2-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」2-2


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:07:33.62 ID:Lbanm5QNP
メイド姉「そんなこと信じたくありませんっ」
魔王「わたしもだ」

メイド姉「……っ」

魔王「でも、私が学んできたことによれば、そうなんだ。
 戦争は沢山の人が死ぬ。
 憎しみと悲しみと、愚かさと狂気が支配するのが戦争だ。
 経済的に見れば巨大消費で、歴史的に見れば損失だ。
 でも、そんな悲惨も、出会いの一部なんだ。
 知り合うための過程の一形態なんだよ」

メイド姉「これが、出会いなんですか?」
魔王「そうだ」

メイド姉「辛くて悲しくてひもじくて寒いだけじゃないですか」
魔王「でも、そうなんだ」

メイド姉「……」

魔王「出会いは必然にも似た運命、
 もしくは運命に近似した必然だ。
 しかし、その結果は違う。
 だからせめて……あがきたい」
222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:10:40.71 ID:Lbanm5QNP
魔王「戦争は争いの一形態だが、争いの全てが
 戦争ではない。もっと他の方法で腕比べをしてもいいし
 村の子供達が競って可愛い娘に花を届けるのも争いだ」

魔王「また、争いは関係の一形態だが、関係の全てが
 争いなわけではない。友好的な関係や支援関係だって
 この世にあるのは事実だ」

メイド姉「じゃぁ、なんで戦争なんか」

魔王「それはわからないが、存在するんだよ」

メイド姉「……なぜ。なぜ?」

魔王「私は、必要だからだと思う」

メイド姉「そんなものが必要だなんておかしいです」

魔王「『いずれ卒業するために必要』だと。
 逆説的だが、そう言う事象もあるのかも知れない。
 最初から大人として生を受けることが出来ないように」

メイド姉「……」

魔王「いずれにせよ、私には判らないことだらけだ」
224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:16:55.21 ID:Lbanm5QNP
――極光島沖合、南部諸王国艦隊

兵士「快晴! 風向き良しっ!」
兵士「腕が鳴るな」

士官「この分なら朝焼けのうちに上陸だ。
 見ていろよ魔族め、人間の武力、思い知らせてやる」

兵士「斧の手入れは怠りないか」
兵士「ぬかりない」

士官「反射光が目に入る。炭と油を混ぜて、
 金属には塗っておけ」
兵士「わかりましたっ!」


ごぼごぼごぼ

兵士「ん? 北東に大規模な気泡ッ」

艦長「なんだ? このような場所で……」
227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:24:35.32 ID:Lbanm5QNP


ごぼごぼごぼ
 ごばっ! ざばっ! ざばばばぁんっ!!

兵士「てっ! 敵襲ぅぅぅっ!! 巨大烏賊ですっ!」 兵士「射てぇ! 射てぇ!!!」

士官「な、なん……だと……!?」
兵士「うわぁぁ!! 空だ、空にもいるっ!」
兵士「ハーピーだぁっ! 耳をふさげぇ!」

艦長「石弓隊っ! 頭上を狙えっ!
 斧隊は触手を切り落とせっ!!」

兵士「うわぁぁ! うわぁっ!」
兵士「離れろっ! こいつ離れやがれっ!」

士官「勇戦せよっ! 一歩も退くなっ!」


ミシィ、ミシィッ!!

兵士「み、水の中から魚人が狙って」
兵士「ぎゃぁぁ!?」
230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:28:46.14 ID:Lbanm5QNP
兵士「死ねっ! 貴様ら魔族は、魔界へと帰れっ!」
兵士「遊軍艦が魚人の切り込み攻撃を受けています!!」

士官「支援だ! 回頭っ! 回頭しろ、操舵手っ!」

操舵手「舵輪が効きませんっ!」
兵士「触手が、艦長っ!!」


ミシィ、ミシィッ!!

艦長「この音は、船体全てからっ!?」

兵士「18番、沈没っ!!」
兵士「灼けるっ! くそぉ、こいつら。酸をっ」
士官「水をっ! 水を掛けてくれっ!」

兵士「斧じゃダメだっ! 火矢を射込めっ!」

艦長「ダメだっ! やめろっ!!
 遊軍艦を燃やすつもりかっ!?」

兵士「先行艦隊、壊滅っ!」
艦長「転進だっ! 船足を止めるなぁ!!」
240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:43:36.44 ID:Lbanm5QNP
――南部諸王国軍、軍議

白夜王「……」

氷雪女王「戦船200隻のうち、かえってこれたのは15隻
 生き残ったのは500人足らず……と」

冬の王子「大敗、ですね」

白夜王「……っ」

鉄槌王「ふんっ。ワシは反対したではないか。
 水棲魔族への攻略無くして数で押し切ろうなどと
 自殺行為ではないかと」

白夜王「うっ、うるさいっ!!」

鉄槌王「うるさいとはなんだ!!
 貴様は大口を叩いていたではないか!!
 勇気があれば敗れることはないなどと。
 この様は何だ。指揮官のみおめおめと逃げ戻り」

白夜王「我は王族なのだっ、生き残る義務があるっ」
243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:48:13.67 ID:Lbanm5QNP
鉄槌王「それもこれも、貴様が旗艦を転舵させている
 あいだ身を挺してかばってくれた冬の国の戦船の
 おかげではないかっ!!」

