垣根「ジャッジメントか・・・・・・悪くねぇ」2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――翌日

黒子「遅っそいですわねー……」イライラ

垣根「……なぁ、ここの連中はこうも時間にルーズなのか?」

黒子「い、いえ!いつもはこんなハズでは……」

垣根(俺は一方通行に引っ付いてないといけねぇってのに……)チッ

黒子「時にていとさん……アナタ、風紀委員の腕章は如何されましたの?」

垣根「……腕章?」

黒子「今日はお仕事ですのっ!ちゃんと付けてくださいまし!!」

垣根「へーへー」ゴソゴソ
(そうかそうか、俺は今風紀委員だったな)

黒子「んまっ、誇り高き風紀委員の証をポケットにしまっているだなんて……」

垣根(常盤台中学Lv4の白井黒子……どうやらコイツは風紀委員にそれなりのプライドを懸けているらしい)パチッ!

黒子「まったく……最近は平和ボケしてられるのか、皆さん気持ちが弛んでますのよ」

垣根「あぁ、本当にそう思うぜ」

黒子「何を言ってますの……アナタもその一人ですのよっ!?」プンプン

垣根「あぁ!?誰が―――」

黒子「大体ていとさんもセロリさんも制服の着こなしからしておかしいですの!仮にも風紀委員で常盤台に並ぶ超エリート校の一員なのですからそれに恥じぬような身だしなみを常日頃から心掛けて―――」クドクド

垣根(相当機嫌が悪りぃな……面倒くせぇ)トコトコ

黒子「ち、ちょっと!どちらへ行かれますの!?」

垣根「突っ立って待つってのもアレだろ、飲み物でも買って来ようと思ってな……」
(勿論嘘だけど)

黒子「あー……でしたら私もご一緒しますわ」

垣根「あぁ?他の連中と入れ違いになっちまうだろうが」

黒子「私だけずっと待たされる役なんて嫌ですのっ!他の方々も我々と同じ苛立ちに悩まされればよろしいんですのよ、ざまぁ見やがれですの」ツカツカ

垣根「成る程な、これが風紀委員の腹黒『空間移動能力者(テレポーター)』の本性か」

黒子「……ていとさん、今何か仰いましたの?」ニコッ

垣根「ん?気のせいだろ」トコトコ

 

 

―――とあるオープンカフェ

黒子「ふむ……朝のカフェでご一服するのも悪くありませんわね」ズズーッ

垣根(あークソッ、一服してぇなぁ~!これじゃ吸えねぇ……ムカつくぜ)イライラ

黒子「ていとさん、いつまで苛立ってますの?貧乏揺すりなど止めてくださいな」

垣根「っつーかさ、何でわざわざこんな小洒落たサ店に入ってんの?俺はそこらの缶ジュースを期待してたんだが」

黒子「そこのウェイターさん、サンドイッチおひとつ追加頂けるかしら?」

  カシコマリマシタ-

垣根「あぁ……余裕で無視かよこの野郎」

黒子「ところでていとさん……アナタ、固法先輩には本気でご執心ですの?」モグモグ

垣根「何故そんな事を聞く?」

黒子「ど う で す の ?」ズイッ

垣根「……」

黒子「……コホン」

垣根「……どうだろな、他のヤツらと違って大人で美人で巨乳だし……まぁ支部の中では一番魅力的と言える」

黒子「んまっ、初春はともかく私がお子様ですって?」

垣根「俺の知り合いにもお前と似たようなヤツがいるんだがな、そうやって大人ぶってる間はまだまだガキんちょだよ」

黒子「むぅ……」

垣根(ガキと言われたりババァと言われたり……コイツも大変だな)グビッ

垣根「……で、それがどうしたよ?」コトッ

黒子「仕事人間……ってご存知ですの?」

垣根「あぁアレだろ?仕事が楽しくて楽しくて仕方がなくて他の関係をブッ壊しちまうようなダメなヤツ」

黒子「そうですの、固法先輩が正にソレですのよねぇ……」フゥ

垣根「へぇ、そうなのか?全然そうは見えないが……」

黒子「私は先輩とのお付き合いが長いので分かりますの、先輩が殿方と交際しているなどあった例しがありませんし……女性としてのせっかくの淡い青春を風紀委員だけに捧げるなんてあってはなりませんのよ……」

垣根「……ふーん」

黒子「で、す、か、らっ!ていとさんがその気なら私、全力で応援してもよろしくてよ?」

垣根「お前さ……何言ってんの?」

黒子「……?何がですの?」

垣根「良いか、俺とお前らは昨日知り合ったばっかりだ……もしも俺が外道のクソ野郎だったらどうする?いきなり人を信用するなんざマヌケすぎるとは思わねぇのか?」

黒子「アナタの方こそ何を言ってますの?」

垣根「……なに?」ピクッ

黒子「風紀委員にそんな方がいるわけありませんの、万一いたとしてもそれは……ていとさん、アナタではありませんわ」

垣根「……何でだよ、何故そう言い切れる?」

黒子「何故ですって?……生憎ですが私、人を見る目は有しているつもりですのよ?」

垣根「……はっ、とんだお人好し野郎だな、お前は」

黒子「そうですわね、ですから風紀委員などをやっているわけですし」ズズーッ

垣根(見る目があるだと……?本当にそう思ってるなら白井黒子、テメェの目は間違いなく節穴だ)

垣根「……」

垣根「そうか……ま、そん時は頼むわ」

黒子「えぇ、よろしくですの♪第二位の実力者なら安心して任せられますわ?」ニッコリ

垣根「お前はしないのか?その……恋とか」

黒子「愚問ですわね、勿論してますわよ?絶賛恋焦がれ中ですの」

垣根「オイオイ、まさか例のセロリだとか言うんじゃねぇだろな?」

黒子「失敬な、誰があんなロリコン……私はお姉さま一筋ですのっ!」

垣根「お姉さまだぁ?お前姉妹がいるのか?そうだとしても全っ然意味がわかんねぇ」

黒子「ハズレですのっ、我が常盤台中学が誇る最強の電撃姫……御坂美琴お姉さまですのよー!!」キャーッ!

垣根「御坂美琴って……あの第三位、『超電磁砲(レールガン)』の?」

黒子「それ以外に誰がいると言うのです?」

垣根「メスじゃねぇか」

黒子「愛に性別など関係ありませんのよ~ん♪」

垣根「あぁー、打ち止めに手ェ出してるのはネタだと思ってたんだが……お前はガチでそっち系の趣味らしい」

黒子「んー……私にそんな事を言ってよろしいんですの?」ニコニコ

垣根「はぁ?」

黒子「サヨナラですのー♪」ヒュンッ

垣根「テメッ……!?俺に支払わせるつもりかよ!!?」ガタッ

  ホホホ、サキニイッテマスノヨー!

垣根「……クソッ、ムカつく野郎だ」ゴソゴソ

心理定規「随分楽しそうじゃない、ねぇリーダー?」ボソッ

垣根「その声は……心理定規か、こんな所で何して―――」

心理定規「待って、振り返らずにそのまま聞いて?今からアナタのケータイに『残骸(レムナント)』の受け取り場所のデータを直接転送するわ」ピッピッ

垣根「面倒くせぇな、一々ここまで出向かなくとも電話で話せば一発じゃねーの?」

心理定規「電話は傍受される危険があるからね……念のためよ」

垣根「はっ、今更聞かれた所でどうする事もできねぇよ」

心理定規「それよりアナタが巨乳好きだったなんてね……通りで私と一緒にいても欲情しないわけか」フゥ

垣根「バーッカ、俺に抱かれてぇならあとツーランクはバストアップしてから来やがれ、お子様が」

心理定規「別にそんな気は毛頭ないんだけど……っと、送信完了」ピッ

垣根「『樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)』の大脳部、『残骸』……これを元に復元できりゃあ学園都市を出し抜くのだって不可能じゃねぇ」

心理定規「そうね、だからしっかりして欲しいわ」

垣根「あぁ?何がだよ?」

心理定規「久しぶりに表の人間と接したからって変な気を起こしちゃダメよ?バカはそうやって失敗するんだから」

垣根「……フン、何を言ってやがる?俺は『スクール』のリーダー垣根帝督……クズの中のクズ野郎だ、そんな甘めぇ心はとうの昔に切り捨てた」ザッ

心理定規「……そ、なら良いんだけど」

垣根「あ~ムカつく、タバコ吸いてぇなぁー」ザッザッ

心理定規「……」



心理定規「切り捨てた……ね、本当にそうかしら?」ボソッ

心理定規(だったらよ垣根帝督……アナタの『一般人は極力巻き込まない』っていう、その信念は一体何なのよ)

心理定規(学園都市の暗部には数え切れない程の悲劇があるって言うけど……アナタ、本当はまだ己を棄て切れてないのではなくて?)

