1-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」1


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 16:50:11.37 ID:s4r1gUtjP
魔王「どーしてもか?」
勇者「アホ云うな。お前のせいでいくつの国が
 滅んだと思ってるんだ」

魔王「南の森林皇国のことか?」
勇者「空は黒く染まり、人々は貧困にしずんでいった」

魔王「考え無しに森林伐採して木炭作りまくって
 公害で自滅したんだろう」

勇者「公害……?」
魔王「あー。えーっと。そうか、まだ判らないか」

勇者「誤魔化すなっ! 聖王国の大臣憑依だって
 魔族の仕業じゃないかっ!」

魔王「欲の皮の突っ張った大臣が政権奪取と
 王族の姫君大集合ハーレムを作ろうとして失敗しただけだ。
 そもそも逮捕された後に魔族の洗脳とか言い出すのは
 人間の悪人の悪い習慣だと思うぞ」
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 16:55:18.10 ID:s4r1gUtjP
勇者「ごまかすのか……許せん……」
魔王「誤魔化してない」

勇者「南部諸王国と戦争はどうなんだ。俺は戦場で
 何百という人間が魔族の軍勢に倒されているのを
 この目で見てきたんだ」

魔王「それで?」

勇者「は? 人間世界を侵略してきた魔王、貴様を
 許しはしない!」

魔王「どちらが侵略したかという点については見解の相違だ。
 こちらにはこちらの言い分はあるが、まぁ、戦争してるのは
 事実だなー」

勇者「貴様は悪だ」

魔王「じゃぁ、悪でも良いけど。当然私を殺した後には
 南部諸王国の王族も全部抹殺して回るんだろうな?」
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 16:59:14.49 ID:s4r1gUtjP
勇者「は? 悪はお前だけだ」
魔王「人間が魔族を殺していないとでも?
 魔族は悪で人間が善だって誰が決めたんだ?」

勇者「……っ」

魔王「そこで『俺が法だ!』とか『俺が神だっ!』とか
 『俺がガンダムだっ!』とか云えたら、お前も
 もうちょっと生きるのが楽なのになぁ……」

勇者「うるさいっ!!」

魔王「勇者は好きだから、この話はやめてやる」
勇者「好きとか云うな」

魔王「この資料を見ろ」
勇者「なんだ、これ……羊皮紙じゃないのか?
 薄くて白くてつるつるだ……」
魔王「プリンタ用紙だ。それはどうでもいい。書いてある
 ことが重要なんだ」

勇者「……えっと、需要爆発……雇用? 曲線?
 消費動向……経済依存率?」
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:06:53.97 ID:s4r1gUtjP
魔王「わかったか?」
勇者「なんだこれは。邪神の儀式か?」

魔王「違う。経済的視点から見た巨大消費市場としての
 戦争の効用だ」

勇者「……効用?」
魔王「そうだ」

勇者「戦争に意味なんてあるものかっ。
 貴様ら魔族が人間世界を滅ぼすための侵略だ」

魔王「勇者がどーシテもと云うなら、ちゃんと戦ってやる」
勇者「っ」
魔王「話によっては、討たれてやっても良い」
勇者「その首差し出せ」
魔王「だから、半日ほど話を聞け」
勇者「……」

魔王「これは100年ぶりのチャンスなのだ」
18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:11:55.79 ID:s4r1gUtjP
勇者「良いだろう、話せ」
魔王「じゃぁ、説明する。手元の資料の一ページ目を」

ぺらっ

勇者「表だ」
魔王「グラフというのだ。……これは中央大陸のこの
 50年の消費量と景気を可視化したものだ」
勇者「……え」

魔王「気がついたように、我らが戦争を始めた15年前
 から中央大陸の景気は上昇局面に入った」
勇者「……嘘だっ」

魔王「嘘ではない。2ページ目を見るが良い。
 こちらには各種統計資料が添付されている」

勇者「戦争で数多くの死者が……」

魔王「戦争を始めてから人間世界の人口は順調に増加を始
 めている」
勇者「そんなのは理屈で考えておかしいだろうっ。
 戦争で人が死ぬことはあっても、人が増える道理など
 あるものかっ」
19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:15:50.07 ID:s4r1gUtjP
魔王「まぁ、一般解はそうだな。
 しかし、この世界における戦前の常識では違う。
 戦前の――まぁ、この戦前は数百年続いたわけだが
 世界では、人間の死因は疫病と飢餓だったのだ」

勇者「……」

魔王「この二つは非常に強大な敵で
 人間はこの二つを結局500年以上克服できなかった。
 人口は増えるどころか、時に疫病が猛威を振るい
 国単位で滅亡することも少なくなかった」

勇者「疫病も飢餓も人間には御し得ないものだ。
 神が人間に与えた試練と行ってもいい。
 魔族の侵略と一緒にするなっ!」

魔王「まぁ、降りかかるについてはそうかも知れないな。
 しかし、だから克服できないとか、克服してはいけないと
 いうものでもなかろう?」

勇者「それは……」
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:23:52.82 ID:s4r1gUtjP
魔王「現に戦争が開始されてからこれら二つの
 原因にする死者は30%まで低下した」

