7-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」7-2


252 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 18:01:50.54 ID:OGIpmW2P
――開門都市、安い下宿、隣り合った部屋の片方

土木子弟「いやぁ、これは美味いな」
奏楽子弟「ん。ああ……」

土木子弟「羊、って云うのか? 初めて食べるけれど」
奏楽子弟「うん。地上の家畜らしいよ」

土木子弟「へぇ~地上かぁ」
奏楽子弟「うん……」

土木子弟「どうかしたのか?」
奏楽子弟「へっ? ううんっ。何でもないよ」

土木子弟「美味いなぁ。……むっしゃむっしゃ」
奏楽子弟「……もぐ」

土木子弟「よっし、こいつだ」カリカリッ
奏楽子弟「もうっ。食事中くらい、図面をおこうよ」

土木子弟「悪い悪い。だけど、どんどん頭の中に
 新しい工法や工夫がわき上がってきてさ。
 メモを取っておかないと忘れてしまうんだ」

奏楽子弟「もうっ。本当に馬鹿だなぁ」
土木子弟「仕方がないさ。早く作ってくれって橋が云っている」

奏楽子弟「橋が?」
土木子弟「ああ。そうさ」

奏楽子弟「あんたほんとに変わってるよ」
253 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/23(水) 18:03:02.18 ID:OGIpmW2P
土木子弟「そうかなぁ。お前にも聞こえるもんだと
 ばっかり思っていたけれど」

奏楽子弟「え?」

土木子弟「お前だって憑かれたように歌ったり、
 あふれ出すみたいに戯曲を書いたりするじゃないか」

奏楽子弟「それは、まぁ」

土木子弟「あれは、お前の内側から、そう頼まれてじゃないのか?」
奏楽子弟「……」

土木子弟「頼まれる、と云うと相手が俺たちみたいな言葉を
 話しているみたいだけれど、そうじゃなくさ。
 なんていうのかな。
 迂回路を通ってまとまった水流がため池に注ぎ込んで、
 それが溢れ出しそうと云うか、
 こぼれ落ちそうになって、俺をせき立てるんだ。
 “早く作って! 早く完成したいよ!”ってな。
 だってそうだろう?
 この橋は完成すれば、沢山の人のお腹や、懐や、冒険心を
 満たすためにあらゆるものを運ぶことが出来るんだ。
 早く生まれたがっても不思議じゃないさ」

奏楽子弟「……うん」
土木子弟「ん?」

奏楽子弟「判るよ。それは歌声でしょう?
 生まれ出たい声なき声で歌い上げるハルモニアだ。
 胸の中で、フィドルが、リラが、ツィンクの勇壮な響きが
 なっている、早く生まれたいと懇願の声を立てる」

土木子弟「ちゃんと判っているじゃないか」
254 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 18:04:20.84 ID:OGIpmW2P
奏楽子弟「ねぇ、土木子弟」
土木子弟「なんだい? ……もぎゅ、むしゃ」

奏楽子弟「『聖骸』って聞いたことがある?」
土木子弟「ん。いいや? なんだ、それ」

奏楽子弟「わたしも詳しくは知らない。
 ただ、開門都市の噂にかすかに聞こえるんだ」

土木子弟「ふぅむ」

奏楽子弟「その言葉が、わたしを誘うんだ。
 時にわたしを誘う風が強すぎて、必死に何かにしがみつかないと、
 魂ごと吹き飛ばされそうなくらいなんだ……」

土木子弟「……」

奏楽子弟「わたし、出掛けたい」
土木子弟「うん」

奏楽子弟「でも、一緒にもいたいんだ」
土木子弟「うん」

奏楽子弟「……」
土木子弟「……」

奏楽子弟「……」じわぁ
土木子弟「そんな顔するなよ。馬鹿だなぁ」

奏楽子弟「だってさ」
土木子弟「遠くに行くのか? もしかして、地上か?」
255 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 18:06:07.33 ID:OGIpmW2P
奏楽子弟「うん……。いつ帰れるかも判らないんだ」
土木子弟「でも帰ってくるだろう」
奏楽子弟「そんなの当たり前だっ」

土木子弟「じゃあ、何一つ変わらないじゃないか。行けば良いんだ」
奏楽子弟「でもっ」

土木子弟「はははっ」
奏楽子弟「……?」

土木子弟「じゃぁ、俺の橋は、お前を旅立たせることが
 出来るんだなっ! そして、お前を迎え入れることもっ!」

奏楽子弟「あ……」

土木子弟「行けばいいさ。
 俺の橋はお前の帰りをずっと待っている。もちろん、俺もだ。
 俺の橋はありとあらゆるものが通るんだ。
 地下世界の誇る天才作家! 妖精の歌い手だって通るんだぞ!
 妖精の歌い手は、地上を旅して、新しいお話と
 新しい音楽を見てくるんだ。なんてすごいんだろう!
 俺の橋には音楽だって通るんだ!」

奏楽子弟「う、うんっ」

土木子弟「すごいものを沢山見てこい」
奏楽子弟「すごいおとも沢山聞いてくるよ」

土木子弟「そうして、またこの街で会おう」
奏楽子弟「うん、うんっ。……約束、だっ」

土木子弟「われらは紅の子弟」
奏楽子弟「ああ。わたし達の約束は絶対だっ」

ぎゅうっ
265 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 18:34:13.12 ID:OGIpmW2P
――魔王城、深部、魔王の居住空間

