんだぜ?」

銀時「へっ…野郎に注目されてようが嬉しくも何ともねーよ」

高杉「フン、違いねェ…だが忘れるなよ、俺ァテメーの刀は全て読めるってことをなァ」

銀時「ありがた迷惑な情報をわざわざありがとうよ!」

キィン!

銀時「ウルオアアァァァァ!」

キィン!キィン!

高杉「ヅラの奴ァ俺を獣だとのたまってだが…」

高杉「クク、雄叫び上げるテメーと比べちゃどっちが獣なのか分からねーな」

銀時(くそ…こっちからいくら斬り込んでも受け流して来やがる…!)

高杉「ただ、受けるだけじゃつまらねーよなァ…こっちもそろそろやらせてもらうぜ」

銀時「!」

ズバッ!

銀時「どうなってやがる…」

高杉「?」

銀時「立ち回りを見てきたのはテメーだけじゃなく俺も同じだ…なのに」

高杉「俺の剣が読めねーのが不思議でならねェ、そう言いてーのか?」

銀時「………」

高杉「『士別れて三日なれば刮目して相待すべし』…あの人はそう俺たちに教えたな」

銀時「!」

高杉「……つまりはそういうことだ、馬鹿のお前でも分かる単純な理屈よ」

銀時「高杉……!」

高杉「時間もねーんだ…もうカタ付けさせてもらうぜ」

銀時「何だ…もう勝った気でいやがるのかテメーは……!」

キィン!

高杉「そういやお前さん…万斉とやり合った時に護るもんは変わらねーとか言ったらしいな」

銀時「!」

高杉「テメーが何を考えて何のために戦おうが興味はねーが…」

高杉「牙を失くし、ぬるま湯に浸かった日々で腕が鈍ったテメーじゃ…」

高杉「いや…あの人の言葉も忘れてるようなテメーじゃ俺は殺れねーよ」

 

 

グサッ

 

銀時「がっ……!」

高杉「ジジイになってガキに後ろ指を指される前に逝けて良かったじゃねーか、銀時」

 

ザシュッ!



銀時「ぐっ……!」

高杉「ほォ、今の斬撃でもとっさに急所を逸らすか……クク、やるじゃねーか」

銀時「…………」

 

---

 

春雨兵G「待てェェェェ!」ダダダッ

佐天「うわわわわ!また追って来た!!」ダダダッ

佐天(もう!何でこうなるのかな私ってば!)


回想-ターミナル内で銀時と別れた後

佐天「こっちの通路は下へ向かってるんだ…初春が捕まってるのはこっち…だよね?」

佐天(今は銀さんも誰もいない…敵に見つからないようにしな…)

春雨兵G「オイお前、何やってる?」

佐天「」

 

---

 

佐天「予想はしてたけど敵が多すぎるよ!初春助けるどころか私まで捕まっちゃうって!!」

春雨兵G「に、逃げるな怪しい女め!大人しく捕まれ!」

佐天「こ、怖いんだから逃げるに決まってるでしょ!」

春雨兵G「………」ピタッ

佐天「………あれ?」

春雨兵G「そりゃさぁ…顔は怖いかもしれないけどさぁ…そんな直球で言わなくてもぁ…」

佐天「…………」

佐天(……意外にナイーブなんだ)

佐天「あ、あの…何かごめんなさい…そういうつもりで言ったわけじゃ…」

春雨兵G「……いや、気遣わなくていいよ、もうホント」

佐天「す、すいません…何て謝ったらいいか……」

春雨兵G「……いや、だからいいって」

佐天「…………」

春雨兵G「…………」

佐天(あれ、おかしいよね?何でこんな状況になってるんだろ?)