勇者「理由は? ……なぜ?  魔族の暴威を見かねた神の恩寵か」

魔王「私は結構長生きしてるが、神など見たことはないよ。
 理由は明白だ。最大の原因は中央大陸危機会議の設立だよ」

勇者「……?」

魔王「つまり、魔族との戦争に対して、人間の王国
 連合を組んだからだ」
勇者「それで、なぜ死者が減るんだ……?」

魔王「食料の多い国が少ない国へ送ったり、医療の
 進歩した国や農業技術の進歩した国が指導を行なった
 からだな」

勇者「それこそ人間の手柄じゃないかっ!」

魔王「その程度のことも魔族と喧嘩しなければ
 実行できない人間が大きな事を言ってはいけないよ」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:31:05.78 ID:s4r1gUtjP
勇者「……」
魔王「そんなに悔しがるな。魔族だって大差は
 ない事情だった」
勇者「そう……なのか……?」

魔王「戦国だったからな。地方豪族や領主が次々と
 王を名乗っては一族郎党血まみれの戦いを送っていた」
勇者「……」

魔王「まぁ、そんな事情で、戦争は人間と魔族を救った」
勇者「……」

魔王「そんなに唇をかむな。血が出てしまうぞ?」
勇者「触るなっ!」

魔王「……君が望まない限り、触れないよ」
勇者「……」

魔王「私の言い分も判ってくれるか?」
勇者「……」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:35:13.26 ID:s4r1gUtjP
勇者「戦争に意味が……結果的にあったかも知れない」
魔王「そう言ってもらえるとほっとするよ」

勇者「だが続けて良い理由にはなってない。
 始めて良い理由にもなっていない。
 お前は戦争犯罪人だ。いますぐ戦争を中止して
 戦争犯罪者として法廷に立つんだ」

魔王「んー」
勇者「私利私欲でやった訳じゃないってのは
 いまの話で、ちょっとだけ判った。
 俺が付き添ってやるから投降しろ」

魔王「それは難しいな」
勇者「なぜだ?」

魔王「理由は二つある。6ページ目の資料を見てくれ」

ぺらり

魔王「ここに消費市場としての『南部諸王国』と
 『中央大陸』の物流の関係が記してある」
29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:41:53.98 ID:s4r1gUtjP
勇者「物流……?」
魔王「まぁ、早い話、物の流れだ。食べ物や着るものや、
 生活用品から武器、鉄、木材に至るまで全てだな」

勇者「これは『南部諸王国』でどんどん使ってるのか?」
魔王「そうだ。戦争は何でも大量に消費されるからな」

勇者「……『南部諸王国』はどうやって支払ってるんだ?」
魔王「ん?」
勇者「だって物を買ったらお金が必要だろう?」
魔王「ああ、良いところに気がついたな。偉いぞ」

勇者「撫でようとするなっ」
魔王「うっかりだ。そう、許可がない限り触れない。
 私は契約を重視するタイプなのだ」

勇者「どうやって購入してるんだよ」
魔王「中央大陸危機会議決議による、戦時支援基金でだ」

勇者「……?」
魔王「わからないか。つまり、全世界が戦争中の
 『南部諸王国』に義援金を送ってるんだ」

勇者「そうだったのか!! 人間の善の心に祝福を!
 どうだ魔王、これが人間のもつ優しさだ」
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:46:14.18 ID:s4r1gUtjP
魔王「まぁ、そのお金で中央大陸の数多くの国は
 自分の国の品物を買ってもらってるんだ。
 つまり、お小遣いを上げて自分の店の商品を
 買わせているだけさ」

勇者「……?」

魔王「このランクの説明は多少難しいかな。……つまり、
 富をため込むってのは『お金持ち』にはなれても
 『豊か』にはなれないんだ。
 お金を渡して、使ってもらう。物もお金も流れが
 よどみなく太いことが豊かなんだよ」

勇者「……難しい」
魔王「まぁ、そう言う物なんだ。
 全部を自分でやったりせずに、得意な分野で協力する。
 これは理論的に正しいことだ。
 麦と塩、木材と鉄を交換することで国も人々の暮らしも
 豊かになる」

勇者「それはまぁ、何となく判る。王立広場の市場みたいな
 もんだろう?」

魔王「うん、そのとおりだ」
33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:49:30.81 ID:s4r1gUtjP
勇者「でも、この場合、違うだろう」
魔王「違うとは?」

勇者「中央大陸の国家は、戦争で疲弊した『南部諸王国』に
 善意からお金を送ってるんだ。結果として、その物流?
 が良くなったとしても、送ったお金は自分の物じゃないか」
魔王「ふむ」

勇者「つまり特産品同士を交換してるわけじゃない」

魔王「してるんだよ」

勇者「与えているだけじゃないのか?」

魔王「『南部諸王国』は、中央大陸に安全を
 輸出しているんだ。つまり、戦争で血を流して
 人間世界を防衛することでお金を得ている。
 ――見たことがあるんだろう?
 人間世界の『全て』が戦火にまみれていたのかい?」

