4-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」4-2


171 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 21:16:17.31 ID:I7KnzzEP
勇者「だったら余計にどうにかしろよ、じゃなければ怒れよ!」

鉄腕王「とはいえ、事態はもはや異端が
 どうという範囲でもないしのう」

氷雪の女王「ええ」ほぅー

勇者「へ?」

鉄腕王「あんなことを言い切られてはなぁ」
冬寂王「はい」

勇者「……?」

氷雪の女王「いえ、ちゃんと説明せねば。勇者殿は、その……。
 人間界に帰られて日が浅いのでしょうしね。
 つまり、おそらく中央はまだ異端という言いがかりを
 つけてくるとは思うのです。もちろんそれはあくまで言いがかり。
 中央の狙いは我らが結束を脅かし、弱体化することですが……」

冬寂王「つまり、問題の本質は
 “我らが中央にたいして独立するか、否か”
 と云う問題だったわけだ。」

勇者「そんなこたぁ、判ってますよ」

冬寂王「しかしメイド姉くんの演説で、風向きは変わってしまった。
 中央にとっては今までどおりかもしれないが、
 我らにとっては……つまり、南部諸王国にとっては
 “独立を希望する民に、国がどう向き合うか”
 と云う問題になってしまったのだ」
175 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 21:22:28.37 ID:I7KnzzEP
勇者「……」
メイド姉「す、す、すみません」

冬寂王「あの演説の衝撃はけして小さくなかった。
 そして燎原の火のごとく勢いを強めて燃えさかるだろう」

将官「現に、近郊では農奴を奴隷扱いしていた地主への
 反乱めいた騒動もいくつか起きているようですし」

女騎士「うむ」

鉄腕王「と、なればわしらとしてもな」
氷雪の女王「ええ」こくり

冬寂王「せめて民と共に歩みたい」

鉄腕王「なーんていっちゃって。
 農民に串刺しにされるのが嫌なだけかもしれないがのっ!」

氷雪の女王「あらあら。我が国ではそんなことは
 起きませんわ。おほほほほほ。ひっく」

勇者「って、あんたらぁ!? 飲んでるじゃないですかっ!」

冬寂王「いやぁ、そう言うこともあるようだな。あはは」
鉄腕王「ごっきゅ、ごっきゅ、ごっきゅ」

氷雪の女王「まぁまぁ、この程度南部諸王国では
 気付け程度の意味合いですわ」 ぽわぁ
180 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 21:30:22.49 ID:I7KnzzEP


メイド妹「美味しい! 美味しいよ、このパン♪」
  将官「美味いですよねぇ」ほくほく
  商人子弟「暖かいところが良いねぇ」
  メイド妹「どうやって、この甘さを出してるのかなぁ」
  将官「干し葡萄だとか云ってましたよ」

勇者「じゃぁ、もうそのっ! そっちの事情はわかったとして!」

冬寂王「ふむふむ」

勇者「これからの方策とか、方針とか、作戦とかを
 かんがえてるのかよ、ちゃんとっ!」

女騎士「勇者」きりっ

勇者「そこっ、一番。女騎士っ」

女騎士「わたしは考えることが苦手だ」 えへんっ

鉄腕王「あはははははは!!」

女騎士「勇者の純潔は、わたしがまもるっ!」きりっ

勇者「誰だこいつに飲ましたの、うわっ。酒くせぇ。
 ……ひーふーみー。4? 5杯かぁ!?」

女騎士「湖畔騎士流戦闘術と、愛剣・惨殺三昧は無敵だっ!」
185 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 21:37:41.59 ID:I7KnzzEP
氷雪の女王「では次はわたしですね」

勇者「よし、二番。氷雪の女王。胸はでかいが年増」

氷雪の女王「既婚者ですからね。
 そそういう突っ込みを入れる殿方は埋めますよ?
 さて、問題の対応策ですが、これはもう
 農奴の開放政策しかないでしょうね……」

勇者「以外にまともな意見だ」

氷雪の女王「馬鈴薯のお陰で扶養人口は倍増していますから
 今なら、さほど無理なく方向転換が出来るとも思えます」

鉄腕王「しかし、それは中央との戦争がなければであろう?」

勇者「その辺はどうするんだ?」

氷雪の女王「戦争は殿方のお気に入りですからお任せします。
 ぐっぴ、ぐっぴ、ぐっぴ。あら、もう一杯お願いね」

将官「はぁ、もってまいります」

勇者「だ、だめだ。このおばさんも何も考えてない……」
189 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 21:41:41.42 ID:I7KnzzEP
鉄腕王「ふふん、では真打ちの登場と
 行こうじゃないか。勇者殿っ。我こそは鉄の国6代、鉄腕王じゃ!」


ドーン!