佐天「あ、そういえば……私みたいな格好をしてる女の子、見ませんでした?」

春雨兵G「あー…牢屋に入ってるあの子かな」

佐天「ど、どこにいるか教えてくれませんか!?」

春雨兵G「この先にターミナル内で船が発着する所があって、その船の中にある牢屋に…」

佐天「無事だったんだ…良かったぁ……」

春雨兵G「……あ、これ教えちゃマズかった、だから捕まって」

佐天「いやそういうわけにはいかないってば!」ダダダダッ

春雨兵G「ま、待て!これだから女は嫌いなんだ!」

 

---
 

牢屋

初春「今…何時だろ…何とかしてここから出なきゃ……」

春雨兵G『待てェェェェ!』

佐天『うわああぁぁぁ!?』

初春「あ、あの声…さ、佐天さん!?」

初春(どうしよう…きっと私を助けに来ようとして敵に見つかっちゃったんだ…)

初春(御坂さんや先生は一緒じゃないみたいだし…私のせいで佐天さんまで捕まっちゃう!)

佐天『待って待って!少し休憩しようって!もう走りすぎて限界なんだってばぁ!!』

春雨兵G『休憩!?ふざけるな、是非しよう!!』

初春(……あんまり心配しなくてもいいのかもしれない)

佐天「休憩しようって言ってるのに何で追い掛けてくるのさ!」

春雨兵G「お前を捕まえてからゆっくり休憩するんだよ!だから早く捕ま……」

バチバチッ!

春雨兵G「……」バタッ

佐天「……え?」

美琴「大丈夫だった佐天さん?」

黒子「何とか間に合いましたわね……」

佐天「御坂さんに白井さん…よ、良かった…もうダメかと…よくここが分かりましたね」

美琴「あれだけ大声だして走り回ってたら嫌でも気が付くって」

佐天「い…言われてみれば……」

 

 

 

---
 

牢屋

佐天「初春!」

初春「さ、佐天さん!無事だったんですね!」

佐天「御坂さんたちと合流してね、正直危なかったけど」

初春「でも…よくこんな入り組んでる建物の中で合流出来ましたね」

佐天「あはは…私が大声だして走り回ってたから……」

初春「あ、大声出しながらのは自分の場所を御坂さんたちに知らせるためだったんですね!」

佐天「え?」

美琴「そうか…流石ね佐天さん!」

佐天「え?え?別にそういうわけじゃ……」

初春「何で敵がいっぱいいるところであんな馬鹿な会話してるのかなって思っちゃいました!」

佐天「ば…馬鹿な会話…結構必死だったのに……」ズーン

美琴「さ、佐天さん?何で落ち込んでるの?」

黒子「あの殿方は…一緒ではないんですの?」

佐天「そ…そうだ…銀さんも今きっと戦ってる!」

初春「先生もやっぱり来てるんですか!」

美琴「まあ…アイツならめったなことがない限り大丈夫だと思うけど……」

黒子「……行きましょう、お姉さま」

美琴「黒子?」

黒子「何やら…黒子は嫌な予感がしてなりませんの」

美琴「………?」

 

 

---

 

沖田「桂…テメーはさっき何か感じたか?」

桂「……分からん、だが一瞬奴に…銀時に呼ばれたような気がした」

沖田「正直良い予感はしねーが…こっちも手が離せねーな」

沖田「敵の数が多すぎていくら斬っても一向に減る気配がねェ…」

桂「銀時……!」

沖田「…………」

沖田「……行きな、桂」

桂「そうはいかん…コイツらを最初に相手にしていたのは俺だ、俺だけ先には行けん」

沖田「くたばりかけのテメーがいても邪魔になるだけでィ、ゴチャゴチャ言うんじゃねーや」

沖田「後始末は俺に任せな…代わりに旦那のこたァテメーに任せるぜ」

桂「……すまぬっ」ダッ

沖田「……あーあ、目の前で桂を取り逃がしちまった…土方の責任にする方法を考えねーと」

春雨兵E「掛かれェェ!いくら奴が強かろうが数では俺たちが優位だ!」

沖田「静かにしねーかィ…俺ァ今考え事をしてるんでェ!」

 

---

 