勇者「……」

魔王「新しく発明された馬車、豊かな光、豊富なご馳走
 毎晩のように舞踏会を開いている国はなかったかい?
 ブドウ畑で酔いしれている貴族はいなかったかい?」
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:53:30.25 ID:s4r1gUtjP
勇者「……それは」
魔王「つまり、そういうことだ。人間社会は
 『南部諸王国』の巨大消費と防衛ラインという存在に
 現在依存しているんだ」
勇者「い、ぞ……ん?」

魔王「そうだ、頼っている。溺れているというような意味だな」

勇者「でも、大多数の人間は戦う力なんて持っていないんだ。
 そのためには、『南部諸王国』の戦士団や騎士団に
 守ってもらい、せめて食料を送るしかない。
 その何処がいけないって云うんだよっ!!」

魔王「まぁ、感情的にはそれが真実だろう。
 そこまで否定したりはしない。
 でも同時に、経済的にこの市場が無くなると
 人間社会の物流や為替が破滅するのも確かなことだ」

勇者「破滅……?」
魔王「そうさ。その資料にあるだろう? これだけの
 巨大消費がなくなったら、中央大陸の生産者は
 大ダメージを受ける。特に鉄鋼業や造船業がね。
 このダメージは波及して、数十万の死者がでる」
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 17:56:58.63 ID:s4r1gUtjP
勇者「そんな……」
魔王「まぁ魔王の云うことだから嘘かも知れないけどね」
勇者「嘘なのか?」
魔王「少なくとも私は本気だ。もしかしたら避ける方法が
 あるかも知れないけれど、私は知らない」
勇者「……」

魔王「さて、この物流と依存型のいびつな経済構造が
 二つの理由のうち、一つだ」

勇者「まだ……あるのか」

魔王「もう一つは比較的簡単に説明できる」
勇者「……」
魔王「説明が簡単なだけで問題が簡単なわけではないが」

勇者「どういう理由なんだ?」

魔王「魔族との大戦争で人間社会は結束した。
 物流が改善されて、医療技術もひろまって
 疫病と飢餓は少なくなったと云っただろう?」

勇者「ああ、云ってたな」
38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:00:13.15 ID:s4r1gUtjP
魔王「アレは説明の半分なんだ。確かに物流が以前よりは
 活発になった。以前は国民の半分が餓死するような国の
 隣では大豊作の国があり、協力なんてしなかったからね」
勇者「うん……」

魔王「だが、物流が改善されたとはいえ、この世界の
 食料生産そのものが劇的に向上した訳じゃない」

勇者「……?」

魔王「判らないのかい? ……つまり、まだ餓死者は
 いるんだよ」

勇者「ああ。旅の途中でいくつもの村で、飢えた子供を見たよ」

魔王「そんな世界で、『大戦争による死者』が居なく
 なったらどうなる? 長い戦争で剣を振るう以外に
 生きる術を知らない何十万人もの人間が中央大陸に
 あふれるんだ。彼らは生きているから食料を必要とする。
 人間は増えるぞ? ――でも、食料はそこまで増えない。
 この世界にはまだ輪作の概念すらないんだ」

勇者「そんな……」
魔王「それが現実なんだ」
41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:04:32.19 ID:s4r1gUtjP
勇者「だって、だって」
魔王「だいたい、何で君は1人でここにいるんだ?」
勇者「……へ?」

魔王「腐っても魔王城だぞ。そりゃ警備をくぐり抜けて
 こんな所まで来れちゃう君は突然変異というか、
 それこそ冗談みたいな奇跡だけど」
勇者「何を言ってるんだ?」

魔王「戦争を終わらせるのは、軍の仕事だろう?
 君は勇者じゃないのか?」
勇者「勇者だよっ。それが俺の天命だっ」

魔王「敵の王の命を単身仕留めるのは
 暗殺者の仕事じゃないのかい?」

勇者「……っ!?」

魔王「多分ね。……人間の王たちも判っているよ」

魔王「この戦争が終わったら、勝っても負けても
 人間は滅びてしまうって」

勇者「……」

魔王「だから君を1人で送り出したんだよ」
44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:07:55.85 ID:s4r1gUtjP
勇者「……」

魔王「一方的なことを云ってしまったけれど、それは
 魔族の側も事情は一緒でね。知っていると思うけれど
 一口に魔族といっても、その内情は様々なんだ。
 有角族や飛翼族、鉄蹄族。スライムや遊びコウモリ
 なんていう低級なヤツらも沢山いる。
 悪戯好きなだけの種族も多いけれど、有力な氏族は
 ひどく好戦的だし、種族中心主義だ」

勇者「そうなのか……」

魔王「うん、そうなんだ。
 私はね……見ての通り、腕も細いし、ひ弱で華奢だろ?」

勇者「魔法で戦うんじゃないのか?」
魔王「そりゃまぁ、使えるけれど。
 大魔法使いというほどじゃない」

勇者「なら、どうして魔王になれたんだ?」

魔王「要領とタイミングと、なんだろう。
 ……多分、偶然で」
49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:18:08.19 ID:s4r1gUtjP
魔王「私の一族は変わり者が多くて、魔界の端っこで  長年研究をしていてね。私の専門は経済なんだ」