心理定規(……ふふっ♪でもね、アナタのそんな可愛いトコ……嫌いじゃないわよ?)クスッ




垣根(ゲ、やっぱ入れ違いかよ……)トコトコ

打ち止め「あーっ!垣根のお兄ちゃんやっと来たよーってミサカはミサカは隊長に報告っ!」ビシッ

初春「遅刻ですよーていとさん!」

垣根「いや一応言っとくがな、此処に最初に来たの俺だから……だよな?白井」

黒子「重役出勤ですわねていとさん、遅刻した罰として全員にジュースを―――」

垣根「踏み砕かれてぇかテメェ……」ヒクッ

一方通行「馬鹿はほっといて……眼鏡先輩よォ、俺達がする仕事ってなァ何だ?」

固法「基本的には自由行動よ?普段の休日を満喫してもらって結構、ただ暴動が起こった場合は速やかに鎮圧する事」

一方通行「……ありゃ?帰って寝てても良かったンじゃねェの?」

垣根「中身は本っ当にモヤシだなテメェは……栽培してやろうか」

打ち止め「それについてはミサカも同意してみたり」

初春「でもでもっ!自由だったら皆さん集まった意味ないですよね?」

黒子「時間帯によって各支部毎に見回りのポイントが決められてますのよ、我々は丁度これからですの」

一方通行「チッ、ダリィからちゃっちゃと済ませちまおうぜ、何処に行きゃイイ?」

固法「それがココ、第七学区のコンサートホール前広場よ」




  ワイワイガヤガヤ

打ち止め「うぅ~ん!人がいっぱいではぐれちゃうかもってミサカはミサカは……助けてーっ!」ムギュギュッ

一方通行「ったく、何やってンだ」グイッ

初春「迷子にならないように手を繋ぎましょうねーアホ毛ちゃん」キュッ

打ち止め「これはアホ毛じゃないもーんっ!!」

初春「こうやって子供を挟んで手ぇ繋いでると私達夫婦みたいですねー」タハハ

打ち止め「むぅっ!?」ピクッ

一方通行「はァ?」

固法「すいませーんジャッジメントでーす」

黒子「道をお開けくださいですのーっ」

一方通行「あーウッゼェなァ!何なンですかァこの人だかりはァァ!?」

黒子「セロリさん……あの壇上の女性を見てわかりませんの?」

一方通行「……あン?誰だよあのオイボレは」

黒子「……ハァ、御上様のご講演ですのよ?」

垣根「あの婆さんは親船最中、学園都市に一二人しかいない統括理事会のVIP野郎だ」

一方通行(統括理事会だと……?)

初春「親船最中さんと言えば……私達みたいな子供にも選挙権を与えようと頑張ってる人ですよね?」

固法「そうね、特に学園都市なんかは殆どが未成年だから……大人が作った政策に逆らえないもんね」

黒子「ですから学生達がこんなにも興味を示しているわけですの、ご理解頂けました?」

一方通行「ケッ、どォだかな……上っ面ァ綺麗事並べても裏ではどォせ薄汚ねェ仕事やってンだろ?お高くとまりやがって……統括理事会なンてビチクソの集合体じゃねェか」

打ち止め「ぁ……」

垣根「初めて意見が合ったな、わかってんじゃねぇかよ一方通行」

初春「て、ていとさんまで……」オドオド

固法「……本当にそうかしら?」

一方通行「あン?」

垣根「……」ピクッ

固法「確かに学園都市の上層部には裏を持った人物が多いのかもしれないわ、今までの一通くんの話を聞く限りではね?」

垣根(今までの……?)

固法「でも私は……あの親船さんは違うと思う、あの人を見て何か気付いた事はない?」

初春「ほぇ?」チラッ

一方通行「はァ……?」ジー

黒子「んー……」フム

垣根「……えらく身軽だな」

固法「そ、統括理事会の地位ともなればそれなりに命の危険性も高くなる、自分を恨んでる人間も少なからずいるハズよ」

固法「でも彼女の周りにはたった四人のボディーガードと一人の秘書しかいない、彼女自身は防弾服すら着ていないのよ……これがどういう意味か分かる?」

一方通行「そンなモン決まってる、完全武装の駆動鎧(パワードスーツ)なンざ着込ンで演説してみろ、一体誰が付いてくるってンだァ?『オマエ達は信用していませン』ってご丁寧に身体で言ってるようなモンじゃねェか」

初春「あ、成る程っ」

垣根「それとも恐ろしくバカなのか、な」

固法「今日び学園都市の技術力なら、わざわざ表に立たなくとも市民に伝える方法なんていくらでもあるハズよ、それこそ世界で一番安全な場所からでもね?」

一方通行「……」

固法「それでも親船最中はあの壇上に立っている、あんな危険地帯から丸腰で訴えてる」

垣根「……」

黒子「つまりはセロリさんが言ったのと逆に『アナタ達を完全に信用しているから』こそ出来る……という意味で捉える事もできますの」

固法「そんな命を張ってまでバカな行動が取れる人を……私は悪い人間とは思えないな……」

初春「……そ、そうですよっ!アレで親船さんが悪党だったら……もう誰も信じられなくなっちゃいますー!」ワタワタ

一方通行「……チッ」

垣根(……ダメだな、やはり風紀委員ってのはどうしようもねぇお人好しばかりらしい)

打ち止め「あの壇上の隅っこにいるメガネの人、固法お姉ちゃんに似てるねってミサカはミサカは率直な感想を述べてみる」

初春「わっ、そう言われれば……」

黒子「名前は確か親船素甘、最中さんとは親子で高校教師だとか……もしかして固法先輩の親族の方ですの?」

固法「んなわけないでしょっ!」

垣根(テメェらみてぇなヤツらが真っ先に貧乏クジを引かされるんだ、あの親船然り……な)


……ベコンッ


一方通行「―――ッ」ピクッ

垣根(……始まったか、砂皿緻密)

打ち止め「どうかしたの?ってミサカはミサカは尋ねてみたり」

一方通行「なァ眼鏡先輩よォ……この車に積まれてるデッケェ扇風機は何なンだァ?」

垣根「……っ」

固法「ん?妨害気流(ウインドディフェンス)って言ってね、見た目通り強風を起こして狙撃手(スナイパー)から身を守る為の機材よ?」

一方通行「でもよ、コイツ……仕事してねェぞ?」

固法「ッッ!!?」

初春「こ、故障ですかぁ!?」ワタワタ

黒子「いえ、この小さな穴は……!?……先輩っ!『透視能力(クレアボイアンス)』を―――!!」

固法「もうやってる!!」ギュンッ

垣根(思ったより早く気付いたか……『スクール』の計画は砂皿による親船最中の暗殺から始まる、その為には会場の妨害気流は邪魔だからな……)

固法「……マズイわね、スチール弾が的確にバッテリーへの配線をブチ切ってる」

初春「じ、銃弾って!!?それじゃあ……」

一方通行「ぎゃはははははッッ!!面白くなってきたじゃねェか、本当に狙撃手がお出でなすったぜェェ!!?」

黒子「初春っ!この無駄に広い会場に妨害気流はいくつセットされてますの!?」

初春「ま、待ってください!今調べます……」カタカタカタ

固法「ここから見えるだけでも四基……その内二つが既に機能停止か……白井さん、お願いっ!」

黒子「了ぉ解ですのっ!」ヒュンッ

垣根(まさかコイツら……自分達で何とかする気か?)

