PIC18F14K50


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PIC18F14K50 ・・・ロボット製作に使えるのか?

スレで出ていたので見たらVstone Beauto Racer でも使われていた。
 赤外線センサ×2
 DCモータ最大2ch制御可能
 アナログ入力4ch追加可能
 LED×2搭載
Beauto Racer http://www.vstone.co.jp/products/beauto_racer/
Beauto Racerの簡単回路図  http://plaza.rakuten.co.jp/acnxt/diary/200907210000/

Poken でも使われている 
Poken http://poken.jp/ja/

「REVIVE USB(リヴァイヴ USB)」でも使われている 
【リヴァイヴ USB発売のお知らせ】 http://bit-trade-one.co.jp/BTOpicture/PreRelease/pre007-RVV.html
エレキジャック USBタッチスクリーン・テンキーの製作 http://www.eleki-jack.com/KitsandKids2/2010/11/usb_3.html


CQ出版トランジスタ技術増刊「 今すぐ使える パソコン計測USBマイコン基板 」 の付属基板でも使われている
http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/407/Default.aspx
増刊「今すぐ使える!パソコン計測USBマイコン基板」サポート http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/392/Default.aspx


プログラムのしかた  
開発環境 MPLAB IDE をダウンロード、インスコ
PIC18F14K50用Cコンパイラ C18 をDL・インスコ
Microchip Solutions v2010-10-19 をDL・インスコ
MPLAB IDE起動、プロジェクトを作りC18を選択。
プログラムをコンパイルすると .hexファイルが出来上がる。
.hexをpickit3に入れる
pickit3とPIC18F14K50のボードをつなぎ、.hexを入れる


USB PIC18F14K50開発ボード http://csun.co.jp/SHOP/2010061901.html


秋月電子 製  
◆PIC18F14K50使用USB対応超小型マイコンボード   800円   ・・・・・おすすめ!!!
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05499/
◆概要
USBとICSP書き込みの手軽さを両立した、
超小型切手サイズPIC18F14K50マイコンボード
◆特徴
ICSP直結方式の簡単プログラミング
面倒なワイヤリングは必要ありません、
PICkitをさすだけで簡単にプログラムの書き込みができます。
書き直しがすぐできますので思い切ったプログラミングにチャレンジできます。

mybd_2008製  
◆USB内蔵PICマイコンボード(PIC18F14K50)   900円
http://mybd.sitemix.jp/
http://blogs.yahoo.co.jp/mybd_2008/314332.html
◆特徴
1 Microchip(マイクロチップ)社のUSB内蔵マイコンでは廉価版にあたるPIC18F14K50を搭載したオリジナルの超小型マイコンボードです。試作や電子工作にご利用ください。
2 このマイコンボードは、USBケーブルで接続することによって、パソコンから 簡単に制御することができます。
3 ICSP用の端子を基板に出していますので、PicKit2、Pickit3、ICD2、ICD3などと容易に接続できます。
4 USBコネクタ(Mini-B)や電源安定化のためのパスコンも実装済です。
5 基板上のパタンを半田ブリッジすることにより、USBパワー(5V)を電源として使用できます。外部電源も使用可能です。簡単な外付け回路でUSBパワーと外部電源の切り替えも可能です。

◆仕様
1 PICマイコン: PIC18F14K50-I/SO 20ピンSSOP
。プログラムメモリ(Flash): 16 Kbytes
。データメモリ(SRAM) :768 bytes USBインタフェース用 256bytes RAM含む
(EEPROM): 256 bytes
。I/O 17 MCLR端子は入力専用
。10ビットAD :11
。アナログコンパレータ :2
。ECCP(PWM) :1
。MSSP(SPI) :Y
(IIC) :Y
。EUSART :1
。8ビットタイマ :1
。16ビットタイマ :3
。USBモジュール 1 USB 2.0準拠
PICマイコンの詳細仕様は、Microchip社のホームページで、最新版をご覧ください。

2 水晶振動子 12MHz(±50ppm) 実装済み (PICマイコン内部のPLLで48MHzに逞倍して使用)
3 USB Mini-Bコネクタ実装済み
4 基板 基板サイズ 21.3mmx18.8mm  厚さ0.8mm


.hex書き込みに、PicKit3が必要。

http://www.microchip.com/wwwproducts/Devices.aspx?dDocName=en533924
シンセ・アンプラグド http://d.hatena.ne.jp/pcm1723/searchdiary?of=14&word=%2A%5BPIC%5D
ブートローダ http://wiki.onakasuita.org/pukiwiki/?PIC%2F%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%80
マウスやジョイパッドになるUSBコントローラ自作キットが発売 http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100911/etc_tradeone.html
pic18spx http://www.geocities.jp/kuman2600/o19pic18spx.html
PIC18F14K50とUSBコネクタを搭載したモジュール「KBC-USBmini」(¥1,890_)http://eleshop.jp/shop/g/g9BK331/
タッチセンサモジュール検出には18F14K50 http://a-desk.jp/modules/forum_module/index.php?cat_id=2
USBデバイス開発 第2回 http://blog.livedoor.jp/sce_info3/archives/1935628.html
PIC18F14K50 USBを使わない場合の注意 http://tama.3690.jp/?page_id=168
細々と続ける趣味に関する備忘録 http://aqv.dxvacation.net/?tag=pic18f14k50
PIC18F14K50と2.4インチカラーLCD http://debuota23.blog106.fc2.com/blog-entry-12.html

PIC18F14K50 の概要 http://sky.geocities.jp/home_iwamoto/usb_top.htm ←わかりやすい!詳しい

PIC サーボ c言語  
317.PICでサーボを動かす(PIC16F873) http://homepage1.nifty.com/rikiya/software/317PICSRV.htm
サーボモータの制御 http://homepage3.nifty.com/mitt/pic/pic5_23.html
PIC16F648Aのタイマ割込み、あるいはRCサーボの駆動 http://it.mech.hi-tech.ac.jp/~ono/pic16f648a/pic16f648a-INTERRUPT.html
PICマイコンとAGB65-RSCの接続 http://www.robotsfx.com/robot/robohow/RoboHow67/RoboHow67.html
PICマイコンでWebカメラを操作する http://norte.coron.jp/elec/servo01.html
PICを使ってみる http://www.robotsfx.com/robot/robohow/RoboHow41/RoboHow41.html


【PIC18F14K50】 ミニロボ製作 001 【ソースとか公開しながら】 http://www.nicovideo.jp/watch/sm14178241
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14178241















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。