上条「アンタは私のものになんのよ」美琴「……不幸だ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

常盤台学生寮 自室――


美琴「絶対成功させるんだから……今度こそ」ブツブツ

黒子「お姉様?」

美琴「まずはアイツを探して…」ブツブツ

黒子「悩み事ですの?」

美琴「……速攻で告白するんだから」ブツブツ

黒子「告白!? 告白ってなんですの!?」

美琴「誰にも邪魔はさせない…」ブツブツ

黒子「ま、まさか、あの殿方に!? 答えて下さいまし!!」ガクガク

美琴「ん? 黒子どうかした?」

黒子「どうかしてるのはお姉様ですの!あの類人猿に告白するなんて、あのような馬の骨にぃぃぃぃぃ!!!」

美琴「はあ?」

黒子「とぼけないでくださいまし! 黒子はばっちり聞きましたの!」

美琴「アイツは馬の骨なんかじゃないわよ!!」

黒子「へ?」

美琴「私を守ってくれる、最高のヒーローなんだから!!」

黒子「」フラフラ

美琴「いくら黒子でもアイツを悪く言うのは許さないわ」

黒子「……おかしいですわお姉様。素直すぎますの」

美琴「意地を張ってもしょうがないでしょ」

美琴「アイツだけは誰にも譲れないもん。だから絶対に振り向かせてみせる!」

黒子「そこまでの決意を……」

美琴「黒子?」

黒子「分かりました。わたくしはお姉様の恋を応援しますの」

美琴「!?」

黒子「お姉様の素直な気持ちを伝えれば、上条さんはきっと応えてくれますの」

美琴「応援してくれるのは嬉しいけど、急にどうしたの?」

黒子「わたくしはお姉様のパートナーです。お姉様の幸せを願うのは当然ですの」

美琴「そっか、ありがとね、黒子…」ギュッ

黒子「お姉様…」ギュッ



美琴「よーし、いってきます!」

黒子「いってらっしゃいませ。お姉様、御武運を」

美琴「まずはアイツを探さないとね」

美琴「とりあえず、何時もの公園に行ってみるか」タッタッタ


例の自販機のある公園――


美琴「いないわね、此処じゃないのかしら?」キョロキョロ

佐天「御坂さーん!」タッタッタ

美琴「あら、佐天さんじゃない」

佐天「どうしたんですか? 何か探してるみたいですけど」

美琴「えーっとね、人を探してるの」

佐天「風紀委員のお手伝いですか?」

美琴「違う違う、個人的なことだから」

佐天「そうなんですか。あたし暇ですから一緒にさがしますよ」

美琴「ええっ!? だ、大丈夫よ、そんな大した用事でもないし……」ゴニョゴニョ

佐天「……」キュピーン

佐天「はっはーん」ニヤニヤ

美琴「な、なに佐天さん?」

佐天「御坂さんが探してるのって男の人でしょ」ニヤニヤ

美琴「……はぁ、正解よ」

佐天「え? 御坂さんが素直? まさか偽者!?」ガクガク

美琴「何言ってるの、私は本物よ」ヤレヤレ

美琴「素直になるって決めたの」

佐天「なにがはじまるんです?」コンラン


事情を説明中


佐天「なるほど! 上条さんに告白するんですね!!」ダイコーフン

美琴「そ、そうだけど」

佐天「何て告白するか決めてるんですか?」

美琴「…決めてない」ズーン

佐天「それは不味いですね」

美琴「ぶっつけ本番はやっぱり不味いかしら?」オロオロ

佐天「そりゃそうですよ」

美琴「でもどうすれば…」オロオロ

佐天「はいはい! あたしに良い作戦があります!」キラキラ

美琴「えー」フアン

美琴「まあ聞くだけ聞いてみようかな」

 

 

作戦説明中



美琴「そっ、そそそんなことッ、ほほ本当にするの!?」マッカ

佐天「当然です」

美琴「でっでもでも、いきなりしちゃったら嫌われない…?」オズオズ

佐天「大丈夫ですって。御坂さんにされて嫌がる人なんていませんよ」

美琴「本当に大丈夫かな。何かおかしい気がするんだけど」

佐天「任せて下さい! 行動派の御坂さんにピッタリな作戦ですって」

佐天「いくら上条さんが鈍感でも、絶対伝わりますよ!」

美琴「そうよね、……言葉より行動よ!」

美琴「ありがとう! 上手くいったらすぐに教えるから!!」タッタッタ

佐天「頑張って、御坂さん!!」ブンブン

 

 

夕暮れの河川敷――

 


上条「~~~~~♪」ハナウタ

美琴「見つけた! おーい!」タッタッタ

上条「~~~~♪」ウタウ

美琴「ちょろっとー」

上条「~~~~~♪」ハナウタ

美琴「このっ、スルーしてんじゃな…」ハッ

美琴(いけない! ここでビリビリしちゃいつもの繰り返しだ)

美琴(黒子たちが応援してくれたんだもの。冷静にいかないとね)

美琴(ここは佐天さんの作戦通りにいくしかない!)

美琴「それっ!」ダキツク

上条「うおあっ、だ、誰だ!!??」チラリ

上条「みみ御坂さん!? とうして抱きついてるんでせう!?」

美琴「(恥ずかしいぃぃぃ)えーっとね、大切な用事があるんだけど今いいかな?///」ウワメ

上条「わわわ分かったからそんな目でみないで! あと離してくれぇぇぇ!!」ヤワラケエ

美琴「うん///」ドキドキ

美琴(作戦の第一段階はクリア! 流石佐天さんね)

上条「それで用事ってなんだ?」

美琴「えっと、その、アンタに聞きたいことがあるんだけど」

上条「え? 勝負とかじゃないのか?」

美琴「そんなんじゃ……って、そうよね、普段からアンタに迷惑かけてるもんね」

美琴「ごめん。でも今日は…」ペコ

上条「いいって! 変に疑って悪かった。だから頭下げなくていいから」オロオロ

美琴「うん、ありがと」

上条「ロシアの時は世話になったからな。何でも聞いてくれ」キリッ

美琴「う、うん///」ドキッ

美琴(緊張するぅぅぅ!! でもやるしかない、一気に畳み掛けるわよ!)