一方通行「面倒くせェな、この車ブッ壊して他の騒ぎを引き起こしゃ済む話なンじゃねェのかァ?」

垣根「やめとけ、余計な被害が出るだけだ」
(ここでコイツを止めるのが俺の役目……だが)

固法「そうよ!一通くんは―――」


  ベコッ!ベコ!!ベコンッ!!!


打ち止め「わわわわっ!見えてる範囲は全部止まっちゃったよーってミサカはミサカは両手を縦に振って慌てふためいてみたりーっ!」ワタワタ

固法「くっ!一通くんは今すぐ壇上まで跳んで標的(ターゲット)を保護!ていとくんは警備員(アンチスキル)に連絡を……!」

一方通行「ッしゃァァあああああああ!!その言葉を待ってたンだぜェッ!!!」カチッ


……ダンッッ!!!


垣根(コイツらがどう動くのかってのも気になる……面白れぇ、だったら見せてもらうぜ?テメェらの実力ってヤツをな)ニィッ

ヒュウゥゥゥ……ズダンッッ!!!


一方通行「オラオラオラァァ!!ジャッジメントだぜェェ!!?死にたくねェなら静かにしな!!!」ザッ

親船「え……!?」

黒服「コイツ……ヒットマンか!!?」ジャカッ

一方通行「ジャッジメントだっつってンだろォがクソボケ、テメェらみてェな三下は大人しく俺に……」グッ

  バギッ!!ベキメキメキィィ……!!!

一方通行「―――守られてりゃ良いンだよォォ!!!」グイッ


……ゴバンッッ!!!


  ドワーッ!ナンヤナンヤァ!?

  テロダニャー!テロリストダニャー!!

  フ、フコウダー!


垣根(ムチャクチャだなーあの馬鹿、床をムリヤリ捲り上げてバリケードを作りやがった……まぁ悪くねぇ判断だ、が……)

黒子「あぁのロリコンはぁあああッッ!!もっと隠密に事を運べませんの!?」


垣根(―――しかし如何せん派手過ぎる、お陰で『スクール』の目的は達成されたぞ?)

初春「出ました!設置されてるのは全部で一二基です!!白井さんから得た他の機材の銃痕の向き、角度から推測するに……」カタカタカタ

固法「あのホテルね、あそこに狙撃手が……」ジー

初春「全て同じ建物からの攻撃ですので犯人は単独かと思われますねーはい」カタカタカタ

固法「……そうみたいね」ギュン


  ヒュンッ


黒子「初春っ!犯人は発見出来ましたの!?」シュタッ

初春「場所は特定できましたけど……流石に何号室かまでは分かりませんよーっ!」

黒子「逃げられちゃいますのよっ!?何とかしなさいですのーっ!」

初春「無茶言わないでくださーいっ!」

垣根(……ま、良く頑張ったがここまでってトコロだな)

固法「静かにして!コレすっごい疲れるんだからねっ!!」

初春「すいませんっ!」ビクッ

黒子「ですのっ!」

垣根(……何だ?)

固法「六○八号室に……銃を構えた男性……」ボソッ

垣根「あァ……!?」

固法「見ぃ~つけたっ♪」

初春「きゃっほーぅ流石先輩!そこに痺れる憧れるゥゥ!!!」カタカタカタ

垣根「オイオイ……見つけただと……!?」

黒子「驚きましたか?固法先輩の視神経制御系能力は何も透視だけではございませんのよ?」

垣根(この位置から砂皿までどれだけ離れてると思ってやがる!?約七○○メートルだぞ……!!?)

黒子「先輩、準備は出来てますわよ?私なら十秒と経たずに犯人と接触可能ですの」

固法「風紀委員がここまでするなんて明らかに越権行為なんだけど……」

初春「今はそんな事言ってる場合じゃないですよーっ!警備員じゃ間に合いません!!」

垣根(砂皿緻密は『アイテム』にブッ殺された正規メンバーの代わりに急遽補充した狙撃手だ、助けてやる義理はないが……やられっぱなしってのは性に合わねぇ)ギラッ


  バラ……ッ


一方通行「っ!?」


  バラバラバラバラ……ッッ!!


打ち止め「うわーん!どうしてここに来て盾が崩れちゃうのよーってミサカはミサカはイジワルな神様に抗議してみるーっ!!」プンスカ

垣根(フン、俺がここまでしてやってんだ……磁力狙撃砲でさっさとブチ抜け、コイツらに己の無力さってモンを思い知らせてやれ)

黒子「先輩っ!!」

初春「こりゃマズいですよォ!?」

固法「んもぅっ!責任は全部私が取るわよっ!!六○八号室はここから見て六階の左から四つ目の部屋よ、覚えたわね!?」

垣根(マヌケ野郎だな一方通行、テメェはさっさと親船を連れて逃げるのが正解だったんだよ)

初春「白井さん早くうぅぅぅぅぅ!!」

黒子「さぁ、行きますわよ白井黒子……風紀委員の名の下に、戦場の一番奥深くへと」ザッ


……ヒュンッ

 

 

―――とあるホテルの一室


砂皿「妨害気流は全て破壊した、そしてバリケードも崩れたか……フ、優しいリーダーじゃないか」

砂皿「一方通行が現れた時は潮時かと思ったが……これで私の仕事は終わりだな」ジャカッ

砂皿(仕事後のビールが楽しみだ……親船最中、当てるぞ)カチッ


……バッガァァァン!!!


砂皿「うおおぉぉぉッッ!!?」ズキッ!

砂皿「ぐ……っォォあああ……ッッ!!」ゴロンゴロン
(磁力狙撃砲が……ブッ壊れた!?)


ヒュンッ


黒子「動かないで頂けます?ジャッジメントですの」ザッ

砂皿「ッッ!!?」ビクッ

黒子「不法侵入、器物損壊、親船最中暗殺未遂の現行犯でアナタを拘束致しますわ……そのまま床に伏せて手を頭の後ろに回して頂けますかしら?」

砂皿「チイィ!」
(コイツ……いつの間に!?)

黒子「このバッテリーは……成る程、火薬ではなく磁力を利用した狙撃銃(スナイパーライフル)ですのね?通りで音が静かなわけですの」ヒュパパパッ


  シュカカカカカカッ!!


砂皿(鉄杭が……コイツが資料にあった空間移動系能力者か……助けは来ない、絶望的だな)

黒子「しかし……ま、残念でしたわね?よりによって銃弾をセロリさんに当ててしまうだなんて……」ピポパピピ

砂皿(『ベクトル反射』……寸前でヤツが庇ったのか、ツイてないな)フゥ

黒子「初春?無事に犯人を拘束しましたのよ、とっとと警備員をこちらに回してくださるかしら?」



  ワーワー!

  ニゲロニゲロー!


初春「あいあ~い、その声は白井さんですねー?犯人に返り討ちにされてなくて良かったですー」

警備員「あの白髪の風紀委員はキミの所の人員だな!?この騒ぎは一体何だーっ!!?」ドタドタ

固法「親船最中の暗殺未遂事件です!犯人は―――」

垣根「フフ……はっ、ははははははは……!」

垣根(やるじゃねぇか、まさか本当に暗殺を阻止するたぁな……個々のスキルを要求される暗部組織とは違い、コイツら風紀委員に求められるのはチームワークってトコか)

垣根(凄腕ハッカー、空間移動能力者、透視能力者、そして最強の超能力者……奇襲にはもってこいのメンバーだ)

垣根(もしかしてコイツら……そこらの中途半端な組織よりか全然使えるんじゃねーの?)ククッ

垣根「―――さて、長居は無用だな……この騒ぎに乗じて『残骸』を―――」ザッ


  ピロピロピロピ~♪


垣根(ヘッドギア……?)ピッ

垣根「……どうした、こっちは相当な騒ぎを起こしてやったぜ?今からそちらへ向か―――」


  『おー出た出た!アンタが「スクール」のリーダーで間違いないのよね?』


垣根「……誰だ、テメェは」
(女の……声……?)