白夜王「頼んだわけではないわっ!」

冬の王子「……ッ」

鉄槌王「心中、お察しいたす」
氷雪女王「冬の王は勇敢な方でした」

冬の王子「いえ、父らしい最期でした」

白夜王「はんっ! らしいもらしくないも無かろう。
 そもそもあの島が奪われたのも、冬の王がしっかりと
 防備を固めていなかったためではないか。
 命をかけてかばったくらいでその失点が
 消えるわけでもないわっ」

鉄槌王「貴様ッ。南部の武人の矜恃を何処へやった!?」

氷雪女王「そうです。あの当時、聖鍵遠征でわれら
 南部諸王国の兵力は殆ど出はからっていました。
 総力を挙げた侵攻作戦だったのです。
 それこそ、人間世界の防備がおろそかになるほどの」
249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:53:30.09 ID:Lbanm5QNP
白夜王「それを云うならば、今回の作戦だって
 聖王国と光の教会からの提案によるもの。
 その提案を断れる南部諸王国かどうか、
 お前達も自分の胸に手を当てて考えてみるがいい。
 そうだっ!
 貴様もっ!
 貴様もっ!
 そこの小僧、お前もだっ!!」

白夜王「冬の王に罪がないというのなら、
 我の罪もないわっ。
 我は艦隊を率い、総意によって総大将を勤めたまで。
 その依頼は聖王国と光の教会からだったのだ。
 200の船が壊滅したからどうだというのだ。
 これでまた新しい船が手に入るではないかっ!」

鉄槌王「云わせておけば……」


バンッ!!

冬の王子「黙れっ」
253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 20:57:22.10 ID:Lbanm5QNP
白夜王 びくっ
氷雪女王「……王子」

冬の王子「父は父の信じるところ為し、
 その過程で命を落としたのだ。そのことで、白夜王。
 貴公を責める気持ちは私にも、冬の民の1人に
 至るまで持ってはいないっ」

白夜王「ほらみろ、そうではないかっ」

冬の王子「しかし、だからといって
 この海戦敗北の責任を免れえるはずもない。
 無策によって6000の将兵の命を散らしたのだ。
 その意味、この会議に集った王族であれば
 判らないはずは無いと考える」

白夜王「誰に向かって口をきいている、
 くちばしの黄色いひよっこがっ」

鉄槌王「この会議に出た時点で、各国の代表だ。
 わきまえよ、白夜王っ」
260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 21:05:04.42 ID:Lbanm5QNP
白夜王「はっ! よかろう。貴様らがそう言うならば、
 どのような責任でもとろうさ。はん? なんだ?
 我の首でも欲しいのか? 我の首があれば、
 中央や教会が納得するとでも?」

鉄槌王「……」
氷雪女王「常識的に考えて、賦役か資金援助でしょうね」

白夜王「良かろう、払おうではないか。
 だがな、冬の。聞いておるぞ?」

冬の王子「何をです」

白夜王「冬の国が最近なにやら、湖畔修道会と1人の
 天才学者をおしたてて、巨大な利益を独占していると。
 何でも新しい作物や風車を通して、
 かの『同盟』までをも巻き込み、
 多額の戦費をたくわえているそうではないか」

冬の王子「農業に工夫を加えたのは事実だ」

白夜王「そのうえで、なお白夜の国からの資金援助を
 欲するというのか? 冬の国は金の亡者というわけだ。
 南海の槍武王の末裔が聞いてあきれるわっ!」

鉄槌王「……貴様ぬけぬけと」
266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 21:08:18.82 ID:Lbanm5QNP
冬の王子「……潮時、か」
氷雪女王「?」

冬の王子「いえ、会議を続けましょう」
鉄槌王「そうだな。こうなっては善後策をうたねばならん」

氷雪女王「とはいえ、中央からの要請を放置するわけにも
 行かないでしょう。このままでは財政にどのような
 圧力を掛けられるか」

冬の王子「使者はなんと?」

氷雪女王「追加の援助が必要であれば、戦船で払う、と」

鉄槌王「ふんっ。どうやっても戦争をさせなければ
 気がすまんようだな。自分たちは安全なところに
 隠れておれば、どんな命令でも出せるというわけだ」

氷雪女王「どれだけの犠牲が出ればよいのか」

冬の王子「聞いてください。会議の方々。
 中央や光の教会は意図は、戦意の高揚です。
 勝てば良し、もし負けたとしてもその被害をテコに、
 魔族の脅威を全世界に訴えて、次の聖鍵遠征軍を
 起こすつもりだとしか思えません」
270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 21:15:43.04 ID:Lbanm5QNP
冬の王子「どちらにせよ、我らの手には選択権がない」

