美琴「キングダムハーツ?」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒子「謎の飛行物体?」

黄泉川(電話)『ああ、お前らんとこの近くに墜落したらしいじゃん。ちょっと調べに行ってくれじゃん?』

佐天「ひょっとしたら、UFOとか!?」

初春「ゆ、UFO!?」

黒子「どーせコントロールを失ったラジコンとかですの」

黒子「ほら初春、早く行きますわよ」ガチャ

初春「ま、まってくださいよ白井さん! 佐天さん、留守番よろしくお願いしますね」

佐天「了解、いってらっしゃーい!」

 

 

―――路地裏

 

 

ソラ「痛たた……なんとか無事に着陸できたか」

ドナルド「ぜんっぜん無事じゃないよ!」グワッ

ソラ「だってしょうがないだろ?いきなりどこかから攻撃されたんだから!」

グーフィー「まあまあ二人とも、グミシップも壊れてないみたいだしよかったよぉ」

ドナルド「まったくもう……」

ソラ「でも、あれ一体なんだったんだろう」

グーフィー「ドナルドのサンダーを食らったときとちょっと似てた気がするなぁ」

ドナルド「……ぼ、僕じゃないよ!?」

 

 

アナタタチ、イッタイナンデスノ!?

 

 

 

グーフィー「あれ、今の声は……」

 

ドナルド「ひょっとしてここにもハートレスが!?」

ソラ「急ごう!」ダッ

――――――

初春「し、白井さん、なんですかこの黒いのは?」

黒子「私に聞かれても困りますわね……」

シャドウ「…………」ウジャウジャ

黒子「まずいですわ、完全に囲まれてしまいましたわ……」

シャドウ「………!!」グァッ

黒子「!? 初春!?」

初春「きゃあああー!!」

ガキィィィィンッ!!

初春「へっ……?」

グーフィー「よかったぁ、間に合ったみたいだねぇ」

ドナルド「ドナルドファイアー!」

ドゴーーーンッ!!

黒子「喋る……犬に、アヒル……?」

ソラ「ハートレスなら俺たちに任せて!」チャキンッ

黒子「こっちは人間……のようですわね」

 

 

ウケテミロ!ラストアルナカム!

 

 

グワグワグワー!

ソォイ!ソォイ!

初春「すごい、あんな大軍を相手に……」

黒子(たださっきから次から次へと……これではいたちごっこですわ)

ソラ「ちょ、ちょっとしつこすぎないー!?」ガキィン!

ドナルド「泣きごと言わないの!」

『みんな伏せて!!』

黒子「!? この声は!」

 

ズシャァァァァンッ!!

 

 

ソラ「サ、サンダー!?」

 

グーフィー「すごい威力だよぉ!」

黒子「……お姉さま!?」

美琴「話はあと! とりあえず今のうちに逃げるわよ!」

 

 

―――風紀委員第177支部

 

 

佐天「初春、白井さん、おかえりなさ……」

佐天「……なんで着ぐるみの人も一緒なんですか?」

ドナルド「着ぐるみじゃない、ホンモノ!」グワワッ

佐天「子供が入ってるの? かわいー!」スリスリ

ドナルド「グワッ、く、苦しい……」

グーフィー「あはは、デイジーに見られたらまた追い掛け回されちゃうね」

美琴「なんか……緊張感ないわね」

ソラ「いやぁ、これが俺達って言うかさ」ポリポリ

黒子「とにかくあなたたちが何者なのか洗いざらい喋ってもらいますわよ!」ダンッ

ソラ「わ、わかったけどなんで俺ばっかり!?」

黒子「私はまだあのアヒルと犬の存在を認めるのに時間がかかりそうですの……」

美琴「あら、結構二人ともかわいいじゃない」

黒子「まあお姉さまの趣味でしたらそうかもしれませんけど……」

ク、クルシイ……グワワワ……

ド、ドナルドシッカリー!

サテンサン、ドナルドサンモグーフィーサンモキグルミジャナインデスヨー!!

