6-7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」6-7


916 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 20:39:59.82 ID:0Bi87sEP
魔王「ええい。わたしがいないところで
 余計なことをべらべらとっ」
メイド長「……」ぎゅっ

紋様の長「魔王殿っ」
銀虎公「魔王っ」

魔王「何時までも寝てはいられない。……こふっ」
メイド長「まおー様っ」

碧鋼大将「気をお確かにっ!」

魔王「見ての通りのざまだ。……やはり戦闘の出来ない
 そのつけが回ってきてしまった。笑ってくれ」

火竜大公「いや、魔王殿」
鬼呼族の姫巫女「笑う者などいようはずもない」

魔王「すまないな。……体力が持たない、手身近に済ませるとする。
 わたしはこの通りのていたらくだ。わたしの意志は勇者が
 ここで喋ったと思うが、それは一事忘れてくれても良い」

勇者「……おまっ。せっかく俺がっ」

魔王「良い機会だ。魔界は魔族のふるさと。
 その長の肩には氏族の重みが乗る。
 そして長達の方々にのし掛るは全魔界の重みだ。

  わたしは魔王としての権威を一時、この会議に預ける」

紋様の長「なん……ですとっ!?」
917 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 20:41:52.53 ID:0Bi87sEP
魔王「云ったとおりだ。火竜大公」
火竜大公「はっ」

魔王「会議の議長をお願いしたい」
火竜大公「承った」

魔王「妖精女王」
妖精女王「はい」

魔王「九大氏族以外の、小氏族のことも気にかけてやってくれ」
妖精女王「はい」

魔王「小氏族の件は妖精女王を後見とし、黒騎士に一任する」
勇者「……わかったよ」

魔王「重大事については、過半数の賛成を持って決と
 するのが宜しかろう。ただし、万端に配慮し交渉を
 尽くして欲しい」

火竜大公「承りましたぞ」

魔王「二月、三月もあれば戻る」
銀虎公「魔王! 魔王殿っ!」

魔王「なにか? 銀虎公殿」

銀虎公「獣人族は今回の件には無関係だっ。
 我らは暗殺などと云う卑劣な攻撃によって
 武勲を得ようだなどと考えたことは一度もないっ。
 今回の件は間違いなのだっ。俺はよい。
 しかし、我が氏族に今回のような不名誉を与えないでくれ。
 この雪華山、銀虎公。切にお願い申し上げるっ」

がばっ!
918 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 20:43:50.64 ID:0Bi87sEP
魔王「銀虎公、手を挙げられよ」
メイド長「まおー様っ。傷に障られますっ」

銀虎公「魔王殿、どうかっ! どうか、切にっ。
 我ら獣人は戦の民。誇りの民っ。
 卑怯にも同胞を暗殺し、
 しかも謀略によってその事実さえもなかったことにして
 ただ勝利をむさぼろうとは
 我が民はそのような恥辱にまみれるくらいなら
 死を選ばざるを得ないっ。
 どうか我が一命を持って。
 我が民の、我が氏族の恥を注ぎたまえっ」

魔王「銀虎公。銀虎公と獣人の一族を疑ったことは一度もない」

銀虎公「っ!」

魔王「それよりも、わたし自身が氏族の長がたに詫びねばならぬ。
 偽りの死を持って長がたを謀った事についてだ。
 ゆえあってとはいえ、誇り高き、魔族の中に大きな勢を
 振るう長がたを騙し、偽るような仕儀となってしまった。

  すまなかった。
 あのときああせねば、今回の暗殺の犯人は誰なのか、
 そして犯人は判ったとしても
 その背後には誰が立っているのか
 それを知るすべはわたしには無かった。
 全ては賭けだった。長がたの助力無くば
 わたしの命はとうになかったものと思う……。

  全てはわたしが、長がたの信頼を得るために
 すべきことをしなかったため起きたこと。
 自身一人で全てを進めようと傲慢にも思っていたせいだ。
 ……すまなかった」
920 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 20:45:44.76 ID:0Bi87sEP
碧鋼大将「いや、魔王殿はその器をしめされた」
巨人伯「……もう……小さいとは、見えぬ……」