白夜王「それみろ。結局は狗にすぎん」

鉄槌王「……」 氷雪女王「……」

冬の王子「犬で結構。犬なりの意地の見せ方を
 白夜王にはお目に掛けるとしよう」

鉄槌王「まさかっ」
氷雪女王「いけませんっ」

冬寂王「いまを持って、冬寂王の名を継がせていただこう。
 この冬のあいだに、第二次極光島奪還作戦を決行する」

鉄槌王「本気なのかっ!?」

冬寂王「私は若輩ゆえ、何の発言権もなかったが
 その罪の重さは魂で感じている。
 ここでもう一度懺悔させていただきたい。。
 勇者を行かせたのは、
 勇者を葬り去ったのは我ら四人の罪だ。
 南部諸王国の罪なのだ。
 この世界から星が一つ消えたのは
 この会議が追うべき重責をたった1人の勇者に
 負わせたからだ」
271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 21:18:52.99 ID:Lbanm5QNP
鉄槌王「……」 氷雪女王「……」
白夜王「たかが兵卒の1人ではないかっ!」

冬寂王「中央の太鼓持ちに成り下がった輩には判らぬ。
 王族には、王族なりの信義というものがあるのだ。
 それは時に非情であり……。
 ――我が父のように、背くこともある。
 その王族は一生の間恥を背負ってゆくのだ」

冬寂王「私は前王の子として、極光島を奪還し
 勇者が為すべきだった光の千分の一でも
 南部の王国にて肩代わりしなければならない」

白夜王「出来るかな、小童が」

冬寂王「その答えは戦場で証明しよう。失敬」

バタンッ!

執事「若様……」
冬寂王「会議は決裂だ。……至急、女騎士へ使いを出せ」

執事「女騎士に?」
冬寂王「この戦には総司令官が必要だ」
383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 00:46:53.45 ID:vGBiMEoLP
――大陸街道、関所

義勇軍兵「ああ、そうだ。俺も南氷海での戦いへ参加する」
若い傭兵「俺もだ、もし南氷海へ行くのなら一緒に行かせてくれ」
遊歴騎士「わがはいもそうだ。是非頼む」

関所の兵士「おおいな、今日だけで15人は通ったぞ」
関所の兵士「ああ、何時にない勢いだな」

義勇軍兵「今回の遠征は、とうとう若い英雄、
 冬寂王が立たれると聞いたんだ」

若い傭兵「ああ、槍武王の末裔、代々勇猛をもってなる
 冬の国の若い王が軍を挙げるときいたぞ」

遊歴騎士「しかも、将軍は若く美しい、あの伝説の
 女騎士だというじゃないか」

義勇軍兵「おお! 勇者の右の翼と呼ばれた!!」
若い傭兵「聞いたことがあるぞ!」

遊歴騎士「『黒点の射手』と呼ばれた左の翼、弓兵と並んで
 魔王軍の並み居る将軍をたった四人で次々と打ち破った
 勇者の仲間。伝説の英雄の一人だ!」
386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 00:52:08.64 ID:vGBiMEoLP
義勇軍兵「実は俺の家族も後から来るんだ」
若い傭兵「そうなのか? 奇遇だな。俺もだ」

遊歴騎士「お前たち何を。戦場に家族づれだと?」

義勇軍兵「いや、そういう訳じゃないんだが」

若い傭兵「うむ。実を言えば、最近冬の国は豊かになったと
 聞いてな。商業も盛んになってきたとか」

遊歴騎士「そんな噂があるのか?」

義勇軍兵「ああ。農奴の税も、賦役や作物ではなく
 銀貨で治めても良いと云うことらしいんだ」

若い傭兵「俺もそう聞いた。銀貨で払って良いのならば
 傭兵の給金で払えるじゃないか? 俺たちの家族は
 やっと解放された農奴なんだ。冬の国へ行けば
 小さな畑でも手に入れるかもしれない」

遊歴騎士「そんなうまい話があるものか」

義勇軍兵「ダメで元々だ。どうせ戦って死んでいくしか
 俺たちみたいな半端者には残されていないんだ」
393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 00:56:24.31 ID:vGBiMEoLP
遊歴騎士「まぁ、そうともいえるが」
若い傭兵「湖畔修道院の修道士が、紹介状を書いてくれたしな」
義勇軍兵「紹介状?」

若い傭兵「ああ、これをもってゆけば、
 馬鈴薯の種芋をくれるというんだ」

義勇軍兵「種芋? なんだそれは」
遊歴騎士「わがはいもしらんな」

義勇軍兵「小麦の種のような物らしい」


義勇軍兵「ふむ、すぐにくれればいいのに。道中食べれたろうに」

若い傭兵「いや、それをつかって、
 馬鈴薯を増やして欲しいと云うことなんだろう。
 俺たちの家族は、もうずっと長い間、
 自分たちの畑というものに憧れてきたんだよ」

遊歴騎士「その気持ちはわからんでも無いな」

義勇軍兵「なぁ、俺にもその紹介状はもらえるだろうか?」

若い傭兵「ああ。この紹介状をくれた修道士は、
 人数は向こうで相談してくれと云っていたんだ。
 家族が来たら俺と一緒に行ってみようじゃないか」
395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:01:48.55 ID:vGBiMEoLP
――冬越しの村、夜の修道院

ばすん、どすん! ばたん!