コンコンッ

勇者「……あれれ」

コンコンッ

勇者「寝てるのかな」

カチャ

魔王「……すぅ。……すぅ」

勇者「寝てらぁ」

魔王「むー」くてん

勇者「寝てる時まで賢そうな顔しちゃって、まぁ」
魔王「……すぅ」

勇者「仕方ないなぁ。せっかくなのに」
魔王「……すぅ」

勇者「……」
魔王「……くふぅ」

勇者「髪の毛、細いな」
266 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/23(水) 18:35:09.04 ID:OGIpmW2P
勇者「相当美人だと思うんだけど、自覚ないんだろうな」
魔王「……むぅ」

勇者 ちょん
魔王「……ふにゅ。……すぅ」

勇者「まおー」
魔王「……? ……んぅ」

勇者「起きたか?」
魔王「……うう」

勇者「……」
魔王 きょろきょろ

勇者「おはよう」
魔王「……おはようだ」

勇者「ぼけぼけ?」
魔王「茶が欲しい」

勇者「判った。メイド長かな、用意してあるみたいだ」
魔王「ありがたい」

とぽとぽとぽ

勇者「ただいま、魔王」
魔王「おかえり、勇者」

勇者「胸は平気か?」
魔王「うん、もう痛みはない。呼吸も正常だ」
270 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 18:36:55.86 ID:OGIpmW2P
勇者「そろそろベッドからは出られるかな」
魔王「いい加減にして欲しい。退屈すぎる」

勇者「よし、んじゃ今日はお土産が沢山あるぞ」
魔王「なんだ?」

勇者「まずは、これだ。できたてだぞ?
 妹新作のカスタードプディングだ」

魔王「?」

勇者「まぁ、食えば判るよ」
魔王「ふむ……。こっ! これは!!」

勇者「すごくないか?」
魔王「甘いではないか! 冷たくと、とろぉりとして、
 初めて食べる味だ。なんだこれは?
 このとろりとしたものは果樹の蜜か? まったく新しい」

勇者「卵と砂糖で作るらしい」
魔王「なんと……。ちょっと目を離した隙に、
 どんどん技術を身につけ、新しい料理をつくりだすな」

勇者「うん、こればっかりは俺もびっくりだ」

魔王「すさまじい美味しさだなっ。メイド長も云っていたぞ。
 “料理はメイドの必須技能の一つですが、あの子のご馳走に
 かける執念は時には上級魔族を越えた気迫を感じる”ってな」

勇者「はははっ! 違いない」
魔王「これは本当に美味しいなぁ」

勇者「他にもあるぞ」
魔王「ん?」
272 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 18:38:46.85 ID:OGIpmW2P
勇者「まずはこいつは、砦将経由で預かったものだ」
魔王「うむ、封書か……。ナイフを」

勇者「ほいよ」

サクッ。ぴぃっ。――がさっ。

魔王「……うむ。青年商人殿からだ。これは、ふむ。
 開門都市に商館を作ったらしい」
勇者「はやいなぁ」

魔王「そう言えば面識があるのだったな」
勇者「腐れ縁でな、あ。そうそう」

魔王「なんだ?」

勇者「結構前の話だったけど、あいつには開門都市の
 交易勅書出しちゃったぞ? 魔王の直轄地だから、
 別に良いかなぁーって」

魔王「ああ、ここにも書いてある。お礼の言葉と共に
 確認をな。今回は問題ないとは思うが、軽はずみなことを。
 そこらの木っ端商人にこんな無制限な交易許可を与えたら
 面倒この上ないことになるぞ」

勇者「面倒って?」

魔王「勅書の転売とかまた貸しとかだ」

勇者「ああ、そっか」
魔王「そっか、ではない。まぁ、青年商人殿ならばそんな
 足下を見られるような、信用を損なう真似はしないだろうが」

勇者「で、あいつなんだって?」
274 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 18:41:51.18 ID:OGIpmW2P
魔王「ふむ、羊、牛など家畜の導入。銀行と貨幣経済の
 導入などを進めたい、としているな」

勇者「何だ、こっちには金貨はないのか? 普通に使ってたけれど」

魔王「使えることは使えるが、
 砂金での取引も通常に行われているな。
 人間の住む地上に手をつける前、つまりは勇者と出会う前には、
 この魔界の改革にも手をつけていたのだが、
 あの頃はまだ試行錯誤もあってな」

勇者「ふぅん」

魔王「魔界は、大地の恵みという意味では、
 地上よりも恵まれている。極端に寒い場所は多くはないしな。
 しかし、領土により荒れ地は多かったから
 激しい戦乱は起きていたんだ。
 魔界には人間界よりも、どちらかというと
 潅漑や治水といった土木技術や、音楽や物語などの文化的
 技術が必要で、だからそう言う意味でも――あ」