エエ!? タシカニコノシツカンハ……

美琴「……」ウズウズ

黒子「……お姉さま?」

ソラ「あの、話始めても……いい?」

 

――――――

 

ソラ「……そんなわけで、リクと王様を探して俺たちはいろんな世界を旅してるんだ」

美琴「キーブレードの勇者にハートレス……」

初春「まるでゲームの世界ですね……」

黒子「……にわかには信じられませんわ」

ドナルド「他の世界の人はキーブレードとかハートレスとか結構知ってることが多いんだけどなぁ」

ウーン、ツヤヤカナコノケナミモウツクシイ……

サ、サテンサンクスグッタイヨォー

 

 

初春「もう、佐天さんいつまで遊んでるんですか!?」

 

 

佐天「あはは、ごめんねグーフィー!」ワシャワシャ

グーフィー「もう大変だったよ……」

ドナルド「僕の苦労、分かった?」

佐天「ところで今のって都市伝説の話ですか?」

美琴「都市伝説?」

黒子「まーた佐天さんったら変な噂を仕入れてきたんですの?」

佐天「いえいえ、今皆がしてた話ですよ」

佐天「世界のどこかに『鍵剣勇者〈キーブレードマスター〉』がいて、『心なき魔物〈ハートレス〉』がそれを狙ってるとかなんだとか」

佐天「最近そういうぶっとんだファンタジー系が流行りなんですよ!」

初春「ほ、本当だ、ネットの掲示板に載ってます!」カタカタ

ソラ「ねっとのけいじばん?」

グーフィー「アンセムの研究室にあったコンピュータみたいな感じかな?」

初春「最近よく目撃されてる黒いフードの男たちが関係してるって話もありますね」カタカタ

ソラ「ⅩⅢ機関もここに来てるのか!?」

黒子「黒フードの男なら私も見かけたことがありますわ」

黒子「追いつめたと思ったら、突然真っ黒い闇の中に飛び込んで消えてしまいましたけど」

佐天「ネズミみたいな耳をしたちっちゃい黒フードも目撃されてるんですよ!」

ソラ「それって……」

ソラ・ドナルド・グーフィー「「「王様だ!!!」」」

ドナルド「王様がこの世界に来てる!」

ソラ「それなら、リクもいるかも!」

グーフィー「ⅩⅢ機関も来てるみたいだし、この世界で情報を集めた方がよさそうだね」

美琴「なんだかよくわからないけどもうしばらくここにいてくれるのね」

美琴「あのハートレスとかいうのも結構手ごわいみたいだし、私たちと協力して……」

黒子「いけませんわ、お姉さま!!」ガタンッ

黒子「またそうやって私たちの仕事に首を突っ込もうとなさるんですの!?」

美琴「な……、今はそんなこと言ってる場合じゃないでしょ!?」

黒子「いいえ、この街の風紀を正すのは私たち風紀委員の仕事」

黒子「たとえお姉さまであろうとキーブレードの勇者であろうと一般人には変わりありませんわ!」

ソラ「俺たちが……」

ドナルド「一般人!?」グワッ

グーフィー「初めて言われたかもしれないねぇ」

 

 

――――――

 

 

