上条「はぁ…」 > 3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

五和「出来ましたよ~」


禁書「待ってたんだよ、さっさと食べるんだよ」


上条「あぁ、分かった。皆そろそろ退いてくれないか?」


シェリー「分かったわ(あぁ……あっという間だったな……)」


上条「(後で!?)ほら王女様も退いて下さい」


キャーリサ「……」ツーン

上条「あ、あれ?王女様?そろそろ退いて欲しいんですが……」


キャーリサ「……」ツーン


上条「あ、あれ?王女様?」

キャーリサ「名前で呼ぶし」


上条「え?いやいや王女様を名前で呼ぶなんて出来ませんよ!? (クーデターの時は調子に乗ってテメェとか言っちゃってましたけど、もう無理ですよ!? 上条さんも常識は弁えてますよ)」


キャーリサ「だから、名前で呼ぶし」


上条「あ、あのぉ~」


キャーリサ「……」


上条「ですから……」


キャーリサ「……」


上条「ですから……ね?」


キャーリサ「……」

上条「キャーリサ様」


キャーリサ「さ、様は要らないし」





上条「……、キャーリサ」

キャーリサ「や、やればできるし///後これから王女様なんて呼んだら覚悟しろよ///」ナデナデ


上条「は、はい、それはもう、これから友達感覚のように気楽に呼びますので!?てか恥ずかしいから頭撫で無いで下さいよ!」


神裂「(キャーリサ様も積極的ですね…)」


上条「じゃあフロリスと番外個体も退いてくれ」


フロリス「分かった~」


番外個体「は~い」


禁書「とうま、早くするんだよ!」


上条「あいよ、空いてる場所は…っと」

上条「じゃあ、いただきまぁ~す」


皆「いただきまぁ~す!!」


キャーリサ「(隣に当麻か……肩が今にもくっつきそうだし///)」


五和「(やりました! となりに上条さんが来ました!)は、はい、上条さんおしぼりです」

上条「おぉ、わざわざありがとな」


五和「いえいえ、それほどでも///」


上条「それにしても量がすごいなぁ~、これ3人で作ったのか?」


番外個体「そうだよ。まぁもっとも、殆どは火織と五和が作ったんだけどね」


上条「そうかそうか、でもお前も手伝ったんだろ? 3人ともありがとな」


神裂「いえ、居候の身ですから当り前ですよ」


上条「(その言葉をどっかの誰かさんにも言ってもらいたいよ)」チラ


禁書「」ハグハグハグハグ

上条「はぁ……、お?これは……」


五和「」ビク


上条「おぉ、このサンドウィッチはフランスで食べたのと同じだ。五和、お前が作ったのか?」


五和「(お、覚えてましたか///)はい、でも覚えてるとは思いませんでした」


フロリス「(それを覚えてる五和も五和だけどね)」


上条「まぁ、あんな出会い方は普通は体験しないからなぁ」

シェリー「どんな出会い方だったんだ?」


上条「あぁ土御門…友達に飛行機から落とされて、川で溺れかけたのを助けられたんだよ」


神裂「(土御門! あいつは!!)」


シェリー「それはそれは……」


キャーリサ「普通は体験しない出会い方だし」


フロリス「まぁそんなこと言ったら、ここに居る全員あり得ないで会い方だよね」


上条「まぁな、でも結局普通じゃ無い方が良かったって思うなぁ~」


神裂「それは何でです?」


上条「だって遠くに居ても忘れられないだろ? あぁ……あいつ元気かなぁとか、ふと考えますよ?」


皆「///」

上条「じゃあ俺はこのサンドウィッチを貰うかな」


禁書「とうま、今度からこのぐらいご飯作って欲しいんだよ!」


上条「って、はぁ!? もう半分無くなってるし! お前の胃袋は底なしか!」


禁書「な!? 女の子に向かって失礼なんだよとうま! それに私は成長期なんだから直ぐに大きくなるんだよ!」