勇者「どうした?」

魔王「いや、そういえば……。魔界でも育てかけていた
 弟子がいたのだが」

勇者「はぁ?」
魔王「勇者がやってきたので放置してしまっていた」

勇者「おいおい」
魔王「まぁ、彼らも良い若者だ。
 のたれ死んでいると云うことはあるまいが」

勇者「結構放任主義だなぁ」
魔王「技能は現場でないと最終的には身につかないものだよ」
277 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:01:20.50 ID:OGIpmW2P
魔王「まぁ、そんな魔界側の事情もあってな。
 そもそも魔界は氏族による領地の運営が通常で、
 その意味では横断的な土木工事の必要がなかったんだ。
 家と畑が作れれば、それで済む程度には豊かだった。
 金貨による経済や食糧事情を改善は現状で機能している
 地下世界では随分と後回しになっていたのだ」

勇者「そうなのか。では、青年商人の件はどうする?」

魔王「銀行については、しばらく保留だな。
 まだ時期尚早ということもあるが、両界の銀行を
 一者の手に握らせるのも良くないだろう。
 これについては事情を説明する返事を書こう。
 羊と牛については止めようもないし、有り難いことでもある」

勇者「考えてみたら、あいつ、学士が魔王だって知らないんだ」
魔王「そうなのか?」

勇者「魔族だって云うのは明かしたけれど、魔王だとは思ってない」

魔王「それで魔王宛の丁寧な手紙なのか。
 回りくどい文章だと思ったぞ」

勇者「どうする?」
魔王「まぁ、そのままでもよかろう。いずれ自然に判る。
 後で返事を書いておくとしよう」

勇者「そっか。んじゃ、次だ」
魔王「次は何だ?」

勇者「今度はメイド姉からの手紙だよ。結構重いぜ?」

トサッ

魔王「ほほう」
278 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:02:31.18 ID:OGIpmW2P
ガサガサッ

勇者「なんだっていうんだ?」
魔王「これは……。ふむ、馬鈴薯の栽培報告だな。
 それに冬越し村の日誌。
 こちらには冬の国の税収に関する報告書。
 ああ、商人子弟に聞き取りをしたんだな?
 財務諸表もつけてあるではないか!」

勇者「面白いものなのか?」

魔王「ああ、これは面白いぞ。
 すごいな、このGDPの伸びは。予想どおりだ。
 南部諸王国は恒常的な戦争という重しを取りのけてやれば、
 これだけ伸びる自力を持っていたはずだったんだ」

勇者「三ヶ国はここ最近は、流入してくる逃亡農奴や開拓民の
 対応に追われているらしい。商人子弟も軍人子弟も相当に
 煮詰まっているらしいな」

魔王「ああ、メイド姉の手紙にも書いてある。……ふむ」

勇者「どうだ?」

魔王「どちらも国の特徴を生かして対応しているみたいだな。
 どういった成果が出るかはまだまだ判らないが、
 鉄の国の軍の工兵科を大拡充という発想は面白い。
 民兵の発想を逆にしたわけだな。インカムと釣り合えば
 国民公社的組織の礎となるだろうが、最大の問題点は生産性か」

勇者「生産性ってなんだ?」
魔王「経済の用語でな。……うーん、云ってしまえば、
 “ものを作る時どれくらい効率がよいか”ってことだ」

勇者「ふむふむ」
281 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:08:46.29 ID:OGIpmW2P
魔王「軍人子弟のアイデアでは、流入してくる難民や
 開拓民をとりあえず全部軍が雇用してしまうわけだ。
 これは、治安維持や当面の問題解決に大きな効果を発揮する。
 また開拓や道路の整備などの公共財の充実にも効果がある」

勇者「ああ、そういう目的らしいな」

魔王「だが、この体制を続けた場合、農業を営む雇用される側にも
 甘えというか油断が生じるんだ。だってそうだろう?
 がんばって馬鈴薯を沢山作っても、少ししか作らなくても
 国からもらえる給料や食料は一緒だ。軍人なんだからな」

勇者「ああ。……云われてみればそうだな」

魔王「そう。だから、こういった環境では『生産性』は
 下がってゆくんだ。腐敗した役人や硬直した組織にも
 見られる問題だな。努力や結果が評価されないから
 どんどん腐ってゆく」

勇者「じゃぁ、これは愚策なのか? 止めさせた方がいいのか?」
魔王「いや、そういうことじゃない。
 さっき云ったように、目の前の問題の特効薬としては
 有用なのも事実だ。
 特に今この瞬間は、これだけの難民が一挙に入ってきても、
 実際耕す地面がない。それではみんなが飢えてしまう。
 耕作するためには開拓しなければならないんだからな。
 この開拓を、軍という集団の力で実行してしまえるのは大きい」

勇者「ふむ……」

魔王「軍人してはその辺も考えて、退役を五年後と
 さだめているみたいだ。工夫のあとが伺える。
 わたし達が上からだめ出ししなくても、
 多少失敗するかも知れないが上手く対応してゆくさ」
283 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:10:53.53 ID:OGIpmW2P
勇者「魔王はさ」
魔王「ん?」