佐天「結局私たち追い出されちゃいましたね」

美琴「なによまったく、黒子の奴ったら……」ビリビリ

佐天「わわ!! み、御坂さん、ビリビリ出てますってビリビリ!」

ソラ「そうだ、ずっと気になってたんだけど、ミコトってサンダーの魔法が得意なの?」

ドナルド「へへ、僕と一緒だね!」エッヘン

美琴「あはは、ここには魔法なんて非科学的なものは存在しないわよ」

グーフィー「ええ? じゃあその電気はなんなの?」

佐天「御坂さんは学園都市でも7人しかいないLEVEL5の超能力者、『電撃使い〈エレクトロマスター〉』なんですよ!」

佐天「『常盤台の超電磁砲〈レールガン〉』とも呼ばれてるんですよ」

ドナルド「超能力者? そんなものが存在するの~?」ペタペタ

美琴「……私たちからしたら、あんたの方が『そんなもの』よ」

ソラ「でもすごいよ、あんなに強い攻撃ができるなんて!」

ソラ「ドナルドのサンダーなんて目じゃないよなぁ~」チラチラ

ドナルド「な、確かにミコトのサンダーはすごいけど…… 僕はもっといろいろ出来るんだぞ!」

グーフィー「ミコトは生まれた時から、こんなにすごかったの?」

美琴「ううん、最初はLEVEL1で、全然だめだったんだ」

ソラ「でも今は、そのレベルなんとかって言って一番すごいやつなんだろ?」

ソラ「俺とあんまり変わらないのに、すごい才能なんだな!」

佐天「!!」

ドナルド「それに比べてソラは……」チラチラ

ソラ「な、なんだよドナルド! 俺だって結構がんばってるんだぞ!」

イツニナッタラリッパナユウシャニナッテクレルノカナ?

ソ、ソレハ…… キ、キグルミトカイワレテタクセニ!

グワワ!ソレハカンケイナイダロー!

フタリトモヤメナヨォ!

佐天「…………」

美琴「……佐天さん?」

佐天「……え? あ、はい、私そろそろ家に帰りますね!」

佐天「ソラ、ドナルド、グーフィーも、またね!」タッタッタッ

美琴「あ、ちょっと佐天さん!」

グーフィー「まだこんなに明るいのに……」

ドナルド「用事でもあるのかな?」

ソラ「うーん……」

グーフィー「どうしたの、ソラ?」

ソラ「いや、ルイコ、なんか寂しそうに見えたから」

ドナルド「そうかなぁ?」

美琴「…………」

ソラ「……ミコト?」

美琴「……あ、ううんなんでもないの」

グーフィー「今度はミコトがボーッとしちゃったね、大丈夫?」

美琴「ありがとう、グーフィー。 でも大丈夫よ!」

美琴「こうしちゃいられないわ! 黒子にはああ言われたけど……」

ソラ「俺たちもこの世界の平和を守る!」

ソラ「……だよね?」

美琴「わかってるじゃない。もちろん手伝ってくれるわよね?」

ソラ「当然さ!」

グーフィー「ハートレスが関わってるとなったら、放っておけないよね」

ドナルド「王様やⅩⅢ機関もいるかもしれないし!」

ソラ「それじゃあハートレス退治、頑張るぞー!」

「「「「おーっ!!!!」」」」

 

―――第177支部内

 

黒子「まったく、最近事件が増えてきたところにまためんどくさいのがやってきて……」イライラ

初春「それはそうですけど……なにもあんな風に追い出さなくても」

初春「ソラさんたちが最近の事件の鍵を握ってるのかもしれませんよ!」

黒子「……それはひょっとしてギャグのつもりですの?」

黒子「だいたい、そんなことはどうでもいいんですの」

初春「へっ? どういうことですか?」

黒子「あのソラさんとかいう男、お姉さまのことをみ、み、ミコトなどと呼び捨てに……」

黒子「この私ですらお姉さまとお呼びしているのに!」ドンッ

初春(白井さん、そんなことで怒ってたんですか……)

初春「でも御坂さんがあれで終わるような人じゃないのは白井さんが一番わかってるんじゃないですか?」

黒子「もちろんわかってますの」

黒子「どうせノラさんだかトラさんだかとあの犬とアヒルを連れて、ご自分で調査でもなさるのは目に見えてます」

初春「? いいんですか、白井さん?」

黒子「いいんですの」

黒子「お供の三人も次々倒れ、なすすべもないお姉さまの元へ颯爽と現れる私……」

黒子「ああ! お姉さまも私にメロメロのはずですわぁ!!」

初春(御坂さんがそう簡単にやられるかなぁ……)

 

 

――――――

 

 

※これは本編とは関係ありません

美琴「ね、ねぇグーフィー……?」モジモジ

グーフィー「どうしたの、ミコト?」

美琴「その、友達にカエルの子とかいないかな……」

美琴「よかったら紹介してほしいんだけど……///」

グーフィー「うーんと……あ、そういえば最近知り合ったカエルの王子様ならいるよ!」

つ『プリンセスと魔法のキス』(詳しくはググってください)