勇者「あんまり気乗りしないけど、じゃ三番、鉄腕王」

鉄腕王「まずは我が三カ国連合軍で、北の平野に前線をひく。
 我が領土の収穫量を減らさぬため、今度は出戦となろう。
 余剰食料を元手に傭兵も雇い入れる。
 なあに、まだ中央からの義援金は残っておる。
 いいや、実を言えば先代王の頃から少しずつ蓄えておったよ」

勇者「おおお! 初めて堅実な言葉が聞けたっ!」

鉄腕王「そして、進軍してくる異端審問官および捕縛軍、
 または中央国家連合軍を、北の平原で迎え撃つ。
 過去の遠征軍の規模からして、5万を超えると云うことは
 まずありえないだろう。これを初戦で撃破!」

勇者「ふむふむっ」

鉄腕王「そのまま北上、駐留軍を撃破! 城を攻略!
 恭順の意を示す国家は次々と組み入れ、連戦連勝!
 とどろく我が無敵鉄鋼からくり部隊っ!」

勇者「……」

鉄腕王「そのまま聖王都に肉薄し、昼夜を分かたぬ
 波状攻撃にて、王都陥落っ! 後顧の憂い無し。
 物語は大団円を迎えるのじゃー! がははははは」

勇者「はい消えたー」
192 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 21:49:21.56 ID:I7KnzzEP
勇者「……もうね、なんかね」
メイド姉「すいません、勇者様」

冬寂王「ふぅむ。これは政策の根本から見直す必要があるな」

勇者「何か良い考えでもあるのか? 王様」

冬寂王「正直、無い」
勇者「がくっ」

冬寂王「だが、整理をしてみれば……、何か思いつくかもしれん」

勇者「あーもう。おい、誰かー?
 何か思いついたやつは居ないのかよ」

将官「あのー」

勇者「おお、君は?」
将官「将官は名も無き軍人であります、勇者殿!」したっ

勇者「いや、素面というだけで君は有用な人材だ」

将官「将官もなにも思いつきはしませんが、
 いくつか気にかかることを。
 いや、気が付いたこと、とでも云いますか」

勇者「ふむ」
194 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 21:56:17.97 ID:I7KnzzEP
将官「まず、おそらく、中央はすぐには
 軍を発しないと思われます」

商人子弟「それはそうでしょうね」

勇者「根拠は?」

商人子息「まず、第一に中央の意図は、南部諸王国を屈服
 させることであって滅ぼすことではないということです。
 南部諸王国が滅びたあと、魔族の侵攻があった場合
 結局は自分達の身を守る盾が無いことに気がつくでしょう?
 ですから、このあと、さらに圧力を強める何らかの
 手を打ってくるのではないでしょうか?」

将官「それに、中央の持っている軍事力の殆どは
 貴族の元に分散されています。
 ですから集合や準備に時間もかかりますし
 もし軍を発するのならば、その報酬も問題になります。
 この場合、報酬は……考えたくはありませんが
 わが南部諸王国を解体して、
 貴族に分け与えることになるでしょう。
 ですから、軍を発するとなれば、南部諸王国を
 消滅させるつもりです。その準備には時間がかかる」

勇者「ふむふむ。どれくらい猶予があるんだ?」

冬寂王「いまは冬だからな。短くても春まで。
 普通に考えれば、半年以上はかかるだろう」
200 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 22:05:40.90 ID:I7KnzzEP
勇者「半年かぁ……」

冬寂王「だが……いや……。そのような……ある、とすれば」
将官「……?」

勇者「どうしたんだ、王様?」

冬寂王「いや、なに。ちょっとした、懸念をな。
 無いとは思う。ありえないとは、思うのだが……」

氷雪の女王「なんですか、若き王よ。じらしてはいけませんよ」
鉄腕王「がっはっはっは。なんでも忌憚なく言うが良い!」

冬寂王「聖王都が、魔族と……すくなくとも、魔族の一部と
 手を握るなどということがあるだろうか?」


ぞくっ

冬寂王「いや、ただの思い付きだが。あははは。
 まぁ、そうなれば、魔族の再侵攻についてもある程度は
 安心が得られようしな。我らが南部諸王国に対する圧力も
 ずっと自由度が上がるのではないか。
 たとえば、魔族の侵攻にあわせて、再び異端告発を行い
 動揺と経済的疲弊を狙う、といったような……。
 いや、空想的なことを云ってしまった」
205 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 22:12:29.51 ID:I7KnzzEP
勇者「まぁ、そいつについては、俺が偵察して事情を
 探ってくるしかないとして……」

女騎士「なぬ!? お出かけか? お出かけなら
 お供するぞ勇者っ。地の果てまでも惨状、いや参上だっ」

勇者「えい、沈んでやがれ」スコンッ

女騎士「くふっ」 どでん!

勇者(えーっと、何から手をつけりゃ良いんだ……。
 どれがどうなってんだよ、もう……っ)

勇者(こんなとき、あいつならどうする?
 あいつならどう考える? 表面を考えちゃダメだ。
 構造と、利害関係を……。
 わ、わからーんっ!?)


メイド妹「でねー! じゃーん! これがパイですー!」
  将官「おお! これはなんとも雅な……」

勇者(そもそも、何で戦ってるんだ。俺達は。
 領土争い……なのか? 豊かになるための。
 豊かってなんだっけ……?)

