〜総選挙敗北を見すえ 立ち直りの途を探る〜 とめよう壊憲! 護憲結集! 討論集会

7月の参院選を、先の衆院選の二の舞とすることはできません。思いを同じくしなが
ら、どうすれば良いのかお悩みの方も少なくないと思います。 是非この討論集会に
参加してください。 遠方で参加が難しい場合でも、感想・意見・賛同の声等を寄せ
て下さればうれしいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜総選挙敗北を見すえ 立ち直りの途を探る〜

とめよう壊憲! 護憲結集! 討論集会



と き 2013年4月14日(日) 13時30分〜16時30分

ところ 神戸市勤労会館 405/406号室 

(JR・阪神・阪急「三宮駅」東南5分)

問題提起  広原 盛明 さん (元京都府立大学学長)

質疑、討論                   資料代 700円





昨年の総選挙で議席の3/4に近い348を得た安倍・橋下らの壊憲勢力は、7月の参議
院選で2/3以上の議席獲得をめざし、選挙協力をふくめ着々とその準備をすすめて
います。

彼らの主張は、戦後の国民主権・平和・人権尊重をうたった現憲法体制を根底から変
え、「憲法は、権力を拘束・制限する」という立憲主義(憲法の本質)を破壊する
「壊憲」そのものです。

1928年の選挙で2.6%の得票だったナチスが、30年には18.3%に。その時16もの政党
が乱立し、失業・生活苦・混乱する政治に不満を募らせた国民は、ヒットラーの演説
に引き寄せられました。33年3月の選挙の43.9%で全権を掌握したヒットラーは、同
年11月にはナチスのみ出馬の選挙とし、わずか3年で92.2%を得票、後は戦争と破滅
への道へとなだれ込んだ。この30年代のドイツ情勢が今の日本と重なり、鳥肌の立つ
思いがします。



「このままでは大変なことに…」と思いながら、「どうしたらよいか…」「時間がな
い…」「結局あかんのでは…」と一人で悩んでいる人は少なくありません。参院選ま
での数か月は、護憲・平和・生活擁護にむけ基本の志を同じくするものが、「どうす
れば、共同して、壊憲派にどう立ち向かうことができるのか」を話し合い、同時に
「護憲政党にも、もの申す」必要性を痛感します。

「革新政党の不振と衰退は目を覆うばかりだ。かかる事態を招いた原因や背景を究明
し、いかにして立ち直るか、という今後の方針を見出す作業は、絶対にゆるがせにで
きない」と呼びかけている広原盛明さんの提言を受け、「壊憲阻止の結集を願う討論
集会」を開催します。ぜひご参加下さい。

〔講師紹介〕 広原盛明さん

元京都府立大学学長。2003年に幅広い市民でつくる「市民ネット」と「民主市政の
会」との共同推薦で京都市長選に立候補、174847票(得票率40.5%)を獲得するも、
保守系現職に惜敗した。



〜なぜかくも気が重いのか。理由は2つある。ひとつは革新政党(社民党、共産
党)の得票数の落ち込みが並み大抵のものではなく、歴史的な惨敗・大敗を喫したと
いう厳しい選挙結果に圧倒されたからだ。もうひとつは、にもかかわらず選挙総括が
現実を直視したものになっておらず、その体質に絶望に近い気持ちを抱かざるを得な
いからだ。

選挙総括は、このような事態を招いた原因や背景を究明し、そこからいかにして立
ち直るかという今後の方針を見出す作業だから、絶対にゆるがせにできない。選挙総
括にはいわば政党の未来がかかっているのであり、キチンとした総括ができない政党
には「未来がない」と言っても過言ではないからである。〜(広原さんのブログより
/うら面に資料)



〔主催〕4・14とめよう壊憲!護憲結集! 討論集会実行委員会

問い合わせ 憲法の改悪に反対する元教職員ひょうごネットワーク

Tel/Fax  078-733-3560 

Eメール 
minami2satou@kxa.biglobe.ne.jp 

(佐藤三郎)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。