勇者「経済ってなんだ?」

魔王「信じられないなぁ、人間の文明の程度は」
勇者「なんかむかつく」

魔王「魔族も人のことは云えない。
 この戦争が終わったら、たとえ魔族の側が
 勝ち残ったとしても、前にも増した乱世が始まるよ。
 今度は人間の土地を舞台にして、奴隷を奪い合う
 恐ろしい時代が幕を開けるだろう。
 有力な魔族は人間の王国を次々と勝手に略奪して
 それぞれを自分たちの『植民地』と呼ぶ時代だ。
 裕福になった戦闘的な氏族は
 その富で弱小氏族を従えたり、より大きな戦力を
 調えて魔族統一を目指すだろうけれど
 いまよりもっと混沌とした魔界はたやすく統一なんか
 出来るわけが無くて、いまよりずっと多くの
 血が流れるだろうね」
52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:22:11.68 ID:s4r1gUtjP
勇者「植民地?」

魔王「他人の土地に攻め込んで支配して、
 自分たちの場所であるかのように利益を吸い上げること」

勇者「許されるわけ、無いっ」

魔王「人間が勝ったら魔族の土地に同じ事をするだろうね」

勇者「人間は、そんなことっ」

魔王「……」
勇者「……」

魔王「しないって、云えないだろう?」

勇者「……」

魔王「まぁ、いろんな世界がそうやって滅びていったんだ」
勇者「世界?」

魔王「ああ、それは私たち一族の研究だよ。
 気にしないで。でも、私は……」
53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:26:43.76 ID:s4r1gUtjP
魔王「私は、まだ見たことがない物が見たいんだ」
勇者「……」

魔王「勇者になら、判るかも知れないと思ったんだよ」
勇者「何を、だよ」

魔王「言葉では言い表せないけれど」
勇者「お前学者なんだろ?」
魔王「学者……? ああ、うん、そんな物だ」

勇者「じゃぁ、説明しろよ」
魔王「うーん、つまり」

勇者「……」

魔王「『あの丘の向こうに何があるんだろう?』って
 思ったことはないかい? 『この船の向かう先には
 何があるんだろう?』ってワクワクした覚えは?」

勇者「そりゃ……あるけど。わりと、沢山」

魔王「そうだろう? 勇者だものな!」
勇者「何でそんなに嬉しそうなんだよ」
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:30:05.56 ID:s4r1gUtjP
魔王「だから、そう言う物が見たいんだ」
勇者「……勇者になりたいのか?」

魔王「近い。でも、違う。だって私は学者
 なのだろうし、いまのこの身は魔王だ……」

勇者「……」

魔王「やってて幸せとは云えないけれど
 責任を感じるし他の誰かに押しつける気はない。
 勇者じゃない私が、勇者になりたいなんて
 そんな夢物語で時間を浪費するつもりはないんだ。
 けれど」

魔王「見たことがない物は、見てみたい」

勇者「……そか」

魔王「だから、もう一度云う。
 『この我のものとなれ、勇者よ』
 私が望む未だ見ぬ物を探すために
 私の瞳、私の明かり、私の剣となって欲しい」

勇者「断る」
57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:34:02.22 ID:s4r1gUtjP
魔王「だめか?」
勇者「だめ」

魔王「絶対か?」
勇者「絶対」

魔王「交渉の余地はないのか?」
勇者「ない」

魔王「……」
勇者「……ないぞ? ほんとだぞ」

魔王「あると見た」

勇者「くぁ、なんでそこで上目遣いなんだよ。
 学者がとって良い態度かよっ」

魔王「学者であると同時に私は経済屋なんだ。
 経済屋は決して諦めない。どんなことにでも
 妥協して明日を目指すんだ」

勇者「なんだか俺より勇者っぽい」
59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:39:17.01 ID:s4r1gUtjP
魔王「故事によれば『世界の半分』を交渉材料にするらしい」
勇者「へー」

魔王「余裕たっぷりだな」

勇者「そんなので転ぶ勇者がいるかよ。
 もしいたらそいつは勇者でも何でもない。
 1から出直せって話だ」

魔王「うん、私の知っている故事でも
 結末はそうなっていた」
勇者「ださっ」

魔王「私もそう思う。そもそもその魔王だって
 世界征服が終了していた訳じゃないだろうに。
 自分が所有していない物件の50%を譲渡するなんて
 商道徳にてらしても法的観点から見ても
 契約の有効性に疑問を持たざるを得ない」

勇者「そういう嘘つきだから勇者にふられるんだよ」
魔王「仰せの通りだ」
61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:44:23.58 ID:s4r1gUtjP
勇者「だからといって魔界の50%譲渡とか云ったって
 俺は絶対うんなんて云わないからな。
 そんな見知らぬ土地なんかもらったってちっとも
 嬉しくない。そもそも賄賂や金品で転ぶなんて
 勇者のすることじゃないぞ。
 人間ってのは、ベッド一個のスペースと、
 毎日腹が満ちる程度の食い物があればそれで充分なんだ」