――……つまり、富をため込むってのは『お金持ち』にはなれても
 『豊か』にはなれないんだ。
 お金を渡して、使ってもらう。物もお金も流れが
 よどみなく太いことが豊かなんだよ。
208 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 22:21:57.10 ID:I7KnzzEP
勇者(つまり、それは、その。
 関係があるってことだよな。
 物を売ったり、買ったりして流れて……
 それが豊かってことだろう?
 じゃぁ、俺達の世界は豊かになってないんじゃないか?
 だって閉じてるんだから。
 ……教会がやってること、聖王都がやってること。
 それはなんなんだ? 世界を限定して、狭くして……
 その意図はどこにあるんだ?)


鉄腕王「黄金色で綺麗じゃのう!」
  氷雪の女王「これはなんじゃ? ウズラのタマゴと肉なのか?」

勇者(つまりそれは……
 教会がなりたいのは『お金持ち』なのか?
 それは“富の独占”。いや、富ばかりじゃない。
 知識も、人気も、権力も……“独占”するってことなのか?)


商人子息「おもしろいですね、さくりとした感触が」
  メイド妹「そうだよー! 洋ナシのもあるよー♪」

勇者(閉じられた環境下で、他者から吸い上げることによって
 階層構造を作り出し、それを永続化させることか?
 そうなのか……。魔王が“違う”といったのはそういうことか)

メイド姉「勇者……さま?」

――精霊様は……  精霊様はその奇跡を持って人間に生命をあたえてくださり、
 その大地の恵みを持って財産を与えてくださり、
 その魂のかけらを持ってわたし達に自由を与えてくださいました。
212 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 22:25:49.48 ID:I7KnzzEP
勇者(“独占”……“生命”……“財産”
 そして“自由”……。独占とは、一者が全てを占めること。)


冬寂王「ほほう、甘い味のもあるのか。うむ、美味い!」
  将官「これは絶品でありますね」
  鉄腕王「酒にも合うぞ、もっと塩辛くてもいけるのぅ」
  氷雪の女王「軽やかで宮廷料理に比べても引けをとりませぬね」

勇者(一者とは……中心。集中する点。積み上げた石組みの、頂点)


商人子息「これは新商品になりますよ!」
  メイド妹「えへへ~そうかなぁ?」


冬寂王「おお、王直筆の勅書をあたえよう!」
  将官「御用達というヤツですね王様っ」


鉄腕王「おお、わしのもやるぞ」
  氷雪の女王「氷の国でも是非流行させてください」

勇者「じゃかしいわっ! お前ら王族かよっ!!」

メイド姉「す、す、すみません。勇者様っ」

鉄腕王「がははは! 勇者殿も、そう泣き笑いしても
 しかたあるまい。勇者殿はどっちを食べる?」

勇者「どっち?」

メイド妹「ウズラのパイと、洋ナシのパイだよ♪」
219 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 22:33:09.65 ID:I7KnzzEP
メイド妹「はい♪ どっちにする?」

勇者「――」

将官「勇者殿?」
冬寂王「しっ」

勇者「――」

メイド姉「……ゆうしゃ、さま?」

勇者「公布を出そう」
商人子弟「公布? 新しい税ですか? 法律ですか?」

勇者「南部諸王国三カ国は、湖畔修道会を、
 国家宗教として認めると。正当なる光の精霊信仰だと」

将官「へ?」

勇者「そうだよなっ! 別に1つしかないなんて決まりは無いし!
 二つあっても良いじゃんな! 選べた方が幸せじゃん!
 そうしよう! そうしようぜ。おい、起きろ、女騎士」ぐらぐら

女騎士「う、うぅうーん」

勇者「で、印刷機でどんどん刷らせよう! ほら、例のさ!
 メイド姉の演説? あれを表紙にして、湖畔修道会の教えをさ。
 農業技術だって載せちまおうぜ! なぁ、いいじゃないか。
 教科書の代わりにもなる。なんだったら種芋の引換券を
 つけちゃうってどうだ!?」

氷雪の女王「それにどういう意味があるのだ?」

勇者「頂点を二つにするのさっ。広報戦争だっ」
231 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 22:53:01.12 ID:I7KnzzEP
――湾岸都市、商業区、大きな商業会館執務室

青年商人「は?」

辣腕会計「えっと、ですから……。もう1つの教会である、と」
青年商人「……湖畔修道会が?」

辣腕会計「ええ、少なくとも南部三カ国通商同盟はそう公布しました」

青年商人「……」

辣腕会計「どう、されました?」

青年商人「ふふふふっ」
辣腕会計「?」

青年商人「ふははははははっ! そうですか!
 そんな手を打ちましたかっ!
 誰ですかね、これは。
 あの人かな。いや、違う気がしますね。
 あの人はああ見えて保険を忘れない人ですから。
 私にも言質はくれませんでしたしね。
 このやぶれかぶりっぷりは、勇者ですかねっ。
 あはははっ!」

辣腕会計「委員……」

青年商人「そうですか、もう1つの教会。あははっ。
 これはすごい、傑作ですね! 聖光教会の偉いがたは
 赤、青を通り越してどす黒くなっているのではありませんか?」

辣腕会計「それはもう。すさまじい怒声だそうです」
236 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 22:59:20.48 ID:I7KnzzEP
青年商人「あははは。素晴らしいっ!
 見世物だとしたところで、金貨千枚の価値がある!
 あの老人達も冷水を浴びせかけられたような気分でしょうよ」