  『そかそか、自己紹介がまだだったね……むぎ☆のん♪って呼んでくれる?』

垣根(むぎのん……?くくっ、成る程な……)ニヤリ

  『しっかしアンタも懲りないねェ……せっかく死体を送って忠告してあげてたのに、わざわざ狙撃手を雇ってまで実行するなんてさ』

垣根「『アイテム』か、その電話の持ち主はどうした?」

  『あー、土星みたいに変なゴーグル付けた男の事?多少抵抗されちゃってさー……ウチのも何人か真っ二つにされちゃったのよね』アハハ

垣根「……」

  『でも……ま、今は私の横で脳ミソブチ撒けて転がってんだけどにゃーんっ!!ぎゃっはははははははッッ!!!』

垣根(殺られたか……つまり『残骸』もヤツらの手に渡った事になる)チッ

  『だっからさぁー、残りのアンタ見つけんのも面倒くさいし……待っててあげるから殺されに来てくんないかな?』

垣根「……」

  『……ねぇ、ちょっと聞いてる?むぎのんは構ってくれないと死んじゃうんだよぅ!』クスン

垣根「ははっ、テメェ……むぎのん、と言ったか」

  『違う違う、もっと可愛いらしーく……むぎ☆のん♪って―――』キャハ

垣根「ム カ つ い た」

  『……あ゛?』

垣根「ナメてやがるな……よほど愉快な死体になりてぇと見える」

  『ナメてる……ね、あははっ』

垣根「……」

  『テメーこそ……ウチら「アイテム」ナメんなよ?ク、ソ、ヤ、ロー』


  ブチッ、ツーツーツー…


垣根「野郎……ッ」ギリッ




黒子「アーミーナイフにハンドガンが三丁……狙撃銃以外は随分と古い型式を使ってますのね」ガサガサ

砂皿「……」

黒子「さて、警備員が来る前に聞いておきましょうか、アナタ……単独犯ではありませんわね?お仲間は何処に潜んでますの?その数は?」

砂皿「……さぁな」

黒子「隠しても無駄ですわよ?あのバリケードが勝手に崩れたのは明らかに能力によるモノ、銃の型式を見たところアナタは『外部』の人間のようですし……能力開発は行っていないのでしょう?」

砂皿「……さぁな」

黒子「……フン、まぁ良いですの、いくら口を塞ごうが『読心能力者(サイコメトラー)』に任せれば一発なので―――」


  ヒュンッ


黒子「……え?」

グシャンッッ!!!


砂皿「ぐがァァああああああああああッッ!!?」ゴキペキメキ

黒子「こ、これは……っ!!?」
(冷蔵庫が急に―――!?)


  ヒュガッッ!!


黒子「ぐうぅっ!!?」ズキンッ

砂皿「ご……ぁ……!」ジタバタ

黒子(そんな……何故……!?どうして私の肩に……アーミーナイフがッ!!?)ブシュッ


  「……あらあら、報告では男だけだと聞いてたんだけど……ハメられちゃった?」


黒子(……こ、この女―――っ!!?)クルッ


  ド ド ド ド ド ド ド ド ド・・・・・


結標「そ、れ、と、も……アナタも『スクール』の構成員なのかしら?」クスッ

 

黒子「ぐっ!アナタ……一体何処から……!?」ズキズキ
(まさか……仲間!?)

結標「あら、あらあらあら……ちょっと待ってよ、もしかしてソレ……風紀委員の腕章?」

黒子「はぁ……はぁ……!」ドクドク…

結標「あっちゃー……表の組織巻き込むのは流石にヤバいんだって……」

黒子「『スクール』……?表……?組織……?な、何の話ですの?」

結標「ゴメンゴメン、無かった事にしてくれる?私が用あんのはそっちの男でー」テヘッ

黒子「ふ……っ!!」プルプル

結標「え?」

黒子「フザけてますの!?一体何なんですのよアナタは!!?私の質問には何一つ答えずに風紀委員相手にこの暴挙!!そこの男とまとめて収容所送りにしてさしあげますわっ!!!」

                                       

結標「……そう、それは残念ね……せっかく話し合いで解決しようと思ってあげたんだケド」スッ

黒子(警棒……?)ハァ…ハァ

結標「見られたからには隠蔽しないといけないわねっ♪」チュッ

黒子(何かが……来る!?)タタッ

結標「さぁ……逃げないとフッ飛んじゃうわよ?」ヒョイ


  ヒュンッ……ドズンッッ!!!

黒子「はぁ……はぁ……っ!」ササッ
(周りにある物体を次々と……間違いない、あの女は……っ!)

結標「それにしても……此処の部屋広いのね、スイートルームっていうのかしら?」キョロキョロ

黒子「……?」

結標「上手く隠れたつもりでしょうが……『座標移動(ムーブポイント)』には関係ないわよ?」スッ


  ガオンッッ!!!


黒子「ッッ!!?」
(壁ごと消し飛ばされた!?)

結標「……ん?一緒に外に放り出したハズだけど……」
(『座標移動』が干渉しない……?)

黒子「やはり……空間移動系能力者ですのね?」ハァ…ハァ

結標「―――てことは……アナタが風紀委員の腹黒空間移動能力者、白井黒子さん……か」ニヤリ



黒子「ま、マズい……っ!?」タンッ!


  ドスッ!ドスドス!!ドズンッッ!!!


黒子「くっ……!ああああぁぁぁぁぁ……っ!!」ゴロゴロゴロン

結標「アーッハッハッハッハ!!どう?……素晴らしいでしょう!?」

黒子「知って頂いてるとは光栄ですわね、しかしお話は後でゆ~っくりと―――」スッ


  ヒュンッ


結標「へぇー……このダーツがアナタの武器なのね」パシッ

黒子「な……っ!!?」
(奪われた……!?)

結標「ふふっ、驚いた?私の『座標移動』はアナタの陳腐な『空間移動(テレポート)』とはワケが違うのよ」

黒子(物体に触れずに転移を……!?)

結標「アナタの『空間移動』や、物体を手元に引き寄せる『空間転移(アポート)』とも違う……それが私の『座標移動』」ヒュパッ


  ヒュガッッ!!!


黒子「ぐ!!っぁ……!!?」ズギッ!

結標「私の能力はアナタのように、いちいち物体に触れなくとも転移が可能なのよ……周辺にある物体が全て私の味方、だからわざわざ武器は持ち歩かないの」ニコニコ

黒子「痛ぅっ……!さっきから……調子に乗ってベラベラと……!!」ボタボタ

結標「最初の一撃を喰らわせた瞬間から勝利を確信しているからよ、そうでなければ自分の手札を軽々と晒すもんですか」

黒子「そう……ですの、ナメられたものですわね……私も……」ヨロッ

結標「アラ……まだ立ち上がるの?大した根性ね」

黒子「厳しい先輩がいましてね……生憎……鍛え方が違いますのよ」スッ

結標「……今更ダーツを構えてどうすると言うの?」

黒子「今からアナタに……ブチ込みますのよ」ハァ…ハァ

結標「ムリね」

黒子「……っ」ドクドク…

 結標「肩にはナイフが突き刺さり、綺麗な太股やふくらはぎにはダーツが貫いてる……灼け切るような激痛で演算なんて不可能でしょう?」

黒子「……しかし……風紀委員の身分で言うのも不謹慎ですが……安心しましたわ……」フフッ

結標「……?」ピクッ

黒子「アナタや……そこでノビている男のような小悪党が……まだこの街に蔓延っている限り……私は己の正義の為に戦えるのですから」

結標「フン……仕事熱心だこと、嫌いじゃないわ?私に勝てたらお友達になってあげる」

黒子「最高の誉め言葉ですわね……ふふっ、そう感じるという事は私も仕事人間……という事なのでしょうか……」

結標「……」スッ

黒子「……しかし、お友達は……お断りですのよ?」ヨロッ

結標「……さようなら」ヒョイ

黒子「チ……ッ!!」ヒュパッ


  ヒュンヒュッヒュン……ヒュガッッ!!!




