メニュー

+ ...

+ ...





編集者向け
+ ...




リンク


カウンター

総計 -
今日 -
昨日 -




定期券について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通学定期券

通学定期券は、通常の定期券(通勤定期券)よりも安く購入できる学生専用の定期券である。そのため、新規購入時と学年をまたぐ際の継続購入時、および定期券を利用しての乗車には学生証(に加えてIC定期券でバス乗車時はIC定期券内容控)の携帯が必要である。
また、定期券の発売区間は「自宅の最寄り駅⇔大学の最寄り駅」や「鉄道駅のバス停⇔大学の最寄りバス停」のような必要最低限の区間に限られる(ので、アルバイトの勤務先や自動車教習所の通学先は定期券の区間内にするとよい)。
なお、定期券では指定した経路通りに乗った場合、利用区間内の駅・バス停では自由に乗り降りできる。

例1) 大宮⇔南与野の定期券を持っている場合は北与野・与野本町でも乗降できる。
例2) 浦和駅西口⇔埼大裏の定期券を持っている場合は十石田でも乗降できる。

以下、このページでは基本的に通学定期券の場合について記述する。


鉄道の定期券

新規購入

使用開始日の7日前から購入することができる。
JR東日本(以下JR)の場合はみどりの窓口で、私鉄の場合は主な駅の定期券発売所などで申し込み用紙に必要事項を記入し、学生証を提示したうえで代金を支払う。クレジットカードでの支払いが認められている場合、学生の定期券を親のカードで購入するということが可能である。なお、 南与野駅にはみどりの窓口がないため、新規購入と新年度の継続購入はできない。
利用区間がJR線のみの場合はSuicaに定期券機能を持たせることができる(PASMO等は不可)。
自宅が私鉄沿線にある場合は、私鉄とJRの連絡定期券が購入できることが多い。この場合、SuicaとPASMOのどちらにも定期券機能を付けられる(ただし、Suicaの場合はJR、PASMOの場合はその私鉄の駅に限る)。
初めてSuica、PASMOを購入する際はデポジットの500円が必要。この500円は、Suica、PASMOを払い戻す際に返金される。

継続購入

使用開始日の14日前から購入することができる。
新規購入時の場所のほか、指定席券売機や多機能券売機でも購入できる。ただし、新年度に購入する(正確には有効期限が切れる日が新年度の5/1以降になる)場合は券売機での購入ができない。


バスの定期券

発売開始日は鉄道の定期券と同一。西武バスではSuica・PASMOに定期券機能をつけることができる(共通定期券を除く)。
乗車時は原則として整理券を取るが、始発停留所付近から乗る場合や西武バスに乗る場合は取らない。降車時は定期券の券面を乗務員にはっきりと見せる(整理券を持っている場合は運賃箱に入れる)。
乗り越しをした場合は定期券の有効区間外の運賃を支払う(実際の乗車区間と定期券の有効区間の運賃の差額 ではない (西武バスIC定期券を除く))。深夜バスに乗車する際は、降車時に定期券を提示したうえで深夜運賃の半額=通常運賃を支払う(整理券を持っている場合は運賃箱に入れる)。
IC定期券の場合は、乗車時と降車時にそれぞれ読み取り機にタッチする。
以上は埼玉県内で国際興業バス・西武バスを利用するときの乗車方法である。地域やバス会社によって乗車方法が異なるため注意が必要。

埼大生にとって便利なバス定期券を乗車区間別にまとめて金額を比較すると以下のようになる。

通学用(大学院生を含む)

金額は全て年額[円]に換算したものを掲載している。
現金やICカードの場合の金額は、 学生が通学する時を想定して 片道運賃[円]×2回/日×5日/週×16週/期×2期/年=片道運賃[円]×320回/年で計算した。

