386 スロベニア共和国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スロベニア共和国

Republic of Slovenia


1 基本情報


1.1 地理・経済情勢

  • 人口 約200万人
  • 首都 リュブリャナ(人口27万6千人)
  • GDP 358億ユーロ、一人当たり17,657ユーロ(2009年)
(その他、基本情報は後日一覧表から一括で転記)

1.2 年表

年代 出来事 備考
1950年台    
(当該国の歴史的経緯と水に関連する主要なイベントの発生時期を記述)

2 水資源と水利用


2.1 水資源

 年間の降雨量は大吉1390mm。

2.2 水利用

(農業用・工業用・家庭用の配分、廃水の再利用など、水の使われ方の特徴、等)

2.3 家庭用水需要

(水道の一人一日使用水量やその範囲、都市村落給水の間での違い、等)

3 水に関する住民意識


3.1 徴収率

(水道料金の徴収率、あるいは水供給に対してお金を払う気持ちや文化があるかどうか、等)

3.2 料金体系

 コストの約30%が水道料金によって回収されているが、この負担割合は水法によるもの。家事用と商業用は汚濁負荷によって課税される。

3.3 水に対する不満・クレーム

(平均的な水ニーズ、特徴的な水に関する意識、等)

4 水関連の政策・法規制・基準


4.1 政策と計画(policy and plan)

(国の開発計画、水セクターのマスタープラン、等)

4.2 法規制

 1998年に河川表流水、地下水の水質規制、河川表流水の水質に関するモニターと環境の水質基準に沿って新しい水法が施行された。水道と下水道事業の費用回収に対する料金施策の導入と水法に従った水の最適配分により、現在はコストの30%程度しかカバーできていないものが、将来的には自己財源で実施できるようになる予定である。

4.3 水行政機関

(法規制を執行する機関)

5 上下水道事業の実施状況


5.1 上下水道の普及状況

 水道普及率は約83%とEUROSTATにて公表されている。水道による給水人口は77%が公営水道、14%が個人の井戸、5%が雨水、4%がその他、という構成である。総供給の47%がパイプ給水による家庭用水、約39%が工業用、約8%が野禽用(?)、約5%が観光用、その他は1%。
 下水道の普及率は53%程度。

5.2 その他パフォーマンス

(漏水率、24時間給水の実現度、その他水供給事業の水準を定量的に把握できる数字)

6 上下水道への援助・民営化


6.1 国内援助

(中央政府から地方事業への援助等)

6.2 その他の援助

(外国からの援助等)

6.3 民営化

 第二の都市、マリボル市において、下水処理事業がBOT契約にて実施されている。この他にもBOTやコンセッションの事例がある。

7 水技術


(どんな技術が使われているか、現場の技術レベルはどうか、技術基準は、その国発祥の技術は、その他おもしろネタ等)

出典


※1)
※2)
※3)


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。