魔王「清貧の志だな」

勇者「貧しいとか云うな。魔王のクセにっ」

魔王「私としても領土の割譲をテーマに交渉する気はない」
勇者「そうなのか?」

魔王「領土割譲は、後世の統治から見た場合、
 民族問題やプライド上の問題があって、紛争の火種に
 なることもしばしばなのだ。眼前の交渉が重要とはいえ
 後世に禍根を残すのは気が進まない」

勇者「ふぅん……。そういうものなのか」

魔王「そうなのだ。それにだいたい『50%』という
 言い方が良くない。それでは結局『こちらとそちら』が
 再生産されるだけではないか」
66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:50:17.49 ID:s4r1gUtjP
勇者「どうゆうこと?」
魔王「つまり、世界を分割するのが問題だ、ということだ。
 その分割という発想は、結局現在の問題である
 『人間世界と魔族世界』という対立を
 『勇者の支配地域と魔王の支配地域』という対立に
 問題をすり替えただけだという話だ」

勇者「あー。もっともな話だ」

魔王「だろう? それは交渉でも妥協でもなく
 ただの時間稼ぎに過ぎない」

勇者「ふむ」

魔王「故にその種の論法は却下だ」
勇者「じゃぁ、交渉も失敗だな。時間もちょうど半日だ。
 ……戦闘するような気分じゃなくなっちゃったけれどさ」

魔王「いや、ちゃんと提案はある」
勇者「あるのか?」

魔王「半分などとけちくさいことは云わない。
 でも大地は私の物ではないから差し出せない。
 勇者が欲しい。代価は私にはらえる全て。
 つまり、私自身だ。
 これだけは私の意志で勇者に捧げられる。
 お願いだから私の物になってくれ」
68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:55:56.79 ID:s4r1gUtjP
勇者「……お、お、おまっ」
魔王「口をぱくぱくさせると間抜けに見えるぞ」
勇者「なっ何をっ」

魔王「交渉の提案だ」
勇者「何言ってるか判ってるのかっ?」

魔王「判っている」
勇者「しょ、正気かっ!?」

魔王「もちろんだ」
勇者「もうちょっと物考えて発言しろ!
 わ、わ、わ、わきまえろっ!!」

魔王「そんなに驚かないでも良いではないか。
 人間世界では15にもなれば農夫の息子だろうが
 宿屋の娘だろうが、そこら中でこのような睦言と
 甘やかな契約を交わして乳繰りあっていると聞く」

勇者「聞くなよっ」

魔王「正確には書物で読んだわけだが。
 ――読んだだけで実体は不明で経験もない。
 これも一つの『未だ見ぬ物』だな」
71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 18:59:54.23 ID:s4r1gUtjP
勇者「何を」
魔王「優れた提案とは提案した時点で
 提案者の目的の一分を達せられるのだ。
 『純潔を捧げる願い』を告白するなどと
 私の人生に訪れるとは思っていなかった知見だ。
 精神的に平静ではいられないなんて貴重だな」

勇者「まるっきり平静に見えるよ」

魔王「ダメか?」
勇者「だっ、だめっ!!」

魔王「絶対か?」
勇者「ぜ、ぜ、ぜ」

魔王「前回よりもさらに余地があるように見える」
勇者「近寄るなっ」

魔王「許可無い限り触れたりしない。私は奥手なんだ」
勇者「契約主義者ってさっきまでは云ってたじゃないか」

魔王「それは真実だ。『奥手』というのは
 真実にかぶせる演出上の工夫だ」
75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:05:18.00 ID:s4r1gUtjP
魔王「勇者」
勇者「何だよっ」

魔王「んぅ。話づらいな」
勇者「あんだけ悲惨な未来をぺらぺら解説して
 やがったじゃないか」
魔王「あれは専門分野の講義だったから」

勇者「どんだけ死にものぐるいな専門分野なんだよ」
魔王「経済というのは血が流れない戦争なんだ」

勇者「おっかないよ。戦闘能力のない魔王を
 初めておっかないと思ったよっ」
魔王「怖がらせるのは本意ではないし……。
 混乱させたら申し訳ないと思うけれど」

勇者「……」

魔王「少しセールストークをする」
勇者「うー。押されてる」

魔王「私を独占すると色々便利だぞ?」
勇者「たとえば?」

魔王「家計簿を付けるのが得意だ。完璧を約束できる」
80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:09:56.32 ID:s4r1gUtjP
勇者「なんだかなぁ。家計簿か」
魔王「それにね」
勇者「?」

魔王「この戦争の向こうに行ける」
勇者「それは出来ないって云ってたじゃないか」

魔王「もちろん、すぐには無理だ。人間の王たちも
 納得はしまい。私が投降しても、それは秘密裏に
 処理されて、偽魔王が立てられるだろう。
 それくらいこの戦争は、人間社会に必要になって
 しまっている」

