《ソリッドロイドβ》

《ソリッドロイドβ(ベータ)

融合・効果モンスター
レベル7/闇属性/機械族/攻撃力2500/守備力1900
「ストライクロイド」+「ステルスロイド」+「ターボロイド」
自分の墓地に存在する上記のカードをゲームから除外する事で、エクストラデッキから
このカードを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。
「ソリッドロイド」と名のついたモンスターは自分フィールドに1体しか存在
できない。

遊☆戯☆王GX第3巻、「GX―26 兄弟の絆!!」で登場した特殊召喚モンスター。
特定の3枚のモンスターカードを墓地から除外して特殊召喚する効果、特殊召喚したとき相手モンスター1体を破壊する効果、ソリッドロイドと名のつくモンスターはフィールドに1体しか存在できないというルール効果を持つ。

3体のソリッドロイドの中で一番攻撃力が低いが、特殊召喚時にノーコストで相手モンスターを破壊できるのは強い。また、このカードがOCG化すれば、 《未来融合―フューチャー・フュージョン》 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》 を指定し、必要な3体を墓地に送ることで、手早く召喚条件を満たすことが可能。
そうしなくとも 《ソリッドロイドα》 を特殊召喚していれば素材は自然と墓地に揃っている。ルール効果で一緒に並べることは叶わないが、ソリッドロイドαを戦闘破壊するモンスターは最上級モンスターであることが自然なため、次のターン、そのモンスターを破壊することができる。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版GX の「万丈目vs翔」で翔が使用。 《ソリッドロイドα》 の特殊召喚で墓地へ送っていた3体のモンスターを除外し、特殊召喚される。
《光と闇の竜》 の効果で破壊効果は無効にされるものの、続けて戦闘破壊する。
その後、 《ダークエンド・ドラゴン》 の効果で墓地に送られた。
攻撃名は、「ソリッドカッター」。