美琴「アンタ今、恋人いる?」ドキドキ

上条「はあ? そんなのいる分けねえだろ」

美琴「本当!?」ドキドキ

上条「嘘吐いてどうすんだよ。不幸な上条さんに彼女なんてできるはずがねえ」

上条「……自分で言ってて悲しくなるなぁ。あれ? 目から汗が」ホロリ

美琴「彼女欲しいの?」ドキドキ

上条「欲しいにきまってんだろ。俺だって健全な男子高校生だからな」

美琴「欲しいなら///」ドッキンドッキン

上条「どうした?」

美琴「そんなに欲しいならあげるから///」マッカ

美琴「しっかり受け取れやコラァァァァァァァァァァーーーッ!!!!!」ガバッ

上条「なっ、ンン!!!???」chu

美琴「んっ///」chuuu

美琴(きききききキスぅぅ!! あああアイツとキスっ、幸せすぎておかしくなるぅ///)ビリビリバチバチ

上条美琴「んんーーーーーーーーーーーっ!!??」ピシャーーーーン

上条美琴「…………」プスプスプス

美琴「……」グッタリ

上条「……」グッタリ

美琴「…うぅ、痛ってー、何なんだよ何が起きた…」ヨロヨロ

美琴「確か御坂にいきなりキスされて/// ッ!? そうだ御坂は!?」キョロキョロ

上条「……」グッタリ

美琴「」ボーゼン

美琴「俺が…いる?」

上条「…………あれ?」キョロキョロ

美琴「おい、どうした?」

上条「ん? あんたは……シスターズか」

美琴「違う。お前こそ誰なんだ?」

上条「私は御坂美琴だけど」

美琴「」ジブンノカラダミル

上条「どういうこと?」

美琴「」ユビサス

上条「私? 私がどうかし……た」ジブンノカラダミル

上条「なに……これ……」ガクガク

上条「もしかしてアンタ…」ハッ

美琴「…上条当麻だ」ガクガク

上条美琴「……」ブルブル

上条美琴「なんじゃこりゃああああああああああああああーーーっ!!!???」



美琴「とっとにかく介抱しないと」アセアセ

美琴「おいっ! 大丈夫か?」ユサユサ

上条「……大丈夫だ。問題ない」ムクリ

美琴「良かった、気がついたか」

上条「……良かった? そうだな、まさに僥倖だ」ボー

美琴「早速で悪いけど、お前誰だ?」

美琴「まずは落ち着こう」スーハー

上条「これが落ち着いてられるかっ!」コンラン

上条「アンタは何でそんなに冷静なのよ!」

美琴「異常事態には慣れてるからな…慣れたくなかったけど」シクシク

上条「慣れるって、どんだけ愉快な人生送ってんのよ」ウワー

美琴「言わないで!? 鬱になるから!」フルフル

上条「分かったから、状況確認からね」

美琴「…納得いかねえ。それと俺の姿でその喋りかたはキモイぞ」ハア

上条「私とアンタの体が入れ替わったのよね」

美琴「スルーされた!?」ガーン

上条「はいはい、次は能力ね」

美琴「ん? 幻想殺しがあるのに入れ替わってる?」

上条「幻想殺し? …異能の力なら神の奇跡さえ打ち消す能力…ね」

美琴「!?」

上条「効果範囲は右手のみ……ふーん」ニギニギ

美琴「なんで知ってんだよ!?」

上条「なんかね、知りたいって思ったら頭に浮かんできたのよ」

美琴「マジかよ!? つーことは…」ビリビリ

美琴「うおっ! すげー帯電してる!」ビリビリ

上条「落ち着きなさい」パキーン

美琴「あれ? ビリビリできない……もしかして幻想殺し?」

上条「ええ、どうやら知識と手続記憶は体が覚えてるみたいね」

美琴「でもどーするよ。幻想殺しで触れて戻らないってことは」

上条「入れ替わりは通常の法則で起きたんでしょ」

美琴「原因を見つけねーと…」

美琴「不味いな、これからどう…なにしてるんでせう?」

上条「アンタの体凄いわね! 体中から力が漲ってくる!!」シュッシュッ

上条「肉体強化の能力者もびっくりな身体能力じゃない!」ピョーン

美琴「……上条さんは何時の間に神裂みたいなトンデモ人間になっちまったんだ?」ガクガク

上条「これだけの能力なら一方通行に勝てたのも納得だわ」ブオーン

美琴「違うからね!? 幻想殺し以外は一般人だから上条さんは!」ギャース

上条「アンタ何も考えずに体を振り回してるんじゃない?」

美琴「???」

上条「だから、論理的に動かせば凄いポテンシャルが引き出せるってこと」ピョーーーーン

上条「異常なまでの頑丈さも体の動きに耐えるためにあるんじゃないの?」ドスン

美琴「……ありえねぇ」

上条「少しは頭使いなさいよ」ヤレヤレ

美琴「中学生に馬鹿にされた……」ガクリ

上条「今はアンタが中学生じゃない」

美琴「うだー! 遊んでる場合じゃねえだろうが!」

???「おーい、カミやーん!」

上条「ん?」

美琴「あれは…」

上条「土御門さんであってる?」

美琴「ああ」

上条「……入れ替わったことは秘密ね」

美琴「なんで?」

上条「アンタは学園都市の暗部に狙われてる。ロシアの時に教えたでしょ」

美琴「そうだったな。隙を見せるなってことか」

上条「誰も巻き込みたくないしね」

美琴「分かった。迂闊なことはしない」

上条「お願いね……」




土御門「カミやん呼んでるのに無視とか酷いにゃー」タッタッタ

上条「すまん、話に夢中で気づかなかったんだ」

土御門「まあいいぜよ。そっちは常盤台の超電磁砲かにゃー?」

美琴「は、はい。か…御坂美琴です」アタフタ

土御門「オレは土御門元春、よろしくにゃー」

上条「それより慌ててたけど、どうしたんだ?」

土御門「そうだった、急で悪いがカミやんと禁書目録にはイギリスに行ってもらうぜい」

美琴「!!! 何で!?」

土御門「部外者には話せないにゃー」

上条「…イギリス?」

土御門「おーっと時間がない。カミやん詳しい話は移動中にするにゃー」ガシッ

上条「え?え?」オロオロ

美琴「ま、待て!」

上条「ちゃんと説明し…」

土御門「悪いにゃー。ちょっとカミやんは借りてくぜよ」シュー

上条「」パタリ

美琴「なにしてんだよ!?」

土御門「大丈夫、ただの催眠スプレーだにゃー」ブロロロロ

土御門「迎えの車も来たし、失礼するぜい」ガチャ

美琴「待てよ! そいつはッ」ブロロロ

美琴「くそっ! 車が行っちまう……そうだ!」ビリビリ

美琴「行かせるかぁぁぁぁーーーッ」バチバチ

黒子「駄目ですの!!」シュン

美琴「!?」

美琴「…行っちまった」ガクリ

黒子「お姉様! こんな所で雷撃の槍を使うなんて、どういうつもりですの!!」プンスカ

黒子「常盤台のエースとしての自覚をもっと」クドクド

美琴(御坂を巻き込んじまった……どうしよう)

黒子「聞いてますの!?」ガシッ

美琴「! ……な、何だ?」ビクッ

黒子「上条さんに告白しに出かけたはずでしたのに」プンプン

美琴「告白? 誰が?」

黒子「お姉様に決まってますの!」

美琴「マジか!?」ガビーン

黒子「マジですの」

美琴(だからあんなこと聞いてきたのか……)

黒子「お姉様、さっきから変ですの」

黒子「今日は寮にお戻りになって休んで下さい」

黒子「黒子は心配でたまりませんの…」スン

美琴(不安だらけだが、土御門たちもいるし知識も問題ない)

美琴(御坂が危険な目に……あっても大丈夫だな。……神裂みたいだったし)ガクガク

美琴(これからのこと考えねーとな、なにより)

美琴(こいつに心配かけるのは違うよな)

美琴「分かった。心配かけてごめんな」ナデナデ

黒子「理解していただければ構いませんの///」ドキドキ

 

 

常盤台学生寮――


黒子「到着ですの」シュン

美琴「テレポート凄いな! あっという間に着いたぞ」ワクワク

黒子「?? 何を仰ってるんですの。いつものことですのに」

美琴「そそそーだな。疲れてるのかもな。あはは」タラリ

黒子「いけませんわ! 早くお休みになりませんと」

美琴「そうだな。部屋に行くかーって、うわあああ!!」ステーン!

黒子「お姉様!?」ギョ

美琴「痛ッ、なんでこんなとこに空き缶があんだよ…ん?」シセン?

寮生達「……」ポカーン

黒子「……」ボーゼン

美琴「……」

美琴「あは、あはははは…失礼しましたぁぁぁーーーっ!!」ダダダダ

黒子「……ハッ!?」キョロキョロ

黒子「」イナイ

黒子「お姉様ぁぁぁーーー!!」ダダダダ

 

常盤台学生寮 自室――


黒子「お、お姉様? 本当に大丈夫ですの?」オズオズ

美琴「あはは…」ボロボロ

美琴「もしもし御坂か!」pi

上条『当たり前じゃない、アンタの携帯からかけてんだから』

美琴「お前無事だったのか。土御門に拉致られた時はマジで焦ったぞ」

上条『いやー、気がついたらロンドンに着いてたからね。私もビビったわ』

美琴「もうロンドン!? あれから二時間位しかたってないのに!?」

上条『超音速旅客機っていうの? なんか一時間ちょいでついたみたいよ』

美琴「あれか……お前運がいいなぁ。トラウマになる乗り心地だった」アレ?

上条『インデックスが潰れちゃってるけどね』

美琴「インデックス……他は誰がいる?」

上条『神裂さんとステイルの二人ね。今ちょっと離れてるけど』


美琴(部屋につくまでに転ぶこと三回、晩飯は美味かったけど、いつも通り不幸だ)アレ?

美琴(まてよ。今は幻想殺しが無いから幸運は打ち消されないはずだ)

美琴(なのに不幸が止まらない。御坂も不幸体質なのか?)ゲコッゲコッゲコ

美琴(電話か、誰だ? 当麻…って俺!? いや御坂からか!)

