冬寂王


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冬寂王とは、冬の国の若き国王である。この物語の主人公の一人。当初は王子冬の王子と呼ばれた。
2年目夏に20歳、すなわち物語開始の19年前に生まれた。
2年目冬に第一次極光島攻略作戦で父王が戦死すると王位を継いで冬寂王を名乗った。
同時にこの場で第二次極光島攻略作戦決行を宣言。
女騎士を総司令官として動員、流氷を用いた極光島架橋作戦の立案などを行い、3年目年始の第二次極光島攻略作戦を勝利に導いた。
勇者いわく、戦闘能力は魔王と同程度らしい。

初出

2-2 2スレ270レス 2009/09/06(日) 21:15:43.04
冬寂王「いまを持って、冬寂王の名を継がせていただこう。
 この冬のあいだに、第二次極光島奪還作戦を決行する」

名言

2-2 2スレ271レス 2009/09/06(日) 21:18:52.99
冬寂王「その答えは戦場で証明しよう。失敬」

別名


関係者



○面識のある人物
士官 開拓民 漁師

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。