三圃式農業


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三圃式農業(さんぽしきのうぎょう、英語:three field system)は、農地を冬穀・夏穀・休耕地(放牧地)に区分しローテーションを組んで耕作する農法である。別名三輪作。農地の地力低下を防ぐことを目的としており、休耕地では家畜が放牧され、その排泄物が肥料になり、土地を回復させる手助けとなった。中世ヨーロッパで行われており、現在の混合農業につながる農法である。三圃制とも。
三圃式農業 - Wikipediaより。

冬の国冬越しの村で一般に行われた農法。
魔王が、より生産性の高い農法である輪作をもたらしたため、衰退。

初出

1-2 1スレ164レス 2009/09/04(金) 00:53:49.41

魔王「この辺りで広く行なわれているのは三圃式農業という
 もので、畑を3種類に分ける。
 それぞれ夏に使う、冬に使う、一年間お休みと分けるんだ。
 そしてローテーションさせてゆく」

別名


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。