美琴「ちょっとトイレ行ってくる!」タッタッタ

黒子「はい?」ポカーン

美琴「神裂たちがいるなら安心だ。不安に思うことないからな」

上条『はあ? なんで不安? 面白そうじゃない!』

美琴「……何が?」ピク

上条『聞いてよ! 私たち遺跡調査に同行するの! 遺跡調査よ! これは冒険の予感がするわ』

美琴「」カタカタ

上条『心配しなくても大丈夫だってば。インデックスは護るし。遺跡の謎も解き明かしてみせるわ!』

美琴「」ガクガク

上条『面倒くさがらずに優しく接すること』

上条『あと黒子を邪険にしないこと。スキンシップも少しくらい認めること』

美琴「ぜ、善処します」

上条『駄目政治家みたいなこと言うな、この馬鹿!』

美琴「だって俺、女の子と遊んだ経験とか殆どないんだぞ!?」

美琴「スキンシップなんて……上条さんは男なんだよ! 狼なんだよ!」

上条『平気だって。そうねぇ、アンタ今すぐエロいこと想像しなさい』

美琴「ぶーーーーーーーーッ!!!」

上条『ちょっと! 私の携帯汚さないでよ』

美琴「なに言っちゃってんですか御坂さん! 変態だ変態だよ変態なんです三段活用!」

美琴「くそっ、どうしてこうなった!?」ダイコンラン

上条『落ち着きなさい』

美琴「落ち着けるかあああああああ!!!」

上条『煩いっつーの。もう結論から言うわ』

上条『アンタは女の子に劣情を催さない』

美琴「」ピタ

上条『精神が肉体との整合性をとろうとしてる』

上条『今アンタは女の子なのよ。だから同性に反応しない。本当よ』

上条『嘘だってんなんら試してみたら?』

美琴「…………………………………………………………………………嘘だ」プルプル

上条『ほ~らね。私の推察通りじゃない』

美琴「嘘だぁぁぁぁぁああああああああああああああ!!!」

上条『知ってる? 私は上条当麻に心底惚れてんのよ。他の男なんか眼中にないほど』

上条『だからね、上条当麻にしか反応しないはずよ。あっははははは』

美琴「自分に欲情!? セルフファッカー!? なにそれ!? なにそれぇぇぇぇ!!」

上条『理解したかしら? 黒子たちの安全は約束されてるの』

美琴「悪魔めぇぇぇぇぇぇぇえええええええ!!!」

上条『怒らない♪ 怒らない♪』



上条『とある冒険家の幻想殺し、みたいな小説が書けるくらい満喫するから』

美琴(駄目だこいつ……早くなんとかしないと…)プルプル

上条『アンタ聞いてんの?』

美琴「へ? ああっ聞いてるさ」ビクッ

上条『アンタも確りしてよ。冬休みだから学校はないけど、友達付き合いがあるから』

美琴「友達……白井、佐天に初春の三人か」

美琴「帰ったら覚えとけ! 久々にキレちまった」

上条『毎日お風呂に入るのよ。清潔にしないと許さないからね』

美琴「またスルーしやがったな!」

美琴「いいぜぇ。お前の体、どうなっても知らねーからなっ!」

上条『……』

美琴「あ~んなことや、こ~んなこと試してやる!」

上条『……』

美琴「フフン、怖くなったのかぁ」

上条『……』

美琴「まあ上条さんも鬼じゃねえ。御坂が謝るなら……」

上条『いいぜ』

美琴「!?」ドキ

上条『アンタにそんな酷いことができると本気で思っているのなら』

上条『まずは、その幻想をぶち壊す!!』

美琴「――ッ!?」ドキドキ

上条『ねえ、どんな感じ?』

上条『自分のアイデンティティを他でもない、アンタ自身から叩きつけられた感想は?』

美琴「ち、違う! お前は御坂だ! 俺じゃ……ない」ドキドキ

上条『どうかしら。私があんなこと言われたらどうなるか……分かるでしょ?』

美琴「分からねえ! わっかんねえよ!!」ドキドキ

上条『嘘ね』

美琴「嘘じゃねえよ! なあ、一体どうしちまったんだ? お前ちょっとおかしいぞ!」

上条『あははっ、さっき教えたじゃない。精神が肉体に適応してるって』

上条『だから今、アンタがどんな状態か手に取るように分かっちゃうのよ』

美琴「それは…っ!? ならお前はどうなんだよ!?」アセアセ

上条『どうって?』

美琴「お前だって上条当麻の体に適応しはじめてんだろっ!?」

上条『お前だって? 認めるんだぁ』

美琴「はぐらかすんじゃねえ!!」

上条『怒んないでよ。私にも影響出てるわ』

美琴「なら何でこんな、俺を惑わすこと言うんだよ」

美琴「俺と似た考え方するなら、協力して問題を解決しようとするハズだろ!?」

上条『そうね、確かにそんな気持ちもあるわ』

美琴「!……それじゃあ」パアー

上条『あるけど微々たるもんよ?』

美琴「え?」

上条『フフ、これはチャンスなのよ』

美琴「御坂?」

上条『今の状況をうまく利用すれば、私の願いが叶う……』

美琴「……願い?」

上条『先に謝っとくわ。これからアンタをいっぱい傷つけるから』

上条『でもアンタも悪いのよ? アンタが八方美人なせいで私だって傷ついてたんだからさ』

美琴「お、俺はただ…」オロオロ

上条『だからもう遠慮しない! 躊躇も! モラルなんか知ったことか!!』

美琴「ッ!?」ビクッ

上条『宣言するわ。上条当麻を私のものにする』

上条『戻ったらたっぷり可愛がってやるからな』

上条『楽しみに待ってろ 美 琴 』ガチャ

美琴「///」ポケー

美琴「…………ッ!?」

美琴「な、なんで///」フルフル

美琴「…そんな分けない///」フルフル

美琴「俺が上条当麻でアイツが御坂美琴だ///」ガクガク

美琴「ありえない…こんなのおかしい///」ブルブル

美琴「……さっき確かに私はッ!?」ポー

美琴「違う!! 俺は俺だ!!」ブンブン

美琴「御坂の様子も変だったし……どうなってんだよ」

美琴「もう寝よう。本当におかしくなっちまう…」フラフラ

美琴「……」フラフラ

黒子「あ、あの、お姉様」

黒子「随分大きな声で話されてましたけど…」オズオズ

美琴「……あー、うるさかったか…ごめんな」

黒子「違いますの!」

美琴「へ?」

黒子「無作法は承知で伺います」

黒子「告白は……うまくいきましたの?」

美琴「!?」

美琴(そうだった。御坂に告白されたんだった)

美琴(異常な状況だったから何も考えてねえ)

美琴(俺は御坂のこと、どう思ってんだ?)ウーン

美琴(いっつもツンツンしてて負けず嫌いで、一人で背負い込む悪癖がある年下の女の子。あの実験のッ!!??)ズキッ

  (――絶望の底から救い出してくれた私のヒーロー――)

  (――夏の日に聞いた、あの力強い約束の言葉――)

  (――大切な後輩を命懸けで助けてくれた、あの頼もしい背中――)

  (――ボロボロに傷ついても、記憶を失っても揺るがない強固な信念――)

  (――自分だけの現実を根底から揺るがせるほど大切で、大好きなひと――)

  (――安心以上に不安、焦燥、嫉妬、悲しみを私にくれる酷いひと――)

美琴「……」ボー

美琴「うまくいったわ。とーぜんでしょ」キッパリ

黒子「そう…ですか」ウツムク

黒子「おめでとうございます、お姉様」ニコ

美琴「ありがとーね、黒子」

黒子「初春と佐天さんにも知らせなくてはいけませんわね」メルメル

美琴「そ、そうね」

黒子「明日は三人で根掘り葉掘り聞くので、お覚悟あそばせ」ニタア

美琴「…お手柔らかに頼むわ」

美琴「疲れたから、もう寝るね」トコトコ

黒子「はい、お休みなさいませ」

美琴「おやすみー」ゴソゴソ

美琴「……」

美琴「……ハッ!?」ビクッ

美琴(何だ! 何が起こった! 何て言った!?)

美琴(告白が成功したって、上条当麻が御坂美琴を受け入れたって)

美琴(確かに言った……はっきり迷い無く)

美琴(けどそれは結果だ。問題はその前、俺が御坂をどう想ってるか考えてた時だ)

美琴(途中までは何ともなかった)

美琴(でも絶対能力進化を、あの鉄橋で御坂の絶望をぶち壊す覚悟を決めた時の感情)

美琴(それを思い出してたら……流れ込んできやがった)

美琴(御坂の上条当麻を想う馬鹿デカい感情が……)

美琴(白井と無自覚に話してたのは、処理しきれない感情が暴走したからか?)ウーン

美琴(駄目だ。御坂みたいに分析できねえ)ガクリ

美琴(分かってんのは俺と御坂の想いが完全に混ざっちまったことか……もう好きってレベルじゃねーな///)テレテレ

美琴(御坂の俺も悪いって言葉、理解できるなあ。期待させるだけさせて放置とか、サド野郎が)イライラ

美琴(……御坂に謝ろう。まずはそこから始めるんだ)

美琴(許してくれっかなー、にしてもさ)

美琴(こんな卵が先か鶏が先かみたいな恋愛とか……)

美琴(マジでついてねーよ)

美琴(御坂と普通の恋愛してーのに……困ったな)ウトウト














美琴(もう……アイツに逆らえる気がしない)スヤスヤ

           

  

 

 

 

 

            

学園都市第七学区 窓のないビル――


土御門「こんな朝早くに何の用だ」

アレイ☆「君に一仕事頼みたい」

土御門「こちらに拒否権は無い。さっさと話せ」

アレイ☆「分かった。簡潔に伝えよう」

アレイ☆「超電磁砲の身柄の確保、手段は君に一任する」

土御門「どういうつもりだ!?」

アレイ☆「プランに致命的な狂いが生じた。それを修正する為の措置だ」

土御門「そんなことをすれば、上条当麻が黙ってないぞ」

土御門「上条当麻と超電磁砲を慕ってる連中も同じハズだ」

土御門「どれ程の混乱が起きるか予測できんぞ!」

アレイ☆「そのような些事、今はどうでもいい」

土御門「なっ!?」

アレイ☆「早急に幻想殺しを奪還する必要がある。その為の超電磁砲だ」

土御門「上条当麻なら一週間以内に帰還する。そう決めていただろう!」

土御門「余計なことをする必要は無い!」

アレイ☆「上条当麻は学園都市にいる」

土御門「は?」

アレイ☆「幻想殺しは既に上条当麻の手を離れているのだよ」

アレイ☆「あれは世界を揺るがすほどに危険な存在だ。だから手綱が必要になる」

アレイ☆「その役目は超電磁砲以外には務まらない」

土御門「な、何を言っている?」

アレイ☆「君がこれ以上知る必要はない」

アレイ☆「君にできないなら他を差し向けるだけだ」

              

