上条さんと一方さんが「けいおん!」にハマっているようです。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一方「なァ、三下」

上条「なあ、最強」

二人「「ある、アニメにハマった」」

 

二人「「!?」」

一方「テメェと同じ現象に陥るたァ、珍しいなァ三下よォ」

上条「・・・、そうですね」

一方「で、オマエはなンのアニメにハマってンだよ」

上条「オマエから言えよ」

一方「・・・。けいおン」

上条「どうしませう」

一方「ン?どうした、オマエも言えよ」

上条「けいおんです・・・。」

一方「同志ktkr」

上条「w」

一方「・・・。言っとくが、あずにゃンは俺のだかンな」

上条「・・・。ロリコン」

一方「そういうテメェはどうなンだよ」

上条「かわ憂」

一方「ヤンデレかよ」

上条「上条さんは、ヤンデレ分不足なんですよ」

一方「そォかよ、」

上条「一方さんと違って彼女いないんですよ」

一方「な、あいつはそンなンじゃねェよ!、ぶっ殺すぞ三下がァ!」

上条「打ち止めにさっきの話バラしたらどうなるかなぁ」

一方「!?」

上条「きっと・・・」

 

打ち「ねぇ

一方「なンだよ」

打ち「なんなのこれって、ミサカはミサカは尋ねてみる」

一方「!!(あれはオレのお気に入りのあずにゃン抱き枕じゃねェか!あの隠し場所がバレただと・・・?)」

一方「さ、さァな、なンの事でせうか」

打ち「それに、こんなのもあったって、ミサカはミサカは問いつめてみる」

一方「!!(あれはオレの一番気に入ってる同人誌、あずにゃンとセッションじゃねェかァ・・・)

一方「なンの事でせうか、それで用を済ました事なンざないです、ハイ。」

打ち「この本、ページとページがくっついて読めないのって、ミサカはミサカはがっかりなの」

一方「(何でくっついてるかなンざ、いうまでもねェなァ)」

打ち「もう、あなた何か知らない!ってミサカはミサカは代理演算を切って家出してやる!」

一方「オイ!テメェちょっとまてっていってンdtjmjagなたkgmwjなさ」

................................................................................................
上条「みたいな感じになるとおもうんだけど、言ってもいいのか?」

一方「そうかそうか、てめェ死にたいのか」

上条「冗談だよ」

上条「これやるから、許せ」

一方「!!!」

一方「上条さんぱねェっす」

上条「キャラ変わってないか?w」

一方「三s....いや、上条気が利くじゃねェか」

上条「この俺が選んだ珠玉の同人だ、有効に使えよ」

上条「つってもこいつの使い方は・・・」

一方「ふふ、ふふふ。こいつぁいい、ヤってるページが20P、少なくとも10日は受け皿に困らないな、ふふふ」

上条「あの本の寿命は10日か」

一方「感謝するぜェ、三下ァ」

一方「・・・三下」

上条「何だよ」

一方「けいおン!、原作次号で最終回らしいぞ」

上条「・・・そげぶ」

一方「!?」

上条「うわあああああそげぶーー」

一方「オイ!ちょwテメェに殴られると反射gごふあぁ!?」

土御門「やっほーかみやーん、って何してるのにゃー?」

一方「けいおンが次号で最終回って言ったらこの様だ」

土御門「何だと・・・?」

一方「!?」

土御門「で?芳文社を俺の術式で跡形も無く吹き飛ばせば、かきふらいも考えると?」

一方「テメェもかよ・・・・」

土御門「何がだ」

一方「3人ともけいおン好きってこったァ」

土御門「言っとくけど、あずにゃんは俺の嫁だにゃー」

一方「何・・・・だと?」

一方「どうやら、戦う必要があるみてェだなァ」

土御門「てめぇも。あずにゃん派・・・・だと?」

一方「あずにゃンはわたさねェ!」

土御門「あずにゃんは俺の嫁だぁぁぁぁ!!!」

上条「やかましゃあああ!!!!」

土御門&一方「「うぼぽへぇあ!?」」

上条「てめぇらいい加減にしやがれ!てめぇらが自分の心の嫁のことしか考えらねぇってんなら」

上条「まずはそのふざけた思考回路をぶち[ピーーー]!!!」

一方&土御門「「・・・・・・すいませン」」

上条「今はけいおん本体の話だろうが、いい加減にしろこのロリシスコンどもめ!」

一方&土御門「「・・・・・」」

一方「じゃあ、どうすンだよ」

上条「知るか」

一方&土御門「・・・・・。」

上条「まー、俺は憂ちゃんがいれば良いけどなー。マジ俺の嫁」

土御門「そんな事言ってもいいのかにゃー?カミやんー」

上条「なに言おうが俺の自由。憂ちゃんは俺の嫁×100」

土御門「あちゃー。こりゃ美琴ちんに報告だにゃー」

プルルルルル.......