初春「先輩も一通さんも事情徴収に追われてますし、白井さんは遅いですねーアホ毛ちゃん……ってあれ?アホ毛ちゃーん?」キョロキョロ

垣根「……」ピポパ


  トゥルルルルルル……カチャ


心理定規『あら垣根、そっちはどうしたの?』

垣根「他の二人がやられた、『残骸』も奪われた」

心理定規『そっ……か』

垣根「……」

心理定規『……やっぱりね』クスッ

垣根「そうか……テメェか……」ギリッ

心理定規『ふふ……♪』


垣根「テメェが俺達を売りやがったんだなぁ……心理定規ォォオオオオオオオ!!!」

心理定規『ダメじゃない垣根……闇に潜む人間が自分以外を信じるだなんて』

垣根「あ゛あァァ!!?」

心理定規『でもね……特別に教えてあげる、アナタには何とか生き延びて欲しいから……ね?』

垣根「オイオイオイ、この期に及んで俺の心配かぁ?いつもは温厚なていとくんも流石にブチリと来ちまったぜ……蒸発させてやっからとっとと殺されろ、コラ」

心理定規『今「残骸」を欲している組織は沢山いるわ、「アイテム」に「グループ」、そして―――』

垣根「それがどうした?殺ス、俺の敵になるバカ共は全員ブチ殺して進みゃ済む話なんだよなクソッタレがよぉッ!!?」

心理定規『私に出し抜かれてるようじゃ学園都市を手に入れるなんて不可能よ……そんな野望は諦めて、もう一度表の舞台で生きてみるなんてどう?』

 

垣根「黙れ……」

心理定規『私は知っているわ、アナタは本当は優しい人……あの事件に触れて……学園都市の闇に堕ちて壊れちゃっただけなのよ』

垣根「知った風な口を 利、き、や、が、る、な この野郎……何もわかってねぇテメェが―――」

心理定規『……わかるわよ』

垣根「……あぁ?」

心理定規『だって私は……人の心の距離を測る「心理定規」だから』

垣根(このアマ……ッ)

心理定規『「スクール」はたった今壊滅したわ……唯一人、リーダーであるアナタを残してこうも簡単に、ね』

垣根「……」

心理定規『ごめんなさい垣根帝督、そして……』



心理定規『―――さようなら』

 ブツッ、ツー…ツー…ツー……

 

垣根「……」

垣根「……何でだよ」

垣根「意味わかんねぇ……何が『ゴメンナサイ』だ、嫌なモン思い出させやがって……ちくしょう……!」

初春「あ、あのっ!てててていとさん……!!」ワタワタ

垣根「ん……」クルッ
(聞かれちまったか……?まぁ、良いか……)

初春「アホ毛ちゃんがいなくなっちゃったんですよーっ!」

垣根「……」

垣根「……は?」

初春「はわわわわわ!きっとさっきの人混みに巻き込まれて……!」ワタワタ

垣根「は……ははっ、本当にコイツらは……」ヒクッ  

初春「早く見つけないとマズイですよー!悪い人に連れ去られてとんでもない事にっ!?」

垣根(……馬鹿だ俺は、諦めるだと?凡人にならその選択も有るかもしれねぇよ……だがな)ニヤリ


  バサアァッ!!


初春「ふぁっ!?」ビクッ

垣根「―――俺の『未元物質』に……常識は通用しねぇ」

初春「え……、白い……翼……?」ポカーン

垣根「……悪いな初春、用事が出来た」

初春「ス、スゴいですっ!これが……!!」ドキドキ

垣根「……じゃあな」タンッ


……バオッッ!!!


初春「わ……わあぁぁぁぁぁぁっ!!?」ドテッ


垣根(『残骸』は誰にも渡さねぇ……!)バサッ

 

ヒュウウゥゥゥ……


初春「はわわ……」

初春「カッコイイ……!まるでホーリーエンジェモンみたいですよー……」ウットリ

一方通行「一件落着だなァ初春さンよ、他の連中は何処に―――って何だァ?この羽毛は……」トコトコ

初春「はああぁ一通さんっ!ていとさんってばスゴいんですよっ!?背中から急にゴバーっと出て来てバビューンって飛んでっちゃったんですからーっ!」

一方通行「……何が言いてェのかサッパリわかンねェ」ポリポリ

初春「あーもーっ!ですからていとさんから白いのがいっぱい出て来て―――」

一方通行「……」

               




結標「えぇ……わかったわ、こっちは済んだから回収に向かうわね」プチッ

結標「―――ったく、本当に人使いが荒いんだから……さて、と」クルッ


黒子「……かはっ!」ゲホッ


結標「急所は外したんだからまだ死んじゃいないでしょ?」

黒子「……本当に……どういうつもりですのよ……」ハァ…ハァ

結標「最初に言ったでしょ?表の人間を殺すのはマズイのよ……他との繋がりが広い風紀委員や警備員は特に、ね」クスクス

黒子「ぐっ、ですから……その意味が……!」

結標「アナタには関係ないわ、どうせすぐに何もわからなくなるんだし」

黒子(警備員がいつまで経っても来ない……何故……?)

結標「助けなら来ないわよ、既に警備員には連絡してるんだろうけど……」

黒子「はぁ……はぁ……」

結標「今から此処に来るのは事件の後処理係……つまりはそういう事よ」クルッ

黒子(隠蔽……記憶でも消されるのでしょうか……)

結標「―――じゃ、この男は貰って行くわね、ジャッジメントの白井黒子さん?」グイッ

砂皿「ぐ……」

黒子(く……そ……っ!!)ギリッ

結標「アナタは少しの間、そうやって自分の無力さに嘆いていると良いわ……記憶に残っていたら、また会いましょ?」ニッコリ

……ヒュンッ


  

黒子(負けた……なんという失態ですの……っ!手も足も出せずに……犯人まで奪われて……!!)

黒子(くそ……!あの、女……っ!!)

黒子「ふざけるな……」ギリッ


黒子「フザける……なぁぁあああああああッッ!!!」ググ…


黒子「絶対に逃がさない……!このまま終わってなるものですか!!ナメるな……私はジャッジメントの白井黒子ですのよ!!?」ヨロッ

黒子(早くしないと時間がない……何秒後にその後処理係とやらが来るかが分からない……!)フラフラ

黒子(高級ホテルの一室……応急セットくらいあるハズですのよっ!)ガサゴソ




  パラポロピレパレ~♪


一方通行「あン?」

初春「ほぇ?白井さん……?」ピッ


黒子『初春ゥゥあああああああああッッ!!!』


初春「ひいぃぃぃぃ!!ずびばぜんーっ!!」

黒子『今すぐ書庫(バンク)を開きなさい!クソッタレの追跡開始ですのよ!!』

初春「えぇっ?犯人はどうしたんです?」

黒子『そ、それは……痛ぅっ!』

初春「し、白井さんっ!?もしかして怪我してるんですか!?」

一方通行「あァ……?しくじったのかよババァ、情けねェ」

黒子『うるっさいですのっ!!聞こえてますのよセロリ!!!』

一方通行「ンだァ?ピンピンしてンじゃねェかよ」

初春「に、逃げられちゃったんですかぁ!?さっきは確かに捕まえたって……」

黒子『……あぁそうですのよっ!もう一人いて逃げられちゃったんですの!!ですから私は後を追う!!!その為には初春、アナタのバックアップが必要ですの!何より時間がないっ!!早くしなさい文句がおありで!!?』