 

 

   

暗部組織『グループ』偽装車両内――


海原「クソっ! 何故御坂さんを!」

結標「確かに妙ね……理事長は何考えてるのかしら」

土御門「オレにもさっぱり分からん」

土御門「上条当麻は間違いなくイギリスにいる」

土御門「だがアレイスターは学園都市にいると言った」

土御門「つまり今、上条当麻が二人いることになる。……アステカは」

海原「それはないでしょう。リスクばかりでリターンが見込めません」

土御門「こちらも同じだ」

土御門「実質のトップを失ったローマと戦後処理に忙しいロシアも同様だろう」

結標「統括理事会のマッチポンプの可能性は?」

土御門「あり得んな。アレイスターは本気で超電磁砲を捕らえるつもりだ」

土御門「焦ってるようだったしな」

結標「あのクソッタレが? いい気味じゃない」

海原「いい気味じゃないですよ!? こうなったら自分が御坂さんを…」

土御門「焦るな。お前の妹はどうする?」

海原「ショチトルは妹では……すみません、少し熱くなりすぎました」

土御門「一方通行を欠いて戦力が低下してるんだ。無茶はできん」

結標「そうね。まったくどこにいるのやら」

海原「そう簡単に彼が死ぬとは思えません。アレイスターに反抗する機を窺っているのでは?」

土御門「……さあな。とにかく鍵は超電磁砲が握ってる」

土御門「上条当麻がイギリスに発つ直前に会っていたし、オレたちに無い情報をもっている可能性が高い」

海原「自分らが接触するわけにはいきませんよ?」

結標「あの恐い電撃女には近づきたくないわ」

土御門「安心しろ。助っ人を手配してある」

海原「助っ人……ですか」

土御門「超電磁砲と同じ女子中学生だ。大能力者だから戦力も申し分ない」

土御門「そいつを護衛も兼ねて超電磁砲に接触させる。グループとは無関係にな」

結標「信用できるの?」

土御門「ああ、成功報酬だからな。必死にやってくれるさ」

土御門「連絡事項は以上だ。歯がゆいだろうが自重してくれよ」

海原「ええ……」

 

 

  

常盤台学生寮 自室――



美琴「……んあ?」パチ

美琴「……」キョロキョロ

美琴「やっぱ夢でしたってわけねーよな」ハア

美琴「んーっと、時間は…朝飯まで結構あるな」ノビー

美琴「よし! 風呂に入ろう。昨日はそれどころじゃなかったし」

黒子「…おねえさま」ボソ

美琴「あ、ごめん。起こしちまっ…ん?」

黒子「」スースー

美琴「何だ寝言かよ」フフッ

黒子「ぐふふ、お姉様の純潔はわたくしのものですの。類人猿なんかに……」ジュルリ

美琴「……御坂も大変だな。さっさと風呂に行こう」トコトコ

 

 

    

常盤台学生寮 大浴場――


美琴「おー! すげー広い! 流石お嬢様学校、モノが違うぜ」カポーン

美琴「先ずは体を洗って……オイマテ」ゴシゴシ

美琴「何気に脱いで、何気に女子風呂入って御坂の体洗ってる……なのに」プルプル

美琴「何も反応しねえ。そもそもナニがねえ」ガクリ

美琴「なんつー喪失感だよ……イギリスに出張中の上条さんの息子は…///」マッカ

美琴「///」フルフル

美琴「……自分のナニを思い出して興奮する日がくるなんて///」ドキドキ

美琴「御坂の言った通りだ。ハハ、セルフファッカー一直線ですかぁ///」モジモジ

美琴「とか言ってるうちに、慎ましい胸の先っちょがおっきしてる!?///」ピクン

美琴「くっそ、どうすりゃ落ち着くんだ!? 抜けばいいのか!?」アタフタ

美琴「でも倫理的に不味い気がする……ッええい!!」ダイコンラン

美琴「間違ってるのは俺じゃないッ、御坂のエロボディのほうだ!!」キリッ

美琴「いざ!無毛の割れ目に///……」ソー

寮生A「誰か入ってるんですか?」カラカラ

美琴「!!!???」ギクッ

寮生A「御坂様?」テクテク

美琴「」ガタガタ

寮生A「こんな早くにいらっしゃるなんて驚きましたわ」トナリスワル

美琴「そそそそうか!?」ビクビク

寮生A「ええ。いつもは朝食の少し前くらいだったと記憶していますわ」

美琴「い、いやー今日は早く目が覚めちゃってね」

寮生A「そうでしたか」

美琴「あはは、朝風呂はキモチイイナー」カタカタ

寮生A「うふふ、そうですね」

美琴「……ナンカノボセテキチャッター」カタカタ

寮生A「え?」

美琴「オレモウアガルネ」ピューーーー

寮生A「??」オレ?

 

 

常盤台学生寮 庭――


美琴「ハアハア……」

美琴「あっぶねー。おっぱじめる前で助かった~」ダラダラ

美琴「朝っぱらから何やってんだよ俺は……いや昼も夜も駄目だろ」ブンブン

美琴「御坂痴女疑惑なんて笑えねーからな」

美琴「まあ慌ててる間に妙な興奮も収まってるし結果オーライ?」

美琴「もっと自重しねーと……女体の神秘は上条さんには荷が勝ちすぎてます」ハア

美琴「……でも俺は御坂の信じる上条当麻(ヒーロー)じゃねえか」

美琴「こんな情けないことしてる場合かよ……」

美琴「何か泣きたくなったけど、気のせいだよな! うん」

美琴「あー、御坂に会いてーなぁ……」ポケー

美琴「早く謝りたいけど向こうは真夜中だしな……」ゲコッゲコッゲコ

美琴「……もしもし」pi

上条『おーっす。元気してる?』

美琴「え、御坂?」ドキッ

上条『そうだけど。アンタ寝てたの?』

美琴「ち、違っ…」アタフタ

上条『規則正しく生活すんのよ? まったく』

美琴「早寝早起きしてるよ!」

上条『ん、よろしい』

美琴「くそ、子供扱いすんな!」プンスカ

上条『あはは……少しは元気でた?』

美琴「へ?」

上条『今朝、いやそっちは昨日か』

上条『これでもか!ってくらい、アンタを追い詰めちゃったじゃない』

上条『今更だけど心配になってさ……ごめんね』

美琴「……」ジワ

美琴「……ごめんなさい」グスッ

上条『ど、どうしたの!?』

美琴「お、俺のほ、ほうがッ、悪いのッ、に」ヒックヒック

美琴「ごめッ、ごめんなさいぃ……」ポロポロ

上条『アンタ、泣いてるの?』

美琴「な、泣いてないッ」ポロポロ

上条『強がっちゃって、可愛いなぁ~もう』

美琴「ううううううううっ///」グスグス

上条『今はちゃんと私のこと想ってくれてる?』

美琴「うん……俺が泣いたんじゃねえよ。御坂ボディが泣いたんだ」スンスン

上条『はいはい』

美琴「……御坂、本当にごめん」

上条『だからもういいってば。お互い様じゃない』

美琴「でも、お前が割に合わないじゃねーか」

美琴「だから俺に挽回のチャンスをくれよ」

上条『確かにそうね。私の乙女心を散々踏みにじってくれたしねぇ……例えば』

上条『携帯のペア契約なんてあからさまなアプローチを無視したり』

美琴「ぐっ」

上条『あまつさえ妹にプレゼントをやる始末だし』

美琴「むぐぐ…」

上条『お前なに勘違いしてんの?って言われたみたいで悲しかったなぁ~』

美琴「すみませんっしたぁぁぁぁ!!」ドゲザ

上条『それじゃあ誠意をみせてもらおうかしら』

美琴「ど、どうすればいいんでせう?」ビクビク

上条『今朝から気になってたんだけど、アンタ男言葉で生活してない?』

美琴「そうだけど、不味かったか?」

上条『不味いに決まってんでしょうが! 一応お嬢様なのよ!』

美琴「で、でも…」オロオロ

上条『言い訳しない! いいわ、アンタ女言葉で生活しなさい』

美琴「待って! それは無理だって!」イヤイヤ

上条『はあ!?』

美琴「思考が女になってんだぞ! 行動まで女っぽくしたら戻れなくなっちまう!?」アセアセ

上条『…ちっ』

美琴「舌打ち!? 何で舌打ちすんの!?」ガーン

上条『じゃあ難易度を下げるか』

美琴「本当!? ありがとうございます御坂様! 犯罪以外なら頑張ります!」

上条『男言葉で話していいけど、私を名前で呼んで』

美琴「えっと、美琴?」オズオズ

上条『違うわ。私は今、上条当麻よ』

美琴「じゃあ、と、当麻?」

上条『いいぜ。俺もお前のこと美琴って呼ぶからな』

美琴「まあ、この程度ならなんとか……ってなにその口調?」

上条『あのなあ、入れ替わったことは内緒だろうが』

上条『なのに俺が女言葉で話してたら周りはどう思う?』

美琴「……気が狂ったのかと」ガクガク

上条『分かってんじゃねーか。だからイギリスに来てからずっとこんな感じだ』

美琴「……凄い適応力ですね御坂さん」

上条『こんくらい当然だろ? あと当麻!』

美琴「自分の名前呼ぶって変な感じなんですけど……」ウーン

上条『それが嫌なら女こ…』

美琴「やだなー当麻さん! 冗談ですことよ!?」アセアセ

上条『ったく、あとは美琴が男言葉で話す理由か』

美琴「……別に理由なんていらねえだろ。本物もがさつだし」ボソ

上条『ああん!?』

美琴「ひっ!?」ビクッ

美琴(ガラ悪っ! こんなの上条さんじゃねーよ)

上条『一々茶々いれんのは美琴の悪い癖だな』

美琴(もっと優しくできねーのかよ)

上条『あー理由だけどな、適当でいいから』

美琴「投げやりだー」

上条『美琴は超能力者だからな。能力開発の一環ってことで済まされるだろ』

美琴「さっきと言ってること違うんじゃ……」アレ?