勇者「決して先生が向いてない訳じゃないと思うぞ。
 自分では苦手だとか、むしゃくしゃするなんて云っていたけれど」

魔王「そんなことはない。話を聞かない生徒を見ていると
 本当に口の中にブラックパウダーを詰め込んでやりたくなる」

勇者「でも、子弟達の話をする時はすごく楽しそうだ」
魔王「そうかな。そんな事はないだろう」

勇者「いーや、あるって」にやにや
魔王「むぅ」

勇者「おーい」
魔王「ん?」

勇者「ほれ」ちょん
魔王「なんだ? なんだ?」

勇者「カスタードクリームつけっぱなしだ」
魔王「そうだったのか。……うむ、あれは美味しい」

勇者「もう一個食べるか?」
魔王「あるのか? 食べよう」

勇者「即答だな」
魔王「温くなっては味が損なわれる」
284 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:12:49.19 ID:OGIpmW2P
勇者「もきゅ……美味いな」
魔王「うん。本当にとろっとしてて最高だ」

勇者「半分こだぞ?」
魔王「そうなのか?」

勇者「女騎士とかメイド長さんの分まで食ったら悪いだろ」
魔王「そうか。……しかし、こんな半分こなら悪くないな」

勇者「……? ああ。うん、そうだな」
魔王「勇者」

勇者「ん?」
魔王「勇者も唇についてるぞ。――ほら」

勇者「魔王だって、端っこについてる。へたくそめ」
魔王「しょうがない。まだ右腕じゃ美味く食べれないんだ」

勇者「しかたないな、ほれ。あーん」
魔王「いいのか? や、やるではないか。偉いぞわたし。
 やれば出来るではないか! 待望のシーンだぞ!?」

勇者「食わないのか?」
魔王「いやっ! 食べる。食べるぞ!
 誰が何と言おうが断固として徹底的に食べる!」

勇者「どんだけいやしんぼなんだよ」

魔王「……食べさせてくれ」
勇者「お、おう」

魔王「……ん。あむっ……、ん」こくん
287 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:14:38.45 ID:OGIpmW2P
勇者「あ。ううう……。えっと、その……美味いか?」
魔王「うん、甘いぞ」にこっ

勇者「そ、そか。ほら、ついてる」
魔王「あ、だめだぞ。勇者っ!」
勇者「なんだよ」

魔王「その指ですくったのもわたしの分だ」 ぺろっ
勇者「~っ!?」

魔王「半分こだと行ったら半分にすべきだぞ。
 契約を守らないのは信義に悖る行為だ」

勇者「あ。う、うん」

魔王「美味しいな。今度行ったらまた頼んでくれ」にこっ

勇者「わ、わかった……」
魔王「?」

勇者「なんでもねーよっ!」ばむばむっ
魔王「そうなのか? わたしは満足だ。美味しかった!」

勇者「はいはい」
魔王「やはりあーんは勇者からされるべきだ。
 親友には悪いが、このドキドキにはかえられない」

勇者「ううう」
魔王「どうした勇者?」

勇者「なんでもない。――メイド長にプディング届けてくるっ」

がちゃん!

魔王「変な勇者だなぁ」
301 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:52:44.57 ID:OGIpmW2P
――開門都市、『同盟』の新商館、大執務室

火竜公女「すまぬ、ありがとう」
同盟職員「いえいえ、おやすいご用で」

火竜公女「帰ったぞよ」

辣腕会計「お帰りなさい。どうでした?」
火竜公女「やはり、大通りの整備は必須という結論になった」
同盟職員「インフラですか」

中年商人「おう! 竜の嬢さんだ!」
火竜公女「お久しぶりでありまする。商人どの」

中年商人「なんだい。ちょっと見ないうちにすっかり、
 板についたじゃないですかい。
 その服もブラウスも、地上のだろう」

火竜公女「こちらの方が活動的で、商談には便利ゆえ。
 竜族の衣装はおちつくが、インクを使うと袖が汚れてしまって
 なんとも困ってしまうのでありまする」

同盟職員「ははは。お似合いですよ、姫様!」
中年商人「おおっ? 姫様なんて呼ばれてるのか?」

辣腕会計「あははは! お帰りなさい、中年商人殿。公女様」

火竜公女「ただいま帰えりました。
 あれは、職員のみんなが冗談半分に口にしているだけゆえ」

辣腕会計「公女様ですからね。姫様と云ったって
 ちっともおかしくはないでしょう?」
303 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:55:51.01 ID:OGIpmW2P
火竜公女「ふんっ。からかっておるだけじゃ」
同盟職員「それより、頼まれていたリストが出来ていますよ」

火竜公女「ありがたい。……ふむ」ぺらっ
中年商人「そいつは?」

火竜公女「最近の人夫の人件費と、生活環境の調査でありまする。
 ギルドによる機構がないせいで人材の流動性が高すぎる、
 商人殿の云われるとおりかや……」

コッコッコッ……がちゃん

青年商人「おお。お二人ともお帰りなさい」
辣腕会計「委員もお疲れ様です」
火竜公女「良いところに来た」
中年商人「こっちもだ」

青年商人「早速話ですか。せっかちですね」
中年商人「はははっ。せっかちなのは商人にとっては美徳だ」

青年商人「お茶を頼みます」
同盟職員「はいっ」

火竜公女「では、商人殿からどうぞ」
中年商人「うん。まずは報告だな。大空洞の橋の初期工事の方は
 工期を短縮して進行中だ。具体的には、人夫を増やして対応する
 ことにより今週いっぱいで、木造の橋は全て建築を終える」