美琴「佐天さん、屋上ってこっちでいいのよね!」

佐天「はい、多分合ってると思います!」

黒子「急ぎましょう!どんな強大な相手と戦ってるか分かりませんの!」

初春「……後ろから…誰か来てませんか!?」

佐天「え…?」

美琴「また敵が……?」

桂「……敵じゃない、桂だ」

佐天「か…桂さん、あちこち怪我してるじゃないですか!」

桂「心配はいらん、この程度の傷なら肉球に包まれれば容易く完治する」

佐天「に…肉球……?」

桂「それより…銀時はどこにいる?」

佐天「屋上に行きました!獣の相手は任せろって……」

桂「獣……奴が相手にしているのは高杉か…!」

美琴「高杉って……確かこの事件の首謀者じゃない!」

桂「そして、かつては俺たちの仲間だった男だ……!」

美琴「……急いだほうが良さそうね」

 

---
 

ターミナル屋上

桂「銀時!」

佐天「先生!いるんでしょ!?」

高杉「今度はまた…ずい分と賑やかな客が来たもんだな」

桂「高杉!」

高杉「よォヅラ……お前さんも相変わらずで何よりだ」

佐天(この人が高杉…同じ侍でも銀さんとは空気が全然違う……)

初春(向かい合ってるだけなのに…ただそれだけなのに怖いと感じるなんて…!)

高杉「ヅラ、馬鹿を助けに来たってんならご苦労なことだが…少し遅かったな」

美琴「遅かったって…どういう意……!」

銀時「…………」

黒子「せ…先生!!」

桂「ぎ、銀時!!」

佐天「やだ…こんなに血が……これ、酷いなんて傷じゃない……!」

高杉「急所を貫いてそのまま深く斬りつけた…まず助かるめーよ」

桂「貴様……高杉ィ!」

高杉「オイオイ怒るなよ、コイツァサシでやった殺り合いの結果だ」

高杉「銀時の奴もお喜びだろうよ、戦いの中で死ねたんだからなァ」

美琴「………許さない」

高杉「?」

美琴「アンタは謝っても絶対に許さない…アンタだけはァァァァ!!」バチバチッ!

 

桂「よせ……!」

美琴「何で止めるのよ!アイツは…アイツは!!」

桂「奴は俺の仲間だった、そして銀時は奴に斬られた…ならば俺が奴を斬るしかあるまい」

美琴「私たちがこの天然パーマに…先生にどれだけ世話になったと思ってるのよ!」

美琴「それなのに…黙ってられるわけないじゃない!」

桂「それでも…お前たちに手を汚させては俺は……俺は銀時に合わす顔がない!」

美琴「!」

銀時『テメーらは手ェ汚すな』

美琴「だけど……だけど!」

佐天「銀さん…ねえ、しっかりしてって!銀さんってば!」

黒子「嘘…ですの…こんな…こんなことが………」

初春「し、白井さんも気を確かに持ってください!先生なら…大丈夫ですから!」

高杉「…………」

高杉「フン…揃いも揃って甘っちょろい連中だな」

美琴「何ですって…!」バチバチッ!

高杉「お前さん、さっき銀時のことを『先生』…そう呼んだな?」

美琴「それが…何だって言うのよ!」

高杉「銀時の馬鹿がテメーらに何を言ったかは知らねーが…どんな誓いや契りがあろうと」

高杉「てめーが師と呼ぶ人間を傷つけられて黙って引き下がるような奴ァただの腑抜けよ…」

高杉「なぁヅラ、テメーもそう思うだろ?……いや、思うわけねーよな」

高杉「銀時に絆されて牙を抜かれた今のテメーじゃ…俺の言葉は分かるめーよ!」

桂「高杉……!」

高杉「俺ァテメーらみてェに退くつもりはねーよ…この世界を壊すまではなァ!」ダッ!

桂「下がれ!!」

美琴「っ!」

キィン!

桂「うっ…ぐ……!」ブシュッ!