上条『佐天さんと初春さんはそんな細かいことをとやかく言わないと思うし』

美琴「またスルー!?」ガーン

上条『黒子は口煩いけど……すぐ慣れるさ』

美琴「そんな適当でいいんかよ。元に戻ったとき困るのはお前だぞ?」

上条『別に構わねーよ。…………戻らねーし…』

美琴「何だ? よく聞こえない」

上条『それより美琴に言いたいことがあるんだけど、いいか?』

美琴「なんだよ改まって」

上条『俺はお前が好きだ』

美琴「……好き……って、ええええええええ!?///」マッカッカ

上条『結局ちゃんと告白できてなかったからな。きっちりしたかったんだ』

美琴「そそそ、その、おお俺もッ///」

美琴「すすす好ッ――!? ――――ッ!?」ガチン!

上条『美琴、落ち着け』

美琴「……ひたひ」カンダ…

上条『返事は俺が学園都市に帰ってからでいいよ』

美琴「ふえ? れ、れも…」オロオロ

上条『答えなんて分かりきってるしな』

美琴「にゃ、にゃにゃに///」プルプル

上条『明日も朝早いし寝ますかね。おやすみ美琴』pi

美琴「///」テレテレ

美琴「///」ポー

美琴「……好き、か///」ポケー

美琴「知ってたけど……うれしいなぁ///」ギュ

美琴「なんて返事すればいいんだろ///」フルフル

美琴「恋愛経験なんてねーし、変なこと言っちまいそうだ♪」

美琴「あはは、調子がいいな俺」

美琴「ちょっとアイツに優しくされただけなのに、不安なんか吹っ飛んじまった」

美琴「困ってたら颯爽と助けてくれるなんて…」

美琴「……アイツ、ヒーローみたいだ///」

黒子「お姉様ぁぁぁーーっ!」シュン!ガバッ

美琴「な、何だ!?」ビクッ

黒子「グヘヘ、最っ高の抱き心地ですの!」スリスリ

美琴「黒子!? はっ離れッ…」

美琴(そうだ。スキンシップとれって、アイツが言ってたっけ)

黒子「離しませんわ! まだまだお姉様分が足りませんの」ギューー

美琴「……ったく、少しだけだぞ」ギュ

黒子「え?」ピタ

美琴「ん? どうした?」

黒子「それはこっちの台詞ですの。いつもなら電撃がくるはずですのに……」

美琴「電撃って……そんなことしねーよ」

黒子「……マジですの?」ジュルリ

美琴「うん、マジですの」

黒子「ふ…ふふふふふふふふふふふふふうふ」ギラギラ

美琴「く、黒子さん?」カタカタ

黒子「言質はとりましたのおおおおォォォォォーーーーッ!!!」ガバチョ

美琴「ひっ!?」

 

 

 

 

たっぷり三十分後――

黒子「ふぅ…」ツヤツヤ

美琴「……酷い目にあった」ヨロヨロ

黒子「堪能しましたわ~」

美琴「もうやんねーからな!」

黒子「あらあら、そんなこと仰るなら…」ワキワキ

美琴「や、やだ…」アトズサル

黒子「」ゾクゾク

美琴「く、黒子?」

黒子「ハッ! もう少しで新たな嗜好に目覚めるとこでしたの」オシイ

美琴「こんなに変態だったなんて……不幸だ」ガクリ

黒子「少しばかり、ねちっこく抱きついただけですのに大袈裟ですわ」

美琴「あれの何処が少しなんだよ!」

黒子「あの程度で騒ぐようでは上条さんを満足させられないかも、ですわ」ヤレヤレ

美琴「あ、ああアイツを満足って、そんなの///」テレテレ

黒子「冗談ですの」シレ

美琴「!? 何なんですかぁ! 御坂さんをいじめてそんなに楽しいんですかぁ!?」

黒子「そろそろ待ち合わせの時間ですの」

美琴「え? お前もスルーするの!?」

黒子「初春たちを待たせないよう急ぎましょう、お姉様」

   

 

 

ファミレス Joseph's――


初春「白井さんたち遅いですね」

佐天「そうだねー。なんかあったのかな」ウーン

初春「それなら連絡が…」

黒子「お待たせして申し訳ありませんの」トコトコ

初春「あ! 白井さん遅いですよ」

佐天「……あの、なんで御坂さんそんなにボロボロなんですか?」チラリ

美琴「あはは…」ボロボロ

初春「うわっ、コート破けてますよ!」

美琴「ちょっと不幸なことが…」

黒子「道端で転倒すること三回、スキルアウトに絡まれること二回、極めつけに…」タンタン

美琴「ぎゃああああ!! 言わないで! お願いします黒子さん!」ドゲザ

黒子「添い寝を要求しますわ」

美琴「それは過剰請求なのでは……」

黒子「妥当ですの!」

美琴「原告の変態性は常軌を逸してるので要求は却下します。以上!」

初春佐天「……」ボーゼン

黒子「先程お姉様は犬に追い回されて半べそ掻いてましたの」シレ

美琴「ちょ!?」

初春「!? ……」パソコン、ソウサ

佐天「……あっはっは! 白井さ~ん、いくらなんでもそれ無理がありますって」

佐天「御坂さんは超能力者の第三位ですよ?」

佐天「犬に泣かされるなんてあり得ないですよ」ヤレヤレ

美琴「そ、そうなんだよ。あり得ねーっつーの!」

初春「佐天さん! これ見てください!!」

 

 

監視カメラの映像――

犬「Bowwwwoww!!!」タッタッタ

美琴「ぎゃああああ!! 追いかけてくんなぁぁぁーーーっ!!」タッタッタ

美琴「尻尾踏んだの謝るからッ!!??」ステーン!

犬「Guuuuu……」ニジリヨル

美琴「痛たた…ひぃ!?」シリモチ

犬「Bowwwwoww!!!」イカク

美琴「こ、こっちくんなぁ…」ナミダメ

犬「Gaaaaa!!」

黒子「お姉様!」シュン!

美琴「!?」シュン!