辣腕会計「それはそうですよ。まったく!
 自分達が異端指定した人物を、聖人に祭り上げた挙句に
 真っ向から対立されたんですよ?」

青年商人「情勢は?」

辣腕会計「それは、中央聖光協会が圧倒的な人数と支持ですよ。
 当たり前ですがね。ただ、気になることも……」

青年商人「気になること?」

辣腕会計「こんなものが配られているんです」
青年商人「紙ですか? まだ高価でしょうに」

辣腕会計「いえ、それが、どうやら氷の国に工場なるものが
 あるらしく……」
青年商人「工場?」

辣腕会計「工房に似たもののようです。
 沢山紙を作っているのだとか。さらにそれを鉄の国で
 印刷なる方法で、文字を記しているようで」

青年商人「ふぅむ。なるほど、これは……
 ハンコのようなもののようですね」

辣腕会計「ええ、読めば判りますが、どうもこれは……」

青年商人「……」こくり

辣腕会計「ええ、そうです。
 農奴の権利開放を意図しているようなんです。
 ですから、南部に近い王国では、この半月で
 ずいぶんな数の農奴が三カ国通商同盟に流入しているらしく」
240 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 23:05:31.15 ID:I7KnzzEP
青年商人「ほほう」にやっ
辣腕会計「驚きませんね」

青年商人「彼らなら、それくらいはするでしょう」
辣腕会計「そうですか」

青年商人「『同盟』内部の状況はどうです?」

辣腕会計「教皇派は3人のようです。三カ国派は2名。
 残りは中立です。資産状況はこちらにまとめました」


ペラッ

青年商人「まだ機は熟していませんが……。
 こちらも動き出すべきのようですね。小麦の価格は?」

辣腕会計「先週より2ポイントあがっています。上昇基調ですね。
 冬ですし、このところ中央大陸の景気は低調ですから
 しかたありません。今年も餓死者が出そうです」

青年商人「買いです」

辣腕会計「買い、ですか? 『同盟』の抑えている小麦を
 放出すれば、かなりの利ざやが期待できますが?」

青年商人「……まぁ、そういう意見が多いでしょうから
 “まだ値上がりしそうなので買い”と。しておきましょう」
243 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 23:12:32.27 ID:I7KnzzEP
辣腕会計「は、はぁ」
青年商人「小麦の買い指定は、とりあえず6ポイント上乗せまで
 『同盟』全て、それに取引のある商人に回してください」

辣腕会計「了解」 さらさら

青年商人「それから、これは『同盟』内部の担当部署に
 向けての発注です。鉄鉱石、木炭、銀。全て買いで」

辣腕会計「ポイントは?」

青年商人「不自然にならない範囲で、部署に任せます」
辣腕会計「はっ」 さらさら

青年商人「来週には100ポイント、来月一杯で250ポイントまで
 小麦を買い付けますよ」

辣腕会計「っ!?」
青年商人「どうしました?」

辣腕会計「3倍以上の値段ですよ!? それは常識外れですっ!
 そんな買いなど、聞いたことがありません。
 だいたいそれだけの資本金をどうやって調達するんですか!?」

青年商人「調査して貰った資本で十分にまかなえますよ」

辣腕会計「それにしたって常軌を逸しているっ」

青年商人「あはははっ。そう見えるだけです。
 わたし達は、買い付けなんかをしている訳じゃないんですよ?」

辣腕会計「何をしていると云うんですかっ?」

青年商人「王国の金貨を、売っているんです」にこっ
343 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/11(金) 15:53:53.03 ID:sQx9tPoP
――冬の王宮、広間、対策会議

将官「国境街道で見る限り、昨日は12人ですね」
勇者「うーん。思ったようもペースが鈍いな」

冬寂王「ふむ」
メイド姉「やはり、自由という考えは
 受け入れられないのでしょうか……」

勇者「まぁ、難しいってのはあるだろうな」
冬寂王「言葉のない者に言葉を教えるようなものだからなぁ」

氷雪の女王「でしょうね……」

女騎士「いっそ、こう。どかんと人さらいをだな」
勇者「お前、本当に聖職者か?」

冬寂王「だが、あまりペースが遅いと冬が終わってしまうだろう」

勇者「そうだな、少なくとも冬の間にある程度の数を
 取り込まないと、結局は既存路線の強さが出てしまうだろうし。
 時間を掛けると、あっちの教会は信者も聖職者も
 わんさといるんだ。押し負ける。
 うーん……
 文字を読む、ってのが意外とハードルが高いのかもなぁ」