上条「成長したって中身も育ってなきゃいけません!」


禁書「それは後からついて来るんだよ」


上条「(どうだかな……)」


五和「大丈夫ですよ、まだおかわりはありますから」

禁書「だってよとうま、良かったね」

上条「へいへい」パクッ

五和「……」ドキドキ

上条「はぁ~、やっぱ五和の料理は旨いなぁ~。これから毎日作って欲しいよ」
 

五和「が、頑張ります///」


神裂「(くっ、プロポーズとも受け取れる台詞を臆せず言って行きますね……)」


キャーリサ「(これは一発一発が致命傷だし)」


フロリス「(私も言われてみたいなぁ~///)」


番外個体「(ミサカもいつかは当麻にそんなこと言われてみたい///)」


シェリー「(改めて彼の能力を思い知ったよ。これは強敵だね……)」

上条「あ、キャーリサ。そっちにある春巻取ってくれるか?」


皆「!?」


キャーリサ「……」


上条「(ヤバッ!普通に頼んじゃったよ!? 何やってんですか俺!)すみません、ごめんなさい、自分で取ります」

キャーリサ「そ、そうじゃないし!これか?」


上条「え?あ、はい。それです(良かった~磔は免れましたよ?」


キャーリサ「ほら」


上条「あ、じゃあこの皿に置いて…」

キャーリサ「口あけるし///」


皆「!!」


上条「あの……?」


キャーリサ「早くするし///これ案外恥ずかしいんだから///」


上条「(こ、これは俗に言うカップルと言う勝ち組のツーマンセルが行う恒例行事ですか!?)」

キャーリサ「(受け取らないし……そうだよ……ね……身分が違いすぎるし……彼も……普通は気にするし……)」


五和「ほら、キャーリサ様落ち込んでるじゃないですか!!」コソコソ


上条「わ、分かりましたよ!? (五和がいつに無く怒ってらっしゃいますよ!? )」

上条「キャ、キャーリサ」


キャーリサ「何だし……」


上条「あ、あーん」


キャーリサ「無理しなくていいし」シュン


フロリス「(何なんですか!? このキャーリサ様の恋する乙女状態は! 見ててギャップがヤバいんですけど!)」

上条「無理なんかしてねぇよ。ただ、いきなりでビックリしただけだから」


キャーリサ「ホント?」パァーッ


上条「あぁ、本当だ」


キャーリサ「じゃ、じゃあ……アーン」


上条「あーん」パク


キャーリサ「どう?」


上条「あぁ、美味しいよ。ありがとう、キャーリサ」


キャーリサ「ど、どういたしましてだし……///」


上条「(ふと思いましたけど、これって一大事じゃないでせうか?)」


キャーリサ「///」


神裂「(キャーリサ様の意外な一面が見れましたね…戦闘の時のキャーリサ様と大違いです)」

五和「じゃ、じゃあ私も!」


上条「え!?」


五和「……」


上条「あ、あーん」


五和「はい、アーン」


上条「」パク


五和「(こ、これは癖になりますね///)」

フロリス「じゃあ私も!」


番外個体「ミサカも!」


シェリー「私もやらして貰おうか」


神裂「(なっ!?)じゃ、じゃあ私も!」


上条「いや、ちょっと?あのですね?本来こういうのは好きな人とやるべきで、俺なんかとする事ではありませんよ?」


皆「」ジーッ








上条「はい、一人ずつでお願いします」

 

 

 

 

 

上条「も、もう食べれねぇ……」


禁書「ふ~、もう食べられないんだよ」


五和「じゃあ、そろそろお風呂の準備しますね」


皆「!!」


上条「そんな時間かぁ~、分かった。俺が準備するよ」


五和「いや、私が……」


上条「いいよ、飯作ってくれたし。このぐらい俺がやるよ」


五和「でも……」


上条「いいから、五和はテレビでも見てて」


五和「じゃ、じゃあお言葉に甘えて……」

 

 