美琴「どれどれっ!?」

美琴「……こんなのちがーう!!」ビリビリッ

 

 

――――――

 

 

ソラ「幻想御手〈レベルアッパー〉?」

美琴「そう、最近容疑者のレベルと規模がかみ合わない事件が頻発してるの」

美琴「それがレベルアッパーが原因だ、って話があるの」

グーフィー「そのレベルアッパーってどういうものなの?」

美琴「それが……さっぱり正体不明なの」

ドナルド「正体不明?」

美琴「使った人のレベルを自動的に上昇させるものなんだけど……」

美琴「どうやって上昇させるのか、どんな形をしてるのか。まったくもって不明」

ドナルド「そんなんじゃ調べようがないじゃないか!」

美琴「ううん、実はそのレベルアッパーを使ってる人たちのたまり場になってるとこがあるらしいの」

美琴「だからこれからそこへ行って……」

ソラ「奴らを叩く!」グッ

グーフィー「ちょっと待ってよソラ、いきなり倒しちゃったらまずいよ」

ソラ「なんでだよ? そいつらが悪いなら懲らしめてやればいいんだろ?」

グーフィー「まだその人達が悪いって決まったわけじゃないよ」

ドナルド「それじゃあ、なるべく戦わずに情報が得ないとね」

美琴「そこで作戦があるんだけど……」

 

 

―――ファミレス・ジョナガーデン前

 

 

グーフィー「もう夜なのにこの街は明るいねぇ」

美琴「ふふ、学園都市は眠らないのよ」

ソラ「眠らない街かぁ、まるでトロンの世界みたいだ!」

ドナルド「あ、確かに似てるかも!」

美琴「みんな、いろんな世界を旅してきたのね……」

ソラ「ミコトはこの街の外に出たりはしないの?」

美琴「街への出入りは厳しく管理されてるから……一度住んだらめったなことでは出れないわ」

美琴「だから、この街の外のことはあんまり知らないの」

グーフィー「そんなんだ……ちょっとかわいそうだね」

美琴「……ううん、そんなことないわよ?」

美琴「確かにこの街以外のことは知らないけど、この街は私たち能力者が一番自分らしくいられる街なの」

美琴「私たちの最高の居場所。私、この街が大好き」

美琴「そして……この街を荒らす奴らが大嫌いなの」

美琴「だから私はこの街を、みんなを守りたい。 例え黒子に止められてもね」

ソラ「……ミコトの気持ち、すごく伝わったよ」

ソラ「一緒にこの世界を悪いやつらから守ろう!」

美琴「ありがとう、ソラ」

ドナルド・グーフィー「もちろん僕たちもね!」

美琴「ふふ、ありがとう。ドナルド、グーフィー」

美琴「それじゃ、作戦通り行くわよ!ソラは私と一緒に中に入って、離れた席で待機」

美琴「ドナルドとグーフィーは外で隠れて待機ね!」

ソラ「了解!」

ドナルド「……ねえ、なんで僕らは外で隠れて待機なの?」

グーフィー「……この世界では僕たちは目立つみたいだから仕方ないよ」

 

――――――

 

メロンフロート、オマタセシマシター

ソラ「あ、ありがとう!」

ソラ「……なんかこんなとこに独りだと緊張するなぁ」

ソラ「ってそうだ、ミコトの様子は……」チュー

ガキハオネムノジカンダロ、カエンナ

エェー、ワタシソンナニコドモジャナイヨォー?

ソラ「ミ、ミコト……?」

 

 

コンナトコロデバラセルカヨ、イクゾ

 

 

ソラ「あいつらとミコトが出ていくみたいだ……追わないと!」

店員「あ、お客様!」

ソラ「俺のこと?」

店員「はい、お会計を……」

ソラ「えっと……じゃあ1000マニーで!」

店員「……お支払いは、日本円でお願いします」

ソラ「」

 

 

―――変電設備設置場所

 

 

ソラ(とりあえずミコトにつけてもらえたからいいけど、まさかお金まで違うなんて……)コソコソ

ドナルド(なにぼーっとしてるの、ソラ! ミコトがピンチになったらすぐ行けるようにしなきゃ!)コソコソ

グーフィー(……交渉はあんまりうまく行ってなさそうだねえ)コソコソ

……イイカラッサッサトダsウグアァ!!

