一方通行「俺と契約して魔法少女になンねェか?」 > 17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

御坂「うーん…今日はなかなか反応が無いわね」スタスタ

一方通行「この辺りのは昨日夜オマエらが倒しきったンじゃねェの?」カツカツ

結標「魔女は人間を食べるっていうし、狩場がかぶらないようにナワバリがあるのかもね」スタスタ

御坂「徒歩じゃ全学区まわるのに何日かかるかわからないわね…」スタスタ

一方通行「……全学区徒歩とか途中で行き倒れそうだぜェ…」カツカツ

御坂「確かにね…どうしよ、タクシーでも捕まえる?」

一方通行「車じゃ路地や細い道をカバーできねェだろ」

御坂「そうよねー」ウーン

結標「しょうがない、私の出番が来たようね!」

一方通行「座標移動がありゃ楽だろォけどオマエ自分を移動させると消耗するじゃねェか」

結標「心配ご無用」シャランラー

御坂「ちょっ、こんなとこで変身とか…」アセ

結標「へーきへーき☆」テクマクアワキンテクマクアワキン

一方通行「!!嫌な予感しかしねェェ!!」ダッ

御坂「あっ逃げた」

結標「逃がすわけないでしょー!」ショタセラレータニナーレ☆

幼年通行(再)「………」ドテ

結標「いやっほおぉぉぉおおう!!」グッ

幼年通行「チクショオオオオオオ!!」

御坂「……逃げる前に反射したらよかったんじゃない?」

幼年通行「あっ」

御坂「……以外とマヌケなとこあるのね」

結標「いいじゃないのあーくん状態だと能力に時間制限ないんだし色々と捗るわよ」ガシ

幼年通行「勝手に形態変化に名称つけンな放せ」ジタバタ

御坂「私もこっちのがいいかな、ちびっこ姿なら怖くない……っていうか馴染みやすいっていうか」

幼年通行「………チッ」ダラン

結標「大人しく抱きしめさせてくれるなんて、ついに私の想いが通じたのね……」ギュウウウ

幼年通行「トチ狂ってンじゃねェ!中身はさっきと同一人物だぞ態度違いすぎて怖いわ!」

結標「ぶかぶかのブレザーもいいわね~あっでもサイズが大きすぎるシャツ一枚は正義よね!」

幼年通行「ズボン脱がそうとしてンじゃねェよさすがにそれは犯罪だァ!」

御坂「……」フム

幼年通行「オイ、見てねェで頼むからこのショタコンなンとかしてくれ」グッタリ

御坂「……」シャランラー

幼年通行「ちょっ、オマエ変身後の自分のカッコ自覚しろよ!」

御坂「平日午前中の公園なんて誰も来ないから気にする必要ないわよ」テクマクミコリン(ry

幼年通行「!?な、なにする気だ?」

御坂「ちょろっと試してみよっかなーって」エイッ

結標「……こ、これは…!?」

幼年通行(カエル)「……えェー…」ケロ

御坂「この間会った魔法少女の子が言ってたのを試したかったのよねー!」ゲコゲコ

結標「くはあああカエルフードあーくん水掻きかあああわあああいい!」

御坂「魔力を物質に干渉させて見た目を変えられる……なるほどね。似合ってるわよ」プププ

幼年通行(ケロ)「ふっざけンなよクソがァ…」ワナワナ

結標「…と、いうことは」キュピーン

幼年カエル「おいやめろ」

結標「私の悲願がかなうときは今!!」カッ

幼年通行「」←体操服+ランドセル

結標「ううう…ありがたやありがたや」グス

幼年通行「なンで泣いてンだよ意味不明すぎるわ!」

御坂「さすがの私もこれは引くわ」テクマク(ry エイッ

幼年通行「」ヒヨコ着ぐるみ

御坂「あははは!かわいい!!ねえねえパタパタしてみてよ」

ピヨピヨ通行「何しやがる!…なンだこれ羽みてェになってンじゃねェか手ェ使えねェだろ!」パタパタ

結標「ぐはっ…」バタン

御坂「うっ…アンタ本当に子供の時は無駄にカワイイわね…何を企んでるの?」キッ

ピヨピヨ「こンなカッコにしたのはオマエらだろォがさっさと戻せェ!」パタパタ

結標「やるわね美琴…こうなったら最終手段よ!」テクマク(ry

幼年通行「……」←水色スモック+半ズボン+ナナメ掛けカバン

結標「うむ。」

御坂「……ちょっとアンタ目が死んでるけど大丈夫?」

幼年通行「……大丈夫に見えンのか?」

御坂「さすがにこれは無いわよー」エイ

結標「ええーこれはキュートさが足りてなくない?」エイ

御坂「だから淡希はやりすぎなんだってば」エイ

結標「あーくんのかわいさと釣り合い取るにはやりすぎくらいでちょうどいいのよ」エイ

御坂「だからって一応男の子なんだからメイド服はないわよ」エイ

結標「何言ってるのよそこで『おねェちゃン僕男の子だよォ…』っていう神展開が(ry」エイ

御坂「そーいえば昨日パイレーツオブカ○ビアンやってたわね」エイ