勇者「……」

魔王「でも、だからこそ、それが『別の結末』を
 迎える事ができるのならば、
 それは私にとってだけじゃない。
 三千世界にとって『未だ見ぬ物』じゃないだろうか?」

勇者「……」
魔王「どうだ?」
88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:17:09.59 ID:s4r1gUtjP
勇者「それが」


魔王「ん?」

勇者「おまえなんだ」
魔王「うん、これが私なのだ」

勇者「ずっとそんなこと考えてきたんだ」
魔王「戦争を終わらせるのが軍だとすれば
 終わる着地点を模索するのが王の役目だ」

勇者「そのために俺を欲しがったのか?」
魔王「うん、まぁ。そうとも云える」
勇者「……」

魔王「いや、誤解しないでくれっ。
 勇者が欲しいのは本当だぞ?
 向こう側を一緒に見に行く連れが欲しいだろう?
 朝の散歩に一緒に出かけるような気分なんだっ。
 それから家計簿も本当だ。偽りはない。
 なんだったら賃借対照表や生涯賃金提案書も書けるぞっ。
 足りないかっ? 足りないのか?
 そうだな。……あまりにも粗末な粗品だが
 一緒にいるのも得意だ。私は静かな魔王だからな。
 部屋に置いておいても邪魔にはならないことに定評がある
 添い寝とかも多分役に立たないほど下手だろうが
 セット商品についている細々とした備品程度でいいならな
 付けることが出来る」
92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:24:09.48 ID:s4r1gUtjP
勇者「あー」

魔王「契約詐欺にならないようにあらかじめ
 告げておかなくてはならないのだが、
 私は料理は不得手だ。料理は科学なのだろう?
 わたしにはゲル化や乳化を行なうための
 洗練された手先の技術が欠けているようで
 調理に関して期待してもらっては困る」

魔王「それから、あー。
 世間の、ほら。大多数の一般的な性別において
 男性を有する成人の人間が望むような外見的
 肉体的な美しさには欠けていると思われる。
 運動不足だしな」

勇者「そうか? そ、そんなことないだろ」

魔王「いいや、そんなことはあるのだ。
 これは侍女たちの用意した魔王のお仕着せであって
 欠点が隠れて、と言うか、見えないだけで、
 二の腕とかつまめるのだっ」

勇者「泣きそうになるなよ」

魔王「ぷるぷるなのだぞ!?」
97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:29:31.81 ID:s4r1gUtjP
勇者「いや、その……大変美味しそうに見えます。
 ……特に胸とかおっぱいとか」

魔王「いや、いいんだ。無用な慰めだ。
 それに地味すぎて、こればかりは申し訳ない。
 思うに我が一族の頭部は長い伝統で
 見てくれよりも中身を重視してきたはずで」

勇者「そうか?」

魔王「私も娘時代、つまり150年ほど前だが
 その時代にもうちょっとこう、何というか
 身なりやお手入れに気を配っておけば
 こんな一世一代の交渉時、リコールにおびえる経営者の
 気分を味合わないで済んだはずなのに……」

勇者「用語が難しいな」

魔王「世の中は色々難しいのだ」

勇者「まったくだな」
100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:34:36.34 ID:s4r1gUtjP
魔王「とにかく、そう言った外見的な物については
 あまり満足のいく案件ではないのだが、経済を
 中心にした知識と……知識と……。
 それくらいしか誇れないのか、私は」

勇者「……」

魔王「あと誇ることが出来るのは、貞淑さくらいだ。
 私は長命種で、学者の家系の出だからな。
 それに純然たる契約主義者でもある。
 私にとっていったん締結されれば
 この種の契約は魂にまで食い込み
 過去も未来もその一転において鋼に勝る強度を持つだろう。
 ――側近く侍る。健やかなる時も病める時も寄り添おう。
 それは約束できる」

勇者「……」

魔王「どうだ? 私の物にならないか?
 私はあんまり我が儘は言わないぞ。
 『丘の向こう側』に一緒に行ってくれれば
 それだけで満足だ」
103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:40:31.38 ID:s4r1gUtjP
勇者「沢山殺すことになるんだろうな」

魔王「ああ。……うん。誤魔化さない」

勇者「河が血で染まるほどかな」

魔王「うん、終わるまでは。手を血で汚さない約束は
 できない。私も、勇者も、非道なことを
 沢山することになるだろう」

勇者「裏切り者と呼ばれるかな」
魔王「それは、正体を隠すことも出来る。
 私の誇りにかけて、勇者の伝説は綺麗なままに
 出来るはずだ」

勇者「必要なのか?」
魔王「それは違う。このままワルツのように戦争を
 消耗を繰り返し、屍山血河の平和を享受することも
 この世界に許された選択肢の一つだ」

勇者「それはそれでおびただしい犠牲だろう」
魔王「でも勇者が直接的手を汚さないで済む」
104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:46:44.08 ID:s4r1gUtjP
勇者「なんだよ契約したくないのかよ」
魔王「騙して契約したくないんだ」