高杉「えらく怪我をしてるじゃねーか…ここに来るまでにずいぶんと派手にやられたなぁ」

桂「黙れ…ただの掠り傷に過ぎん…!」

高杉「クク…そうだよなぁ、この程度の傷…大したこたァねーよな」ガッ

桂「!?」

鍔迫り合いの最中、高杉の左手が桂の腹部を抉りつけた

掠り傷などとは到底言えない深い傷…それを更に押し広げるかの如く

桂「ぐっ…あああぁぁ!!」

高杉「オイオイ情けねーな…ただの掠り傷だろ?」

桂「ぐっ……う……!」

美琴「………やっぱり私も…!」

桂「来るなァァァ!!」

美琴「っ!」

桂「お前たちは早くここから離れろ……誰も死なぬと銀時と約束したはずだ!」

佐天「………!」

美琴「で、でも…!」

桂「早く行け!ここは俺が……」

高杉「斬り合いの最中に余所見か…ヅラぁ!」

桂「しまっ……!」

キィン!

 

 

 

一瞬の隙、傷だらけの桂の体に向かって振り下ろされる凶刃


その速さたるや防ぐことは愚か、回避することさえ不可能だった


その一閃は一人の命を奪うに容易く…桂の体は糸の切れた人形のように崩れ落ちる


初めて目の当たりにする命の灯が消える瞬間に誰もが言葉を失い、立ち尽くしていた

 

 

 

桂「………?」

高杉「なっ……!」

防ぐことも避けることも出来ぬはずの一閃

それを受け止めたのは桂の身体でもなく…まして桂の刀でもない

美琴「……え?」

彼女が見た光景は桂と高杉の間に割って入る一人の侍の姿

己の血に髪を濡らしつつ…それでも刀を握り締め仲間を護る

---銀髪の侍だった

 

 

銀時「ウオオァァァァ!!」

 

 

スバッ!