ICカードの場合、後述するように利用額に応じて割引が受けられるため、実際には下表の金額よりも安くなる。

◎:料金と利便性を考えて最適 、○:料金または利便性のどちらかでは適している、△:適していない、―:利用不可

↓乗車区間 現金 ICカード 学トクIC定期券 ばすく~る365 6ヶ月定期券(国際興業バス) 共通定期券(3か月の場合)
北浦和駅 ―埼玉大学 △64,000 ○62,400 ◎40,000
(区間指定なし)
△50,700 △71,200 △79,120
北浦和駅 ―大久保団地 △64,000 ○62,400
南与野駅 ―埼玉大学 △57,600 ○56,000 △45,500 △63,940 △71,040
志木駅東口―埼玉大学
北朝霞駅 ―埼玉大学
△80,000 ○79,040 ◎64,220
(埼大東上線連絡定期券)
△90,180
(埼大東上線連絡定期券)
浦和駅西口―埼大裏 △80,000 ○79,040 ◎64,220 △90,180
西浦和駅 ―埼玉大学 △60,800 ◎59,520

通勤用
+ ...

定期券の詳細は以下。

学トクIC定期券

西武バスが発売している通学定期券で、 西武バスの一般路線バスが乗り放題 (通常運賃で600円以上する区間でさえも乗れる)。このページに記載されたバス定期券の中では 年間での金額が最も安い 。埼大関係では北浦和駅―埼玉大学(西武便のみ)や北浦和駅―大久保方面の系統が利用できる。また、自宅や下宿先から最寄り駅まで西武バスが走っている場合はそちらにも乗ることができる。
この定期券で利用できないのは以下の通り。
  • 共同運行路線において他社が担当する便 (北浦和駅―埼玉大学間の国際興業担当便等。どの便がどちらの会社で運行されるかは時刻表に記載されている)
  • 立川駅南口・川越駅西口・三井アウトレットパーク線・羽村駅―三井アウトレットパーク(入間)
  • 高速バス・空港連絡バス・深夜急行バス・コミュニティバス・西武プリンスドーム線・催事輸送バス
  • 西武観光バス秩父営業所、西武高原バス軽井沢営業所の路線
【発売額】年間40,000円(その他に数か月ごとの定期券も発売されている)
【発売場所】東京都・埼玉県内の西武バスの営業所・案内所。埼大に一番近いのは大宮駅西口案内所(大宮駅前アルシェ6階)

ばすく~る365

国際興業が発売している1年間有効の通学定期券で、割引率が通常の定期券より高い。ただ、初乗り運賃区間であっても西武の学トクIC定期券より値段が高いため、南与野駅・北浦和駅の利用者にはあまりメリットがない。一方西武バスが走っていない 志木駅東口・北朝霞駅―埼玉大学間や浦和駅西口―埼大裏間を利用する場合には最適 である。

【発売額】年間64,220円(浦和駅西口⇔埼大裏、埼大東上線連絡定期券の場合)
【発売場所】東京都・埼玉県内の国際興業バスの営業所・案内所。埼大に近いのは西浦和営業所(新大宮バイパス沿い)、浦和駅西口案内所(浦和駅前CORSO1階)
南与野駅西口を発車して埼大を通るバスは志木駅東口行と北朝霞駅行が運行されている。志木駅東口までの定期券を持っているのに北朝霞駅行が来てそれに乗車した場合は、定期券の区間外の運賃を払わなければならない。
この定期券はそのような不都合をなくし、どちらの系統にも乗車できる(志木駅へも北朝霞駅へも行ける)ようにしたものである。発売額は通常の定期券と同額であるため、これを購入しておいて損はない。
なお、埼玉大学―宗岡蓮田―宿―志木駅東口、宗岡蓮田―宗岡、宗岡―北朝霞駅では、同一の経路を走行する国際興業バスの他の系統にも乗車できる(東武バスウエスト担当便は不可)。



以下の定期券・サービスは年齢制限がない(通勤定期券としても発売する)。
なお、6か月定期券と共通定期券の場合、 大学の授業に合わせて週5日・年間32週乗るだけでは、現金やICカードで乗るよりも損するので注意。