勇者「そか」
魔王「騙して手に入れたものは、一夜で失われる」
勇者「信義に厚いんだな」

魔王「善悪の話じゃない。ゲーム理論で証明された
 商道徳レベルでの話だよ」

勇者「よし、お前の物になる」
魔王「いいのか?」

勇者「いいんだよ。……あー、いっとくけどなっ」
魔王「?」
勇者「おっぱいのためじゃないからなっ!」

魔王「こんなものがいいのか?」 ふにふに
勇者「自分で揉むなっ」

魔王「勇者」
勇者「何だよ、魔王っ」

魔王「触れたい。触って良いですか?」
110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 19:57:12.81 ID:s4r1gUtjP
勇者「……」
魔王「信用してないな?」

勇者「口調がいきなり丁寧でびっくりしただけだ」
魔王「少しだけだから、触らせてくれ」
勇者「判った」
魔王「……」 おずおず

勇者「魔王、手がひんやりしてるな」
魔王「冷たいか? 済まない」
勇者「いや、気持ちよい」

魔王「私は、勇者のものだ」
勇者「俺は魔王のものになる」

魔王「契約成立だ」 勇者「契約成立だな」

魔王「嬉しいぞ」にこっ
勇者「……。くぁっ。は、はなれろっ」
魔王「そうか?」
勇者「で、最初の一手はどうするんだよ」

魔王「そうだな……まずは、麦から手を付ける」
勇者「麦か……。長い旅になるな」
魔王「もちろん。わたしは勇者と一生離れる気は
 ないんだからなっ」
133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 23:39:08.74 ID:s4r1gUtjP
――冬越しの村

勇者「うぉ、寒くなってきたな」
魔王「これから冬に向かっていくからな」

勇者「こんな中途半端なところで良いのか?」
魔王「中途半端とは?」

勇者「いや、だからさ。魔王の話によれば
 いまの人間、中央大陸にとって麦は食料として大事だ。
 ってことを基本にしてるんだろう?」
魔王「ああ、そうだ」

勇者「だったら、もっと農業大国の湖の国とか
 紫旗女王国とかさ、そっちに行った方が良いんじゃね?」

魔王「話が聞いてもらえるならな」
勇者「あー」

魔王「勇者もしばらくは姿を見せない方がよいと思う」
勇者「そうか?」

魔王「ああ。あんな風に私の所へよこされたんだ。
 誰かが勇者を疎ましく思っていたのかも知れない」
勇者「んなことないって」
137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 23:45:31.80 ID:s4r1gUtjP
魔王「それに何処に行って紹介するにしたところで
 説得力を出すためには実際の実験と資料が必要だ」
勇者「そりゃそうだ」

魔王「この村でそのための手はずを整える」
勇者「そう、なのか?」

魔王「うむ。手の者を忍び込ませているのだ」
勇者「手回しが良いな」
魔王「何事も根回しと調整が必要だ」

勇者「この村か」
魔王「ああ、何の変哲もない村だろう?」

勇者「うん、こんな村は沢山知っている」
魔王「『南部諸王国』辺境部では典型的な開拓村だな。
 複合的な大規模農業を中心に小作農や職人たちが
 緩やかな村を形成している」

勇者「魔王軍との戦いもあるだろうになー」
魔王「それでも大地にしがみついて生きてゆくんだ。
 人間はそこがすごいところだ」
139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 23:49:39.59 ID:s4r1gUtjP
勇者「で、手の者ってのは」
魔王「ああ。小さな一軒家を用意してもらってるんだが。
 どこなのだろうな。この村としか聞いてないんだが」

勇者「あー。そうなのか? 探せば判るんだろうけれど
 そろそろ陽も暮れるし、こんな寒い中をうろつき回るのは
 ぞっとしないなぁ」

魔王「うむ、もっともな指摘だ」
勇者「だよなぁ」

メイド長「まおー様ぁ~まおー様ぁ~♪」
勇者「ば、ば、ばっ」

魔王「おお。この声は」
メイド長「まおー様~♪」

魔王「おお、紹介しよう。勇者!」
勇者「この馬鹿っ。一応人間の村だぞっ!
 まおーまおー叫んでどうするっ!」

魔王「む。そう言えばそうだ。以後注意するように」
メイド長「はい、まおー様!」
142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/03(木) 23:55:53.42 ID:s4r1gUtjP
魔王「まぁ、大丈夫だ。そんなに怒ってくれるな」
勇者「むー」
メイド長「怒りすぎると皺が取れなくなりますよ」なでなで

勇者「こいつは何なんだ?」
魔王「これは私の側近で、メイドを束ねるメイド長だ」

メイド長「ご紹介にあずかったメイド長です。
 まおー様のことは幼い頃から世話をさせていただいて
 おりますわ。この度は勇者様とまおー様のご結婚
 まことに喜ばしく、お見守りさせていただいてきた
 この身、この胸の内も震えんほどです」

勇者「突っ込みどころはたくさんあるんだけど、
 最大のものは結婚なんてしてないって事だぞ」

メイド長「そうなんですか?」

魔王「期間無制限の相互所有契約だ」
メイド長「あらあら、まさに結婚じゃないですか」

魔王「白詰草とクローバーほどに違う」
メイド長「それじゃ同じものじゃないですか」
145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/04(金) 00:02:31.05 ID:AIDyRnsCP
魔王「あえて名前を変えることによる風情の違いがある」