高杉「ぐっ…て、テメー……!」

銀時「はぁ…はぁ…!」

美琴「あ、アンタ………!」

銀時「よぉ…テメーら、ワリーな…ちっとばっか昼寝しすぎちまったらしい……」

佐天「ぎ…銀さん……」

初春「せ……せ………」

黒子「先生!!」

桂「銀時!」

高杉「テメー…どういうわけだ……!」

銀時「思い出は…大切にするモンだなオイ」

桂「その本は……!」

銀時「この刀引っ張り出してきた時…一緒に持ち出しといてな」

佐天「古い…教科書……?」

初春「それで…刀から護られてたってことですか……?」

高杉「いや…そいつがあったにしてもテメーは死んでなきゃならねェはずだ…!」

高杉「あれだけ深く斬り込んで…何故テメーは生きていられる……!」

銀時「………」

高杉「そうか…消しても消えねー生命力……そいつもテメーの強さだったな……」
 

銀時「……何も分かっちゃいねーな、テメーは」

高杉「何……?」

銀時「さっきテメーは俺の強さは身体能力だの何だのとぬかしてやがったが……」

銀時「そんなもんじゃねーんだよ…俺がこうして足ってられんのは…こうして刀を握れんのは…」

高杉「…………」

銀時「コイツらが俺との約束を護って…『生きて』ここまできたってのに……」

銀時「ここで俺だけがくたばれば…てめーの魂も、こいつらとの約束も…」

銀時「どっちもへし折れちまうんだよ…だから、俺ァ立たなきゃならねェ……」

銀時「死んじまうような傷だろうが…俺ァ刀振るって戦わなきゃならねーんだよ!!」

高杉「フン……どうにも、テメーは底抜けの馬鹿らしいな」

銀時「テメーも人のこたァ言えねーだろうが……」

高杉「俺ァただ壊すだけだ…この腐った世界を…テメーのくだらねェ約束とやらも…」

銀時「下がれテメーら…コイツだけは……俺がサシでやらなきゃならねェ」

美琴「そ…そんな身体でまだアンタそんなことを……」

銀時「馬鹿と思ってくれて構わねェ、だが…アイツだけは俺が止めなきゃならねーんだ」

黒子「………!」

月詠「無駄じゃ…わっちらがいくら止めたところで聞く耳など持つはずもない」

佐天「つ、月詠さん!」

神楽「銀ちゃんが話して分かるような人間なら普段私たちは苦労はしてないアル」

初春「神楽さん!」

新八「何てったって…宇宙一馬鹿な侍で…宇宙一馬鹿な僕たちの家族ですからね!」

銀時「テメーら……!」

神楽「あんなのちゃっちゃとぶっ飛ばして来いヨ、そんでさっさと帰ってる来るアル」

新八「僕たち…三人いないと万事屋にならないんですからね!」

銀時「………」

銀時「……ったく、近頃のガキは人使いが荒くてしょうがねーな…!」

高杉「辞世の句はもういいのか?銀時よ」

銀時「辞世の句?馬鹿っちゃいけねーよ…帰ってくるって約束をしちまったんでなァ」ダッ!

高杉「!」

 

 

キィン!

高杉「ちっ……!」

銀時「どうした高杉…剣が遅くなってるじゃねーか…!」

高杉「そいつァテメーの勘違いだ…死にかけて幻覚でも見えてんじゃねーのか?」

キィン!

高杉(どうやってやがる…あの馬鹿は死にかけのはずだ…なのに)

銀時「ルオアアアァァァ!!」

キィン!

高杉(ヤロー剣が明らかに重く…そして鋭くなってやがる……!)

ズバッ!

高杉「ぐっ…図に乗るんじゃねェェェ!」

ズバッ!