鬼呼族の姫巫女「我ら一同は魔王殿の帰りを待とう」

東の砦将「ここは任せて、身体をいたわってくれ」
妖精女王「何かあれば、至急お耳に入れましょう」

銀虎公「魔王殿。魔王殿よ。
 ……覚えておいてくれ。
 我と我が一族は魔王殿に大きな恩義をおった。
 戦場において、魔王殿の命を三度かばうまではこの恩義は消えぬ。
 我ら獣牙の一族は、魔王殿に従い
 常にその身命を護る盾となりましょう」

魔王「ありがたい……ことだ」ふらっ
メイド長「まおー様っ!」

碧鋼大将「限界だ、すぐに寝所に運ばれよ」

メイド長「はいっ」

鬼呼族の姫巫女「癒し手を差し向けよう」

ばさっ ザッザッザッ

東の砦将「書状を書く。副官、お前は開門都市へと戻れ。
 自治委員会への報告と、色々入り用なものもあるだろう」
副官「はっ!」

紋様の長「それにしても……。魔王殿不在の忽鄰塔とは」

火竜大公「さりとてこれは大きな課題を残されたものだ。
 我らも我ら自身の大地と民を護れと?
 魔王殿の仰ることもごもっとも。
 我らもその責を果たす季節がやってきたということ。
 この歳になって、負うた子に教わるとはっ。はははははっ」
927 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 21:03:32.41 ID:0Bi87sEP
――地下世界(魔界)、鵬水湖の畔、忽鄰塔の大天幕、上部

ひゅんっ!

執事「そういう事情でしたか」
勇者「聞こえていたんだろう?」

執事「あなたがわざと聞かせたのでしょう」

勇者「あの場面を聞き逃すなんて事、
 爺さんはするはずがないからな」

執事「にょっほっほっほ」

勇者「あーっ」とさっ
執事「どうされました?」

勇者「やっぱあれだよなー。俺って人間の裏切り者だよなっ?」執事「はぁ……」

勇者「指名手配だよなっ!? うぉおおお」ごろごろっ
執事「さようですなぁ」

勇者「おまけに魔族の中では外様も良いところじゃね?」
執事「はい」

勇者「今は魔王の懐刀って云うか黒騎士だから
 見逃してもらえているけれど、そうじゃなくなったら
 ふるぼっこじゃね? っていうか、魔王だって勇者の
 俺とつるんでいたら最悪殺されちまうよなっ? なっ!?」

執事「そうなっても逃げるくらいなら造作もないでしょう?」

勇者「そーいう問題じゃないじゃん」がくりっ
929 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 21:05:15.09 ID:0Bi87sEP
執事「ふむ」

勇者「だってそんなことになったらもてないじゃん?」
執事「それは仕方ないでしょう」

勇者「これからが勝負の年齢なのにっ!!」
執事「そう思っている内にこの歳ですよ」

勇者「だって女の子にちやほやされないんだよ!?」
執事「わたくしだってされてませんぞ」

勇者「だって爺さんは目つきがいやらしいから」
執事「勇者にだけは言われたくありませんなっ!」

勇者「はぁ……」
執事「結構本気で落ち込んでいますか?」

勇者「まぁ……」
執事「なぜです?」

勇者「……」
執事「……」

勇者「いや。やっぱし、嫌われたくは、ねぇよ」
執事「さようですか」

勇者「魔族の味方だもんな。
 正直、爺さんに撃たれても文句は言えねぇよ」

執事「ふむ。好かれるために勇者をやっていたのですか」

勇者「それは違う。みんなを、世界を救いたかったからだ」

執事「では、そのままで良いではありませんか」
931 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 21:07:23.70 ID:0Bi87sEP
勇者「え?」

執事「勇者のままで。
 人の世界を救うために魔族を討っていた勇者のままで。
 だってそうでしょう?

  もうゲートはなくなった。
 魔界は地下世界だったのですから。
 二つの世界など最初から無かったですぞ。

  世界は一つしかない。
 いや、一つしかない故に世界と呼ぶのかも知れませんなぁ。
 勇者。違いますか?
 世界を救うのが、勇者の仕事なのでしょう」

勇者「――ああ。そうさっ。ったりまえだ」

執事「では、多少嫌われてもへこたれぬ事ですよ。
 大丈夫です。

 確かにわたし達はあまりにもちっぽけな存在で
 持って生まれた邪悪で残虐な性質と云うよりは、
 あまりにも盲いていて愚かなために
 時に自分が何をしているかも判らずに
 人を傷つけ害してしまいますが、
 それでも、そんなに救いようがないほど
 馬鹿なわけでもないと思うのですよ。
 いつか判ってくれる時も、人も、あるでしょう」