一方通行(やっぱり仲間がいやがったのか……)チッ

初春「どうしましょう一通さん、白井さんってば相当キレちゃってますー」ボソッ

一方通行「イイぜ初春さン、さっさと検索掛けちまいな……眼鏡先輩には俺から言っといてやンよ」

初春「わ、わかりましたよー……白井さん、犯人の特徴をお願いしまーす」カタカタカタ

黒子『確かあの制服は……霧ヶ丘女学院、そして空間移動系能力者……それだけでヒットするハズですの』

初春「が、学生ですか!?……って本当に出ました!名前は結標淡希さん、霧ヶ丘二年生で能力名は『座標移動』!!」カタカタカタ

黒子『そんな糞情報はどうでも良いんですのよ、監視カメラでも衛星カメラでも何でもハッキングしてさっさと場所を特定なさい!手段を選んでる暇はありませんわよ、一秒でも早く見つけて身心共々八つ裂きに―――』

初春「そ、そんな無茶な……相手はLv4ですよ?自身を飛ばせるんです!例え見つけても……」

一方通行「いや、コイツのAIM拡散力場の波長を記憶させてマップ上に表示するよう書き換えちまえばイイ……オマエなら出来ンだろ?」

初春「んもーっ!怒られるの私なんですからねー!?」

一方通行「バレなきゃ良いンだよ、バレなきゃな」

初春「一通さん、私達そんなノリで前に先輩泣かせちゃいましたよね?ね?反省してます?」

黒子『今回は先輩も責任取って頂けると仰ってますし』

初春「うわーご都合主義ですねー白井さん、今度こそ先輩にオシオキ(ジャッジメント)されても知りませんからね、えぇ知るもんですかされてしまえ」カタカタカタ




黒子(あれほど深かった傷の痛みが確実に引いている……流石は学園都市製の傷薬と言ったトコロでしょうか)マキマキ

黒子(ブレザーにまで滲んだ血はどうしようもありませんわね……洗っている暇も寮に戻って着替えている時間もありませんし……)キュッ

黒子「……初春、結標淡希は今何処に?」

黒子「……は?能力を使わずに走っているですって?何故……?」

初春『わかりませんよ、一通さんもここから近かったので追いかけて行っちゃいましたし……』

黒子「チッ、私がやると言ってますのに……!」

初春『結標さんの能力ですが……明らかにLv5認定されててもおかしくない実力者ですよ?調子の良い時は一度の空間移動で八〇〇メートルは移動できるみたいですし、ここは一通さんに任せた方が……』

黒子「では何故Lv4止まりなんですの?何故自分の脚で走ってますの?」

初春『し、知りませんよそんなの……急いでないんじゃないですか?今調べてますけど』

黒子「そんな強力な能力を持ち合わせていながらLv5の壁に届かない……という事は必ず何か致命的な欠陥があるハズですのよ、例えば……」

初春『例えば?』

黒子「そう言えばあの女……能力を使用する直前に必ず警棒を振るってましたわね、それはまるで魔法のステッキのように」

初春『警棒?武器じゃないんですか?』

黒子「いえ、自分から武器は持ち歩かないと豪語してましたし……」
(つまりあの警棒の意味は……?)


……コンコン


黒子(ご丁寧に……来ましたわね)

黒子「……行きますわよ初春、結標淡希の現在のポイントは?」

初春『……ってぁぁあああああああっ!!!』

黒子「うるっさい!何ですのよ!?」

初春『アホ毛ちゃんが迷子になっちゃったんですよー!』

黒子「打ち止めちゃんが!?何やってますのよこのおバカっ!!」

初春『ていとさんも何処かに行っちゃいましたし捜す人が―――ってあれ?これって私だけお説教フラグ立ってませんか!?一通さんってば本当に先輩に説明してくれたんですよね!!?』

黒子「まったく……」フゥ

初春『早く戻って来てくださいよー白井さん、事態はかなり面倒な事になってます!』

黒子「心配ご無用ですわよ、今からその面倒を片付けに行くんですから……」ザッ


……ヒュンッ




初春「はい一通さん、そこの角を左に曲がると……あーっ!ちょっと白井さん、回線に割り込まないでくださ―――」


  「随分楽しそうねー初春さん、何してるの?」


初春「……」クルッ

固法「んー?」ニコニコ

初春「せ、せんぱ!?いいえいえいえ拙者、楽しくなんてないでござるよ!!?」ワタワタ

固法「……で、皆は何処に行ったのかな~?」ズイッ

初春「ち、近……っ!えーと……迷子になったアホ毛ちゃんを全力で捜索中なう」

固法「ふーん……打ち止めちゃん迷子になっちゃったんだ?」

初春「そ、そうなんですよー!ですから先輩も早く捜しに……」タハハ

固法「……」

初春「ささ、どうぞどうぞ」エヘヘ

固法「……」

初春「……ダメ?」

固法「ふふーん♪また私に内緒で何かやらかしてるのね……?お姉さん怒っちゃうぞ~?」ニッコリ

初春「タハ……ハ……」ガタガタガタ


  ぐ あ あ あ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ



  『qwせdrftgyふじこlp;』ブツッ


  ツー…ツー…ツー……


一方通行「……あァ?通信が切れちまいやがった……」

一方通行(まあイイ、この先だな……)ザッ

一方通行(大通りを離れて大分路地裏を進ンだが……此処は元はスキルアウトの溜まり場だったのかねェ……汚ったねェなァ)トコトコ


……カチッ


一方通行「……ンだァ?今の―――」


  ドッッゴォォオオオオオオオオオンン!!!!


  バキバキバキッッ!!ガラガラガッッシャァァッッ!!!


バラバラバラ……ッッ


フレンダ「……ぬっふっふ♪」ソローリ
(死んだ……今のは絶対確実に死んだ!)

絹旗「フレンダ……火薬の量を超間違えていませんか?」ゴホゴホ

フレンダ「きゃっほほぉぉおおおおおいっ!!『スクール』リーダーの首ゲットォ~ッ!!!悪いねー絹旗!結局、私のお手柄ってわけよーん♪」ルンルン

絹旗「手柄なんてのは超どうでも良いんですが……死体の確認だけは怠らないで―――」


  「あは」


絹旗「ッッ!!?」バッ

フレンダ「えっ、えっ?」

絹旗(コイツ……ッ、まだ生きて―――)


……ドッッバァァアアアッッ!!!


フレンダ「爆発ぅぅうううううッッ!!?」ビクッ

 ガラガラガラガラ……ッ!!


一方通行「待ち伏せ……か、……ったく、シケた遊びでハシャいでンじゃねェよ、三下」チッ

絹旗(風紀委員……!?この男はまさか……!)ハッ

フレンダ「な~んてねっ!」ポイポイポイッ

絹旗「バッ……!?」

一方通行「……あン?」
(人形だァ……?)

絹旗「フレンダッ!待ち―――!!」

フレンダ「大人しく死んでろっての!!」カチッ


  ズドドドドドドドドゥッッ!!!


絹旗「くっ……!」バフッ!
(粉塵で視界が……)

フレンダ「しつっっこいのよ!結局アンタ達『スクール』は……ここでくたばるのが運命ってわけよ!!」バチンッ!


  シュバアアァァァァァァァッッ!!


フレンダ(鋼をも焼き切るツール……コイツで脚を吹っ飛ばす!)

……バシュンッ!!


フレンダ「……」


……シ―――ン……


フレンダ「……ありゃ?」
(手応え……なし?)


  ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ・ ・ ・ ・


一方通行「……はン、俺達に手ェ出すたァ……身の程知らずのブタ共が、下拵えの準備は終わってンだろォな?」ザッザッ

フレンダ「……って、やっぱり効いてなーい!!」ヒーッ

絹旗「やってくれましたねフレンダ……彼の右腕に付いてる物を見てください、状況は超最悪です」

フレンダ「え」ジー


一方通行「ジャッジメントだァ……ウチのババァが世話になったらしいなァ……?」ニタァッ


フレンダ「あわわわわ!!本当に風紀委員の腕章付けてるし……どうしてこんな場所に!?結局人違いってわけ!?どうしよ絹旗ぁ~!」オロオロ

絹旗「『スクール』の裏切り者……心理定規と言いましたか、彼女に超騙されたと考えるのが妥当ですね」

一方通行「親船最中暗殺未遂……いや、そンなモンどォでもイイわ、俺の仲間を傷つけやがった理由で殺してやる」ギロッ

フレンダ「いきなりの殺害予告!!?風紀委員なのにっ!!!しかも……とてつもない勘違いしてる予感!」ワタワタ

絹旗「フレンダ……超『最凶』の風紀委員の噂を知ってますか?」

フレンダ「へ?何それ」

絹旗「相変わらず超情弱ですね……だからこんな展開になってしまうんですよ!バカ!アホ!!帰れ!!!」

フレンダ「言い過ぎ!言い過ぎだってば!!そして帰れる事なら帰りたいっ!!!」

絹旗「超白髪で超紅眼の風紀委員……たった一人で超多くのスキルアウトのグループを超壊滅させ、我々のブラックリストにも超堂々と載っている超S級要注意人物!」ゴクリ

フレンダ「も、もしかして浜面のチームを潰したってのも……!?コイツは結局何モンなのよ!!?」

絹旗「それこそ今、我々の目の前にいるのが学園都市Lv5の頂点……第一位の『一方通行』ッッ!!!」

フレンダ(……詰んだ、人生詰んだ……)ホロリ

一方通行「オマエら、さっきから勝手にコソコソ喋くりやがってるけどよォ……」コキッ

絹旗(来る……!)ゾク…

一方通行「……もォ終わらせちまっても構わねェンですかねェ……?」ニタァッ

フレンダ「むぎのぉ~……」グスン

絹旗「流石にわかっているとは思いますが、我々『アイテム』が四人一斉に掛かっても勝てる相手ではありません、ここは……」ジリ…

フレンダ「あうあうあー」メソメソ

一方通行「あン?」

絹旗「超後方ダーッシュ!!!」ダッ!

フレンダ「高級鯖缶食えずに死ねるかっての!」タンッ!

一方通行「ンだァ?急に愉快にケツ振り出しやがって……」ヒョイ

絹旗「……!?」タタタ
(さっきの砕けた瓦礫を……)

一方通行「誘ってンのか……っよォォ!!?」ドガッッ!


……ゴバッッ!!!

絹旗「ぅぐっ!!?」メキッ…!

フレンダ「絹……っ!?」


  ドンガラガッシャアアァァァァァン!!!


フレンダ「吹っ飛んだああぁぁぁっ!!?」

一方通行「ゴオォ~ゥル♪一通選手先制点でェーっす」


  ガラガラガラ……


絹旗「ベクトル変換……噂以上の超絶威力ですね」ケホッ

一方通行「お?」ピクッ

フレンダ「だ、大丈夫!?絹旗……!」タタッ

絹旗「私は大丈夫です、それより逃げてください……超早く!!」

一方通行「ほォー……すげェすげェ、こいつァ驚いた」パチパチ

フレンダ「うぅ……!」
(結局、最強のレッテルは伊達じゃないってわけ!!?)

一方通行「今のをマトモに喰らってまだ動けるたァな、それがオマエの能力かァ?」ザッザッ

絹旗「生憎……私の『窒素装甲(オフェンスアーマー)』はこの程度の衝撃では貫けませんので」

一方通行「……面白れェな、簡単にブッ壊れンじゃねェぞ?どこまで耐えれるか試してやっからよォ」ニヤッ

フレンダ「と、とりあえず謝っとく?風紀委員だし許してくれるかも……」ボソボソ

絹旗「彼が『最凶』と恐れられる所以は、悪党相手には一切の容赦をしないからです……既に我々は敵と認識されているでしょうし、そして何より言葉よりも先に拳が超飛んできます」

フレンダ「結局、また私の失態ってわけよね……」ショボン

絹旗「いきなり落ち込まれても慰めの言葉を掛けてあげる暇などありません、とにかく相手が悪すぎます、フレンダはとっとと皆さんの所へ」

フレンダ「き、絹旗はっ!?」

絹旗「私は此処に残って時間稼ぎをしますので」

フレンダ「でも……!」

絹旗「勘違いしないでください、彼の攻撃を防げない生身のアナタでは超邪魔以外の何者でもないと言ってるんですよ」

一方通行「おいィ?まァーた内緒のコソコソ話かァ?」ザッザッ

フレンダ「くっ……」

一方通行「……俺を仲間外れにしてンじゃねェよ、こっちはオマエらを狩りに来てンだ」ザッ

絹旗「早く皆さんを連れて私を助けに来てください……超理解してくれましたか?」ニッ

フレンダ「……うんっ!」ポイッ

一方通行(これは……)ハッ


……カッ!!!


一方通行(チイィ!スタングレネードか!!?)

フレンダ「待ってて絹旗!すぐに戻るからねっ!!」タタッ

絹旗(それにこの方とは超個人的な因縁がありますからね……)

一方通行「あークソ面倒だな、小道具ばかり使いやがって……」イライラ

絹旗「……」スック

一方通行「……ったくよー、何ですかァこの展開はァ?これじゃまるで俺が悪役じゃねェか」

絹旗(『絶対能力進化実験』の被験者、一方通行……どの面引っ下げて正義を気取ってるつもりですか)

一方通行「さてさて、どォやって更生させてやりますかねェ……?」

絹旗「……ご存知ですか、一方通行さん」

一方通行「あァ?」

絹旗「『暗闇の五月計画』……とある最強の超能力者の演算パターンを参考に、『自分だけの現実(パーソナルリアリティ)』を最適化させようとした実験なのですが」

一方通行「……知らねェな」

絹旗「実験は超悲惨なものでしたよ?能力が暴走して首を飛ばす者や自我が崩壊した者、そして役立たずはボロ雑巾のように捨てられたんです」

一方通行「そォかい」

絹旗「……」

一方通行「……ンで、それがどォした?お情けで涙でも流してやりゃ満足か?」

絹旗「……別に?ただ知って頂きたかっただけですよ、アナタがいたから―――」

一方通行「ハッ、馬鹿馬鹿しい……俺がいなけりゃ悲劇は生まれなかったとでも言いてェのか?」

絹旗「……」

一方通行「……小っせェなァ」ボソッ

 
一方通行「小っせェ『悪』だ……来いよ三下、悪党の立ち振舞いってのを教えてやるからよォ」

麦野「さっきの派手な爆発……フレンダかな、っつー事は本当に来たみたいだね」フフッ

滝壺「私達行かなくて良いの?」

麦野「いーのいーの、たまには手柄を分けてあげないとねー」

滝壺「むぎの、優しいね」

麦野「ホホホ、もっと褒め讃えなさい」

滝壺「……あっ」ピクッ

麦野「……ん、どしたの?」

滝壺「……天使……」

麦野「は?アンタ何言って―――」


……ズダンッッ!!!


滝壺「……降りてきたね」

麦野「え……何よ……?何なのよこの白い塊……」
 

……バサアァッッ!!


滝壺「わっ」

麦野「な……!?」


垣根「―――よぉ、テメェらが『アイテム』のクソ野郎で間違いねぇんだよな?」ニィッ


麦野「……誰?私は風紀委員に知り合いなんていないんだけど」

垣根「あー悪りぃ、この腕章な……今の俺には関係ねぇシロモンだわ、気にすんな」

麦野「ふーん……て事はアンタが『スクール』の大将で良いのかな?派手な登場の仕方してくれるじゃない」
(だったら絹旗達は一体何と戦っている……?)