女騎士「よし、こうだっ! この荷物めっ!」

女騎士「えいっ! えやっ!
 何で素直に荷造りされないんだっ! えやっ!」

こんこん

女騎士「開いている、済まないが今手を離せないんだ」

魔王「夜半、すまない。良いだろうか」

女騎士「あ? ああっと。す、すまない。学士様だったのか
 わたしはてっきり修道士かと」

魔王「いや、修道士殿に頼んでお邪魔させて貰ったのだ」

女騎士「そうだったのか」

魔王「……」きょろきょろ
女騎士「すごい有様だろう?」

魔王「もう、荷造りはされたのだな」

女騎士「もともと女らしさに欠ける性格でな。
 その気になれば旅支度など簡単に整ってしまう」
397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:06:51.65 ID:vGBiMEoLP
魔王「そうなのか。……よいかな?」

女騎士「ああ。すまないな散らかっていて。
 その寝台に腰を掛けてくれ」

魔王「……」
女騎士「……えいっ! とやっ!」

魔王「……」
女騎士「どうしたんだ? 学士様」

魔王「いや、なんだか慌ただしくてな」

女騎士「ああ。わたしの出発か?」
魔王「うん」

女騎士「指名頂いたことだし。せいぜい暴れ回ってくるよ。
 心配はしなくて良い。修道会の仕事はわたしなんか居なくても
 全て滞りなく回るようになっている。
 そもそも最初からわたし抜きでも回っていたんだ。
 わたしは運営にはとんと不向きだからな」

魔王「そうではない」
女騎士「……」

魔王「そうではないんだが」
399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:10:36.35 ID:vGBiMEoLP
女騎士「なんだ、随分歯切れが悪いな」
魔王「……」

女騎士「わたしのことなら心配はいらない。
 確かに勇者に及ばないかもしれないが、
 そこらの魔族にやられるような鍛え方はしていないよ。
 あははははっ。
 たとえ船が沈んだって泳いで帰ってこれる。うん」

魔王「……」
女騎士「どうした?」

魔王「その……。この一年間、わたしの我が儘に
 さんざん付き合わせて」

女騎士「馬鈴薯のことか? 四輪作かな? 最初に云ったけれど
 それらはぜんぶ我が修道会の理念に照らして正しいから
 協力したんだ……。
 だから遠慮することなど無い。
 むしろ修道会一同、深く感謝している」

魔王「そうではなく、学院の指導だとか」

女騎士「ああ。剣と軍事教練か~」
魔王「そうだ」
408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:17:43.30 ID:vGBiMEoLP
女騎士「あれは良い運動になる。ストレス解消にも。
 それにね。適度な燃焼をさせないと脂肪が肉についてしまう。
 肥えてしまうからなぁ~」ちらっ

魔王「ううっ……。うう」
女騎士「言い返してこないのか。
 貧乳だの何だの。つまらないな。
 その点ではあの眼鏡メイドの方が手強いか」

魔王「その、女騎士殿は」
女騎士「うん?」

魔王「わたしは……その、幼いときから、ずっと……
 部屋の中で育ってな。狭い家ではなかったのだが。
 一人で……育ってな」

女騎士「貴族の出だったのね」
魔王「うん、そんなものなのだ……」

女騎士「それで?」

魔王「だから、同性の親しい人は一人しかいなくて。
 それはメイド長な訳だが」
女騎士「ふむ」

魔王「その、女騎士殿は。わたしにとって、いってみれば」
女騎士「……」

魔王「友達に一番近い存在だというように、
 わたしの推測では、先日、そう結論したのだ」
410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:22:07.69 ID:vGBiMEoLP
女騎士「……」

魔王「もちろん、女騎士殿がどう思ってるかと
 わたしの推論は何の関係もなくてだな、
 これはいわばわたしの側の勝手な定義付けというか、
 境界条件の曖昧な主観的な分類に過ぎないのだとは
 判っているんだがな」

女騎士「……」

魔王「その女騎士殿が、将軍として戦場に出向く。
 この戦は何もわたしと無関係なわけではない。
 状況に照らせば、わたしの意志がバタフライ効果的に
 影響を及ぼしたことは想像に難くないのだ。
 しかし、それなのにわたしは……」

女騎士「……」

魔王「わたしは、まだ躊躇ってしまい、
 手を下せない事がいくつもあるのだ。
 わたしは、こんなにも愚かで弱い。
 毎日のように愚かになっていくような気さえする。
 ――例えば、硝石と黒色火薬がそうだ」
414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:26:28.45 ID:vGBiMEoLP
魔王「それがあれば戦局は有利に展開できるのは判っている。
 死者の数を2桁オーダーで減らせる可能性もある。
 密かに冶金師への依頼も行い、研究も進めていた。
 でも、それでもどうしても踏ん切りがつかないのだ。
 それを手渡せば、戦には勝てるかもしれない。
 でも、それを手渡してしまったら、
 もう二度と戻れないのではないか。
 そう思うと、笑ってくれるが良い。
 手が震えそうになる」

