370 リトアニア共和国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リトアニア共和国

Republic of Lithuania


1 基本情報


1.1 地理・経済情勢

  • 人口 330.0万人(2010年6月現在)(リトアニア統計局)
  • 首都 ビリニュス(人口約54万9000人)
  • GDP 372.5億ドル、一人当たり11,172ドル(2009年:IMF)
(その他、基本情報は後日一覧表から一括で転記)

1.2 年表

年代 出来事 備考
1990年 独立  
2000~2006年 急激な経済成長  

2 水資源と水利用


2.1 水資源

 年間降雨量約520mm。

2.2 水利用

(農業用・工業用・家庭用の配分、廃水の再利用など、水の使われ方の特徴、等)

2.3 家庭用水需要

(水道の一人一日使用水量やその範囲、都市村落給水の間での違い、等)

3 水に関する住民意識


3.1 徴収率

(水道料金の徴収率、あるいは水供給に対してお金を払う気持ちや文化があるかどうか、等)

3.2 料金体系

 水道税と排水税が導入されている。

3.3 水に対する不満・クレーム

 水源は基本的に地下水であるが、処理の不満足や管路の老朽化により水質が悪い。マンガン、濁度、フッ素、硝酸塩等による汚染が深刻な地域がある。

4 水関連の政策・法規制・基準


4.1 政策と計画(policy and plan)

(国の開発計画、水セクターのマスタープラン、等)

4.2 法規制

(上水下水などの水関連の個別法、基準のうち環境基準や水質基準)

4.3 水行政機関

 独立以降は国営水道会社が水供給を担う。

5 上下水道事業の実施状況


5.1 上下水道の普及状況

 パイプ給水の割合は86%程度。

5.2 その他パフォーマンス

(漏水率、24時間給水の実現度、その他水供給事業の水準を定量的に把握できる数字)

6 上下水道への援助・民営化


6.1 国内援助

(中央政府から地方事業への援助等)

6.2 その他の援助

(外国からの援助等)

6.3 民営化

(民営化、公民連携の進行状況)

7 水技術


(どんな技術が使われているか、現場の技術レベルはどうか、技術基準は、その国発祥の技術は、その他おもしろネタ等)

出典


※1)
※2)
※3)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。