ソラ「……まずい、ミコトを助けなきゃ!」ダッ

 

 

 

美琴「三人とも来るのが遅いわよ!」

 

 

 

ソラ「ごめんミコト、ケガはない!?」チャキンッ

美琴「あったり前でしょ? とにかくさっさとこいつら片づけるわよ!」ビリビリッ

ドナルド「ミコトの性格がさっきまでと全然違うよ!?」

グーフィー「ドナルド、きっと気にしない方がいいよぉ」

男「てめえらさっきからグダグダと……」

男「レベルアップした俺たちの力、見せてやるぜ!」

 

 

―――数分後

 

 

ウグゥアア!!

………ドサッ

ソラ「……ねえミコト、こいつらホントにそのレベルアッパーっての使ったの?」

グーフィー「あんまりそうは見えなかったねぇ」

ドナルド「きっとミコトと僕たちが強すぎるんだよ!」

美琴(三人とも、本当に強い……)

美琴「さーて、レベルアッパーについて、洗いざらい吐いてもらいましょうか?」

姉御「ずいぶんと派手にやってくれたじゃないか」

男「あ、姉御!?」ビクッ

ホラオマエラアヤマンナ!!

サッ……サーセンッシター!

姉御「さてと、アタイの舎弟をかわいがってくれた借りはきっちり返さないとね」

グーフィー「あれえ、今謝ってくれたのは?」

姉御「……それはそれ、これはこれ」

ドナルド「悪人に理屈は通じないんだよ、グーフィー!」

ソラ「ミコト、あいつは今までのやつより強い! 気をつけて!」

美琴「……上等じゃない、みんな下がってて! あいつは私一人でやるわ」

ドナルド「ミコト!?」

美琴「相手が一人なら、こっちも一人じゃないとね」

美琴(……私もそろそろいいとこ見せなきゃ!)

姉御「……行くよ!」

 

 

――――――

 

 

ナ・・・・・・ナニコレ、ジメンガ!?

アタイノノウリョクハフラックスコート!アスファルトノネンセイヲジザイニ……

ドナルド「こ、これが能力者同士の戦い……」

グーフィー「ミコト、大丈夫かなぁ?」

ソラ「大丈夫に決まってるさ! ミコトを信じよう!」

ビリリリリリッ!!

ズシュゥゥゥン!!

ドナルド「グワワワワワ!!」

ソラ「ミコトのサンダー、すごい威力だ……!」

グーフィー「サンダーだけなら、マーリン様にも負けないかもねぇ」

……ドウ?ソロソロオトナシクシャベッテクレルキニナッタ?

 

 

姉御「……なるほど、最初の一撃は本気じゃなかったってわけだ」

 

 

ドナルド「あ、あれで!?」グワァッ

姉御「そして今の一撃はわざと外してくれたと……」

ソラ「ドナルドにはそんなコントロールできるのかなぁ?」ニヤニヤ

グーフィー「多分無理だよねぇ?」ニヤニヤ

ドナルド「グワー! 二人とも集中して!」

美琴「そうよ、わかったらおとなしく……」

姉御「……ふっざけんなぁぁぁぁ!!!」

姉御「アタイはまだ負けちゃいないんだよ! アタイの鉄〈くろがね〉の意志、こんなチンケな電気ごときで……」

姉御「クダケルモンナラ、クダイテミナアアァァァ!!」

グオォォォォ!!!!