――――― 上条宅 リビング

神裂「こ、これは……///」


番外個体「ミ、ミサカは何か緊張してきました///」


キャーリサ「///」


シェリー「///」


フロリス「で、どうするの?」

五和「どうする……とは?」


フロリス「順番よ、順番」


神裂「順番が違っても何も変わらないでしょう?」


フロリス「分かって無いね~」


神裂「な、何がです?」

フロリス「まず、そうだねぇ~、例えばオルソラさんの風呂上がりを見た後、インデックスちゃんの風呂上がりを見たらどう思います?」


神裂「そ、それは、オルソラさんはやっぱり凄いなぁ~って……」


皆「!!」


フロリス「そう、嫌でも比べられてしますのです!」


皆「!!」

五和「つまり、スタイルが……な順に入らないといけない訳ですね」


フロリス「そう、その通り!」


神裂「分かりました、それでは一番風呂はインデックスに任せましょう」


禁書「え?なに?どういうこと?」


五和「い、いえ何でもありません(即断でしたね……)」


シェリー「ここは正念場だね」


キャーリサ「ここは自己申告制で行くし。誤魔化しても自分が大変なことになるだけだからね」

禁書「じゃあ、一番風呂貰うんだよ」


上条「あ!?」


神裂「どうしました?」


上条「い、いえ何でも? (このメンバーが風呂に入る訳……だろ? そろそろ上条さんの理性も吹き飛びますよ? だって全員インデックスと比較になりませんからね!?)」


上条「(そ、そうだ! 上条さんに名案が浮かびましたよ!?)あ、あぁ、分かりましたよ。じゃあ俺はちょっと出かけて来きます。その間に皆風呂入ってて」


皆「!!」

キャーリサ「(お、思わぬ展開だし)」


シェリー「どうしたんだ?何かあった?」


上条「い、いえいえ?何もありませんよ? (正直に、皆の風呂上がりを見たら理性が吹き飛ぶから出かけます、なんて言えませんよ?)」


五和「じゃ、じゃあ私が代わりに行きます」


神裂「(ナイスです!!)」


上条「いや、そんな大したことじゃ無いから大丈夫ですよ? じ、じゃあちょっと行ってきます!?」

バタン


皆「……」


フロリス「行っちゃったね」


番外個体「ミサカはちょっと安心します」


神裂「全く……」


シェリー「強敵……だな」

 

 

―――――― コンビニ

上条「ふぅなんとか切り抜けましたよ?」


店員「いらっしゃませぇ~」


上条「おぉ……これは旨そうなメロンパン、こっちはカレーパンかぁ……」


上条「ん~、皆に何か買っていくか……」


上条「でもなぁ……キャーリサの口を満足させる物なんてなぁ……適当に駄菓子でも買っていくかなぁ……」

店員「合計で120円になります」


上条「はい」


ガサゴソ


上条「あ、あれ?」

上条「ちょっと待って下さい (財布が……無い!? 落としたか!? どこで? やっぱり不幸なのは変わってませんでしたね!? お金を貰ってもすぐ財布を落とすこのクオリティー! )」

ガサゴソ


店員「あ、あの~」


チョンチョン


上条「はい?」


結標「落し物、貴方のでしょう?」

店員「ありがとうございました~」


上条「いやぁ~助かったよ、ありがとう結標。でもどうしてここが分かったんだ?」


結標「土御門に家を聞いたのよ。で、家の前に来たら貴方が出て来るのを見たから追いかけただけよ(ただチャイムを鳴らす勇気が無かったのは内緒だけどね)」


上条「いや~、財布が無いと気付いた時は焦りましたよ。例の不幸確変が起きたかと……」


結標「えぇ、傍から見てて面白かったわ」


上条「そりゃどうも。直ぐに渡してくれれば良かったのに」

上条「面白いって、いくら不幸な上条さんでも見世物な訳ではございませんよ?」


結標「ふふふ。じゃあ私はこれで」


上条「あ、ちょっと」

ガシッ

結標「な、何?///(わ、私の手握ってる///)」


上条「財布を届けてくれたんだし、何か奢るよ」


結標「え、いいわよそんな」


上条「遠慮はいいですよ?いつもなら財布が無くなってる所ですからね。ここは感謝して奢っても罰は当たりませんよ」


結標「いや、そんなの悪いわ」

グーッ

上条「……」


結標「あ……(夕方から何も食べて無いんだった)」


上条「ははは」


結標「わ、笑わないでよ///」

 

