メニュー

+...
最寄駅からのアクセス
北浦和駅
南与野駅
志木駅
浦和駅
西浦和駅

遠方からのアクセス
東京駅から
大宮駅から
羽田空港から
成田空港から

+...



+...





編集者向け
+...




リンク


カウンター

総計 -
今日 -
昨日 -




東北新幹線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JR東日本の新幹線路線の一つ。
なおこのページに記載してあることは全て定期列車についてのみである。臨時列車では停車駅や使用車両、車内設備等が変更になるので、実際に新幹線を利用する際は各自で確認を行うこと。

●:全列車停車、▲:一部列車のみ停車、|:全列車通過、○:冬季以外停車、空欄:経由しない
東北新幹線
北海道新幹線 秋田新幹線 北海道新幹線 東北新幹線 山形新幹線 東北新幹線
はやぶさ     こまち      はやて      やまびこ     つばさ      なすの     
東京
上野
大宮
小山
宇都宮
那須塩原
新白河
郡山
福島
白石蔵王 (↓山形方面)
仙台
古川
くりこま高原
一ノ関
水沢江刺
北上
新花巻
盛岡
いわて沼宮内 (↓秋田方面)
二戸
八戸
七戸十和田
新青森
奥津軽いまべつ
木古内
新函館北斗
山形新幹線 奥羽本線
(山形線)
つばさ      普通
福島
笹木野
庭坂
赤岩
板谷
大沢
関根
米沢
置賜
高畠
赤湯
中川
羽前中山
かみのやま温泉
茂吉記念館前
蔵王
山形
北山形
羽前千歳
南出羽
漆山
高擶
天童
乱川
神町
さくらんぼ東根
東根
村山
袖崎
大石田
北大石田
芦沢
舟形
新庄
秋田新幹線 田沢湖線
こまち      普通
盛岡
大釜
小岩井
雫石
春木場
赤渕
田沢湖
刺巻
神代
生田
角館
鶯野
羽後長野
鑓見内
羽後四ツ屋
北大曲
大曲
秋田新幹線 奥羽本線
こまち      快速   普通
大曲
神宮寺
刈和野
峰吉川
羽後境
大張野
和田
四ツ小屋
秋田

沿線から埼大へのアクセス


路線概要

東北新幹線の列車として運行される列車は、北は新青森・北海道新幹線の新函館北斗まで、南は東京まで直通で乗り入れる。
このほか山形新幹線や秋田新幹線として走る列車も東京まで乗り入れる。

東京―新青森間は東北新幹線
東京・福島―山形・新庄間は山形新幹線(正式には福島―新庄間は奥羽本線)
東京・盛岡―秋田間は秋田新幹線(正式には盛岡―大曲間は田沢湖線、大曲―秋田間は奥羽本線)
東京・新青森―新函館北斗間は北海道新幹線

はやぶさ・こまち・はやては一部を除いて全車指定席のため、乗車には指定席特急券が必要。
ただし、満席の場合は立席特急券を、盛岡―新函館北斗・秋田間のみの乗車の場合は特定特急券を、仙台―盛岡間に途中停車駅のあるはやぶさ・はやてにこの区間内のみ乗車する場合は自由席特急券をそれぞれ購入することで乗車できる。この場合空席があれば着席できるが、 その席の指定席特急券を持った乗客が来た場合は席を明け渡さなければならない
はやぶさ・こまちで大宮―盛岡の一部または全部の区間に乗車する場合は、区間に応じた加算料金が発生する。

はやぶさ・こまちを除く新幹線区間での最高速度は275km/h。

はやぶさ

主な運行区間は東京―新青森・新函館北斗で、現在の東北新幹線の最上位列車。全線の所要時間は最速4時間2分。
JR東日本E5系、JR北海道H5系10両編成で運転される。
一部列車は東京―盛岡間でこまちと併結して17両で運行する。
宇都宮―盛岡間で鉄輪式の営業列車としては 世界最速の320km/h運転 をする。