女騎士「説法士を派遣はしているのだが、
 湖畔修道会全体で50人も居ないのだ。
 とても大陸はカバーできない」

勇者「ふむ……」

氷雪の女王「説法士ですか。――説法ではなくとも
 良いのではないですか?」

女騎士「ん? 当てがあるのか?」
346 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 15:56:27.27 ID:sQx9tPoP
氷雪の女王「詩人はどうですか?
 我が国は吟遊詩人のふるさとです。
 幸い今は冬ですから、旅回りの吟遊詩人達も王都に
 集まっているでしょう。
 彼らに報償を出して、諸国で歌って貰うのですよ。
 内容は、新しい修道会の教えで良いでしょう?
 そして、三カ国の行いも歌って貰う。
 歌は強いですよ? 農民でも節回しさえあれば
 かなり難しい言葉を覚えてくれるものです。
 覚えてくれれば、吟遊詩人が立ち去ったあとでも
 歌の響きが続くでしょう」

女騎士「それは良い考えだな!」

勇者「どれくらいの人数が居るんだ?」

氷雪の女王「そうですね。腕の如何を問わなければ
 500人近くは居るかと思います」

冬寂王「よし、早速依頼しよう。
 旅の支度金はこちらで用意してもかまわぬぞ」

氷雪の女王「そうですね。……いっそ、吟遊詩人には、
 この国当ての紹介状を書かせ、沢山の開拓民を
 送り込んでくれた吟遊詩人には開拓民ひとりにつき、
 金貨1枚の褒賞を与えるという事にしたらどうでしょう」

勇者「ああ、それがいいな! えっと、なんだっけ。
 学士がいうところの、いんせんちぶだ」

冬寂王「いんせんちぶ?」

勇者「やる気があるやつに金を出す、みたいな意味だよ」
348 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 15:57:34.68 ID:sQx9tPoP
メイド姉「あのぅ」

冬寂王「ん、どうしたのだ?」

メイド姉「今回の目的は、戦争じゃないんですよね?」

冬寂王「ああ、そうだ。出来れば戦争は避けたいと思っている」

氷雪の女王「そうですわね。
 魔族の襲撃が何時あるか判らないこの状況では
 争うのは愚かという他ないですわ」

メイド姉「では、教会とは喧嘩をするべきではないと思うんです」

勇者「……ふむ」
女騎士「どういうことだ?」

メイド姉「たぶん、教会のひとたちは、修道会の説法士さんや
 吟遊詩人さんをあしざまに罵倒すると思うんです。
 嘘つきだとか、悪魔の使いだとか……背教者だとか」

勇者「するだろうな」
女騎士「馬鹿の一つ覚えというやつだ」

メイド姉「ですけれど、そこで喧嘩を買ってしまったら
 戦いになってしまいます。
 人間同士で戦いはしたくないですよね」

冬寂王「そうだな」

メイド姉「ですから、説法士さんや吟遊詩人さん、
 それをいうならばこれから印刷する紙にも、
 教会を非難するような内容は盛り込むべきでは
 ないと思うんです」
349 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 16:00:24.41 ID:sQx9tPoP
女騎士「とはいえ、あいつらの根性が曲がっているのは
 確かなことだぞ。やられっぱなしではないか」

メイド姉「そうかもしれませんけれど、
 大部分の信仰者の人は、本当に光の精霊様を信じているだけの
 普通の人々なんですよ? そういう人まで争いに巻き込んでも
 益はないはずです」

勇者「そうだな……」

女騎士「では、無視か? こう、つーんとな。
 馬鹿は相手にしないっ。と」

メイド姉「それもあまり適当ではないと思うんです。
 むしろ、褒めて良いと思うんですよ。
 光の精霊様は尊い存在です。
 正直、勤勉、平和。
 そう言った点では同意が出来ると思うんです。
 ですから、中央の聖教会も否定せず、その信仰を
 守っている人も尊重すべきです」

氷雪の女王「それでは開拓民達を勧誘できないではないか」

メイド姉「それは手法の差で表現するんです。
 南方の荒れ地は未だ開拓されていない。
 そこには苦労もあるけれど、チャンスもある、と。
 のうちを手に入れる機会は、精霊様がくれたものです、と。
 南部の諸王国は、新しい開拓民を求めていて、
 そこには農奴制度はなくて、誰でも頑張って働きさえすれば
 飢えないだけの実りが取れる。租税もかなり安いぞ、って」

冬寂王「……夢見がちな理想論を唱えるかと思えば
 嫌になるほど冷静な現実を武器として持ち出すな」

勇者「あいつの教え子はみんなそうなるんだよなぁ」
356 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 16:36:56.25 ID:sQx9tPoP
――湾岸都市、商業区、大きな商業会館執務室

辣腕会計「委員、小麦の価格が多くの都市で
 +6ポイントまで上昇しました」

青年商人「市場動向はどのような印象ですか?」

辣腕会計「貴族や商人はむしろ好感触のようですね。
 手持ちの小麦に余裕あるからでしょうか、
 換金する動きも見て取れます。
 農場主は警戒感を強めています。
 彼らにとっては冬の間の食料ですからね。
 しかし、金額によっては手放すものも少なくありません」

青年商人「そうですか」

辣腕会計「今のところ相場の上昇は例年とそう変わりなく
 ある意味織り込み済みですから激しい反応は出ていませんが」

青年商人「了解です。――次の手を打っておきましょう。
 “生産物買い取り証書”の発行、ですね」

辣腕会計「聞き慣れない言葉です。なんですか?」

青年商人「今でっち上げましたからね。まぁ、聞いてください」
359 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 16:41:25.91 ID:sQx9tPoP
辣腕会計「黒板に板書してみます」カッカッ