女騎士「……」

魔王「あの日わたしは誓ったはずだった。
 勇者の手を取って。……どんなことでもすると。
 願いを叶えるためだったならば、
 たとえこの身体がこの命が
 どこともしれぬ道ばたで腐れ果てようと気にはしないと。
 幼いときから学んできた書物と情報海以外の
 何かを見るためにだったら
 どんな物だろうが生け贄に差し出しても良いと。
 ……でも。
 なぜだか判らないが、わたしはどんどんと
 弱くなってゆく。どのような技術でも渡してしまい
 その結果世界がどう変わるか見てみればいいのに。
 ……その勇気がでないんだ」
418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:31:38.30 ID:vGBiMEoLP
魔王「これから、戦場へ赴く……友に。
 それは酷い仕打ちだと思う。酷い裏切りだと思う。
 わたしは女騎士殿と何の契約も交わしていない。
 修道会と技術頒布の契約を交わしただけだ。
 だから、わたしが女騎士殿に感じる
 この罪悪感は無意味な物なのだ。
 そのはずだ。
 しかし、それでも胸からぬぐえない」

女騎士「まぁ、要するに」

魔王「……」

女騎士「そのブラックパウダーとかいうのは
 特性の広域殺傷用魔法のような物でしょう?」

魔王「ああ」

女騎士「すごく強力で、すごく便利で、素人でも
 使えちゃうかもしれないけれど、いってみれば
 そういうものでしょう?」

魔王「そうだ」

女騎士「わたしはそんな物が無くても負けないから」
420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:34:55.59 ID:vGBiMEoLP
魔王「それだけじゃない。……わたしは」
女騎士「……?」

魔王「女騎士殿に嘘をついているんだ」
女騎士「……」

魔王「ずっとみんなにも嘘をついている」
女騎士「……」

魔王「だから、今夜はここへ来たんだ。
 これもまたわたしが望んだことだから。
 かつて見たことのない『丘の向こう』のひとつだから。
 女騎士殿。
 わたしは……。

 わたしは魔王なんだ」

女騎士「……」

魔王「……」

女騎士「わたしが、湖畔修道会の修道院長だってしってるよね?」
魔王「ああ」

女騎士「光の精霊に仕えていることも」
魔王「もちろん知っている」
427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:40:09.20 ID:vGBiMEoLP
女騎士「では、私、女騎士が
 聖なる光の精霊の信徒の一人として
 湖畔修道会の修道院長として
 魔王、あなたの告悔を受け入れましょう」

魔王「え?」

女騎士「あなたは友に嘘をついた。
 それを友と精霊に告白をした。
 あなたの罪は洗い清められた。
 何の問題も有りはしない」

魔王「魔王なのに……?」

女騎士「懺悔の内容は嘘をついたことでしょう?
 それとも、なに? 魔王であることに罪の意識があるの?」

魔王 ぶるぶる

女騎士「勇者を横取りしようとしたこと反省してるの?」

魔王 ぶるぶる

女騎士「じゃ、この件はそれで終了で良いでしょう。
 湖畔修道会はごちゃごちゃした儀礼苦手なのよ」
439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:46:30.44 ID:vGBiMEoLP
魔王「し、しかし!」
女騎士「いいじゃない。手早くて」

魔王「それじゃ……女騎士殿はっ」

(やー。わるいなぁ。女騎士よっ。
 俺ちょっとさ、また魔界へいってこなきゃならねんだわ!)

(そんでさ、申し訳ないけど、俺の代わりに
 剣の先生やっといてくれねぇ? ひよっこどもだから
 面倒くさきゃ毎日走らせておけばいいよ。
 逃げ足ってのはいつまでたっても重要だからさ)

(そんでさ)

(やー。いいづらいな、ほれ。あれだよ、察しろよ)

(うん、そうそう。あいつ魔王でさ~。
 痛っ!? ま、ま、まじ。や、やめて!? 両手剣は止めて!)