青年商人「良かった。これで時間に多少の余裕が出来る」
中年商人「で、その後の相談なんだがね」

青年商人「ええ、話にあがっていた大規模のしっかりとした
 ルートの敷設、と云う話ですよね」
304 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:57:27.18 ID:OGIpmW2P
中年商人「ああ、どうだ?」
青年商人「もちろん行いたい気持ちはあります。
 しかし、8年という歳月と総工費を考えた時、
 『同盟』だけで負担すべきかどうかと云いますと、
 これは難しいですね」

中年商人「それについて新しい提案があってやってきたんだ」
青年商人「提案?」

中年商人「こいつを見てくれ。
 これは、今あの大空洞現場の監督をやっている
 掘り出し物が書いた図面なんだがな」


青年商人「これは、なんですか? 水路? 水道橋?」

中年商人「いや、どっちかって云うと、井戸、のようなものらしい」

青年商人「ふむ」

中年商人「つまり、あの通路を人の行き来する街道として
 認識することも可能だが、
 ちょっと特別な巨大な『穴』として見ることももちろん可能だと、
 その設計士は云うんだな」

青年商人「ふむふむ」

中年商人「で、この滑り台にも似た井戸だ。こいつはもちろん
 壊れやすいものは無理だが、しっかり梱包した荷物を
 “落とす”事が出来る」
青年商人「え?」

中年商人「落とすんだよ。紐をくくりつけた専用の台に入れて」
305 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 19:58:45.20 ID:OGIpmW2P
青年商人「あの長い距離を!?
 どんな梱包をしたところで、全て粉々になってしまいますよ」

中年商人「いや、そうはならないと云うんだ。
 あそこ前にも話した“引力”が反転する地点があるだろう。
 その場所を利用すれば、重さが実際には無くなる。
 いや、無くなるんじゃなくて“無いかのようになる”?
 詳しいことは俺にも判らないが。

 それどころか反転した地点の逆側の引力を使って
 滑らかに勢いを停止させることも出来ると云うんだ。
 えーっと、“引力”を錘と動滑車をつかって、なんちゃらとか」

青年商人「ふむ」

中年商人「で、反対側からは、水車の水を汲み上げる装置の
 応用で荷物を引き上げてゆく。合図には磨いた鉄をつかった
 反射鏡を用いる」

青年商人「具体的には、どのような効果が見込めますか?」

中年商人「効率のアップだな。大空洞のあちらとこちら、
 それから中継点にもそれなりの人数を配置する必要がある。
 勤務体制は鉱山に似るだろうと設計者は云っている。
 その費用はそれなりに掛かるだろうが、
 いくつかの難所のルートにこの装置を設置するだけで、
 毎日馬車二十台分の荷物を安全に“送る”事が出来る」

青年商人「検討に入ってください」
中年商人「調査には実費が発生するが?」

青年商人「商人殿の裁量で認めて構いません」
中年商人「あんたは話が早くて助かるよ」
308 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 20:00:40.28 ID:OGIpmW2P
青年商人「お願いします」
中年商人「よっし、早速とりはからおう。俺はこれで行く」

青年商人「はい」
火竜公女「また会いましょうぞ。商人殿っ!」

中年商人「おう、姫様。今度は夕食でも一緒にしようや」
火竜公女「姫ではないというのにっ」ぷぅ

中年商人「ははははっ! ではっ!」

タッタッタ、ガチャン!

辣腕会計「彼はあの橋やインフラに入れ込んでいますね」
青年商人「元々旅商人だと云っていたからな。得がたい人材を得た」

火竜公女「あの調子であれば、すぐにでも立派な街道が復活しよう。
 交易の発展にとって街道はなくてはならぬゆえな」

青年商人「そうですね。そちらの案配はどうです?」

火竜公女「やはり北の門を中心に不便さが募りまする。
 あの一帯は以前の攻防戦で大きく破壊されました。
 そろそろ復興に手をつけるべきだというのが、
 自治委員会の意見でありまする」

青年商人「何か計画はあるんでしょうかね」

火竜公女「このままで行けば、商業区か居住区と
 云うことになるだろうが」

青年商人「ふむ……」
309 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 20:01:52.23 ID:OGIpmW2P
火竜公女「板バネ式馬車の方はどうじゃ?」