初春「……」ゾクゾク

佐天「……あれが犬!? 怪獣じゃなくて!?」

美琴「……」ガクガク

黒子「ご覧の通りですの」

美琴「早速ばれるなんて……不幸だ」ガクリ

初春「怯えてる御坂さん……かわいい」ボソ

美琴佐天「え?」

初春「はい? どうかしました?」

美琴佐天「な、なんでもないよ!」フルフル

黒子「初春はよく分かってますの」

初春「当然じゃないですか」

美琴佐天「……」カタカタ

初春「なんか御坂さん雰囲気変わりましたね」

黒子「ええ。隙だらけになったというか…」

初春「…いじめるとかわいい?」

黒子「そうですの! グッとくる反応をしますの!」

美琴「おい!」

佐天「……そう言われてみれば」チラ

美琴「へ?」

初春「素晴らしいですけど、何かあったんですか御坂さん?」

黒子「恋人ができましたの」

美琴「ちょっ!?」

初春佐天「彼氏!?」

黒子「ええ、今日二人を呼んだのはそのことを伝えるためですの」

佐天「それより相手は上条さんですよね!」

黒子「はいですの。お姉様の変化には上条さんが関係してると睨んでますわ」

美琴「なあ…」

佐天「確かに御坂さん、昨日とは別人みたいですよ」

美琴「おい…」

黒子「凛々しいお姉さまも素敵ですが…」

美琴「あのな…」

初春「今の御坂さん最高ですよ! ……泣かせてみたいなぁ」ワクワク

美琴「…無視すんなぁぁぁ…」グス

黒子初春佐天「……」ゾクゾク

美琴「みんなして俺を無視しやがって」プンスカ

初春「ごめんなさい。でも御坂さんを見てるとつい…」

美琴「つい…じゃないんだよ!」

佐天「まあまあ、それよりも御坂さん、言葉遣いが荒くないですか?」

黒子「そうですの。そんなことでは殿方に愛想つかされますわよ」

美琴「んなことねーよ。アイツに認めてもらったし」

佐天「へー、寛容なんですね」

初春「やっぱり上条さんって優しいんですか?」

美琴「う、うん」

佐天「例えば!?」

美琴「ええっとな、(鈍感な性格を)激しく責められて、わけ分かんなくなって、ずっと泣きそうだったんだ」

美琴「でも一晩明けたら優しく慰めてくれて、そのまま(告白)してくれたんだ///」テレテレ

黒子初春佐天「え?」

美琴「思い出すだけで幸せだなぁ///」ポー

初春「…泣くほど激しい責め? しかも一晩中?///」イヤンイヤン

佐天「上条さんって鬼畜だったんだ……」サイテー

黒子「今朝起きたらお姉様がいなかった……まさか…まさか」プルプル

黒子「お姉様!!」

美琴「な、なんだ?」ビクッ

黒子「調教されたんですの!? 既に調教済みなんですの!?」

美琴「調教って……もうアイツに逆らえないし、そうなのかな///」テレテレ

黒子「あんの腐れ類人猿がああああああああああ!!!」

初春「白井さん落ち着いてください!」

黒子「落ち着けるわけねーですのぉぉぉ!」

初春「上条さんが調教したおかげで、私たちは御坂さんを弄れるんですよ?」

黒子「!!??」

初春「だから上条さんGJが正解なんです!」

黒子「た、確かにそうですの。今日のお姉様は何をしても反撃してきませんの」

初春「きっと泣いちゃうくらい厳しく躾けられたんですよ!」ダイコーフン

佐天「…初春」マワリノシセンガ

初春「やっぱり上条さんの功績は計り知れないです」pipipipipi

初春「あ、メールが…! 白井さん、風紀委員の緊急招集です!」

黒子「了解ですの!」シュン!

佐天「えっ!? ちょっ、……いっちゃった」

佐天「切り替え速いのは頼りになるけど…」キョロキョロ


客A「調教って…」ヒソヒソ

客B「風紀委員に通報…」ヒソヒソ

客C「あの子、常盤台の制服…」ヒソヒソ

客D「御坂って言ってたし、超電磁砲じゃない…」ヒソヒソ


佐天「こんな状況で置き去りにするなぁぁぁーーーーッ!!!」

美琴「!?」ビクッ

 

第七学区 ゲームセンター――


佐天「初春の…馬鹿野郎ォォォーーー!!!」バコーン!

美琴「…95点って、凄いな」

佐天「自己ベストですね。初春たちへの怒りを込めたからな~」

美琴「あはは……」

佐天「次は御坂さんの番ですよ」

美琴「よしっ、いっちょやってみますか」

美琴(以前は180点くらいだったっけ?)

美琴「おおおおぉぉらぁッ!!」パコン!

佐天「…70点、やった! あたしの勝ちです」キャッキャッ

美琴「本気で殴ったのに…」ズーン

佐天「御坂さ~ん、もう降参ですかぁ?」ニヤリ

美琴「まだだ! 御坂さんの力はこんなモンじゃねえ!」

佐天「じゃー次はアレで勝負だ!」ビシッ

美琴「はっ、吠え面かくんじゃねーぞ!」









佐天「完・全・勝・利!」

美琴「完敗……だと……」ホエヅラ…

美琴「パンチングマシーン、エアホッケー、ガンシュー、格ゲー、音ゲー……」

美琴「全滅だ……何をやっても佐天さんに勝てねえ」

佐天「素敵な吠え面ありがとうございました」

美琴「うぐ…」

佐天「弱すぎて期待はずれだなあ~」

美琴「うぐぐ」

佐天「御坂さんの実力はこんなモンですかぁ」

美琴「…いいぜ」

佐天「んー?」

美琴「俺の実力がこの程度だと、佐天さんに勝てないって言うのなら」

美琴「まずは、そのふざけた幻想をぶちこ…」ゲコッゲコッゲコ

佐天「電話鳴ってますよ?」

美琴「……もしもし」pi

黒子『お姉様、今よろしいですか?』

美琴「よろしくねえ! スルーだけじゃなくカットまでするとか御坂さんに恨みでもあるんですかあ!!」

黒子『な、何にお怒りなんですの!?』

美琴「てめえにだよ黒子さん」

黒子『まあ、それはいいとして』

美琴「全然よくねえ!」

黒子『風紀委員の仕事が長引きそうなので、帰宅は夜遅くになりますの』

美琴「言ったそばからスルー!?」ガク

黒子『ですから先にお休みになってください。それでは』pi

美琴「……」プルプル

佐天「御坂さん?」

美琴「……俺の話聞けよぅ」グス

佐天「」ゾク

美琴「絶対わざと無視してんだ…」ジワ

佐天「」ウズウズ

美琴「佐天さんは……違うよな?」ウワメ

佐天「もももちろんですよ!!」ウズウズ

美琴「……本当?」オズオズ

佐天「はい、あたしは御坂さんの味方です!」ウズウズ

美琴「…そっか」ニコ

佐天「ああもう無理!!」ガバチョ

美琴「わぷっ」

佐天「御坂さんかわいい~~~」ギュ

美琴「んう~」スリスリ

佐天「ほっぺすりすり!? も~~~っ、どんだけキュンキュンさせるんですか!?」キュンキュン

美琴「ん、あったかい…」ホッコリ

佐天「もって帰ったら駄目かな……」シンケン

 

 

第七学区 とある公園――

佐天「っていう感じで三十分くらいかな? 御坂さん、幼児退行してたんですよ」

美琴「……不幸だ」ガクリ

佐天「ここまで連れてくの大変だったんですから」

美琴「ごめんな、迷惑かけちまってさ。けど幼児退行はねーよ…」

佐天「大丈夫ですよ!」

美琴「…なにが?」

佐天「御坂さん、すっごく可愛かったんですから!!」キッパリ

美琴「は?」

佐天「ゲーセンにいた人達も絶賛で、いーーーーーっぱい写メってましたもん♪」

美琴「もん♪、じゃねぇぇぇーーーーっ!!!」

美琴「いっぱいって何人くらいに撮られたんだよ!?」アタフタ

佐天「さあ?」

美琴「だいたいでいいんだよ!」

佐天「御坂さんは通りを歩く人を、いちいち数えてますか?」ヤレヤレ

美琴「……」ガクガク

佐天「そんなことより、ほらっ! 可愛く撮れてるでしょ!!」ケイタイ

美琴「不幸だああああぁぁぁぁぁーーーーーーッ!!!」

佐天「はいっクレープ。機嫌なおしてくださいよ~」サシダス

美琴「…機嫌が悪いんじゃねー、不幸を嘆いてるんだ」ウケトル

佐天「不幸って…確かに今日の御坂さんついてないですね」

美琴(もしかして俺の不幸に幻想殺しは関係ない?)モグモグ

美琴(いやそんなまさか……)モグモグ

佐天「でも能力を使えば犬?だろーがスキルアウトだろーが、御坂さんの敵じゃないのに」

佐天「どうして使わなかったんですか?」

美琴「え? ああ……能力ね」

美琴「使う必要がなかったから、かな」

佐天「??」

美琴「犬に追いかけられたのは尻尾を踏んだ俺が悪いし」

美琴「スキルアウトだって怪我させていいわけじゃないだろ」

美琴「だから能力を使う必要がねーんだよ」

美琴(使い方は分かるけど、人に向けていい能力じゃないしな)

佐天「理屈は分かりますけど…でも御坂さんが危ない目にあったら意味ないですよ」

美琴「あはは、そうかもしんねーけどさ、もう決めちまったからな」

佐天「まったく、御坂さんは頑固だなぁ」

美琴「まあ怪我しないように気をつけるから、それで勘弁してくれ」

佐天「しょーがない。それで納得してあげます」

美琴佐天「ごちそーさま」

美琴「佐天さん、クレープの包み紙くれ。捨ててくるからさ」

佐天「お願いしまーす」ポロッ

美琴「ん? 何か落とし―ッ!?」ピタ

佐天「ああ、それですか。さっきクレープ屋で貰ったんですよ」ヒョイ

美琴「…アヒルのマスコット」ジー

佐天「ただのマスコットじゃないです。ここを押すと…」ポチットナ

アヒル「おはようございます。初期設定をはじめます」

美琴「!?」

佐天「もう一回押すと」ポチ

アヒル「……」シーン

佐天「たしか…AI搭載型多目的サポートツール、だったかな」

美琴「……」ジー

佐天「新商品のデータ収集のために配ってるみたいですよ」

美琴「可愛い…」

佐天「そーかなぁ。なんかムカつく顔してません?」

美琴「そんなことねえよ! 愛嬌あるじゃん!」

佐天「あたしには分かんないなあ」

美琴「こんなに可愛いのに…」

佐天「そんなに気に入ったんならあげますよ」

美琴「マジで!?」

佐天「マジです」ハイ

美琴「いいモン貰った! さんきゅーな佐天さん!」ウケトル

佐天「いえいえ。じゃあ初期設定しちゃいましょう」ペラペラ

美琴「説明書?」

佐天「そうです。なになに…まず所有者の登録…次に名前をつける…最後に…」ペラペラ

美琴(名前か、どんなのがいいかな?)