女騎士「何の問題もない」

(な、頼むよ。ほんと。土下座するから。
 あれは魔王だけど……。その、悪いやつじゃないんだ。
 頭はぶっ飛んでるし、常識ずれてるけどさ。
 義理堅い、約束を破るヤツじゃないんだよ)

女騎士「何の問題もないんだ」
447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 01:51:44.43 ID:vGBiMEoLP
女騎士「おい、魔王!」
魔王「お、女騎士殿……」

女騎士「こうなったら『殿』なんてつけるのは
 やめにして欲しいな」

魔王「……それは」

女騎士「たしかに、勇者はあなたと契約をした。
 あなたと勇者の間には特別な絆があるかもしれない。
 それはまぁ……。
 悔しいけれど、仕方ない。認める」

魔王「……」

女騎士「でもね、絆は一つじゃない。
 わたしは勇者に信頼されたんだ。それはわたしの宝だ。
 わたしは……わたしだって勇者を裏切らないっ」

魔王「女騎士殿……」

女騎士「だから心配なんてしないで。こんな戦で
 わたしが毛筋ほども傷つくなんてあり得ない。
 まだまだ降りるつもりはないんだからねっ」
456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 02:04:09.11 ID:vGBiMEoLP
――冬の国、海岸資材集積地

開拓民「ほーぅい! ほーぅい!」
開拓民「よーそー。ようそー」
開拓民「あげろー! もっとあげろー!!」

冬寂王「どうだ?」

士官「はっ! これは冬寂王! 云って頂ければ報告を
 お持ちしましたのに」

冬寂王「足が不自由な年寄りじゃねぇよ」

士官「作業は順調であります」

開拓民「ほーぅい! ほーぅい!」

冬寂王「よー!! 精が出るな!!」

開拓民「あんれ! 王様だよー!」
開拓民「王様だー!」
開拓民「冬寂王だー!」

冬寂王「すまねぇががんばってくれ! 夕暮れになったら
 宿舎に熱い酒でも届けさせるからな!」

開拓民「任せてくだせぇ、王様!」
開拓民「ほーぅい! ほーぅい! 王様のために木を切るよ!」
459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 02:07:21.56 ID:vGBiMEoLP
冬寂王「みんな表情に力があるな」
士官「王が回ってるお陰ですよ」

冬寂王「何ほどのことも出来てやしないさ。
 おお、丁度良いところに」
漁師「おお、王様。戻ってきました」
冬寂王「アレはどうなってる?」

漁師「近いですだ。今年も必ず」

冬寂王「どれくらいになるかね」
漁師「年越しをしてから、2週間ほどかと」

冬寂王「ふむ」
士官「野営地の拡充を検討すべきですね」

冬寂王「足りないか?」 士官「志願兵が……これは大陸中央部からですが
 思ったよりずっとやってきています。このままでいくと  今の2倍の野営地があっても足りないかもしれません」

冬寂王「ふむ、そっちの手を先に打ってくれ。
 開拓民が必要なら、ふれを回せ」

冬寂王「で、あるならば外套と手袋が必要だ。
 指が氷っちまったら作業も何もないからな」

青年商人「その件はわたしが対応しましょう。
 『同盟』の名にかけて」
462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 02:12:27.31 ID:vGBiMEoLP
――第二次極光島攻略作戦、臨時作戦本部

執事「はっはっは。お久しぶりでございます。
 女騎士殿、お変わりないようで欣快に堪えません」

女騎士「爺さんもまったく変わらないな」

執事「ほっほっほ。女騎士殿もお胸のサイズが変わらないようで」

女騎士「斬るっ!」

執事「にょっほっほっほ。にょっほっほっほっほ」

女騎士「その妖怪じみた動きっ! いい加減にしろっ!」

執事「にょっほっほっほ。これは森の中で密かに動くための
 弓兵独特の穏行術ですよ、にょっほっほっほ」

女騎士「ええーい、だから爺さんは昔から苦手なんだっ!
 じっとしろっ! そのヒゲをさっぱりつるつるにしてやるっ」

執事「おや、まさかまだつるつるなのですか!?」

女騎士「~~っ!!!」
467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 02:17:58.87 ID:vGBiMEoLP
執事「にょっほっほ! まだまだこんな物ではありませんよ」
女騎士「ええーい! 器用に腰だけ分身するなっ!!」

執事「まだまだ増えますぞっ!」

冬寂王「あー。なんだ。本当に仲が悪いのか?」

女騎士「こ、これは冬寂王っ!」
執事「若っ。のぞき見とはちとはしたないですぞ」きりっ

冬寂王「……」じー

執事「こほん。女騎士殿、こちら冬の国の冬寂王でございます」

冬寂王「……」じー

女騎士「……なんだその変わり身」
執事「何のことでございますかな?」

冬寂王「爺はこうだったのか?」
女騎士「最初から最後までこうでした」

執事「な、なんのことですかなっ!?」

冬寂王「我が国の者がご迷惑をおかけして申し訳ない」
女騎士「いえ、仕方有りません。しつけをしてください」

執事「若っ!」
472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 02:25:01.79 ID:vGBiMEoLP
冬寂王「ともあれ呼集に快く応じてくださって
 感謝してもしきれません、女騎士殿」