美琴「もしもし」

土御門「美琴ちーん。実はカミやんが.....ごにょごにょ」

美琴「すぐいく」ブチっ

土御門「あちゃー、美琴ちん相当怒ってるにゃー」

上条「何であいつが怒るんだよ」

土御門「これだから鈍感フラグメーカーはだめだにゃー」

上条「んなこたもうどうだって良いんだよ」

上条「槍が降ろうが、レールガンが飛んで来ようが憂ちゃんは俺の嫁!!」

土御門「美琴ちんに殺されなきゃ良いけどにゃー」

上条「憂は俺の嫁、これはもう絶対に揺るがない愛なの...ぶはぁ!」

土御門「にゃあああ!?本当に打ってきたぜよ!」

美琴「出てきなさい!このバカ!」

上条「てめぇが余計なこと言うからだろ土御門!」

土御門「そんなことより、早くそげぶするにゃー!」

上条「音速の数倍で飛んでくるんだぞ!アホか!」

土御門「こんな時は一方通行の出番にゃ!」

上条「その手があった!おーい!一方通・・・」

一方通行「なたきねやjhjup4558」

土&上「チョーカーオワテル」

土御門「カミやんが殴ったときだにゃー」

上条「ううう、不幸だ」

土御門「なにが不幸だ、自業自得だろうが!!何でもかんでも殴るな類人猿!」

上条「うわ、上条さん普通に傷つきましたよ」

上条「とりあえず、打ち止めに予備を持ってきてもらおう。」

土御門「よい子は[え?予備なんてあったっけ?]なんて突っ込みしちゃダメだぜい」

上条「あ、もしもし打ち止め?」

打ち「はーい!カミジョーさんおはよーってミサカはミサカは挨拶してみたり!」

上条「ああ、おはよう」

上条「一方通行のチョーカーの予備あるか?」

打ち「あるよーってミサカはミサカは即答してみたり♪」

土御門「じゃあ、知り合いのテレポーターに取りにいかせるにゃー」

3分後

シュン

テレポ女「ハイこれ」

土御門「さんきゅーにゃー」

上条「早えなw」

土御門「そりゃ、最強のテレポーターだからにゃー」

上条「よし、これで一方通行を復活させれる」 

 

 

かちゃかちゃ かちっ

 

一方「ッはァー!死ぬかと思ったぜェ」

一方「オイ三下ァ!てめェよくもやりやがったなァ!」

上条「今はそれどころじゃな・・・ぎゃー!」

5分後

上条「で・・・どうしませうか」

土御門「見事にボコボコだにゃー。カミやん」

一方「当然の報いだァ」 

上条「で・・・・どうしませうか」

土御門「美琴ちんをどう追っ払うかだにゃー」

上条「・・・・白井とかどうだ?あいつに御坂連れ去ってもらうとか・・・・」

土御門「そりゃいい案だにゃー ちょっと待ってろ」

プルルルルル・・・・・

白井「ハイ、もしもし」

土御門「カミやんが美琴ちん襲おうとしてるにゃー 早く美琴ちん連れて行ったほうがいいにゃー」

白井「!?」

土御門「ついでにカミやん懲らしめてほしいにゃー」

白井「あの類人猿何ぞに私のお姉さまは渡しませんの!」

ブチッ

 

シュンッ

 

上条「おー白井~ 待ってたz・・・・ぎゃーー!」

上条「てめ・・・・土御門!何吹き込みやがったんd・・・ぐはぁああ!」

土御門「カミやんお気の毒だぜい」

白井「ざまぁねぇのですの」

白井「ささっ お姉さま寮に帰りましょう!」ニコッ

美琴「くっ、黒子!?」

白井「ってお姉さま!暴れすぎですの!」

美琴「コレはあいつが悪いんだっt・・・」

白井「逃げましょう!お姉さま!」

美琴「ちょ、ま・・・」シュンッ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。