ハメ撮り?編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

「その制服かわいいね」

「そう、ですか?ありがとうございます」

「うん、さすがはお嬢様学校って感じ」

「……はは」

「緊張してる?」

「……ちょっと。こういうの初めてで……」

「そんなに緊張しないでよ。こういう事はしたことないの?」

「……はい」

「ふーん。ま、普通にすれば良いよ」

「……」

「じゃ、カメラ回すね」

「……はい」



「名前、言ってくれるかな?」

「……み、美琴……です」
「年は?」

「14です」

「中学生だね。どこの学校?」

「……常盤台、です」

「すげー。じゃあ、お嬢様なんだ」

「そんなことはないですけど……」

「いやいや常盤台はすごいって。こういうのはしたことない?」

「はい、ないです」

「カメラでとったりも?」

「……はい」

「おお、初めてとは。ありがたやありがたや」

「……ふふ」

「笑った顔もかわいいね。エッチはよくするの?」

「そんなには……」

「まあ、中学生だしね。今は彼氏とかいるの?」

「一応います」

「おお……、彼氏がいるのにこんなことしちゃうとは……」

「……」
「……じゃあ、今からしちゃうわけだけど」ス

「……はい」

「……」

「……」

チュ

チュ ン  チュル チュチュ

「ん……チュ……っはあ」

「ん、上手だね。すげーエロい」

「……あ……そんな、こと」

「いやいやー、テクあるよ。じゃあ美琴ちゃん、スカートたくし上げてくれるかな?」

「……」コク ス

「短パンは……それも下げてくれるかな?」

「……」カチャ ス

「可愛いパンツはいてるんだね。そういうのが好きなの?」

「……あ、はい」ハア

「そっか、案外子どもっぽいんだねー、美琴ちゃんは。キャラ物とか好き?」

「はい……好きです」

「そっか、じゃあパンツも下げてくれる?」

「……」スー

「……足、開いてくれるかな?」
「……」モジ

「……恥ずかしい?」

「……はい」

「でも、見せてくれるよね?美琴ちゃんのアソコ」

「……」

「……ね?」

「……あ……」モジ モジ

「……」

「…………………」ス

「……綺麗だね」

「……ん」ゾク

「撮られちゃってるよ、美琴ちゃんの……」

「……そんな、こと……」

「ね、想像してみて?いろんな人が美琴ちゃんのアソコを見てるとこ」

「……え」

「この映像を見てさ、たくさんの人がオナ二ーするんだよ?」

「……あ」ゾク

「どうする?道ですれ違う人が美琴ちゃんのアソコを見て興奮してたら?」

「……」ハアッ

「今の君はね、たくさんの人のおかずにされちゃってるんだよ。カメラ見て……」

「……ん」ハアッハアッ
「今、美琴ちゃんおかずにしてる人と目が合ってるよ」

「……ふあっ」

「なにか言ってごらん?」

「……え?……え?」

「美琴ちゃん見てる人たちにごあいさつ」

「あ……」

「……ね?」

「……う」

「……」

「……」モジ

「……『美琴は』」

「え?」

「続けて、『美琴は』」

「…………み、美琴は」ゾクッ

「『アソコを見られて』」

「あ、アソ……コを……みら、れて」

「『興奮してる』」

「……こう……ふん……しちゃう……」

「『エッチな娘です」

「えっちな……こです」
「『美琴の』」

「みこ……との」

「『アソコを見て』」

「あそこを……みて」

「『いっぱいシコシコしてください』」

「いっぱい……しこしこして……ください」
「良く出きました。じゃ、ごほうび」ス (カメラ固定)