美琴「な、なんなのあいつ急に化け物みたいに……」

ソラ「あれは……ハートレスに取り憑かれてるんだ!」

ドナルド「ミコトが危ない!!」グワッ

 

 

ダークサイド(姉御)「グルルルルァァァ……」

 

 

ソラ「気をつけて、ミコト! こいつはさっきまでのあいつと違う!」チャキンッ

美琴「そんな……ハートレスってあのウジャウジャしてるのだけじゃないの!?」

グーフィー「いろいろ種類があるんだよねぇ、これはダークサイドってハートレスだよ」

ドナルド「人の『心の闇』に反応するのさ!」

美琴「……心の、闇」

美琴「……レベルアッパーを使って、無理やり能力者になって」

美琴「終いにはハートレスなんかに力を借りて」

美琴「それがあんたの『鉄の意志』だって言うの……?」

ソラ「ミコト……」

 

 

美琴「いいわ。そんな闇に染まった意志……」

 

 

美琴「お望み通り砕いてあげるわ!!」

美琴「喰らいなさいっ!!」

ビリリリリリリィィィイ!!

バチィィィィン!!

美琴「手で……はじかれた!?」

ダークサイド「ウオォォォォォォ!」

ソラ「まずい、よけろー!!」

ドゴォーン!

ズゥゥゥゥゥゥッ……

シャドウ「………」ウジャウジャ

ドナルド「グワワッ、あいつ、地面の闇の中からハートレスをどんどん引きずり出してるよ!」

美琴「……フラックスコートの能力!?」

グーフィー「ハートレスになっても能力は使えるんだねえ」

ドナルド「感心してる場合じゃないよ! どうするのさ!」

美琴「……はあぁぁぁぁ!!!」ビリビリビリビリィッ

ズシャァァァァァァッ!!

ソラ「……すごい、シャドウたちが一発で!」

美琴「ザコなんかに構ってられないわ。親玉を一気につぶしに行くわよ!」ダッ

ソラ「了解! ドナルド、グーフィー、ミコトを援護だ!」ダッ

ドナルド「グワワ、二人とも~」

グーフィー「待ってよぉ~」

 

 

――――――

 

 

ソラ「喰らえぇ!」

ザシュッ!!

ダークサイド「ウオァァァッ!!」

グーフィー「腕が消えたよ!」

ドナルド「今のうちだぁ!」

美琴「皆、離れてっ!」

ソラ「ミコト!? それは……メダル?」

美琴「そうだ、まだ説明してなかったよね……私の異名のレールガンは」ピーンッ

美琴「ここから来てるのよ!!」バシュンッ

ズガアァァァァンッ!!

ダークサイド「グアアァァァァ!!」

46

ドナルド「グ……グワワワッ」ガクガク

グーフィー「すごい威力だったねえ、ダークサイドが消し飛んじゃったよ」

ソラ「す、すっげー! 今のがレールガンって技!?」

美琴「ふふん、まあこんなもんね」

ソラ「ねえ、どうやってやるのか教えてよ!」

美琴「うーん……ソラにはちょっと難しいかも」

47

エー、ソンナコトイワズニオシエテヨ!

グワワ、ソラニアンナワザマデツカワレタラボクノタチバガナイヨッ

姉御「……アタイの負け、か」

…………ドサッ

美琴「!? ちょ、ちょっとアンタしっかりしなさいよ!」

グーフィー「おかしいねぇ、ハートレスを倒したら元通りになるはずなのに」

ソラ「とにかく、病院に連れて行かなきゃ!」

 

 

―――次の日、風紀委員177支部

 

 