辣腕会計「あれは素晴らしい発明ですね」

火竜公女「機怪族からの技術供与と部品提供らしい。
 自治委員会に申し出があり、その代わりに一部地域を
 機怪族へと貸し出しを行ったと」

青年商人「ほう」

火竜公女「機怪族は長い間迫害されてきた歴史がある。
 この世界へ自分たちを馴染ませるためには並ならぬ努力が
 必要なのだろうな……」

青年商人「こちらも新しい動きを始める時期でしょうね」
火竜公女 こくり

青年商人「“小麦引き渡し証書”は始末できましたか?」
辣腕会計「はい、全て売却しました」

火竜公女「“小麦引き渡し証書”?
 この春、もうじき取れる小麦の権利だろう?
 それを手放したのか?」

辣腕会計「ええ」

青年商人「売りましたよ」

火竜公女「なぜだ? 小麦を買い占めていた方が、
 三ヶ国同盟に都合がよいのではないか?」

青年商人「別にわたしは、あの通商同盟の守護者ではありませんし」
313 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 20:12:09.56 ID:OGIpmW2P
青年商人「それに考えても下さい。
 あの“小麦引き渡し証書”は確かに強力な武器ですが、
 それは相手が取り立てを恐れている間のこと。
 騎士や軍を持っている領主達が一斉に踏み倒すと決めたならば、
 武器を持たない我ら『同盟』は取り立てる手段がありません。
 もちろん経済攻撃などで多大な損害を与えることは可能ですが
 ダメージを与えるためにもお金が必要です。
 ここいらが引き際ですよ」

火竜公女「誰に売ったのだ?」

青年商人「教会ですよ。中央の」

火竜公女「なっ」

青年商人「貴族が寄ってたかっても
 絶対に踏み倒せない相手です。
 もちろん、三ヶ国になびきそうな国には、
 わたし達に小麦を売った国そのものに売り直して
 あげましたけれどね。
 そうでない国は、結局は聖光教会の言いなりなのですから
 多少仲を冷えさせておくのも良いでしょう」

辣腕会計「良い取引が出来ました」
火竜公女「そうなのか?」

青年商人「今回の件でもっとも大きな動きだったのは、
 旧金貨から新金貨への乗り換えです。
 我が『同盟』は、この乗り換え時期、その資産のほぼ全てを
 小麦などの物資の現物と、“小麦引き渡し証書”に変えて
 保持していました。つまり、価値の無くなった旧金貨を
 持ってはいなかった」
314 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 20:13:59.91 ID:OGIpmW2P
辣腕会計「そして、今度の“小麦引き渡し証書”売却で、
 大量の新金貨を得ることが出来ました。
 この新金貨のお陰で『同盟』の資産は元の量を回復。
 いや増大さえしました。
 また、“小麦引き渡し証書”を高値で買い取った教会は、
 結局は小麦の値段を高く推移させざるを得ない。
 それだけの新金貨を失ったのですからね。
 回収するためには、高く売らざるを得ないでしょう。
 しかし、それでも売らないと自領の民が飢えることになる。
 小麦の取り立ては、教会に任せましょう」

火竜公女「……悪辣じゃのぉ」

青年商人「褒め言葉と取っておきましょう」

辣腕会計「詳細な資産把握はもはや不可能ですが、
 概算ではこのような結果になったようです」

青年商人「ふむ……」ぺらっ

火竜公女「どれくらい儲かったのだ?」

青年商人「それは云わぬが華でしょうね。
 ……聖王国は旧金貨と新金貨の交換を、
 おおよそ1/3~1/4で行いました。
 『同盟』はこの交換を、“小麦引き渡し証書”を通して
 1/1.5~1/2程度の間で行ったことになりますか」

火竜公女「では……。およそ2倍の資産になったのかや!?」

青年商人「そこまでは行きませんよ。覚えておいででしょうが
 小麦の大量輸送や、保管にだってお金はかかります。
 途中でジャガイモを大量購入したり、
 三ヶ国通商に肩入れしたりで、随分資金は溶けていますしね」

辣腕会計「そうですね……。仕込みに随分お金を使ってるんですよ」
315 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 20:15:20.50 ID:OGIpmW2P
火竜公女「すると、儲けはないのかや?」

青年商人「しょんぼりしないでくださいよ」

辣腕会計「ははは。利益の話を聞いてがっかりするあたり、
 姫様はすっかり、我らが『同盟』と商人の流儀が
 身についたようですね」

火竜公女「そのようなことはない。
 妾はただ、磨いた手中の玉が二束三文で
 売れてしまったかのような
 寂しい気持ちになっただけゆえ」むっ

青年商人「まぁ、2倍とは行きませんが、
 少なくない儲けを出すことが出来ました。
 『同盟』が過去4年で築いたのとほぼ同額の富です」

火竜公女「十分ではないかっ」

辣腕会計「しかし、今回得た本当の宝は
 金貨ではありませんからね。金貨は道具に過ぎません」

青年商人「ええ、もちろん。
 その過程で金貨では買えない貴重なコネや機会、
 新しい商売のチャンスを手に入れました。
 今回の戦は『同盟』の勝ちだと云えるでしょうね。
 しかし商売の戦に終わりはないんですよ」

火竜公女「次は何を狙うのじゃ?」

青年商人「それについては祝杯を挙げながら、策を練りますか」

火竜公女「ふふふっ。それならば是非お供をせねばならぬなっ」
372 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 22:38:02.16 ID:OGIpmW2P
――冬越し村、魔王の屋敷

(――お節介かも知れないけれど、
 “そこ”にいつまでも隠れているわけにも行かないだろう?)