女騎士「顔を上げください。一国の王ではありませんか」

冬寂王「いえ、我ら一同あなた方には返しきれないほどの
 借りがあります。そのせいで、爺など連絡を渋る始末で」

女騎士「そうなのか?」
執事「胸が育つ時間を猶予で差し上げたかったのです」
女騎士「斬るっ」
執事「にょっほ……こほん、こほんっ」

冬寂王「早速で悪いのですが、こちらへ」
女騎士「は、その方が助かります」

冬寂王「これはこの近辺の地図になります」
女騎士「かなり正確ですね」
執事「わたしが直々に指図して作りましたからな」

冬寂王「だ、そうです」
女騎士「加齢臭がしますね」
執事「なっ!?」

冬寂王「では、戦略の概要を検討するとしましょう」
女騎士「お聞きしましょう。新しき英雄との噂
 我が友の二人の代わりに見届けさせて貰う所存です」
529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 11:17:18.21 ID:vGBiMEoLP
――冬越しの村、降り込める雪

小さな村人「ほーぅい! ほぅい!」
中年の村人「寒いねぇ」
鋳掛け職人「まったくだぁよ」

小さな村人「今年の雪は大粒だなや」

中年の村人「ぽってりした感じだでなぁ。年が明けてから
 急に寒くなるかもしんねだなぁ」

鋳掛け職人「冬籠もりの準備は終わったけぇ」
小さな村人「ああ、今年はよくがんばっただぁよ」

中年の村人「うちでも、今年は倍もベーコンを作っただ。
 それなのに、豚は去年の3倍も居るだぁよ」

鋳掛け職人「ああ、カブなのかい?」

小さな村人「そうだねぇ。今年はイノシシも捕れたし」
中年の村人「何年ぶりだろう、こんなに豊作な冬は」

鋳掛け職人「良かったねぇ。うちもこの冬に、
 注文して貰った農具の直しを全部やっちまわねぇと」

小さな村人「豚っ子の小屋を少し手直ししてやんねぇと」
中年の村人「雪の中でか? そりゃいそがねぇと!」
533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 11:21:58.44 ID:vGBiMEoLP
鋳掛け職人「そういえば、学士様が来てもう1年以上だなや」

小さな村人「ああ、そうだなや」
中年の村人「学士様には世話になっとるだなぁ」

鋳掛け職人「ああ、そうだそうだ。修道院が出来てから
 オラの所にもお客がたくさん増えただぁよ」

小さな村人「考えてみたら、村の人も増えただなや」
中年の村人「ああ、そうだ。今年のお祭りはきっと賑やかだぞ!」

鋳掛け職人「年越祭か?」
小さな村人「年越祭だ!」

中年の村人「ああ、楽しみだなやぁ!」
鋳掛け職人「一年で一番良い日だなや」

小さな村人「今年は戦に行ってる人もいるんだけども」

中年の村人「ああ、そうだ。修道院で、戦に行ってる人に
 年越祭の届け物を集めるっていってたなや」

鋳掛け職人「そうかぁ。ジョッキを送ったら使って
 もらえるだろか-?」 小さな村人「鋳掛けさんのジョッキなら大歓迎だでよ!」

中年の村人「おら、ベーコンおくるべぇか。今年は沢山出来たし」
小さな村人「じゃぁ、おらも何か贈り物用意せんとなぁ」
535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 11:26:00.18 ID:vGBiMEoLP
――冬越しの村、村はずれの館……年越祭の夕べ

メイド妹「~♪ ふふぅん~♪」
メイド長「料理の準備は?」

メイド妹「でーきました~♪」
メイド長「語尾を不必要に伸ばさない」
メイド妹「はぁい」うきうき

メイド長「まったく……。そんなに楽しみですか」
メイド妹「それは楽しみだよう!」

メイド長「よく判りませんね」
メイド妹「眼鏡のおねーちゃんは引っ越してきたから。
 年越祭はこの国では一番大きなお祭りだよ~」

メイド長「ふむ」

メイド姉「そうなんですよ?」

メイド長「ああ、メイド姉。書類整理はどうでした?」

メイド姉「はい。帳簿整理も、出納管理も一段落しました
 荷物にはタグを全てつけましたので、明日にでも、
 人手を借りられれば修道院の倉庫へ移せます」
537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 11:34:02.20 ID:vGBiMEoLP
メイド長「ありがとう。それで……」
メイド姉「はい?」

メイド長「そんなに賑やかな祭りなのですか?」

メイド姉「賑やか、と云うのとは違いますが……。
 この地方の冬は厳しくて、ほぼ四ヶ月は
 ろくに屋外には出られません。
 長い冬の間は家畜の世話をするくらいしかないんですよ。
 もちろん、細工物をしたり、繕い物をしたり、
 夏の間に出来ないことはしますけれどね。
 長い冬の間、大人たちは、そういった細かい仕事をしながら
 退屈を紛らわせます。
 子供は新しいお話を覚えたり、羊の世話を覚えます。
 年頃になった女の子は絨毯を編むことを覚えたりしますね。
 それもこれも開拓民の話ですが……」

メイド長「……」

メイド姉「農奴はもっと惨めですが、それでも冬の寒さだけは
 平等です。長い間表にも出られず、じっと火を守って
 春を待つんですよ? そんな長い冬の間の最大の楽しみが……」