勇者「爺さん……」

執事「それに、素晴らしいこともあるでしょう」
勇者「なんかあったっけ?」
933 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 21:10:10.72 ID:0Bi87sEP
執事「揉んだのですか?」
勇者「へ?」

執事「揉んだのですか、あのふよんふよんの大質量を。
 心躍る魅惑の楕円回転運動体をっ!?
 小悪魔的に跳ね回る我が儘なたゆたゆおっぱいをっ!」

勇者「えーっと、ね?」

執事「勇者、ぱふぱふ道の教えをお忘れか? ひとつっ!」

勇者「“ボインはお父ちゃんの為にあるんやないんやで~”!」
執事「二つっ!」

勇者「“会えば拝め、拝めば触れ、触れば揉めっ!”」
執事「三つっ!!」

勇者「“おっぱいは文学! おっぱいは人生っ!”」
執事「よろしい。で、揉んだのですか?」

勇者「いや……機会が無くて……」
執事「にょほっ。とんだ臆病勇者ですね」
勇者「うっわ、すげぇ上から笑顔!? まじでっ!?」

執事「免許皆伝にはほど遠いです」
勇者「でも、(腕を寝ている間に)
 はさんだ(はさんでもらった)し……」

執事「なんですとっ!?」
勇者「……さ、(偶然)触ったし」

執事「さぁ、裏切り者決定ですな。にょほほほっ!」
勇者「何で、云ってることがさっきと違うじゃん!?」

執事「人間世界のではなく、男性の裏切り者ですぞっ!!」
954 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 22:14:03.03 ID:0Bi87sEP
――重力の衰えるとき、ゲートのあった大空洞

ゴゥゥーン!

奏楽子弟「それにしても、壮観ね!!」

中年商人「はっはっは! わたしなんか何回きても
 目がくらんでしまいますよ」

ゴォォーン!

奏楽子弟「何であんな巨大な岩が浮かんでいるのかしら?
 不思議でしょうがないわ。それにこの鐘の鳴り響くような音!」

中年商人「ええ、まったく」

土木子弟「やー」しょぼしょぼ

奏楽子弟「やーって、あんた! 目の下真っ黒じゃない。
 寝てないんでしょう!? まったく」

中年商人「調子はいかがですか?」

土木子弟「あはは。いやはや、すごいところですね」
奏楽子弟「もうっ! 土木馬鹿」

ゴォォーン!

土木子弟「そう言うなよ、こんなすごい場所なんだぞ?
 わくわくして当然だろう?」

奏楽子弟「そりゃ、すごいけれど」

土木子弟「まぁ、何とか目処は立ったよ」
955 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 22:15:30.17 ID:0Bi87sEP
中年商人「ほほぅ、なんと!」

土木子弟「まず、この空中に浮かんだ岩は、引力のせいだ」
中年商人「引力?」

ゴォォーン!

土木子弟「ああーっと。そうか、聞き慣れないか。
 モノが地面に落ちる力、みたいなものです。
 それが地上世界と地下世界では反対方向に働いている。
 我々は、一枚の板の表裏に住んでいるような関係にあるんです。
 その板が全てのものを引き寄せているから、
 どちらの側に立っていても、転がり落ちないで済む」

奏楽子弟「そう言うことだったのね……」

ゴォォーン!

中年商人「なんとこれはまた……。奇怪な話ですな」

土木子弟「で、この大空洞は差し渡し20里はある円筒状ですが
 いわば、その“板”にあいた穴のようなもの。
 穴の途中で引力は弱くなって、方向が切り替わる。
 そのせいであのような巨岩が、いわば
 “どちらにも落ちることが出来ない”状態で浮かんでいます」

中年商人「ほほう」

土木子弟「あの巨岩は小さなものでも
 馬小屋ほどの大きさがあるけれど、
 浮かんでいるから重さはないに等しい。
 それがわずかな気流や接触に寄ってふれ合い、
 おそらく金属質のこの空洞の内壁に反射して
 この鐘のような音を立てるんだ」
956 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 22:17:35.28 ID:0Bi87sEP
奏楽子弟「で、予定の方はたったの?」