メイド姉「……」

メイド妹「おねえちゃーん」

メイド姉「……」

メイド妹「お姉ちゃんっ!、お姉ちゃんってばぁ!」
メイド姉「あ、うんっ」

メイド妹「もう、お姉ちゃんぼうっとしてる」
メイド姉「ごめんね、なんだっけ?」

メイド妹「客室に風通して、リネン取り替えないと」
メイド姉「うん、そうだね。やっちゃおう!」

メイド妹「うんっ! らんらんらん♪」
メイド姉「ね、妹……」

メイド妹「なぁに?」
メイド姉「楽しい?」

メイド妹「うんっ! 毎日楽しいよ。お仕事大好き!」
メイド姉「そか」
374 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 22:39:58.57 ID:OGIpmW2P
メイド妹「暖かいし、お布団は柔らかいし。毎日ちゃんと
 ご飯食べられるし、当主のお姉ちゃんも眼鏡のお姉ちゃんも
 勇者のお兄ちゃんも好きだよ」

メイド姉「そう……だよね」
メイド妹「うんっ!」

メイド姉「……らんらんらん♪」

メイド妹「お姉ちゃんはそっちの端っこもってね」
メイド姉「うん」

メイド妹「ぱりぱりシーツをひきましょー!」
メイド姉「よいよー」

ぱんっ!

メイド妹「完成!」
メイド姉「良く出来ました」なでなで

メイド妹「えへへ~。あ!」
メイド姉「なに?」

メイド妹「お姉ちゃんも大好きだよ。お姉ちゃんが一番好き」ぎゅ
メイド姉「うん。妹のこと、好きよ」

メイド妹「よかったぁ」
メイド姉「じゃぁ、洗濯の続きやっちゃおっか」

メイド妹「うん!」
382 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:06:49.15 ID:OGIpmW2P
――氷の宮廷、謁見の間

コンコンッ!

貴族子弟「こんにちはー」のこのこ

氷雪の女王「こら。どこの世界に謁見の間に
 のこのこ入ってくる宮廷官吏がいるのですか」

貴族子弟「いやいや。女王様、ごきげん麗しく。
 あんまり格式張っていない方が良いかと思いまして」

氷雪の女王「とは?」

カチャリ

外交特使「お初にお目に掛かります」

貴族子弟「こちら赤馬の国の戦爵。
 中央風に云うと、侯爵位ですね。今宵のお客人です。
 こちらは我が氷の国の誇る女王陛下」

氷雪の女王「はじめまして、戦爵。無礼な臣下で申し訳ありません」

外交特使「いえいえ。子弟殿は我が国に、勇猛な王子と
 花のように美しい姫を取り戻してくださいました恩人です」

氷雪の女王「おや」

外交特使「我が君主、赤馬王はそのため、
 わたしを氷の国への特使として派遣されました。
 この感謝の意を伝えるためでございます。
 誠にありがとうございました」
383 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:08:16.88 ID:OGIpmW2P
氷雪の女王「ふふっ。ちゃんと働いたようですね」
貴族子弟「いえいえ、脇役の道化踊りでございますよ。陛下」

氷雪の女王「寒かったでしょう、特使殿。
 我が国の林檎の風味を効かせた、熱いリキュールなどを
 入れさせましょう」

外交特使「かたじけありません」

貴族子弟「まぁ、あまり儀礼張らずに。進む話も進みませんから」
氷雪の女王「そうですね。我が国は南の辺境。
 中央のような典雅な礼儀にも欠ける素朴な国ですから」

外交特使「いえいえ、そんな事はありません。
 貴族子弟殿は中央の名門家をも凌ぐ学識と見識の持ち主と
 お見受けいたしました」

貴族子弟「常に慇懃無礼なのはかえって礼節を欠くってだけです」

氷雪の女王「この若者はひねくれ者ですからね。ほほほっ」

外交特使「これはまた。ははっ」

とくとくとく。

貴族子弟「さ、どうぞ。暖まりますよ」

外交特使「これはどうも。……うむ、甘くて良い香りですな」

貴族子弟「女王はこの酒がことのほかお好みでして」
氷雪の女王「長い冬の無聊を慰めてくれるのです」

外交特使「我らの国にもよい果実酒がございます。
 近日中にでも届けさせましょう」
384 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:09:21.81 ID:OGIpmW2P
氷雪の女王「では!」
外交特使「はい」

貴族子弟「やれやれ」

氷雪の女王「条約に署名して頂けるのですね」

外交特使「はっ。陛下はご決断されました。
 このたびの大きな転回点を越え、
 国家としての信義に照らすところを冷静に判断した結果、
 氷雪の女王陛下に仲立ちしていただき、三ヶ国通商同盟に
 参加させて頂きたいとのことでございます。
 これは、赤馬の国の公式な意思表示と取って頂いて構いません」

氷雪の女王「ありがとうございます。百万の味方を得たような
 思いです。これで近隣国家のいくつかも、さらなる交渉へと
 一歩踏み出せるでしょう」

外交特使「今回の決断に当たっては、貴族子弟殿と湖の国の
 修道院が手配してくださった、天然痘の治療班の働きが
 特に大きかった、と。
 陛下自らの感謝の言葉をお伝えせよと申し使っております」