銀時「っ……ウオオォォォォォ!」

高杉「クク…なるほど、テメーは人間じゃねーらしいな」

銀時「あぁ?」

高杉「今のテメーは昔と同じ速さに戻ってやがる…いや、あの時より上かもしれねェ」

高杉「血塗れになって真の力に目覚めるたァ…テメーはまさしく『白夜叉』よ」

銀時「はっ…ワリーが褒められてる気がしねーな」

高杉「……これ以上ちまちま斬り合いしてても仕方ねェ…次で決めるとしようじゃねーか」

銀時「……上等だ」

美琴「す、凄い…これが…これが侍の戦い……!」

黒子「そして…どこまでも優しいんですのね、あの殿方は」

佐天「優しい……?」

黒子「あれだけの斬り合い…命を懸けた闘いをしているにも関わらず……」

黒子「あの殿方は…先生は身を挺してまで自分の友を救おうとしてますの」

初春「す、救おうとしてるって…ど、どういう意味ですか?」

黒子「あの殿方は闘いの直前…倒すとも…殺すとも言いませんでしたわね」

黒子「『アイツだけは俺が止める』…そう言ってましたの」

黒子「目の前の物を護り続けたあの殿方は…道を違った友ですら護るつもりですのね」

桂「銀時……!」

高杉「銀時…俺はお前が気に食わねえ、お前は何故この腐った世界を生きられる?」

高杉「俺たちからあの人を奪った世界を…何故のうのうと享受して生きられる?」

銀時「…………」

高杉「本来なら…テメーが誰よりもこの世界を憎まなきゃならねーはずだ」

高杉「それを…何もなかったみてーに平然としてるテメーが…俺ァ何より気に食わねぇ!」

銀時「高杉…俺ァテメーが思ってるほど大人しい人間じゃねーよ」

高杉「何……?」

銀時「この世界がどうなろうが知ったこっちゃねェと思ってた時も確かにあった…」

銀時「てめーが生きてる世界が嫌で嫌で仕方なくなっちまった時もなくはねェ」

銀時「だがな高杉よ…」

銀時「俺たちが生きるこの世界…こいつを与えてくれたのは他でもねェ…松陽先生だ」

高杉「………」

銀時「あの人が残してくれた世界を壊すなんざ…俺には出来ねーよ」

高杉「フン…なるほどな、あの人を奪ったこの腐った世界を壊そうとする俺……」

高杉「あの人が与えてくれたこの世界を護ろうとするテメーか……」

高杉「おかしな話だな銀時よ、どうやら俺とテメーは同じモンを背負ってる…なのに」

銀時「同じ道を行くどころか…刃を向けあって命のやり取りをしてるってんだからな」

高杉「クク…どっちが正しいかなんざ今さら問答をする気はねーぞ」

銀時「てめーと逆の姿を映す鏡と問答したって正解が帰ってくるわけがねーからな」

高杉「……喋るのはここまでだ、銀時」

銀時「……ああ、終いにするとしようや」

同じ師を仰ぎ、失う悲しみを知り、そして同じ決意の元で天人と戦った二人の男たち

その後、一人は師を奪った憎き世界を『壊す』ために修羅が道を進み

一人は己の大切な物を『護る』ために己の信念が示す道を進んだ

一人は悲しくも攻撃的な光を放つ才で、攘夷を志す多くの者を魅了し

一人は刀の如き鈍い銀色の光を放つ魂で、多くの者と絆を紡ぎ上げた

そして今…相反する道を歩み続けた二人の侍の戦いに終止符が撃たれることとなる


銀時「高杉ィィィィィ!!」

高杉「銀時ィィィィィ!!」

 

 

ガキィンッ!!

 

 

銀時「………」

高杉「………」

高杉「………フン」

ブシュッ!

高杉「チッ………」バタッ

銀時「はぁ…はぁ…!」

高杉「最後の最後まで急所を狙わねーのかテメーは…甘過ぎて反吐が出るぜ…」

銀時「こちとら糖尿ギリギリなんだよ…甘いのは当然だろうが」

銀時「それに…先生が与えてくれた世界ん中にゃ…テメーも含まれてんだよ、高杉」

高杉「……単純だなテメーは、目の前にある一本道しか見えねーのか」

高杉「だが…そういう馬鹿は嫌いじゃねーよ……俺も同じ穴のムジナだからな」

美琴「か、勝った…アイツが…先生が勝った!」

神楽「ぎ、銀ちゃん…銀ちゃん!!」

新八「良かった…本当に…良がっだ……」グスッ

月詠「大した男じゃ…わっちなど遠く及ばぬほどに…気高く強い魂を持った男じゃ……」

佐天「ち、力が抜けちゃって…あはは、立ってられないや」

黒子「…………」グスッ

初春「白井さん、泣いてるんですか?」

黒子「泣いてませんの」

初春「いや絶対泣いてますって」

黒子「……泣いてませんの」

桂「肩を貸すぞ、銀時」

銀時「ああ、ワリーな……」

桂「高杉…お前もだ…」

高杉「……ヅラ、俺に肩を貸すなんざどういう風の吹き回しだ?」

桂「ヅラじゃない桂だ…刀の折れた今の貴様は過激思想の攘夷浪士でも何でもない」

桂「ただ、共に同じ師から教えを受けた無二の仲間だ…仲間に肩を貸して何が悪い」

高杉「…………」

銀時「あれこれ余計なことは考えるんじゃねーよ…今だけはな」

高杉「…………」

高杉「銀時…桂…俺ァ……」

 

 

ドンッ

高杉「っ!」

高杉「ぐっ………!」ドクドク

銀時「……は?」

桂「高……杉……?」

美琴「な、何よ…今の銃声……!」

春雨兵「一部始終を見ていたが…高杉晋助、牙が折れたのならお前はもう用済みだ」

桂「天人…貴様、春雨か!」

春雨兵「地球に侵入する手引きさえ済めば後は俺たちだけで充分だ」

高杉「……俺も落ちたもんだな」

高杉「俺がテメーら春雨を利用したのと同じように…テメーらも俺を利用してるとは気付いてた」

高杉「いつ狙われてもいいよう警戒はしてたが…フン、最後の最後で気を抜いちまったか」

桂「闘いはまだ終わっていない…ターミナル内にはコイツらがまだ残っていたか!」

春雨兵「全員、大人しく降伏し……」

 

 

バチバチッ!