 

―――――― ファミレス


結標「じゃあ、このサラダセットで」


上条「そんなんで足りるのか?」


結標「(気になる人の前で食べれる訳無いじゃない!それに服が服だし……)女の子はこんなものです」


上条「そんなもんかぁ……(家の居候とは大違いだな)」

結標「そう言えば、上条の学校って何やるの?」


上条「へ?何って何でしょうか?」


結標「何って、文化祭よ」


上条「え……文化祭?」


結標「もう、そろそろよ?」


上条「何も学校で話してないんですけど」


結標「それは……まずいわよ?後2週間有るか無いかだけど、大丈夫?」


上条「マジですか……」


結標「まぁ頑張ることね」


上条「はぁ……」


結標「楽しみにしてるわ」

上条「そう言えば結標のとこは何やるんだ?」

結標「球遊びよ」


上条「球遊び?」


結標「えぇ、日本一高い山からのフライを捕れるかって出し物よ」


上条「へ?」


結標「用は、私の能力で約3000メートル上空まで野球ボールを上げるから、落下してくるそれを捕れるかって出し物」


上条「硬式?」


結標「えぇ、当り前じゃない」


上条「それは……死人が出そうですね」


結標「さぁ?そこは何とかなるんじゃない?上条もやる?」


上条「全力で遠慮しますよ!? 上条さんの不幸スキルなら確実に死ねますからね!」

上条「あ、ドレッシング付いてるぞ」


結標「え?どこ?(え?は、恥ずかしい///早く取らなきゃ///)」カァー


上条「右の方に」


結標「こっち?」フキフキ


上条「結標から見て右(すいか割みたいだ……)」


結標「こ、ここ?」フキフキ


上条「もう少し下かな?」


結標「ど、どう?」フキフキ


上条「気持ち上」


結標「どう?取れた?」フキフキ


上条「ここだよ」フキフキ


結標「///」


上条「あ、す、すまん!!(無意識にやってしまいましたよ!? 上条さんは紳士ですから、無意識を意識することなんて余裕だったはずなのに!? って俺は何を考えてるんだ!)」


結標「別に……いいよ///」


上条「……」


結標「……」

結標「こんなことしてていいの?」


上条「こんなことって?」


結標「こうやってることよ」


上条「上条さんは楽しんでますよ?」


結標「な!?///」


上条「最近、全然会えなかった人と会えるんですよ」


結標「……」


上条「上条さんはこんな幸せだと後が怖いですよ、今までの不幸が嘘のようですからね!」


結標「じゃ、じゃあ、今も?」


上条「勿論ですよ? 財布も帰って来たし」


結標「(なんだ……)」


上条「それに」


結標「……」


上条「久しぶりに結標に会えたしなぁ」


結標「な///」

上条「じゃあ、時間も遅いしそろそろかな」


結標「わ、私は能力があるから何時でも///」ゴニョゴニョ


上条「何か言ったか?」


結標「な、何でも無いわよ」


上条「あぁ、それじゃあな」


結標「それじゃ(上条当麻か……)」シュッ





上条「行ったか……。それにしても結標とあんな喋るのは初めてか……思ったより話しやすかったなぁ」


上条「そろそろ皆風呂上がったかな……冷たい飲み物でも買ってくか」

 

 