メイド長「ああ、そうでしたか!
 メイドと召使いと側女と寝室奉仕奴隷のようなものですね」
魔王「それも風情か?」

勇者「……」

メイド長「風情は大事ですよ。男女間の機微の80%は
 風情で構成されていると言っても過言ではありません」
魔王「なんと! それでは殆ど具材がないではないか?」
メイド長「そこがミソなんですよ」

勇者「あのー。寒いんだけど」

メイド長「おやおや、まぁ!」
魔王「勇者が寒いと云っているんだ。どうにかならんか?」

メイド長「では、こちらへ。ご案内しますわ」
魔王「おお、首尾はどうだ?」

メイド長「さほど大きくはありませんが、
 村はずれの古い館を改修してございます」

魔王「でかしたぞ、メイド長」
147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/04(金) 00:12:08.05 ID:AIDyRnsCP
――古びた洋館

勇者「なんだよなんだよ。充分でかいじゃないか」
メイド長「とんでもない。魔王城の1/100以下です」

勇者「あれはダンジョンだろ。一緒にするな」
魔王「いや、私はあそこに住んでたんだがな」
勇者「ああ、そっか」

メイド長「こちらへどうぞ。
 ただいまお茶をお持ちしましょう」

魔王「すまんなー」
勇者「側近って、どんな関係なんだ?」

魔王「うむ。ああ見えてメイド長はわたしの親戚なのだ」
勇者「学者なのか?」

魔王「んー。学者というと語弊があるな。
 学者一族と云うより『好奇心を抑えられない一族』なのだ。
 しかも専門ジャンルを追求してしまう類の。
 彼女は、私から見ると年上なのだが、
 なんだか『メイド道』とやらに目覚めてしまってな」

勇者「ふむ……」
149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/04(金) 00:17:39.88 ID:AIDyRnsCP
メイド長「殿方における騎士道と似たようなものですわ」
魔王「早いな」

メイド長「紅茶でございますよ。
 蜂蜜をたっぷり入れておきましたから」

魔王「まぁ、そんなわけで、ずっと一緒に育ったし
 魔王軍の指揮なんかを任せたこともある」
勇者「おいおい、メイドってそんなことも出来るのか!?」

メイド長「主人のどのような求めにも応える。
 それが私の『メイド道』ですわ」
152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/04(金) 00:25:10.69 ID:AIDyRnsCP
魔王「これは、この館はどういう物件なんだ?」
勇者「そうだ、気になってた」
メイド長「さる貴族の別邸だったらしい建物でございます。
 その貴族……騎士家だったそうですが、その家そのものは
 跡継ぎを戦争で亡くされ、この館は手放されたとか」
魔王「正規の手段で手に入れたのだろうな?」

メイド長「ええもちろんです。
 修繕を依頼した職工の方々への支払いも現金で行ないました」
魔王「うむ」

勇者「……穏当だな、以外に」
魔王「いずれ実力行使でなければ意を通せない相手も出てくる。
 穏やかに通るところで無駄に暴力は使いたくない。
 ……嫌われると困る」

勇者「?」

魔王「なんでもない。
 ……で、我らはこの館に逗留して。んー身分は
 どうしたものかな」
153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/04(金) 00:32:06.31 ID:AIDyRnsCP
メイド長「村長以下主立った方々へのご挨拶は
 すませております。聖王都の神学院で研究なされた
 高名な学者の姫君だと」

魔王「そんなんで通るのか」
勇者「格好さえどうにかすれば余裕だろう?」

魔王「この白衣とローブではだめかな」
勇者「ダメっぽいんじゃね?」
メイド長「ダメでしょうね」

魔王「着心地が良いんだが」
勇者「姫君ってのは着心地度外視で服選ぶんじゃねぇかな」
メイド長「そうですね。視線を意識せざるを得ない服で
 緊張感を維持しているのかと思われます」

魔王「緊張感がないと!?」
メイド長「そうは申しておりません。しかし……」

魔王「なんじゃ」
メイド長「お耳を拝借いたします」

魔王「ふむふむ……」
158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/04(金) 00:35:41.98 ID:AIDyRnsCP
魔王「勇者、勇者」
勇者「どうした?」

魔王「緊張感のない肉は駄肉か?」 じわぁ
勇者「なんで半べそなんだよ」
魔王「そう言われたのだ」
勇者「あー」

魔王「駄肉か? 駄肉なのか!?」
勇者「あー。そのー」
メイド長「お茶のお代わりはいかがでございましょう?」

魔王「ゆるんでぷにってしまうのか?」
勇者「コメントしづらいな」
メイド長「冬場は特に運動が不足しますからね」
魔王「うううう」

勇者「……その、たまには着飾るのも良いんじゃないか?
 目先が変わって。その、風情とか云うヤツだ」
メイド長「さようでございますよ、まおー様」

魔王「そ、そうか……」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。