中年商人「おお。そうでしたな」

土木子弟「うん、これが図面だ。こっちは工程表。
 もっとも、この図はおおざっぱなもので概略でしかない。
 必要な橋はプランに寄るけれど、
 大小合わせて12から30。
 個別の橋の設計は大体は想像できているけれど
 図面起こしにはもっと時間が掛かる」

中年商人「何故数に幅があるのですか?」

土木子弟「商人さんが通り抜けてきたとおり、
 ロープを伝って危険な場所は荷物を手運びすれば、
 この空洞は今でも通り抜けできます。

 キャラバンではなく、徒歩の旅であれば、
 危険はあるけれど普通の人でも通り抜け可能でしょう。
 それに対して道と橋を整備するのは、
 安全性の確保と、移動のしやすさを考えてです」

中年商人「そうですね」

土木子弟「地質も調べていくつかのルートを考えてみました。
 概略図を見てください。この赤い線のラインならば
 工期は約四ヶ月。造る橋は12。一カ所が石造で残りは木造。
 最低限の手間で、おそらく中型の馬車が通れるようになる」

奏楽子弟「ふむ」
957 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 22:19:03.80 ID:0Bi87sEP
土木子弟「こちらの二重線で示したルートは、
 かなり大規模な工事が必要になります。
 通す道も要所要所は二重にして崖崩れへの備えをするわけですね。
 作る橋は30。
 全て石造で作ったとして、おそらく工期は8年」

奏楽子弟「随分大規模だねー。お金もかかりそう」

中年商人「まずは四ヶ月でおねがいします」

土木子弟「随分即断即決ですね」

中年商人「ええ。金が惜しいわけではありませんが
 それ以上に時間が惜しい。一刻も早く馬車が通れる道が
 欲しいのです」

土木子弟「職人と人夫が入れば、真っ先に安全索を
 張りましょう。それで多少は楽になると思います」

奏楽子弟(なんだ、格好良い表情もするんじゃん)

中年商人「ありがとうございます! あなたに会えて良かった!」

中年商人「では一度開門都市へ?」
土木子弟「ええ、戻りましょう。俺も作業をする人を
 見て選びたいですし、人数や細かい点についても
 相談しなけりゃならない」

中年商人「そうですね。わたしもいくつか連絡を出さねば」

土木子弟「商談成立ですね」
中年商人「二つの世界へ渡る道を目指してっ!」

 がしっ
962 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 22:29:31.21 ID:0Bi87sEP
――外なる図書館、停時庫

ゴゴゥン!!

女魔法使い「……足りない」

ゴゴゥン!! ドグォォン! ゴォォォン!

女魔法使い「……まだ、たりない」

ぽうんっ♪
明星雲雀「ご主人、ご主人。そんなにしたら倒れちゃいますよぅ」

女魔法使い「でも、足りてない」

明星雲雀「そんなにしょんぼりしなくたって
 ご主人最強じゃないですか。ピィピィピィ!
 そんなに魔力あげなくたって勝てる人なんていやしませんよ!」

女魔法使い「……」
明星雲雀「また考え込むー」

女魔法使い「……すぅ」
明星雲雀「説明が面倒だとすぐ寝る」

女魔法使い「……うるさいピィピィ使い魔」

ピィピィバタバタ! ピィピィバタバタ!

明星雲雀「やっ! やめてっ! フライドはやめてっ!!
 せめてタツタにしてぇ! ピィピィ!!」
966 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/21(月) 22:31:16.58 ID:0Bi87sEP
女魔法使い「瀬良は昴。昴は統ばる。その意は、集合。
 束ね、一つになる結束点。収斂の先」

明星雲雀「??」

女魔法使い「収斂とは常に1点。それが何故2つも?
 “良き問いは、常に良き答えに勝る”。
 それを問うべき」

明星雲雀「ご主人の云っていることはさっぱり判りません」

女魔法使い「……すぅ」
明星雲雀「寝てちゃ余計に判りませんっ! ピィピィ」

女魔法使い「……足りない」
明星雲雀「ピ?」

ゴゴゥン!! ドグォォン! ゴォォォン!

女魔法使い「……まだ、たりない」

明星雲雀「そんなに鍛えたら、また倒れちゃいますよぅ!
 もうごめんですよぅ、あんなに血をおはきになって!!」

ドグォォン! ゴゴゥン!!

女魔法使い「……間に合わないかも、勇者」

ゴゴゥン……!!

女魔法使い「……許して」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。