春雨兵「あぐっ!?」

美琴「せっかく誰も傷つかないで終わるところだったのに…水を差してんじゃないわよ!」

黒子「お姉さま!」

美琴「こっからは私たちがやるわよ…黒子!」

黒子「了解ですの!」

神楽「ツッキーに新八ィ!私たちは何が何でも銀ちゃんたちを護るアル!」

新八「大丈夫!どんなことがあっても指一本触れさせない!」

月詠「ここからが本当の決戦じゃな…」

神楽「あ…今さら思い出したネ!何かコイツらまとめてる元老って奴らが来てるらしいアル!」

新八「元老?元老ってことはつまり……」

美琴「敵の頭…じゃあそいつらを倒せば……!」

黒子「敵は統率を失った烏合の衆になる……そういうことですのね!」

神楽「ウン、多分」

新八「いや何で自信なさげなの!?そこは自信を持って言い切ろうよ!」

神楽「馬鹿兄貴から聞いた話アル、アイツ適当すぎてぶっちゃけ信用ならないネ」

初春「それ本当だと思います!私、牢屋に入れられてる時にそれらしい人を見ました!」

佐天「牢屋ってことは…地下の方にいるってこと!?」

初春「地下にあった宇宙船…多分そこにいるんじゃないかと……」

初春「…すいません、やっぱり私も自信ないです」

佐天「うー…せっかく屋上まで来たのにまた戻らなきゃいけないなんて…」

銀時「何にしてもここまで来たら行くしかねェ、やるぜ…テメーらァ!」

 

 

高杉「無理だな」

 

 

桂「高杉……?」

高杉「春雨とテメーらじゃまず兵力が違いすぎる、どうやっても勝ちの目はねェ」

桂「…………!」

高杉「……銀時、テメーは春雨の十一艦隊とやり合ったらしいな?」

高杉「何やら、かぶき町全体を巻き込んだ総力戦になったらしいじゃねーか」

銀時「それが何だってんだ…?」

高杉「今ターミナルに侵入してる先鋒の春雨は……艦隊で数えて五部隊はいる」

銀時「!」

高杉「つまり…お前さんたちが必死になってようやく退けた時の五倍の兵力だ」

高杉「気合いや精神論で何とかなる状態じゃねェ…馬鹿のテメーでも分かるはずだ」

高杉「あの電気使いのガキ共を戦力に加味しても…ひっくり返すことなんざ出来やしねェ」

銀時「…………」

高杉「クク…まさか最後を俺たちが攘夷で戦った天人に全部持ってかれちまうとはな」

高杉「こんな形で世界をぶっ壊されるたァ…笑えねェな」

桂「高杉……!」

銀時「馬鹿言ってんじゃねーよ……刀を取りな、高杉…ヅラ!」

桂「銀時……?」

銀時「与えられた賽に勝ちの目がねーんなら…賽を割ってでも作り出すまでよ」

高杉「勝ちの目を作り出す?そんな体で何が出来るよ」

銀時「さあな、とりあえず俺ァ死ぬつもりはねーが……仲間死なせるつもりもねーよ」

桂「……フン、貴様らしいな」

高杉「…………」

春雨兵G「確かに…元老を殺れば俺たちは統制が効かなくなり分裂するかもしれねェ」

春雨兵G「だが…お前らは元老の所へ行くことさえ出来ねェさ」

桂「……どういう意味だ?」

春雨兵G「もう元老からはターミナルの外へ侵攻するように指令も出てる」

桂「なっ……!」

春雨兵G「ターミナルの外へ俺たち春雨が流れ出たらどうなるか…」

月詠「江戸が落ちるまでそう時間は掛からんじゃろうな……」

桂「ターミナル内から春雨を一人たりとて外へ出すわけにはいかん…!」

春雨兵G「ターミナル内の春雨兵を倒し…外へ侵攻しようとする春雨兵を全員止め…」

春雨兵G「その上で元老を倒す…やれるんならやってみるがいいぜ」

桂「マズいぞ銀時…このままでは春雨が江戸に放たれる!」

高杉「クク…仮にそうなりゃ確実に街は火に包まれ…数え切れねェ死人が出るだろうな」

高杉「銀時、これでもテメーは本気で何とかなると思ってんのか?」

銀時「…………」

銀時「……この街はそこまでヤワじゃねーよ」

高杉「何……?」

銀時「どうも…馬鹿なのは俺たちだけじゃなかったらしいぜ」

桂「………?」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。