青年商人「現在は冬です。冬小麦は秋に籾を蒔き、冬を越えて
 初夏の収穫と云うことになりますね。
 現在畑に籾はあるけれど、収穫はまだまだ……そうですね、
 6ヶ月は先でしょう。
 この先、畑にはどんなトラブルがあるか判らないが、順調に
 行けば半年後には収穫が望める」

辣腕会計「ふむふむ。まぁ、常識ですね」

青年商人「しかし、何らかのトラブルの発生で小麦の生産が
 減ってしまうと、地主や領主の収入は激減してしまう。
 またはそうでなかった場合でも、天候に恵まれて大豊作に
 なってしまっえば小麦の相場が安くなってしまう」

辣腕会計「ふむ」 カッカッカッ

青年商人「そこで、“小麦引き渡し証書”の出番です。
 つまり、“できあがった小麦を買い取る約束”です」

辣腕会計「それは、代金を先払いするという意味ですか?」

青年商人「そうです」

辣腕会計「地主や領主は手元にない麦でも売れるわけですね」

青年商人「そうなりますね。しかし、引き渡し時期……
 年明けの初夏には、契約した量の小麦は必ずそろえて貰う」
362 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 16:47:34.92 ID:sQx9tPoP
辣腕会計「つまり豊作であれば、領主達は、
 “小麦の販売時と引き渡し時の差益”を得ることが出来る」

青年商人「引き渡し時に凶作などの理由で相場が上昇していれば
 わたし達は“相場より安い金額で小麦を手にする”ことが出来る」

辣腕会計「相場が上昇する読みはあるのですか?」 カリカリ

青年商人「中央聖王都と教会が異端告発を意図している以上
 戦争が開始される可能性は高いでしょうね。
 それに――仮に戦争が回避されても問題はないでしょう」

辣腕会計「なぜです?」

青年商人「戦争がなければ、その人口は減らない。
 今まで足りなかったのは、資本と輸送力。
 それから市場間の“膜”ですよ。
 食べる口さえあれば、人為的な小麦の枯渇を作れる、
 小麦相場が下がることはあり得ない」

辣腕会計「……」ごくっ

青年商人「もし仮に、大陸の小麦生産量がわたしの予想より
 倍も大きければ『同盟』は破産するかもしれませんけどね」

辣腕会計「……なるほど。
 人為的な相場形成の一つの手段にすると。
 となると、この“小麦引き渡し証書”は
 最終的には、貴族を縛る鎖となりますね」

青年商人「それも一つの過程。あり得る選択肢ですね」
364 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 16:49:48.13 ID:sQx9tPoP
辣腕会計「意図がよく判りませんね」

青年商人「領主や地主の判断を重くするんですよ。
 来年の小麦相場のことを考えさせるのです。
 “小麦引き渡し証書”がこちらの手にある限り
 それは云ってみれば、多量の小麦を借りているに等しい状況。
 自領内の畑を損なうような動きは取れない。
 また、初夏の収穫から、あらかじめ引き渡す分は
 除外して考えなければならない」

辣腕会計「そうなりますね……」

青年商人「小麦の流通のイニシアチブを押さえるのが
 目下の目的です。そこが第1段階のステップ。
 初夏になっても小麦を自由に出来る量が少ない。
 手元にはさほど残らない。
 しかも小麦は高騰を続けていたら……。

 なにも本当に高騰している必要はない。
 “そうであったら困る”。
 そう思って貰うだけで、その不安は利益になります。
 証書を発行して、王国の金貨を渡しましょう。
 なに、安い投資ですよ」 にこにこ

辣腕会計「……」ぞくっ

青年商人「中央貴族の皆さんには、
 今しばらく長い冬を味わって貰おうじゃないですか。
 楽しい舞踏会の始まりです。
 この円舞曲。――買い、売り、交換する。
 その響きが大陸を満たすまで」
368 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 17:23:08.38 ID:sQx9tPoP
――開門都市、自治議会、執務室


コンコンッ

東の砦将「開いてるぞー。どうぞー」

火竜公女「ごきげんいかがかや、砦将?」

東の砦将「可もなく不可もなく。
 天気は良いが仕事は山積み。
 やってもやっても終わらんな」

火竜公女「やってもやっても終わらないのであれば、
 やらなくても良いのではないかや?」

東の砦将「おお! 尻尾のお嬢はいいこというなぁ!!」
副将「全然良くありませんっ!」 だむんっ

魔族豪商「ははは。相変わらずだのぅ」

火竜公女「これはこれは! 八鎧のお爺さまっ」

東の砦将「通商の用件で尋ねてきてくださったんだ」

火竜公女「それはお邪魔をしましたかや?
 妾は席を外す故、お話などゆるりと」

魔族豪商「かまわんよ。話は簡単なもので、

 ものの数分で片がついてしまったわ。

 じつに剛胆な御仁じゃな」
369 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 17:25:17.44 ID:sQx9tPoP
東の砦将「いやいや。自治都市とは名ばかりの
 張りぼて所帯ですからね。
 商売に来てくれるってんならこんなにありがたい
 事はないってやつですよ」