こまち

主な運行区間は東京―秋田。
E6系7両編成で運転される。
全ての列車で東京―盛岡間ではやぶさと併結して17両で運行する。
大曲でスイッチバックを行うため、大曲―秋田間は座席の向きと列車の進行方向が逆になる。
宇都宮―盛岡間で鉄輪式の営業列車としては 世界最速の320km/h運転 をする。在来線区間の最高速度は130km/h。

はやて

運行区間は東京―盛岡、盛岡・新青森―新函館北斗。はやぶさとの違いは大宮―盛岡間の乗車でも加算料金が発生しないことである。
東京―盛岡間の列車はE2系10両編成、盛岡・新青森―新函館北斗間の列車はE5系10両編成で運転される。

やまびこ

主な運行区間は東京―仙台・盛岡。
基本的な停車駅パターン
  • つばさと併結しない仙台発着:白石蔵王以外の各駅
  • 盛岡発着と、つばさと併結する仙台発着:東京、上野、大宮、宇都宮と郡山からの各駅
E2系0番台・1000番台(つばさと併結する列車は1000番台のみ)10両編成、E5系10両編成、H5系10両編成、E5系+E3系0番台16両編成、E5系+E6系17両編成のいずれかで運転される。
一部列車は東京―福島間でつばさと併結して17両で運行する。

つばさ

主な運行区間は東京―山形・新庄。
E3系1000番台・2000番台7両編成で運転される。
駅の発車標や車両の行先表示器で「山形・新庄」となっている場合、単に山形方面の新庄行きであることを表す(山形行きと新庄行きが併結しているわけではない)。
ほぼ全ての列車で東京―福島間でやまびこと併結して17両で運行するが、一部列車は全区間単独の7両で運行する。どちらの場合でも新幹線区間ではホームの福島寄りの端の方に停車するため、東京寄りで待っていると最長260m分移動しなければならなくなるので注意が必要。
在来線区間の最高速度は130km/h。

なすの

主な運行区間は東京―那須塩原・郡山。
東北新幹線では唯一全列車が各駅に停車する。
E2系10両編成、E5系10両編成、E5系+E3系0番台16両編成、E2系+E3系1000番台・2000番台17両編成、E5系+E6系17両編成のいずれかで運転される。

車両

東京寄りが1・11号車となっている。
E5系とH5系、E2系は3列+2列シートになっており、1両の長さは約25m。
E6系とE3系は在来線区間を走行するため他の新幹線車両より1両の長さが約20mと短い。また幅が狭いために車内は2列+2列シートになっているほか、新幹線区間ではホームと車体の間に隙間ができるので、駅に到着すると車体に収納されているステップを使用する。
各車両にトイレが付いている。
普通車では肘掛けにあるボタンを押すことで、座席をリクライニングさせることができる。
また、E5系とH5系、E6系、E2系1000番台の一部、E3系2000番台の普通車では、窓側と車端部の席にコンセントが備え付けられている(H5系は全席)。
グリーン車やグランクラスに乗車する際には追加料金が必要になる。

E5系・H5系

主に「はやぶさ」に使用される。
1~8号車は普通車、9号車はグリーン車、10号車はグランクラスになっている。
E5系は、日本の新幹線車両で初めて普通車の座席に可動式ヘッドレストが装備された。
グランクラスにはアテンダントが乗車しており軽食等のサービスが受けられるが、はやぶさ以外の一部列車ではこれらのサービスがない場合もある。この場合は料金が安くなる。

E6系

主に「こまち」に使用される。
11号車はグリーン車、12~17号車は普通車になっている。
普通車の座席に可動式ヘッドレストが装備されている。

E2系0番台・1000番台

「なすの」、「やまびこ」、「はやて」に使用される。
1~8・10号車は普通車、9号車はグリーン車になっている。

E3系0番台

「なすの」、「やまびこ」に使用される。
11号車はグリーン車、12~16号車は普通車になっている。

E3系1000・2000番台

主に「つばさ」に使用される。
11号車はグリーン車、12~17号車は普通車になっている。