貴族子弟「うんうん」

氷雪の女王「そんな事を?」
貴族子弟「手を回しておきましたけど。いけなかったですか?」

氷雪の女王「いいえ、もちろん良いことです。
 でもあなたはもうちょっとびっくりさせないようにしなさい」

外交特使「あはははっ」
385 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:11:22.44 ID:OGIpmW2P
貴族子弟「とはいえ、治療法のある病気ではないんですよ。
 あの修道士達は『予防』を受けていたから、天然痘末期の
 患者の看病を出来たと云うことだけで」

外交特使「いいえ、それだけでも十分です。
 また、我が国だけでも数千人、数万人いる天然痘患者が
 今後どれだけその命を救われるのか。その可能性を示して
 下さったのはまさに福音としか言い様がありません」

貴族子弟「やっと効果が実感できる段階まで来ましたね」
氷雪の女王「ええ、修道院や学士殿には感謝をせねば」

外交特使「その件ですよ」
貴族子弟「?」
氷雪の女王「どういう事でしょう」

外交特使「いいえ、馬鈴薯もそうですし、
 此度の天然痘の治療――予防ですか? もそうですが、
 湖畔修道会は常に我らの命を救おうとしてくださる。
 聖教会は湖畔修道会を敵とさだめ、
 その命脈を絶とうとするに対して、
 湖畔修道会はただひたすらに命を救おうとなさる。
 故に我が国は、どちらが真の精霊の教えかという点について
 割れた国論がまとまったのです」

氷雪の女王「……そう、でしたか」
貴族子弟「……」

氷雪の女王「子弟?」
貴族子弟「はい」

氷雪の女王「あの少女を気にかけてやってね」
貴族子弟「はい。我らの妹弟子ですからね」
392 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:34:18.13 ID:OGIpmW2P
――冬越しの村、魔王の屋敷

勇者「おーい。おーい。到着したぞー!」
メイド長「さ、まおー様。つきましたよ」

魔王「わかっている。情けないな。
 転移先からわずか20分ほど歩いただけで、脚が痛む」

女騎士「普段から運動不足だから、
 ちょっと寝付いたくらいで身体が萎えるのね」

メイド姉「お帰りなさいませ、当主様。メイド長さま」
メイド妹「お帰りなさい、当主のお姉ちゃん、眼鏡のお姉ちゃん!
 それから、お兄ちゃんと騎士のお姉ちゃん!」

魔王「ああ、ただいま。二人ともかわりはなかったか?」
勇者「悪いな、ドア開けてくれ。まずは……」

魔王「ベッドはイヤだ」

メイド長「あらあら、まぁまぁ。談話室は暖まっている?」
メイド姉「はい、暖めてあります」

魔王「では、そちらに行こう」
メイド妹「うんっ。膝掛け持ってくるね!」ぱたぱたぱたっ

女騎士「張り切っているな」くすっ

メイド姉「待ち遠しかったんですよ。
 昨日からおかしくなっちゃったのかってくらい大はしゃぎで
 料理の下ごしらえなんかして。この屋敷に二人は、やはり
 寂しいですから」
393 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:35:59.31 ID:OGIpmW2P
――冬越しの村、魔王の屋敷、談話室

コッコッコッ、ガチャ

勇者「そっか。二人だもんな」
魔王「留守中心配をかけたな」
メイド長「後で仕事ぶりを見ますよ?」

メイド姉「はいっ」

魔王「ふぅ」 とさっ 「やはり外はまだ冷えるな」
女騎士「部屋着だからだ」

魔王「仕方ないではないか。まだ少し不自由なのだ」

メイド妹「膝掛け持ってきたよ。当主のお姉ちゃん」
魔王「ありがとう、妹よ」にこっ

勇者「ふぅ~。着いたなぁ」
魔王「やはりこの屋敷は落ち着くな。
 あちらの城の方が長く過ごしていたはずなのに、
 この部屋はずっと暖かい気がする」

勇者「騒がしい二人娘もいるしな」
メイド長「ふふふっ」

メイド姉「当主様、書類をごらんになられますか?」
魔王「うん、目を通そう」

勇者「おいおい大丈夫か? 執務室まで行くのか?」

メイド姉「いえ、執務室ではなくこちらで見ることが出来るよう
 抜粋や統計をまとめてあります」

魔王「ありがたいな」
394 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:37:21.21 ID:OGIpmW2P
メイド姉「はい、ただいまお持ちします」パタタッ
メイド妹「じゃ。お茶を入れるね? それから
 夕食はご馳走だからね? お腹減らしていてね?」

魔王「楽しみにしておるぞ」
メイド妹「えへへ~」にぱぁ

女騎士「ふぅむ。では、わたしは夕食まで、
 一回修道院の建物の方に顔を出してくる。
 ちょくちょく帰っていたが、やはり一週間ぶりだしな」

魔王「済まなかったな、女騎士」

女騎士「気にすることはない。
 しかし、もうちょっと体力をつけた方がいいな」

魔王「善処する」

勇者「……」
メイド長「どうなさいました? 勇者様」

勇者「いや、何か妙に仲が良いな。って思って」

魔王「別にわたし達は最初から仲が悪かったわけではない」
女騎士「そうだ。別に仲が悪くはないぞ」

勇者「そうなのか?」

メイド長「殿方はあまり思い悩まない方が良いと思いますわ」
勇者「そ、そか。んじゃそうする」

女騎士「勇者、修道院までちょっと付き合え」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。