垣根「カッコイーだろ、勝利宣言をしに来たぜ」ザッザッ
 

麦野「あはは、よくもまぁノコノコと……恐れる心が無いのかい?」ニヤニヤ

垣根「テメェらに寝返った心理定規もここにいやがるのか?」ザッ

麦野「さぁね、あの売女ってば今頃どっかの男に股開いてんじゃないの?捨てられちゃって可哀想ねーアンタ」

垣根「……まぁ良いや、あの女は後で犯しまくってから殺すとして……『残骸』を何処にやった、まさか壊したりしてねーよな?」

麦野「知る必要無いんじゃないの?どうせテメーは原子レベルで粉々になって死ぬわけだしさぁ」

垣根「やめとけよむぎのん、テメェの『原子崩し(メルトダウナー)』如きじゃ俺には傷一つ付けらんねーよ」

麦野「ハッ、命乞いでもしに来たと思ったら……粋がってんじゃねーよバーカ、私を第四位の『原子崩し』と知ってながら此処まで来たのは褒めてやる、だがな」

垣根「……哀れだな」

麦野「あ?」

垣根「興が醒めた……予習が足りてねぇなァむぎのん、自分の敵になる相手くらい調べとくべきじゃねーの?」

麦野「……何言ってんだテメー?」

垣根「名前で呼んで欲しいもんだな、俺には垣根帝督ってぇ立派すぎる名前があるんだから、よ?」ニィッ
麦野「垣、根……だと……?」ゾワッ
(まさ……か……ッ!?)

垣根「もう一度言うぜ麦野沈利、テメェの『原子崩し』じゃ俺の『未元物質』には届かねぇ……二位と四位じゃ差が開きすぎてんだ、悪りぃがストレッチにもなんねーよ」

麦野「バカな……そんなハズあるわけねぇだろうが!?どうしてよりによって『スクール』のリーダーが……!!?」

滝壺「焦らなくても大丈夫だよむぎの、私はそんなむぎのを応援してる」ポンッ

麦野「うるせえぇぇぇぇ!!黙ってろ!!!」

垣根「―――良いか、今の俺は半端じゃねぇくらいに相当ムカついている……だがな、それを圧し殺してでも哀れなテメェにチャンスをやる」

麦野「なに……!?」

垣根「『残骸』は何処だ、俺が知りたいのは そ れ だ け だ」

麦野「フ……ザけてんのかテメェ……!」プルプル
垣根「俺は外道のクソ野郎だが……自分なりの良心ってのは持ってるつもりだ、大人しく質問に答えてりゃ格下のテメェなんざ見逃してやるっつってんだよ」

麦野「かっ……」ブチッ

垣根「死にたくねぇなら無意味なプライドなんざ捨てちまえよ……なぁ頼むぜーお嬢さん、俺にテメェを殺させるんじゃねぇ」

麦野「こ、この……ッ!!」ピキピキッ

滝壺「むぎのっ!?」


麦野「このっ……!クソッッッタレがあぁぁああああああああああッッ!!!」ヴンッ


垣根「……馬鹿が」


  ゴッッバァァアアアアアアアッッ!!!!


フレンダ「っわ……!な、何っ!?」ビクッ
(麦野達が待機してる方角……?)

  『な、何だよ今の爆音は!?こっちまで聞こえて―――』

フレンダ「どうでも良い心配してないでさっさとUターンして戻って来いって言ってるでしょ!!一方通行はアンタの敵じゃなかったわけ!?」タタタ

  『確かに一方通行は憎いよ!でもLv0の俺に何ができるってんだこの野郎!』

フレンダ「うっさい下っ端!結局アンタは車動かすしか能がないんだからアクセル全開でブッ飛ばしゃ済む話な―――えっ……!?」

  『ふっっざけんな!アイツは車どころか音速ジェット機ですら鼻歌混じりのスキップ交わしながらでも余裕で追い抜かすようなバケモンだぞ!?』

フレンダ「う、嘘……でしょ?麦野……滝壺……!」プルプル

  『嘘じゃねーよ!とにかく俺は行かねーからな!?「残骸」を上層部に届けて今日の仕事はオシマイだざまぁみ』ブチッ

フレンダ「な、何よアンタ……!?何やってんのよ……ッッ!!?」


垣根「あん?」ゴリッ…


…………グゴキッッ!!
麦野「―――ッッ!!?」ズキッ

垣根「あぁ悪りぃ、ビックリして力入れちまった……大丈夫か?」グリグリ

麦野「ぎ……ィィああああぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!?」

フレンダ「麦野っ!!」

垣根「ははっ、たかが腕ェ外されたくらいで大袈裟だぜむぎのん」

滝壺「痛……い……」グッタリ

フレンダ「あ……ぁ……!」タジ…

垣根「で……何だ、テメェも『アイテム』の構成員だよな?」ギロッ

フレンダ「む、麦野に……何やってんだって聞いてんのよおぉッッ!!」

麦野「うっ……うっううぅ……!」ズキズキ

垣根「何って……そりゃお前、見てわかんねぇのか?聞き分けのねぇお嬢さんにキッツーイお仕置き か ま し て ん だ よ」グリッ

麦野「っあッッ!!?」ビクッ!

フレンダ「や、やめてよ!やめ―――!」ダッ

垣根「は」


…………ガンッッ!!


フレンダ「ぅあ……っ!!?」ドテッ

垣根「暗部に属してるってェのに、いつ死ぬかもわかんねぇ仲間が大切か?だったらテメェが代わりに踏まれてみるかよ、あぁ?」ザッザッ

フレンダ「ひ……っ!」


    ズドッッ!!


フレンダ「ぃあ……っ!?ちょ……待っ……!!」メキメキ…

垣根「待たねぇよ」ミシミシミシ…!

フレンダ「あっあっああぁぁぁぁぁぁぁッッ!!!」メキメキメキメキ
(千切れる!胴体千切れちゃううぅぅぅぅ!!!)
滝壺(フレンダ……!)

垣根「チ、くだらねぇな……『アイテム』ってのはただの仲良し集団なのか?」

フレンダ「痛い……げほっ!痛いよぉ……!麦野……助けて……!」グスッ

垣根「俺は一般人には極力手を出さねぇし、相手が格下だってんなら見逃してやるくらいの良心も持ち合わせてる……だがな、それでも俺の敵になるってんなら容赦はしねぇ」

麦野「はー……はー……」ズキズキ

垣根「コラ原子崩し、テメェさっき言ってやがったよな?ウチの正規の狙撃手ブッ殺して俺達に忠告だの何だの」

麦野「それが……どうしたってんだ……!」ハァ…ハァ

垣根「自惚れてんじゃねーぞ格下が、逆だよ逆、俺がせっかく笑いで流してやったのに『スクール』に楯突く道を選びやがって……身の程を知れ、ク ソ ボ ケ」ギリギリギリ

フレンダ「あがっ!む……ぎ……ヒック」ポロポロ
(どうして……!?どうして私が……こんな目に……!!)
麦野「……」

垣根「さぁどうするよむぎのん、助けてやんねぇの?早くしねぇと大事なお友達が公開処刑されちまうぜー?」

フレンダ「助……け……」


麦野「……チッ」


垣根「ははははははっ!!酷でぇヤツだなぁ!?あー……そうだお嬢さん、良い事考えたんだけどよ?」

フレンダ「え……?」

垣根「薄情なリーダーに代わって『残骸』の在処を教えてくんねーかな?それならお前に免じて全員見逃してやっても良いんだぜ?」ニコニコ

フレンダ「ホ……ホン……ト……?」クスン

麦野「テメ……ッ!!?」

滝壺「ダメだよ……フレンダ……」

垣根「おーっと黙れ黙れ、俺はテメェらに見放された可哀想なフレンダたんに聞いてんだよ」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。