ピチャ

「あ」

「すごいね。もうこんな濡れっちゃってるよ」

「あっ……そんな……」

クチュ あ ピチュ ん クチャ ふあっ ニュル んん  あ  あ  あ  あ  あ

「……気持ちいい?」

「……きも、ち……いい……」ポー

「もっと気持ちよくなって良いよ」

「……ほん……と?……」トローン

「うん、美琴ちゃんの気持ちよくなった顔もっと見せて」

「……う、ん……あ……ふ……」

「みんな見てるよ。美琴ちゃんがアソコいじってもらって気持ちよくなってるところ」

「あ、ああ、ふっ……やぁ……」ス

「ダメ、手で隠さないで顔見せて」ガ

「あ、や……~っ……やめ、て」

「やめないよ」

「や、やぁっ……~~っ、ん、ふぅ、」

「カメラ見てごらん」

「あ、はぅ、ん」ジ
「ほら、言う事あるでしょ?」

「……あ……」

「……ほら」クチュ

「……んっ」

「……ね?」クチュクチュ

「んふぅ、あ……」

「……」ピタ

「………あ……」

「……どうしてほしい?」

「……えっと」モジ

「……」

「み……みこ、とは……」

「……うん」

「あ、あそ……こが……きもち……いい……のが」

「……」

「だい……すきな」

「……」

「えっちな……こです」

「……」

「みこ、とを……いっぱい……」

「……」

「……犯し……て……」


「あ」

グ トサ ギシ

「あ、や」

「……」カチャカチャ

「いやっ……まって」ジタ

ガ

「待たない」

「あ……あ」

ス ピチャ

「や……だめ……」

ズ ズズ

「あ……っ……ああっ」

ズプッ

「ん……入っちゃったね。すげぇ締まる」」

「あ、あ、あ」

「動くよ」チュプチュプ

「あ、やだ……んっはっあっっ」

パンパンパンパンパンパンパンパン

「あ、あ、あ、や、あ、あ、や、やめ、んあ、ふあ、やだ、あ、ん」

「なんで、やなの?」チュプチュプ

「あ……んっ、や……や、や、なの」

「そ、じゃ……」チュクチュク

「あ……ふ…ああ、ん」

「やめる?」
ピタ

「え?」ハア

「やならやめるよー」

「あ、あ……」

「ん?何?」

「や、やめ……ないで」

「ふーん、何で?」

「……」

「なんでやめてほしくないの?」

「……きもち……いいから」

「そっか」

「……うん」

チュプ

「あ」

「……ね、じゃーさ」パン

「んんっ……な、何?」

「彼氏とこっち、どっちがイイ?」パン

「ふあっ……え
「……どっちが、気持ちいい?」ヌプヌプ

「あ、はふっ……んんっ……そん、な」

「どっち?」パンパン

「あ、あ、ああっん、や……こ……んんっ……こっ、ち」

「……」ヌチュヌチュ

「とう、ま……んんっ、よりっ……んあ……こっちっ…あ…………きも、ち、いい」

「ふーん、かわいそうだね。トウマ君」グチュグチュ

「あ、や、いわ、ない、で」

「……」パンパン

「あ、ふ、あ、ああ、ん、ふあっ」

「……」パンパンパン

「ん、~~っ、あ、……ふ……んあ」

「……」パンパンパンパン

「ああっ、んっ、……~~っっっ、あ、あ、あ、あうっ」ピク

「……イキそう?」パンパンパンパン

「う、ん…、あう、ああ、ん、ふあ、んんん」

「良いよ、みんなに見られてイっちゃいな」


パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

「あ、あ、あ、あん、あ、ああ、あ、あ、あ、ああ、とう、ま、ああ、あ、あ」ゾクゾク

「………いくよ?」

「ああ、あ、あん、あ、あ、あ、あ、、あ、とうまっっ」

「うっ」ビュク

「ふきゅうううっっっっ、~~~っっっっっっっ」ビクビクビクビク
………
……


『えっちな……こです』

上条「……おお」

美琴「……うう」

上条「いやー、しかし上条さん演技派ですね。はた目には俺って気づかないんじゃないか?」

美琴「……確かに」

上条「……」

美琴「……」

上条「……」

美琴「……ね」

上条「ん?」

美琴「……こ、これホントに人に見せるの?」

上条「……」
美琴「……あの……」モジ

上条「……見せねーよ」ウイーン

美琴「え?」

上条「誰にも見せねえ」バキ

美琴「……ぉ、怒んないでよ」

上条「別に怒ってねーよ……」

美琴「……」

上条「……オマエは」

美琴「え?」

上条「……オマエは……俺のだからな」

美琴「……うん」

上条「……」

美琴「……そっか……私アンタのなんだ」

上条「……ああ」

美琴「……」スリ

美琴「(大丈夫だよ……)」

上条「……」ギュ

美琴「(……ちゃんと、私アンタのだから)」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。