美琴(愛嬌のある顔……ん? どっかで見たことあるような…)

美琴(ムカつきはしないが、ちょっと偉そうな…)

美琴(そうだ! こいつフィアンマに似てる! よし、名前はフィアンマにしよう)

佐天「御坂さん、アヒルのお腹を押してください」

美琴「おう、ここか?」ポチットナ

アヒル「おはようございます。初期設定をはじめます」

アヒル「所有者の名前を教えて下さい」

美琴「み、御坂美琴」

アヒル「御坂美琴でよろしいですか?」

美琴「はい」

アヒル「私の名前を決めてください」

美琴「お前の名前はフィアンマだ」

アヒル「フィアンマでよろしいですか?」

美琴「はい」

アヒル「最後にあなたは私にとって、どんな存在ですか?」

美琴「え?」

美琴(存在? 家族とか友達とかそういうのか?)

美琴(ん~、普通に友達でいいか)

美琴「えっと、友だ…」

青ピ「奴隷!! ボクは小萌センセの奴隷になりたいわ~」

土御門「義妹こそ至高なんだにゃー。バイトも終わったし舞夏に会いにいくかにゃー」

アヒル「初期設定を完了しました」

美琴「へ? 確認は?」

佐天「…奴隷って」ヘンタイ?

アヒル「登録情報をもとに最適化します。しばらくお待ち下さい」

美琴「ま、まあ登録し直せば大丈夫だろ」

佐天「……これ一度登録したら変更できないっぽいんですけど」ペラペラ

美琴「マジ!? ど、どうすんだよ!?」アタフタ

佐天「大丈夫ですって。所詮、無料配布のおもちゃですよ?」

美琴「そうだけど……嫌な予感がする…」

アヒル「最適化を完了しました。これよりフィアンマは起動します」

美琴佐天「……」ドキドキ

















フィ「おい貴様、俺様が直々にサポートしてやるんだ。光栄に思え」フフン

美琴「」プルプル

佐天「…なにこれ」アゼン

フィ「奴隷の分際で俺様を無視するとは、いい度胸だ」

美琴「だ、誰が奴隷なんだよ!」プンスカ

フィ「貴様だ」

美琴「てめえ、おもちゃのくせに…?」オレサマ?

美琴「…お前フィアンマなのか!?」

フィ「そうだ。……なるほど、マニュアルを正しく把握してないな?」

美琴「??」

フィ「しかたない。貴様に理解できるよう説明してやる」

フィ「俺様はオリジナルのフィアンマではない」

美琴「見た目ただのアヒルだしな」

フィ「貴様の記憶を読み取り、フィアンマなる人物の人格を擬似的に再現しているだけだ」

美琴「記憶を読むって、なんだよそれ!」

フィ「読心能力の応用だ。要するに俺様は貴様がイメージするフィアンマということだ」

美琴「無駄に高性能だ…」

フィ「普通は家族、友達、恋人の名前をつけるようだが、俺様を選ぶとは」

フィ「貴様、目が高いな」

美琴「……」チラリ

佐天「あ、本当だ。それっぽいこと書いてる」ペラペラ

美琴「佐ぁぁぁぁ天さぁぁぁぁぁん!! 今頃なに言っちゃてるんですかあ!?」

佐天「…てへ♪」ペロ

美琴「可愛く誤魔化しても駄目だからね!?」

フィ「煩い黙れ。まだ説明が終わっていない」

佐天「人の話はちゃんと聞かないと」

美琴「…その通りなんだけど、納得いかねぇ」

フィ「俺様の機能については適時教えてやる。…それより」

フィ「いつまで俺様を鷲掴みにしているつもりだ。無礼だろう」

美琴「はあ?」

佐天「えーっと…御坂さん、そのアヒルを…」ペラペラ

フィ「アヒルではないフィアンマだ」

佐天「はいはい、フィアンマを肩に置いてください」

美琴「肩に…うわっ、くっついた!」ピタ

フィ「ふむ、これでいい」

佐天「あっはは、似合ってますよ」

美琴「…嬉しくねー」

フィ「俺様を肩に乗せられるんだ。奴隷には身に余る贅沢だろう」

美琴「奴隷じゃねーし」

美琴「くっそ、こういうのは浜面のポジションのはずなのに…」

佐天「浜面? 誰ですか?」

美琴「イギリスにいる知り合いだよ。少し前まで学園都市に住んでたけどな」

佐天「へえー、その浜面さんも奴隷扱いを?」

美琴「うん、麦野さん…まあ女王さまみたいなひとに毎日顎で使われてる」

美琴「あいつの場合は望んでそうなった、って言うと思うけどなー」

フィ「俺様も負けていられないな」

美琴「変なとこで張り合わなくていいから!」

佐天「そんなこと言って、実は満更でもないのでは~」ニヤニヤ

美琴「んなわけあるか!……もうつっこみ疲れたんですけど」グッタリ

佐天「午前中から弄られっぱなしですもんね」

美琴「…俺は先輩なんだぞ…偉いんだぞ」

佐天「全然先輩って感じしませんけど、親しみやすくていいと思うな」

美琴「そ、そうか?」

佐天「はい。だから安心して弄られてください」

美琴「…え?」

佐天「日も落ちてきたんで帰りますね。御坂さんの写真、初春たちに送らなきゃ♪」スタコラサッサ






美琴「……フィアンマさん」

美琴「後輩たちが俺をいじめて遊ぶんですが、どうすればいいですか?」

フィ「ドMになればいいだろう」

美琴「変態は嫌だ! まじめに答えろよ!」

フィ「割とまじめなんだが? 受け入れれば楽になれる」

美琴「受け入れたくねー。…アイツに相談するか」

美琴「もう日も暮れたし帰ろう」トコトコ

  

 

       

第七学区 常盤台学生寮への帰り道――


美琴「さみー。コートが破けてるせいで風を防げねえ」ブルブル

フィ「情けない声をだすな。俺様は裸だというのに」

美琴「お前寒さとか感じねーだろうが」

フィ「感じるぞ」

美琴「はあ?」

フィ「俺様には各種センサーが搭載されているからな」

フィ「寒さも暑さもわかる」

美琴「どんだけハイスペックだよ…誰が造ったんだ?」

フィ「知らんな。そんなことより貴様、尾行されているぞ」

美琴「へ?」

フィ「後方十メートル、小柄で髪の短い女だ」

美琴「なんで尾行されてるって分かるんだよ!?」

フィ「公園にいた時から貴様の半径十メートル以内から離れない」

フィ「気づけ馬鹿が」

美琴「馬鹿って言うほうが馬鹿なんですぅ…あれか」チラ

??「……」

美琴「…お前、レーダーついてる?」

フィ「ここは撒くよりも接触したほうがいいだろう」

美琴「てめえもスルーしやがりますか」

美琴「つーか尾行される心当たりなんて……結構あるな」

美琴「用心してかかるか…」ゴクリ

フィ「不意打ちを仕掛けて確実に仕留めろ」

美琴「なに物騒なこと言ってんだよ!?」

フィ「ではどうする?」

美琴「……普通に話しかける」

フィ「考えなしか。無能め」

美琴「無能!? …もういい。お前は喋るな。絶対だぞ」

フィ「分かった」

美琴「おい、ちょっといいか?」

??「私ですか?」

美琴「単刀直入に言うが、何で俺をつけた?」

??「えっと、勘違いじゃないですか」

美琴「公園にいた時から監視されてたのは知ってんだよ」

??「意味がわからないんですけど…」

美琴「惚けても無駄だ。ネタはあがって…」キリッ

フィ「俺様が教えてやらねば尾行されていた事すら気づかなかったくせに偉そうにするな」

美琴「おまっ、ばらすなよ! あと喋んなって言ったよね!?」アタフタ

??「……」ポカーン

フィ「貴様が俺様の功績を横取りするからだ」

美琴「そんなつもりねーよ!」

フィ「どうだろうな」

美琴「なんてムカつく野郎だ。佐天さんの言う通りだったぜ」

??「……」ポカーン

美琴「見ろ! お前のせいで呆れられてるぞ」

フィ「どうだろうな」

美琴「…この野郎」

??「あ、あの…」オズオズ

美琴「ん? ああ、ごめん。こっちが話しかけたのに無視しちまってさ」

??「…そんなことより、あなた…超電磁砲ですよね?」

美琴「あ、ああ」

??「聞いてた話と全然違います…」

美琴「何か言った?」

??「いえ、なにも」

美琴「まあ尾行うんぬんは置いといて、何かあるなら手貸すけど?」

??「……え?」

美琴「お前、何か困ってる事あるんだろ? 経験則から御坂さんはお見通しですのことよ」

??「はぁ…」ヤレヤレ

美琴「えっ? もしかしなくても勘違い!?」ハズイ

??「いいえ、超電磁砲が超お人好しだと分かって安心しただけです」ニコ

美琴「そんな、それほどでも…」テレテレ

フィ「馬鹿にされているんだがな。残念な奴だ」

??「早速ですけど、超電磁砲に教えて欲しいことがあるんです」

美琴「いいけど、話は寮で聞いてもいいか? マジで寒くなってきたし」ブルブル

??「私は構いませんけど…」

フィ「危機管理って知ってるか?」

美琴「知らねーよ。さっさと帰るぞ」

    

