<遺伝子組み換え>を問うドキュメンタリー映画

  【以下、転送歓迎】
*******************************************************
遺伝子組み換え鮭が、米国で認可されようとしている今、
<遺伝子組み換え>を問うドキュメンタリー映画を2本
2月9日東京、2月11・12日横浜で初公開します。

【公開作品】

㈰「Life running out of Control  暴走する生命」 
遺伝子組み換え、バイオテクノロジーが生態系や社会に与える問題を問い、
カナダ、米国、インド、ノルウェーなど世界各地に取材した作品。
特に魚の遺伝子組み換えを本格的に 取り上げた映像が
映画として日本で公開されるのは初めて。
(2004年/60分/ ドイツ/監督:ベルトラム・フェアハーク&ガブリエル・クリュー
バー 製作:デンクマル・フィルム)

㈪「パーシー・シュマイザー モンサントとたたかう」 
遺伝子組み換え種子の開発と販売で世界市場を握る巨大多国籍企業モンサント。
カナダの農民パーシー・シュマイザーはモンサント社のGM種子によって菜種畑

汚染された上、特許権侵害で訴えられた。
「自分で育てた種子を蒔く」農民の権利を守るためにたたかうシュマイザーと
それに連なる人々を描く。
(2009年/65分/ドイツ/監督:ベルトラム・フェアハーク/製作:デンクマルフィル
ム) 

●米国で遺伝子組み換えサーモンの認可が審議にかけられ、
まもなくFDA(食品医薬品局)がその結論を出すのではないかと言われます。
しかし日本の消費者にはほとんどその情報は届いていません。
この2つの映画を、遺伝子組み換え、生命特許、現代科学技術と社会のあり方、
生命とは何か・・・を考え議論する入口にしてほしいと思い、広報期間は短いの
ですが、2月公開に踏み切りました。

*映画サイト http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kook


・・・・・・・ 〈遺伝子組み換え〉を問うドキュメンタリー・初公開上映会 
■2月9日(水) 野方区民ホール (東京都中野区野方5-3-1)
18:30開場 19:00開演  2作品の上映と講演
講演:天笠啓祐氏(市民バイオテクノロジー情報室代表・ジャーナリスト)
            
■2月11日(金・祝)12日(土) スペース・オルタ (横浜市港北区新横浜2-8-4

各日とも 14:00〜1回目上映 16:30〜講演  18:30〜2回目上映 (開場は
各回30分前)

講演:11日 白井和宏氏(生活クラブ・スピリッツ(株))
12日 天笠啓祐氏(市民バイオテクノロジー情報室代表・ジャーナ
リスト)

講演は1回目、2回目の上映の間、どちらの方も参加できます。

■料金: 当日1500円 予約1300円
■共催:遺伝子組み換えを考える上映会/スペース・オルタ/小林大木企画 
■後援:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
■予約・お問合せ 小林大木企画 TEL&FAX 042-973-5502 
kook@ha.bekkoame.ne.jp
***************************************************************

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。