美琴「昨日の女、まだ目を覚ましてないの!?」

黒子「ええ、しかも他にも数名意識不明の患者がいるそうですの」

グーフィー「皆ハートレスにされちゃったのかな?」

ドナルド「でも昨日はハートレスを倒したのに、元に戻らなかったよ?」

黒子「とにかく私はこれから病院へ向かいますの」

美琴「わ、私も行く!」

ソラ「俺たちも!」

黒子「ソラさん、あなたたちはいけませんわ!」

ソラ「ど、どうして!?」

黒子「まず病院内はペット禁止ですのよ」

ドナルド「僕たちはソラのペットじゃないぞ!」グワァッ

黒子「それに昨日も申し上げた通り、あなた方は一般人」

黒子「これ以上私たちの仕事に首をつっこむのはおよしになってくださいな」

黒子「さ、お姉さま参りますわよ」

美琴「三人とも悪いけど、ちょっと待っててね」シュンッ

ソラ「!? 二人が消えた!?」

グーフィー「これも超能力なのかな?」

初春「白井さんの能力は、『空間移動〈テレポート〉』なんですよ」

ドナルド「テレポート?」

佐天「一瞬で離れたところに移動できる能力のことです」

ソラ「へー、クロコもそんなすごい能力をもってるんだ!」

グーフィー「この世界の人は皆すごい力をもってるんだねぇ」

ソラ「ひょっとして、カザリやルイコもすごい能力をもってるの?」

佐天「あはは、初春はレベル1だし、私に至ってはレベル0の無能力者!」

佐天「私たちは御坂さんや白井さんみたいな強い力は持ってないんです」

ドナルド「皆がミコトみたいに強いわけじゃないんだね」

グーフィー「なんたって、この世界に7人しかいないLEVEL5だもんね」

佐天「実は、この街じゃレベル0ってちょっと肩身が狭いんです」

ソラ「どういうこと?」

佐天「この街は高レベルじゃないと入れない学校があったりして、超能力が基準になってるんです」

佐天「初春みたいにレベル1だったり、コンピュータとか何かたけてるものがあればまだましなんですけど……」

佐天「私なんか、この街に来た時からずっとレベル0。」

佐天「あなたには才能がありませんって言われちゃったんです」

佐天「何のとりえもなくて強くもない私は、この街ではひっそり生きてくしかないんです……」

初春「佐天さん……」

佐天「ご、ごめんなさい! 昨日会ったばかりの人たちにこんな話して」

ソラ「俺はそんなことないと思うな」

佐天「えっ?」

ソラ「俺だってキーブレードに選ばれなければなんにも強い能力とかないし……」

ソラ「まだ会って日も浅いけど、ミコト達は超能力者だから強いんじゃないって俺は思うな」

佐天「それって……」

ソラ「大事なのは武器や能力の強さなんじゃない、心の強さなんだよ」

佐天「心の強さ?」

ソラ「うん、心が強ければどんな闇も消し去ることができるんだ」

佐天「でも私はそんな心の強さなんか……」

ソラ「はは、誰だって一人じゃ心は弱いよ」

ソラ「でも俺には、ドナルドやグーフィー、他の世界の皆、ミコトにクロコにカザリ……」

ソラ「そして、イコも! たくさんの仲間がいるんだ!」

ソラ「だから俺は心強い! それが、心の強さなんだ」

佐天「仲間……」

初春「そうですよ、佐天さんには私たちが付いてます!」

初春「私や御坂さんたちも、仲間と一緒だから強くいられるんですよ」

佐天「そう……だよね、なんかごめん!」

佐天「もし初春が闇に負けちゃっても私が助けてあげるよ!」

初春「ふふ、その時はよろしくお願いしますよ」

グーフィー「さっきのソラ、ちょっとかっこよかったね」ヒソヒソ

ドナルド「まったく、女の子の前だとかっこつけちゃうんだから」ヒソヒソ

ソラ「な、そんなことないってば!」

グーフィー「でも僕たちもソラとおんなじ気持ちだよ、皆がいるからハートレスとも戦えるんだよね」

ソラハボクガイナイトダメダモンナァー、グワワッ

アー!コドモアツカイスルナヨォ!

佐天(私は……強くなれるのかな)

ソラ「ってそうだ、やっぱり俺たちも病院に行こうよ!」

グーフィー「でも、白井さんはだめっていってたよ?」

ドナルド「僕らはペットじゃないんだ、関係ないよ!」

グーフィー「……昨日の病院の場所、覚えてるの?」

ソラ「あ……」

ドナルド「もうソラ! しっかりしてよ!」

ソラ「ドナルドは覚えてるのかよ?」

ドナルド「それは……その……」

初春「ふふ、そんなこともあろうかと。これ病院までの地図です」

ソラ「さっすがカザリ! ありがとう!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。