 

 

常盤台学生寮 自室――



美琴「あったけー、常時空調がきいてるとか最高じゃないかー」

フィ「気を抜きすぎだ」

美琴「はいはいわかりましたよっと。んじゃ自己紹介すっか。俺は御坂美琴、お前は?」

??「私は絹旗最愛、絹旗でいいです」

美琴「よろしくな絹旗。あとこれはフィアンマっつームカつくアヒルだ」

絹旗「…アヒルのマスコット? さっきから超喋ってますけど」

フィ「俺様は超高性能だからな。あとアヒルじゃないフィアンマだ。訂正しろ小学生」

絹旗「なっ!? 超失礼ですねこのアヒル! 私は中学生です!」ムカッ

フィ「どちらにせよお前がちんちくりんな事に変わり無いだろう」フフン

絹旗「…真剣にムカつきました。御坂、これぶっ壊してもいいですか?」

美琴「喧嘩すんな。はら絹旗、話を聞かせてくれ」ヤレヤレ

絹旗「そうでした。…御坂は上条当麻さんと親しいんですか?」

美琴「は?」

美琴(何で俺の名前が出てくるんだ!? 絹旗とは初対面のはず……絹旗? そーいやどっかで…)ウーン

絹旗「御坂、どうかしました?」

美琴「なんでもない、と、当麻ね。うん、友達だけど…それで?」

絹旗「私に上条さんを紹介してほしいんです」

美琴「はぁ?」イラッ

絹旗「み、御坂? どうしたんですか」ビクッ

美琴「あ……ごめん」

美琴(俺、何でこんなにイラついてんだ?)イライラ

美琴「紹介するのは構わないけど、今は無理」

絹旗「何でですか?」

美琴「海外に行ってんのよ。その内帰ってくるけどさ」

絹旗「そうですか……」

美琴「…当麻に会ってどうするの?」イライラ

絹旗「相談したいことがあるんです」ン?

美琴「…私も相談に乗るくらいできると思うけど」イライラ

絹旗「上条さんじゃないと駄目なんですよ」キッパリ

美琴「…ッ!?」ズキッ

絹旗「…なるほど」ピーン

美琴(なんだよ…なんなんだよ。助けが必要なら誰にだって手を貸してきたじゃねえか…)ズキズキ

美琴(なのに、なんで……)ズキズキ

絹旗「……御坂には全部話しちゃいますけど、私には会いたい人達……いえ、友達がいるんです」

絹旗「ずっと探してようやく上条さんに、その友達と接点があるって分かったんですよ」

美琴「…え?」

絹旗「だから私は上条さんに渡りをつけてほしいだけです。……御坂が超心配するようなことはありませんから」ニコ

美琴「し、しし心配!? なにが!?」アタフタ

絹旗「御坂は上条さんのことが超好きってことです」シレ

美琴「好きって、あの、その……うん///」テレテレ

絹旗「御坂の反応が超乙女です。…同じ超能力者でも麦野とはえらい違いですね」

美琴「乙女とかいうなぁ/// ……むぎの?」

絹旗「はい、御坂は戦ったことがあるはずです」

絹旗「第四位、原子崩しの麦野沈利、容赦のない鬼ババアです……リーダーのくせに」ウツムク

美琴「ババアって……」

絹旗「あんなヒステリックで超後先考えない女、ババアで十分です」ドンヨリ

美琴「そーかなぁ、結構優しいと思うけど……あー、浜面には容赦ないわね、うん」

絹旗「!!?? 浜面を知ってるんですか!?」

美琴「知ってるけど…ああそっか」ピコーン

絹旗「何ですか!? どんなことでもいいから教えてください!」コーフン

絹旗「お願いします! 浜面たちを探してるんです!!」

美琴「落ち着いて。浜面と滝壺、それに麦野さんはイギリスにいるわ」

絹旗「イギリス…そんな、遠すぎます…」ガクリ

美琴「絹旗の名前に聞き覚えがあるわけよ。麦野さんが絹旗のこと心配してたからね」

絹旗「え……麦野が?」

美琴「一人だけ学園都市の糞溜めに置き去りにしてしまった。何とかこっちに連れて来れないか、とか」

美琴「謝りたい、とかね」

絹旗「う、嘘です! 麦野に限って……そんなことあるはず…ないです」

美琴「嘘じゃないわ。浜面と滝壺も心配してたけど、麦野さんが一番絹旗のこと気にかけてたもの」

美琴「妹を心配するお姉さんって感じだったわ」

絹旗「……フレンダが、死んで…浜面が裏切って…麦野は、アイテムを、捨てた…はず、なのに」グス

絹旗「もう…私の居場所なんて、ないって…死ぬまで一人だって、我慢…してたのにッ」

絹旗「そんな…私のこと、気にかけて、くれっ、て、た…」ヒックヒック

絹旗「…会い、たい。会いたいよぅ、むぎのぉ…」ポロポロ

美琴「大丈夫だから。絶対会わせてあげるから」ギュッ

絹旗「本当…ですか?」

美琴「ええ、御坂さんにまかせなさい! コネだけは充実してるんだから」ニコ

絹旗「うぐっ、うぅ…」

美琴「だから、もう悲しいこと我慢しなくていいから…」ナデナデ

絹旗「…二回もっ、置き去りになるっ、の、いやだっ」ヒックヒック

絹旗「ひとり、ぼっちはッ、嫌、です…うぁぁぁぁぁあああ」ポロポロ

美琴「……」ナデナデ

絹旗「……」スースー

美琴「泣き疲れて寝ちゃった…」

フィ「張り詰めていたものが切れたんだろうな」

美琴「…ったく、本当に救いようがないわね、学園都市は」

フィ「思いもよらぬ展開になったな」

美琴「そうね。でも決めたから」

美琴「絶対に絹旗をイギリスまで、麦野さんたちの所へ連れていってみせる」

フィ「……」

美琴「まずは当麻と話さないとね」

フィ「……」

美琴「それから…? どうかした?」

フィ「俺様は貴様の思考、記憶、イメージを基に構築された人格だ」

美琴「??」

フィ「だから貴様の精神が上条当麻だと知っている」

美琴「読心能力を応用してるんでしょ。なら知ってて当然だけど…」

フィ「自身の変化に気づかないのか?」

美琴「ん? なんか変わったかしら…?」

フィ「……口調だ」

美琴「…!!??」

美琴「わたッ…俺は、いつから…?」

フィ「そこで寝ている小学生が上条当麻に会いたいと貴様に頼んだときからだ」

美琴「…よく覚えてる。滅茶苦茶イラついてたんだ」

美琴「当麻と絹旗が仲良くしてるとこを想像して、それで…」

フィ「深く考えるな。今の上条当麻にとって御坂美琴の想いは猛毒だ」

美琴「どういうことだよ」イラッ

フィ「貴様が上条当麻のことを想う度に、貴様本来の人格は侵食されていく」

フィ「女に嫉妬したりすると爆発的に侵食が進むんだ」

美琴「侵食ってなんだよ。このままだと、どうなっちまうんだ」

フィ「どうもならんさ。ただ…」

美琴「…ただ?」

フィ「現状を受け入れてしまうだけだ」

フィ「そうなれば貴様が上条当麻に戻ることは不可能になるだろう」

美琴「そんな…完全に御坂になっちまうのか?」

フィ「そうじゃない。似て非なるものだ」

フィ「上条当麻と御坂美琴、それぞれが理想とする相手になると推察できる」

美琴「…つまり俺は、俺にとって理想の御坂美琴になるのか?」

フィ「そうだ」

美琴「冗談じゃねえ! 俺は上条当麻だ。絶対もとに戻ってやる!」

フィ「強く自己を意識できるうちは大丈夫だろう」

フィ「バイタルもメンタルもモニターしているからな。異常を検知したら教えてやる」

美琴「…マジで万能だな」

美琴「そうだ! アイツにも教えてやんねーと…」pipi

美琴「……だめだ、でねえ」オカケニナッタデンワハ…

フィ「イギリスとの時差は約九時間だ。明日の早朝にするほうがいい」

美琴「そうだな。ちーっとばっか早いけど寝るか……って!?」

絹旗「……」スヤスヤ

美琴「俺のベッド…絹旗が寝てるんだった」

フィ「広いベッドだ。二人で寝ても十分じゃないか」

美琴「…そうだ、今の俺は人畜無害な御坂さんだ。女の子と一緒に寝てもなんともないぜ」ゴソゴソ

フィ「俺様もシャットダウンするか…電池は大切にしないとな」

美琴「え!? お前電池で動いてたの!?」

フィ「……」シーン

美琴「無視か……ムカつくけど、お前がいてくれて助かったよ。さんきゅーな、フィアンマ」

美琴「明日は忙しくなりそうだな。……おやすみ」スヤスヤ

                                                                    next

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。