結標「そんなラクガキみたいな下っ端海賊のカッコにするよりジャックス○ローのにしてよ」エイ

幼年通行「オマエらいい加減にしろォォオオ!!」

御坂「あ、正気にもどった」

幼年通行「人をオモチャにして遊ンでンじゃねェ!!」

結標「あーくんをオモチャに…ハァハァ」

御坂「……」ベシッ

結標「イタッ。なによ軽い冗談じゃない」

幼年通行「全っ然冗談に聞こえねェンだよ…」

御坂「ちょっとふざけすぎたけどブカブカの服引きずって動くよりいいでしょ?」

結標「そうよ!あーくんの服装は士気に関わるんだから検討を重ねて当然よ!」

御坂「いやその理屈はおかしい」

幼年通行「確かにブカブカよりゃァマシだが魔女と戦う前から魔法ムダ撃ちしてどォすンだよ」

結標「てへ☆」ペロ

幼年通行「……」イラッ

御坂「それもそうね、魔女を見つけるまで変身はやめときましょ」シュン

結標「だが断る」

幼年通行「ふざけンな」

結標「意味もなくあーくん状態にしたんじゃないんだってば。今なら演算に制限ないでしょう?」

幼年通行「魔女がどこにいるかもわかンねェのに…見つけてからでいいじゃねェか」

結標「だからー、あーくんが私をお姫様だっこして飛びつつ私は魔女の気配を探ればすぐ見つけられるでしょ」

幼年通行「なァンで俺がそンな真似しなきゃなンねェンだよ」

御坂「ちょっとそれだと私はどうするの?」

結標「ガンバレ☆」グッ

御坂「……」イラッ

御坂「でもお姫様だっことかいうのを除けば良い案かもね」

幼年通行「こンなチビの体でオマエら二人を抱えるなンて無理だぞ」

御坂「飛ぶのは問題ない訳?」

幼年通行「まァ…杖ついて歩くよりは楽だな」

御坂(どんだけひよわ…」

幼年通行「聞こえてンだよクソ」

結標「じゃあ手を繋いで飛ぶっていうのは?」

御坂「何そのメルヘン」

幼年通行「俺はいいけど、飛ンでるうちにオマエら肩外れるンじゃねェ?」

御坂「アンタの能力でなんとかならないの?」

幼年通行「負担がかからないように空気抵抗とかGの演算までしてたら長時間持たねェよ」

結標「じゃあじゃあブランコをあーくんが持ってそれに座って(ry」

御坂「メルヘンが止まらない…」

幼年通行「ブランコはねェけど、デカイ布とかで包んで運搬するなら楽かもな」

結標「荷物扱い!?」ガーン

御坂「シーツとかでいいんじゃない?」

幼年通行「そォだな」

結標「私の事はスルーなのね…いいけどさー」ブツブツ

幼年通行「うっせェなァ…それより一旦ソウルジェムの状態見せてくれ」

結標「なんで?」

幼年通行「大体の目安でいいからどォいう魔法でどの程度消耗するか把握しときてェンだ」

御坂「なるほどね。服を替えるのは戦闘で武器出すより楽だったからそんなに変化は無いわよ」スッ

幼年通行「昨日の戦闘分はもう浄化済なンだな?」ジー

御坂「ええ。一応さっき使った魔法分の穢れ移しとく?」

結標「はいっあーくんグリーフシード」サッ

幼年通行「お、おォ…(反応早ェなァ…ガキのカッコの時に限ってだけど)」


御坂のカエル色のソウルジェムにグリーフシードを近づけると、
薄もやのような『穢れ』が浮き出て吸い取られた。
ソウルジェムは緑の宝石の輝きを増し、グリーフシードは……


幼年通行「……」

御坂「どうしたの?」

幼年通行「いや、……このグリーフシードはもォ使わねェ方がいいな」

結標「昨日結構魔法使ったものね。じゃあそれはあーくんが持っててくれる?」

幼年通行「あァ。…この服のポケットに入れたら戻った後ってどォなるンだ?」

御坂「元の服に対応してるみたい。制服のポケットに入れてたコインは変身後もポケットに入ってたし」

幼年結標((カエルにポケットついてるのか…))

御坂「それじゃまずシーツ調達しにいきましょうか」

結標「そうね。あーくん行くわよー」

幼年通行「あァ」

幼年通行(ソウルジェムは『魂』…なら、グリーフシードに吸い取られる『穢れ』ってなァ何だ?)

    (取り込まれた『穢れ』がグリーフシードの中で渦巻いてやがる…)

    (ピョン吉が言ってた「俺ならわかる」グリーフシードの限界値ってのはこの事かよ)

孵化する直前の卵のような、今にも内側からノックを始めそうな、そんな張りつめた状態。
しかし、新しい命への希望ではなく見てるだけで不安で追い詰められそうになるような。

幼年通行(それに、あの感触…)

結標「あーくん早くこないとだっこで運んじゃうぞ☆」

幼年通行「わかったよソレだけはやめろォ!」ダッ


幼年通行(何にしても、俺が気をつけて行くしかねェな)



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。