副将「ええ、本当に。ああ、公女様、加糊茶をどうぞ」

魔族豪商「はっはっは。こんな具合で、細かい書類も調べも
 袖の下もな。何にもなかったんじゃよ」

火竜公女「それはもう。
 この開門都市は自治委員会で運営されていますゆえ。
 執行役とはいえ、賄賂なんてもらったら一発で首を
 撥ねられてしまうのです。
 ――お爺さま? この都市には何を商いにいらっ
 しゃったのですか?」

魔族豪商「なぁに、細々とした日常品じゃよ。
 塩、鉄、馬鈴薯に、玉蜀黍。可可樹。綿花。
 それに砂金を少々」

火竜公女「そんなことを云って、お爺さまの商会は
 いつでも大商いをなさるではありませぬか」

東の砦将「豪商どのは馬鈴薯を入れてくださることに
 なってな。塩を求めているらしいんだが……」
副将「いやはや」

魔族豪商「以前は極光島から潤沢な塩が送られてきた
 ものだがな。いや、あれは痛かった」

火竜公女「そうでありました……」
371 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 17:27:48.78 ID:sQx9tPoP
魔族豪商「いやいや、人間である砦将殿が居る前で、
 詮方ないことを云ってしまった。老人の繰り言と
 思って許されよ」

火竜公女「……」ちらり

東の砦将「いやいや。お気遣いなどなさらずに。
 開き直るわけではありませんが、我らも沢山の
 魔族の方を手に掛けた。我が部下も沢山散っていった。
 争いもこの世の習いの一つですから……。
 今は明日を生きることが出来ることを感謝したいと。
 ――そう思います」

魔族豪商「若いのに、肝が据わっておるの」

東の砦将「塩は何とかしてみましょう」

魔族豪商「ではよろしく頼みましたぞ。
 いや、茶を馳走になりましたな」

東の砦将「副将、お送りして差し上げてくれ」
副将「はっ!」

 ザッザッザッ。ガチャン

東の砦将「存在感のある爺さんだな」

火竜公女「それは、お爺さまは魔族でも重鎮ですゆえ。
 ああ見えて、昔は相当強面だったとの話」
372 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 17:30:50.81 ID:sQx9tPoP
東の砦将「さぁて、話がある」
火竜公女「妾もですわ」

東の砦将「先にそちらを聞きましょう」

火竜公女「気になることがありまして。
 ……砦将どのは蒼魔族をご存じかや?」

東の砦将「蒼魔族ですか? 戦ったことはあるが、
 あんまり詳しくはないな。そもそも、あのころは
 魔族の見分けもついちゃ居なかった」

火竜公女「蒼魔族とは蒼い肌をもつ魔神の末裔たる魔族。
 魔界四氏族の一つにして、勢力も強い一族なのです。
 中には小型の者から大型の者まで、様々な亜種族を
 含みますが、総じて魔力、戦闘能力に秀でております」

東の砦将「ふむ……」

火竜公女「我ら竜族、妖精族などとはあまり交わろうとは
 しませぬね。我らもまた他族と交わる気風を持ちませぬが。
 ――蒼魔族は歴代のうち4名の魔王を輩出した、大氏族と
 いえるでしょう。そして、人間界を欲する氏族でもあり
 まする」

東の砦将「どうもきな臭い氏族だな」

火竜公女「その蒼魔族を最近、この都市で見かけると……」
東の砦将「……」
374 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 17:32:10.76 ID:sQx9tPoP
火竜公女「妾も直接確認したわけではないが、
 そのような話が出ております。
 開門都市はいまや人間族と魔族が混交した珍しき地。
 もちろん蒼魔族が住まって悪いわけではないのです。が」

東の砦将「気になる、と」

火竜公女 こくり

東の砦将「判った、配下を出そう。
 いや、魔族の方に頼んだ方が目立たないかな?
 とにかく、手を打ってみますよ。お任せあれ」

火竜公女「感謝いたします。……して、そちらの用件は?」

東の砦将「あー。んー。さっきのな」
火竜公女「?」

東の砦将「豪商どのの求めているのは塩なんだ」
火竜公女「はい、そのようで」

東の砦将「でも、この都市にも今そこまでの塩の備蓄はない」
火竜公女「はぁ……」

東の砦将「調達してきてくれないか?」
火竜公女「それはそれで無体な要求。塩の需要はどこでも
 高く、随分高価です。我が一族の領内にも塩山はひとつ
 しかないのですよ?」

東の砦将「いや、まぁ……。行く場所はあるんだ」
火竜公女「?」

東の砦将「人間界だよ」
386 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 18:00:02.88 ID:sQx9tPoP
――思い出の庭、魔王の回想