―――――― 上条宅

上条「ただいまぁ~」


神裂「お帰りなさい」


五和「どこ行ってたんですか?」


上条「あ、あぁ、風呂上がりは喉乾くだろ?飲み物買ってきたよ(寝間着姿…… 沈まるんですよマイボディー!?紳士な上条さんの本領はこっから発揮ですよ!?)」

ドサッ

上条「み、皆風呂入ったか?」


シェリー「勿論だ……当麻も早く入ってくればいいよ」


上条「あぁ分かった……ってフロリスと番外個体は……」


キャーリサ「二人は寝てるし」


五和「流石に疲れたんですね」


神裂「えぇ、何せ全力でここまで来ましたからね」


キャーリサ「(まぁ、アレイスターのお陰なんだけどね。その分代償も大きいけど)」


上条「(良く寝てるなぁ……それにしても寝顔可愛い……って何を考えてるんだ俺は!)じゃ、じゃあ風呂入って来るよ」

 

 

 

―――――― 風呂


上条「ふぅ~、いい湯だなぁ~」


上条「それにしても、何だかここ最近は普通の高校生ライフを満喫してますよ?」


上条「まさか、死ぬ間際の幸せだったりして。ハハハハ」


上条「……」


上条「い、いやいや、これが普通なんですよ、今までが不幸すぎただけです!」


上条「父さんの気まぐれ一つでこうも変わるとは……」


上条「はぁ……、この毎日が普通の高校生活かぁ……楽しすぎて涙が出ますよ……」

上条「あ~、サッパリした~」


フロリス「当麻遅いよぉ~」


上条「お? 起きたのか?」


番外個体「さっき起きたよ」


フロリス「だって夜と言ったらやる事いっぱいあるじゃない」


上条「(よ、夜にやる事!?) いやいや駄目ですよ!?そんな事は……」


フロリス「何言ってるの? これだよ!」


上条「それは……トランプ?」


神裂「すみません、どうしてもやりたいって言うもんですから」


フロリス「火織だって楽しみにしてるくせに」


神裂「な!? そんな事は! 無い……とは言いませんが……」

キャーリサ「へ~、トランプ……私もやるし」


シェリー「面白そうだな……私も入れてもらうよ」


上条「残念ながら上条さんは空気を読まずパスを宣言しますよ」


番外個体「ミサカは何でか尋ねるよ?」


上条「明日は学校なんです。早く寝ないとまた小萌先生に怒られますからね……」


フロリス「逃げるんだ」ボソ

 

 

ピクピク


上条「何か言いましたか? フロリスさん?」


フロリス「別に~、負けるのが怖くて逃げるんだなんて言って無いよ~」


上条「一言増えてますよね!? ふっふっふ、その言葉は宣戦布告と受け取りましたよ!? 学園都市のトランパーと呼ばれた上条さんの実力を見せてあげませう!!」


フロリス「じゃあ当麻も参加決定ね」


神裂「では、何からやりますか?(た、単純ですね)」




禁書「Zzz~、もう食べられないんだよ~」

 

 

―――――― ダウト

上条「10!!」


フロリス「それ、ダウト」


上条「なっ!? ほ、本当にいいの? 今ならキャンセルが効きますよ?」


フロリス「ダウト! いいから捲って!」ペラッ

3

上条「ぬっぁ~!? あっと言う間に手札が山札レベルになりましたよ!?」


キャーリサ「私だね、1、これで上がりだし」


上条「(こ、ここはなりふり構ってられませんよ!?)ダウト!! それダウト!」ペラッ

1

フロリス「うわぁ~、ダウトの禁じ手使って負けるんだぁ~」


上条「う、うるさいでザマス! 次こそは負けませんよ!!」

 

 