メイド妹「年越祭りなんだよ♪」
539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 11:45:10.91 ID:vGBiMEoLP
メイド姉「新年を迎える日を挟んで四日間が年越祭です。
 ご馳走を作って、プレゼントを交換するんです。
 農奴はプレゼントを用意することは難しいですが、
 それでも精一杯のご馳走を作ります。
 このときばかりは、地主の方も振る舞いをして
 農奴にベーコンやエールなどを訳惜しみなく与えることも
 よく見られます。みんなで歌を歌ったり、運が良ければ
 吟遊詩人や旅人の珍しい話を聞いたりします。
 年越祭は、長い冬をすごすこの国の人の
 一番楽しみにしている日なんですよ」

メイド妹「眼鏡のおねーちゃん、眼鏡のおねーちゃん」
メイド姉「妹、メイド長様と仰い」

メイド長「お姉さんでかまいませんよ?」

メイド妹「おばさんって云うと怒る……」

メイド長「吊されたいんですか?」ちらっ

メイド妹「……え、えっと。眼鏡のおねーちゃん。
 踊りに行っても良いんだよね?」

メイド長「ええ、かまいませんよ。
 そう言うことならば、是非いってらっしゃい」

魔王「うむ、そうだぞ。行ってくるべきだな」

メイド長「あら、当主様。いらしてたんですか?」
540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 11:51:56.60 ID:vGBiMEoLP
魔王「そうか、そのような素晴らしい祭りであったのか」
メイド姉「はい」
メイド長「どうされました?」

魔王「いや、さきほど村長と修道士が招待に来たのだが、
 生返事をしてしまったのだ」

メイド妹「えー。よくないよぅ」
メイド姉「こらっ」

魔王「もっともだ。良くない事だ。反省しよう」

メイド妹「当主のおねーちゃんも一緒に行こう?
 あのねー。男の子もいっぱい居るんだよ。
 おねーちゃんはおっぱい格好良いから、誘われるよ?」

メイド姉「こ、こ、こ、こらっ」

魔王「うーん。それはありがたい申し出だが
 遠慮しておくとしよう」 なで

メイド妹「えー」

魔王「メイド長」
メイド長「はい?」

魔王「後で村長の家に林檎酒を1樽とどけてくれないか?
 ほら、味見とか云って商人が送ってきたのがあっただろう」
542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 11:59:19.56 ID:vGBiMEoLP
メイド長「よろしいのですか?」
魔王「いいだろう? わたしたちでは飲みきるものでもないし」

メイド妹「わたしあとで馬車頼んでくるよー!」

メイド姉「そうね。樽を運ぶのは私たちには無理ね。
 馬丁さんによろしくね」

メイド長「賄賂は空振りですよ、商人様。
 まぁ、商人様には泣いて貰いましょう」

魔王「?」

メイド妹・姉 こそこそ

メイド長「どうしたんです?」

メイド妹「ドジャーン!!!」
メイド姉「えっと」

メイド長「?」

メイド妹「年越し祭りのプレゼントで~っす!!」 メイド姉「大きな物は用意できなかったのですが……」
544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 12:04:12.35 ID:vGBiMEoLP
メイド妹「当主のおねーちゃんには、これですー!」
魔王「これは……?」

メイド妹「ぶらぶら勇者様人形でーっす!」ぶんぶんっ
メイド姉「お恥ずかしい」
魔王「あはははは。すごいではないかっ! くれるのか?」

メイド妹「プレゼントですっ」
メイド姉「わたしからは、スズランの香水です。
 秋口から集めて作ったんです。修道院の資料にありまして……」

魔王「ああ。嬉しいぞ。ありがとうっ」
メイド長「あらあら、まぁまぁ」にっこり

メイド妹「眼鏡のおねーちゃんにはこれでーっす!
 二人で作りました~!!」
メイド長「え? わたしにもいただけるのですか?」

メイド姉「はい。新しい飾りエプロンなのですが」
メイド長「こんな……」
メイド妹「刺繍はスズラン、お姉ちゃん作っ! でぇす!」

魔王「わたしとおそろいだな?」

メイド姉「はいっ」
546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/07(月) 12:10:25.38 ID:vGBiMEoLP
メイド長「でも、こんな」
メイド姉「あっ。や、やっぱり。縫い目が不揃いですか?」
メイド長「とんでもない! でも……」

魔王「私たちはプレゼントなぞ、用意していないのだ。
 すまんな。祭りのことなど、すっかり失念していた」

メイド妹「そんなのいいよー♪」
メイド姉「ええ、お気遣いなく」

メイド長「……」きゅっ
魔王「しかし」

メイド姉「こんなに優しくて暖かいお屋敷で
 働かせて頂いてるんです。
 毎日プレゼントをいただいているような気持ちです」

メイド妹「わたしたち、すっごく幸せだよ~♪」

魔王「……お前たち」

メイド妹「それにねー。今年はね」じゅる
メイド姉「もぅっ」

メイド妹「えへへ~」
メイド姉「この子、もうお祭りのご馳走で頭が
 いっぱいなんです。これ以上幸せになったら、
 子豚さんになっちゃいますよ」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。