魔王「……ん。……うぬぬ! うわぁっ!?」

 きょろきょろ

魔王「もうこんな時間か。……おわっ。な、なんだ。
 背中が痛いぞ。と云うか、全身が痛む……。
 な、なぜだ」

メイド長「“こんな時間か”、が二日ぶりだからですよ」
魔王「おわっ」

メイド長「いい加減にしないと身体をこわしますよ」
魔王「うーん。しかし、面白いのだ、止められん」

メイド長「気持ちはわかりますが」
魔王「そちらはどうなんだ?」

メイド長「わたしの専門は実技を伴いますからね。
 身体を動かして技術を身につける以上、
 そこまで本や資料を読みあさって、
 筋が硬くなるなんて事はないんですよ」

魔王「そういえばそうか」

メイド長「お茶でも入れましょうか?」
魔王「なにも気を遣わなくても良いのに」

メイド長「あなたには恩がありますからね」
魔王「あれは行きがかり上だ」
387 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 18:01:10.10 ID:sQx9tPoP
メイド長「だとしても奴隷だったわたしには救いでした」
魔王「……」

メイド長「いえ、別にそれだけが理由ではありません。
 そんなことより目下重要なことがあるんです」

魔王「なんだ? 新しい研究か?」
メイド長「ええ、お茶を出すときの新しい作法です」

魔王「何だ、作法に新しいだの古いだの、いらないだろうに」

メイド長「必要なものだけがある世界なんて
 味気ないじゃありませんか。これも彩りです。
 そもそも“メイド道”は彩り重視なんですよ」

魔王「お茶がもらえるならありがたくもらうけど」

メイド長「承知しました、お嬢様」

魔王「お嬢様ぁ?」

メイド長「演出の一環ですよ。しばらくお付き合いください」

 とっとっとっ

魔王「しかし、我が一族は奇人変人ばかりだが……
 というか奇人変人が我が一族になるわけだが、
 あそこまでの変わり者もなかなかいないなぁ。
 部屋が片づいて良いけど」

魔王「……」
388 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 18:03:26.08 ID:sQx9tPoP
魔王「――ファンダメンタルズ、最適化、パレート
 ――債権、内需、所得、産業、成長率、空洞化」

魔王「興味は尽きないな。これはおそらく、価値観か」

魔王「名前、が本体なのだろうな。
 概念に名前――名詞をつけることによって、
 新しい価値観が発見/創造される。

  この場合発見と創造は同じ行為で、その瞬間に世界が
 拡張される。
 新しい視座を得て、今までの全ての事象は再評価されるわけだ。

  つまり、視座の数は、世界に対する係数。
 視座を多く持つほどに多くの世界を見ることが叶う。
 それが知識の、学習の意味。
 我が一族の、存在意義。

  我らは概念に名前をつける。
 新しい概念で世界を拡張する。
 概念と概念は時に出会い、融合して、生み出した我々にも
 思いつかなかったような変化を遂げることがある。

  それは、我らが手にする実り。
 世界の、果実。
 理論面においてはl=n(n-1)/2を取るのかな。

  素晴らしいな。……知ることは素晴らしい。
 けれど、それ以上にこの世界は素晴らしいな。
 この世界には、この世界を加速度的に拡張する存在が
 沢山いるんだ。
 それは魔族だけじゃなくて……」
389 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 18:05:54.96 ID:sQx9tPoP
魔王「……“魂持つ者”」

魔王「そう呼べたら素敵だな。
 あの向こうには、どれほど豊かな世界が広がっているんだろう?
 二つの世界が出会ったら、どれだけの組み合わせ爆発が
 起こるんだろう? 概念と概念が融合し、どんなに
 素晴らしい世界を見せてくれるんだろう?」

魔王「人間、世界か……。
 ただの魔物の一匹であるわたしには、触れ得ないだろうけれど。
 城ってどんなものなんだろうな。
 村って云うのは、魔族のそれといっしょなのかな。
 なかなかにもどかしいな。
 映像資料がもうちょっと充実してればよいのだろうが……」

魔王「我らも、物も、貨幣も流れる。
 決して留まりたるを知らない。
 時も流れる。
 でも、現われたものは、けして消えない。
 消えたかに見えて、必ずや残る。
 この瀬良の図書館のように。

 いくつも、いくつも、数千数億の世界の記録が
 歌っているのが聞こえる。
 何でみんなには聞こえないのかな?」

魔王「こんなにも見つけて欲しいと
 誇らしげに、高らかに、歌っているのに。
 わたしの想いも、
 やはり誰にも……届かないのかな」
392 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 18:07:46.47 ID:sQx9tPoP
メイド長「お嬢様、お茶が入りました」

魔王「ん? 何だ、そんなところに立って」

メイド長「……新しい作法でして」
魔王「ふむ」

メイド長「きゃー」
魔王「きゃー?」

メイド長「あー、ちょっと、ちょっと。わわわ、きゃふうん」

魔王「何を言っているんだ?」

メイド長「ここで素早くカップを投げつける」
魔王「へ?」

 ばしゃぁ!

魔王「熱っ! 熱っ! 熱いではないかっ!!」

メイド長「だ、だいじょうぶですかぁ。きゃふーん」
魔王「なんで雑巾っ、こっ、こらぁ!!」

メイド長「新しい作法でございます」すちゃ
魔王「……」

メイド長「まったく知識は素晴らしい。
 研鑽に果てはございません」きらきらっ

魔王「どんな資料を参照しているのだっ!」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。