――――――― 七並べ

上条「(なっ!? 絵札とAしかありませんよ!? これは……)」


神裂「じゃあ、ダイアの7からですね」


五和「私です、ハートの6」


シェリー「ハートの5」


番外個体「クローバーの6」


フロリス「じゃあクローバ―の5」


神裂「ではダイヤの6」


キャーリサ「ダイヤの8だし」


上条「……、パス」

五和「ダイヤの5」


シェリー「スペードの8」


番外個体「スペードの9」


フロリス「ダイヤの4」


神裂「クローバーの8」


キャーリサ「クローバーの9」


上条「……、パス」

皆「……」


上条「……、な、何でせうか? 続けましょう?」ダラダラ


五和「パスです(顔に出てますよ)」


シェリー「パスだな(顔で言ってるだろ)」


番外個体「ミサカはパスだよ(電磁波を使う意味無いね)」


上条「!?」


フロリス「う~ん……(どうしようかなぁ~)」チラ


上条「(こ、ここは気を送るんです!? 祈れば通じるはず!!)」ジーッ


フロリス「パース♪(当麻に見られてる///でもバレバレだよ///)」


神裂「パス……ですね(すみません、ここは空気を読みます。それにしても分かりやすすぎです……)」


キャーリサ「パスだし(バレバレだし……)」


上条「後悔しないのか?(何が何でも!!)」キリッ


上条「い、今なら1ターン巻き戻せる権利を与えませう!!」


皆「……」


上条「……」


番外個体「ほら、当麻の番だよ?」ニヤニヤ




上条「……、パス……です」

 

 

チュンチュン

上条「も、もう朝か……」グッタリ


フロリス「当麻って本当に運無いんだね~」


五和「何回切っても最初にババがある時は驚きました」


番外個体「で、誰も引かないんだよね」


神裂「えぇ、顔に出て無くても引かれませんでしたからね」


キャーリサ「これは逆に誇れる事……だし?」


シェリー「これは残念としか言えないな……ご愁傷様だね」


上条「も、もう6時……学校の準備しなきゃ……」


フロリス「だから、3時ぐらいで止めようって言ったのに」


神裂「ま、まぁ気持ちは分からないでもありませんが」


キャーリサ「ビリ意外になって無かったし」


番外個体「で、何回ぐらい負けたんだっけ?」


上条「50敗目から数えてませんよ……」

五和「じゃあ私は朝食の準備しますね」


神裂「手伝います」


番外個体「ミサカも~」


フロリス「私も手伝うよ~」

 

トントントン、ソレトッテー

コレー?ソウソウソレ

上条「てか……何で皆はそんな元気なんだよ……」


キャーリサ「ほら、少し眠るし」


上条「一回寝たら起きない自信がありますよ……」


シェリー「大丈夫だ……私達が責任もって起こすから」


上条「そうか……? じゃあ一時間だけ……」ストン


キャーリサ「なっ!?(こ、これは膝枕状態だし!?///)」


シェリー「シーッ」


キャーリサ「」コクン


上条「Zzz」


シェリー「良く寝てるな……いい寝顔だね」


キャーリサ「」コクン


上条「Zzz」


シェリー「(ちょ、ちょっとぐらいいいよな……いいよね?///)」サスサス


キャーリサ「(頭撫でてるし……、私も……///)」サスサス


シェリー「///」サスサス


キャーリサ「///」サスサス

 

 

 

一時間後


五和「ご飯出来ましたよ~」


キャーリサ「(はぁ……良かったし///)ほら、起きるし」ユサユサ


シェリー「(もう終わりか……残念だよ//)当麻」ユサユサ


上条「Zzz」


キャーリサ「(このまま居たいし///)」


シェリー「(癒される///)」

 

モゾモゾ

禁書「ん~、良く寝たんだよ……って(とうまが王女にひ、ひ、膝枕されてるんだよっ!)」


禁書「とうまの破廉恥!!」ガブッ


上条「痛っ!? 朝から噛みつき!?」

禁書「ほらっ! とうま! 朝だよ!」

上条「は、はい!! 待って下さい今朝ごはんを!?」

神裂「何を寝ぼけてるんですか……」


上条「??」


神裂「はい、朝ごはんです」


フロリス「お待たせしましたぁ~。それとこれは緑茶ね、これで目が覚めるよ」


上条「(そうか……皆居るんだったな)ありがとう」ゴクゴク

禁書「ほら、早く食べるんだよ」


上条「あぁ、分かったよ。五和達もありがとな」


五和「///」


神裂「それより、早く席に着きましょう。インデックスがお待ちかねです」


フロリス「はぁい」


番外個体「分かったよ~」


禁書「それじゃあ、いただきまぁ~すなんだよ!」


皆「いただきます!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。