6か月定期券西武バスIC定期券

多くのバス会社では有効期間が1か月か3か月の定期券しか発売していないが、国際興業や西武バス(IC定期券のみ)はそれらよりも割引率の高い6か月定期券を発売している。西武バスの方が同じ運賃区間に対する定期券の発売額が高いが、設定した金額内であればどの区間でも自由に乗降できる上、乗り越した場合も通常運賃との差額を支払うだけで済むというメリットがある。
なお、学生の場合はばすく~る365や学トクIC定期券を利用すればよいので、この定期券の用途は専ら通勤用といえる。

【発売額(通勤定期券)(国際興業)】6か月で北浦和駅⇔埼玉大学が44,590円、南与野駅⇔埼玉大学が40,010円、浦和駅西口⇔埼大裏と埼大東上線連絡定期券が56,480円
【発売場所(国際興業)】東京都・埼玉県内の国際興業バスの営業所・案内所。埼大に近いのは西浦和営業所(新大宮バイパス沿い)、浦和駅西口案内所(浦和駅前CORSO1階)

【発売額(通勤定期券)(西武バス)】6か月で200円区間(北浦和駅⇔埼玉大学、北浦和駅⇔大久保団地など)が48,600円、180円区間(南与野駅⇔埼玉大学など)が43,740円
【発売場所(西武バス)】東京都・埼玉県内の西武バスの営業所・案内所。埼大に一番近いのは大宮駅西口案内所(大宮駅前アルシェ6階)

共通定期券

北浦和駅西口・南与野駅西口―埼玉大学間では2社が共同運行を行っているが、通常の定期券は発行事業者のバスにしか乗車できない。そこで 国際興業と西武バスのどちらの会社のバスにも乗れる ようにしたのが共通定期券である。
公式ウェブページ内には、利用可能な系統として[北浦03][南与01][志03-3]のみが挙げられているが、実際にはバス前面や側面の行先表示器に「共通定期券取扱車」と表示されているすべての系統で利用できる([北朝02]系統等)。
この定期券は有効期間が6か月のものは発売しない。

【発売額(通学定期券)】 3か月で 北浦和駅西口⇔埼玉大学が19,780円、南与野駅⇔埼玉大学が17,760円(有効期間が1か月の定期券も発売されている)
【発売場所】埼玉大学チケットカウンター(第2食堂がある建物の2階、書店の中)、国際興業バス西浦和営業所(新大宮バイパス沿い)、浦和駅西口案内所(浦和駅前CORSO1階)

バス利用特典サービス(バス特)

定期券ではないが便宜的に記載しておく。
これは1か月間のSuicaやPASMOでのバスの利用額に応じてバスポイントがたまり、ポイントが一定以上になるごとに特典バスチケットが付与されて運賃が割引になるサービスである。多くのバス会社では1円の利用で1ポイントたまり、1000ポイントたまるごとに100円~330円分のチケットが付与される。特典バスチケットは次回バス利用時に運賃を支払う際に、Suica・PASMOのチャージ残高より自動的に優先して使用される。
なお、バスポイントは各社共通である。

例) 国際興業バスの利用で525ポイント、西武バスの利用で350ポイント、都営バスの利用で206ポイントの計1081ポイントたまった→100円分のチケットが付与
その後国際興業バスの175円区間に乗車した→100円分のチケットが使われるので、残りの75円をチャージ残高から支払う。この際75ポイントたまるので、バスポイントは合計1156になる

※申し込み・手続等は不要。バスポイントは、10000ポイントに達した場合や翌月1日を迎えた場合は0ポイントにリセットされる。なお、Kitaca・manaca(マナカ)・TOICA・PiTaPa・ICOCA・はやかけん・nimoca・SUGOCAは運賃の支払いはできるが、バス特の対象にはなっていない。

更新履歴

取得中です。


今日の人気ページ