藩国放送51800102

 国民の皆様にお知らせです。

□藩国の医療産業における新たな医療基盤と、産業振興について□


こちらは、玄霧藩国政庁です。

現在、医療国家である玄霧藩国では、魔法由来の医療と、科学由来の医療が混在している状況です。
魔法由来の医療に関しては、限定的な運用を行っておりますが、安全性の確認が進むにつれ、今後広がってゆく事でしょう。
そのため、藩国政府では医療分野の専門化と、新たなる産業振興を目的とし、『宇宙』についての研究に着手することを決定しました。

宇宙と言う未知の環境においては、未知の危険が伴います。
未知の危険の中には、特有の病気等も存在するでしょう。
宇宙開発の進む帝国では、既にそういった症状が起こっていると言う報告もあります。
この問題に関する的確な対処法は、今のところ多くありません。
勿論、宇宙港と言う宇宙拠点を持つ玄霧藩国及び、宇宙に拠点を持つ共和国各国においても、この問題は放置できないものです。

そこで、宇宙港の一部に研究区画及び治療区画を用意し、「宇宙病」とも言うべき症状に対し、研究・対策を行い、ひいては医療産業の振興を狙います。
既に症状の確認されている帝国のFVBや満天星等で、新たに活動を行うことも想定しております。
この際、帝国と共和国の越境となり、聯合関係にない国同士となりますが、患者がいて、治療できる医者がおり、患者がそれを望むならば、受け入れるべきと考えております。

その他、宇宙研究に際し、藩国の食品加工工場で既に行われている宇宙食等の特殊な加工食品の展開にもさらに力をいれる予定です。
宇宙における症状には、摂取する食品による特定の栄養不足が原因の物も存在するでしょう。
そういった部分でも、宇宙医療に関する研究と食品加工での連携を取れて行けたら。と、考えております。


以上が、今後の宇宙方面における産業振興の予定となります。
地上においても瞑想通信防御網などを機軸とした産業振興の計画がありますが、今回は宇宙方面のお知らせとさせていただきます。

これらの計画についての意見等がありましたら、藩国政庁にお寄せください。
皆様の意見を取り入れ、よりよい方向にできたらと、考えております。

以上、政庁からのお知らせでした。


玄霧藩国藩王 玄霧弦耶