番外・裏お茶会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……という事で
"EpisodeX・proof of the golden witch"
は、これにて終了!私とベアトの共同傑作。ねぇベルン!どう?どうだった?」

「…余りの酷さに言う事すら無いわ。………破滅的ね」

「まあまあ、そう言うでないぞ?ベルンカステル卿。これは、ただのお遊び。小説でいうならば行間程度のものであるのだからな」

「そうよ!あんたが勝てなくて可哀相だったから、ちょっとしたお情けじゃない!」

「……そうね。これは本編には何の関係もない、所謂未来のifのカケラ……いえ、猫箱だものね」

「くくくっ…!口直し程度には、お楽しみ頂けましたかな?卿よ」

「…ええ。趣向が違っていたから、それなりには退屈しなかったわよ」

「またまたベルンは強がっちゃってさー!面白かったでしょ?難易度は超易!謎なんて存在しない、ただの答えの寄せ集めってくらいにしたんだけどね」

「そうね…まあ、上条当麻には解らなかったみたいだけど」

「そりゃそうよ!いくら簡単だからと言っても、ゲームに参加したこともない一介の人間には無理よ」

「この程度の謎、もう戦人なら簡単に解いてしまうであろうよ。くくくッ!」

「…でも、やっぱり科学の街・学園都市の能力者には、ファンタジーもミステリーも合わないわ」

「まあ…たしかにその通りよね。だから遊びはこれっきり。さっさと戦人を呼んできて次のゲームを行いましょ!」

「そうであるな。……しかし、その前に一つ。先程、ベルンカステル卿はこのゲームを"破滅的"だと仰っていたが、それは一体何がであろうかな?」

「…貴女、分かってて言ってるでしょ?………全部よ、全部。…探偵役が途中で死ぬ事、超能力が使える人間が登場する事…そして、探偵役が入れ替わる事」

「…超能力なんて使える人間が側にいたなら、犯人としてその人物を疑わざるを得ないでしょ?だから、このゲームは退屈なのよ。面白みがない事この上ないんだからぁ。そして、もう一つ。……私は上条当麻を探偵役にしていたなんて言っていない!あの中に探偵権限を持つ人間なんて居ないのよ」

「……」

「…魔女との戦いには、ノックスもヴァンダインも存在しないという事よ。垣根帝督の言葉を借りるならば"常識は通用しない"…とでも言ったものかであろうか?」

「うふふ。そうそう、魔女に常識なんて求める方が間違ってるわよね。…じゃあベルン!またあとでね。行きましょベアト」

「では、ベルンカステル卿。…また次のゲームにて、お会いしようぞ」

「……ええ。またね」

 

…やっと煩いのが消えてくれたわね。

そして、これを見ている貴方とは、"初めまして"になるのかしら?それとも"お久しぶり"?

こんな、ルールも法則もありやしない出鱈目なゲームに、自ら望んで参加しようだなんて物好きも良いところよ?

……でも、それでも推理をやめないというのなら、この私がまた少しだけ力を貸してあげる。
…ただの気まぐれ、意図なんて無いけれど。




…このゲームの難易度はあの子が言った通りの、激易。いつものゲームとは天と地ほどの差がある、本当の"お遊び"よ。

でも、貴方が魔女との推理合戦が初めてのニンゲンなら、少しは頭を悩ませるのかもしれないわね。


…だから、私が貴方に出来るアドバイスはただ一つだけ。

…あなたが何も無いと感じて、読み飛ばした一文、一言一句に重大なヒントがある。少しでも描写に違和感を感じたなら、それは答えに繋がるカケラに成り得る。

だから、一時足りとも、思考をやめないで。
考えることだけに、私は勝利を約束できる。僅かな事が、後の大きな伏線となる。

そして、"その時の心情"が誰のものであるのか、間違えないで。


…私が言えるのはそれだけ。
簡単な話でしょう?

………だから勝利なさい。
ここまでしてあげた私を、絶望させないで頂戴。
共に、あの子に絶対的な負けを認めさせてあげましょう?


…退屈は魔女を殺すの。
精々努力して、貴方は私を楽しませなさい。

この、ただ一つの偶然のカケラ。


それに捕われてしまった以上、抵抗を棄てなさい。
抗うことなんて出来ないのだから………ね?





くすくすくす………

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。